チョイ悪おやじの九州放浪記 3日目

 

いよいよ最終日です。

と言っても、帰るのは私だけ。他のオヤジはまだまだ旅を続けちゃいますよw

 

帰りは、また佐賀関港から三崎港までフェリーで移動します。

8時出発のフェリーを予約しているので、遅くとも7時半には到着していなければなりません。

宿から港までは100舛曚匹△蠅泙后

 

ということは自動的に6時までに出発しないといけませんでした。

だから朝食はなしです!

 

日が昇る前に出発し、ひたすら走りました。

それも、普通に渓流のええコースなんですよ!気持ちよかったです!

 

ようやく朝日が見えてきたので、ちょっと撮影タイムとなりました。

 

 

 

そして港に到着!

 

 

なぜか港に着いたらオープンに。。。

 

 

GWとあって、人もクルマもそこそこ。

また来た海路を渡ります。

 

 

 

四国についてから、遅めの朝食。ジャコカツバーガー。

 

 

オヤジたちは高知方面に行き、私は伊予方面に走り、そのまま高速道路に乗り、帰路につきました。

 

私は3日間で1300祖度走りました。思ったほど距離は走ってなかったなぁ。

でも九州はコースもグルメも素晴らしいので、ぜひまた行きたいと思います。

いい思い出が出来ました。

チョイ悪おやじの九州放浪記 2日目

 

初日は、大分のの食を満喫し(関サバにはありつけなかった)ぐっすり眠れました。

そして2日目のスタート!

 

しかーし!GWは晴れると聞いていたのに・・・聞いてないよ。

小雨ぱらつく天気となってしまいました。

 

それでも我々は別府温泉と阿蘇を目指しました!

 

 

別府温泉は坂も多く、インターメカニカは構造的に坂道発進が不得意なので

信号や交差点が多いと、キツクなります(笑)

 

そこそこに足湯や温泉を楽しみました。

 

 

足蒸しはめっちゃ熱かった(笑)

 

そして湯布院を経由して阿蘇を目指します。

本当に九州は素晴らしツーリングコースに恵まれているなぁと感じました。

 

 

 

 

 

 

 

雨はやんだものの、絶景は少ししか楽しめませんでした。

でも、また走りに来たいなぁと思えるコースだったと感じました。

 

 

そして、今夜の宿は秘湯混浴の宿です。

 

 

 

 

鉄分豊富の素晴らしい混浴(実際は男湯)でした。

馬刺しや川魚を楽しみ、アルコールと疲れで、2日目も8時就寝ですw

チョイ悪おやじの九州放浪記 1日目

かねてから予定しておりました、GWのオヤジ旅に参加してきました。

 

 

数年前に、正月に二泊三日で九州を自走で一周した以来です。

 

今回のルートは姫路〜淡路〜四国〜フェリー〜九州

と、フェリーを使って四国から九州に渡るので幾分か、このジジイにはラクな旅でした。

 

 

淡路サービスエリアで待ち合わせ。

5月3日の早朝、すでにSAは混んでいます。

 

 

SAは混んでいましたが、それ以外は大きな渋滞もなく順調に進みます。

ちなみに今回は3台で旅しました。

 

 

私の356は1600ccのノーマルエンジンですが

後の2台は2000GS。つまり排気量2000ccでパワーも私のクルマの3割増しくらいありますので

高速道路(特にのぼり)は付いていくのに必死でしたわ。

 

 

昼を回ってようやく道後温泉に到着

 

 

GWとあって人も多かったけど、鯛めしにありつけて一息です。

 

 

 

 

 

 

 

初日は、フェリーで大分の佐賀関港に渡り、そのまま大分市内のホテル法華クラブにて宿泊しました。

恒例の牡蠣ツーリング カルマンギア

昨年も参加させていただきました、主治医であります高砂のMガレージさんからのお誘いで、瀬戸内の牡蠣を堪能する旧車ツーリングに参加しました。

 

 

インターメカニカ仲間もウエさんやS戸さん、そしてさらに大阪からも2台が参加!

インターメカニカだけで4台です。

 

 

実は私も今回はインターメカニカ356で参加したかったのですが

自宅から出発しようとしたとこと、イグニッションを捻ってもウンともスンともいいません。

前日は姫路市内を気持ちよく走っていたのに・・・

 

 

仕方なくカルマンで出動です。

インターメカニカ仲間も私のカルマンの実物を見た人は少ないのでまぁ自慢することにんしました(笑)

 

 

今回も普段イベント以外ではなかなか目にかかれない珍しクルマが参加していました。

・いすゞヒルマンミンクス 旧ナンバー(ご近所さんでした)

・サンビーム インプ

・トライアンフ ヘラルド

・ポルシェ911s 2リッター

・ポルシェ914-6

・ミニ マーク1仕様

 

 

 

 

 

絶好のツーリング日和で、まず姫路の別所SAから相生のマックスバリュを目指す。

911に負けまい!とアクセル全開!

「カルマンも速い」と思っていただけたことでしょう!

 

1600ccブラジルエンジンはすこぶる調子がいい!

高回転はまわりませんが(笑)、911には付いていけます(笑)

 

 

この日は、国道250号線で牡蠣のイベントを数多くされていたのか

赤穂あたりから日生にかけては渋滞でした。

そのため牛窓行きは諦めて、日生を越えたところでUターン。

 

 

相生まで戻り、いつもの安定、住栄丸で牡蠣三昧です!

ワンメイクのツーリングも確かに面白いのですが

いろんな旧車と走るのもまた楽しいもんです!

 

 

Mガレージさん、お世話になりました。

 

 

 

第7回ムフフンナイト!琵琶湖極寒キャンプ

毎年12月の第1土曜日日曜日は、琵琶湖でありながらマイアミ浜というアメリカンな名称のマイアミキャンプ場で恒例の極寒キャンプです。

 

このキャンプでは、各々がご当地グルメを持ち寄って、美味しい料理とお酒を楽しもう!という企画なのです。

いつもはカルマンで参加するのですが、今回はじめてインターメカニカ356で参加しました。

 

西宮SAでガレージバグの松原さんのカルマンと遭遇

 

 

 

 

このグルメキャンプのメインは1959カルマンに乗る信州さんが、その場で打つ和蕎麦です。

毎年私のその蕎麦に華を添える形で、73カレラSにお乗りの酒造を切り盛りする先輩から

朝一に絞ってもらった、しぼりたて生酒を持って行きます。

 

各々が各地のお酒を持参

また今回は姫路と言えば焼きアナゴですので、絶品の逸品をお持ちしました。

みなさんのふるまい喜んでいただけました。

 

 

昼のスタートですが、いつも通り到着したらみんな出来上がっています(笑)

愛知のウナギの白焼きとアナゴの対決

 

 

私もお酒がどんどん進み、夕方薄暗くなることには、一度目のダウンです・・・

 

 

ぼつ焼きもうまかった!

夜は更けていき、まだまだ誰もダウンしません(笑)

これだけ酒のアテのワーゲンが揃っているにも関わらず、ワーゲンの話題も出てこない(笑)

 

 

でも、バスオーナーさんはそれぞれのキャンパーで就寝。

私やカルマン乗りさんは、暖房の効いたケビンで就寝。

 

 

今年は女子ゼロでしたが、それはそれで楽しいのです!

来年も楽しみですね!

 

第24回インターメカニカオーナーズクラブミーティングin裾野 ポルシェ356

今年もやってきました!恒例のインターメカニカオーナーズミーティング!

かれこれもう24回になります!

 

私は第11回から参加しておりますので、すっかり古株になったかもしれません。

でもまだ若手であります(笑)

 

 

さて、今回は静岡県裾野で行われましたので

関西勢はちょっと少な目ですね。

大阪のUさんと、三重の御在所SAで朝8時半に待ち合わせのため

私は朝5時出発です。

 

 

その後、浜松SAで、信州のKさん、そして愛知のSさんと合流

 

 

 

Uさんは3年ぶりにインターメカニカ復活です。

一時は手放されて911に乗っていましたが、あの快感?が忘れられなくて

再びインターメカニカ356へ!今回は2000GS高性能バージョンです!

今回のミーティングに向けてかなり手を入れられております。

 

その中でも、今回はオープンカーの宿命「雨漏り」を克服するために

様々な工夫をされていました。今回のミーティングは2日とも雨でしたが一滴も漏れなかったそうです!すごい!

 

 

 

沼津では人気のひものを昼食でいただきました。

 

 

午後1時半頃でしょうか・・・・

今夜の宿であります「御殿場高原 時之栖」に到着です。

片道約500km走ってきました!

 

 

私はすぐに部屋で爆睡しておりましたが

Uさんが電話で「クルマどけてくれ!」と言うので

駐車場に来ると、時間は3時半、ミニツーリングの時間でした。

 

私は寝起きのまま富士山へ向けて出発したのです。

しかし私が見た富士山はこれ↑でした(笑)

 

 

 

もうご高齢になられますが

久々にS様の356Cを拝むことができました!純正電動サンルーフ付です!超レアです!

 

 

 

そして2日目!

雨もやみ、ツーリング日和ではありませんが、恒例のツーリングとなりました!

 

 

 

霧の中「芦ノ湖スカイライン」のワインディングを楽しみました。

途中フェラーリ328の軍団にもすれ違い、いい気分でしたよ!

 

 

そして、ランチ会場に向けて出発!

 

 

ランチは「GTカフェ」でお世話になりました。

こちらのオーナー様はスバル360をカスタムされていました。

メンバーのクルマとあまりにもソックリだったので並べてもらうことに(笑)

 

 

 

リアは356のテールランプを使っています!

 

 

久々にキューベルワーゲンもミーティングに参加して盛り上げてくれました!

 

 

 

 

ランチ会が終わり解散です。

新東名高速道路では930とランデブーさせてもらいました。

おそらく我々のクルマを「インターメカニカ」だとは気付かす

もの凄い安定した高速走行にビックリしておられました。

 

次回は第25回ですね。楽しみです。

今回初めてお会いしたオーナー様、今後ともよろしくお願いします。

そしていつまでも乗り続けて欲しいと思います。

 

 

今回66666kmを越えました。ようやく慣らしも終わりました(笑)

20年以上経ってもまだまだ、これからが本領発揮です!

第24回 京都嵐山―高雄フロムセブン ミーティング

京都嵐山―高雄フロムセブン ミーティング

今年最後のイベントになると思います。
24回も開催されている「フロムセブンミーティング」に初参加しました。

京都嵐山―高雄フロムセブン ミーティング

場所は京都の嵐山-高雄パークウェイで
毎年9月にワーゲンのイベントが開催されている場所と同じです。

京都嵐山―高雄フロムセブン ミーティング
前日はサイクリングの打ち上げで
遅くまで日本酒を飲んでいましたので、若干の二日酔気分での出発となりました。


9時半開始ですが9時40分くらいに到着した我々はメイン会場に停めることが出来ず
向かいのサブ会場に駐車。数時間後にメイン会場に入れました(笑)


京都嵐山―高雄フロムセブン ミーティング

初参加のイベントですが
参加車種などは決まっておらず、次から次へとレアなクルマが来て楽しい!


フェラーリやカウンタックもたくさん、ポルシェもたくさん!ロータスもたくさん、ミニもたくさん!
ワーゲンは1,2台ってとこ(^^;  VWはイベントが多いからね(笑)

京都嵐山―高雄フロムセブン ミーティング

その中でまず目を引いたのが、カウンタックLP-400です。
初期型のカウンタックはやはり子供のときの憧れでした。
ゴテゴテしていないナローボディがかっこいいです!

京都嵐山―高雄フロムセブン ミーティング

それと、同時期のライバル、フェラーリ365BB。
当時のスーパーカークイズでは512BBとカウンタックがいつも勝負していました。
かっこいいです!!

京都嵐山―高雄フロムセブン ミーティング

それから目を引いたのはTVRヴィクセン。
ラウンドしたリアウインドウとコンパクトなボディ!
私の生まれた1967年にデビューしたレアなクルマです。
一度運転してみたいな。

京都嵐山―高雄フロムセブン ミーティング

それと、昔近所でよく見かけてた軽自動車ベースのカスタムカー!
ダイハツのオプティがベースなんですね。
600台販売されたって聞いてますが何台現存してるんでしょうか!

京都嵐山―高雄フロムセブン ミーティング

最後に帰る間際に、「やられた!」って思ったのが
ヨタハチトレーラーを引っ張るパブリカです。
海外のショーなどでは、自分と同じ車で同じ色のトレーラーを製作して引っ張っている写真を見たりします。
ワーゲンで言えば、ビートルがカルマンのトレーラーを引っ張るようなイメージか!!
これは思いつかなかった!!素晴らしいアイデアです!!

あまり撮っていませんが
自分が気になった車両の写真はこちら 


 

第7回 Come on Shimanto!! 高知県四万十川VWミーティング

インターメカニカ ポルシェ356 空冷

毎年GWは四万十川キャンプミーティングに参加させてもらっております。
もう7回目となりますが、昨年は30年ぶりの高校の同窓会と重なって参加が叶いませんでした。

このミーティングはキャンプを通して四万十の空気を堪能し
四国のVW仲間と焚火を囲み、夜通しお酒とギターを楽しむスローな会だと思っています。

いつもならイベントの前日からキャンプを楽しみ、翌日の本番はテントの中で二日酔いを癒すのですが
あいにく前日は雨でした。雨のキャンプは過去の経験から不吉な予感がしましたので、今回だけは日帰りの当日参加に決めました。

日帰りだと往復で約800キロ走ることになります。
イベントの時間は6時間ほどですが、運転時間は9時間にもなります(笑)
インターメカニカ ポルシェ356 空冷
さてさて、朝になれば雨は小康状態になるので朝を待って出発すれば・・・と考えましたが
昼前に着けば、皆さんとあまり絡めませんし、渋滞に巻き込まれても嫌なので
雨はけっこう降ってましたが朝の3時に、緑のたぬき号で出発しました。(その他、葉子やガチャピン号などの呼び名あり)

香川県に入ると、雨もやみ綺麗な満月も見えましたが、それもつかの間。再び雨です。
200キロ走ったところで眠くなったので、立川SAで仮眠をとることに。
50分くらい寝たところで、なんか人の気配を感じました。

インターメカニカ ポルシェ356 空冷
すると高松から参加のバス家族のツッチーさん夫妻が窓越しに寝てる私を覗いていました。
久しぶりの再会を喜び、目覚めのコーヒーを飲んでツッチーファミリーとランデブー。
雨はまだまだ降り注ぎます。しかし、ツッチーのバスのワイパーの動きが速い速い!
普通、ワーゲンのワイパーを遅いのですが、ツッチーのは動体視力の弱い人だと、きっと止まって見えるのではないかと思うくらいめちゃくちゃ速いです(笑)


天気予報では、雨はもうやんでもおかしくないのですが
雨は止む気配が一向にありませんでした。あきらめモードでイベント会場の四万十市十和町へ向かいました。
一度ゆっくり四万十川をサイクリングしたいなぁ〜と思いながら走っていると
十和町へ入ったとたん雨はあがりました!!!

インターメカニカ ポルシェ356 空冷

すぐさま、幌をおろしオープンエアーで現地に向かいました。

インターメカニカ ポルシェ356 空冷

インターメカニカ ポルシェ356 空冷

雨にも負けず、前泊されている方もいらっしゃいましたが
お話を聞くとかなり大変やったそうです。私なら泣きながら撤収でしょうね・・・

インターメカニカ ポルシェ356 空冷

インターメカニカ ポルシェ356 空冷

インターメカニカ ポルシェ356 空冷

インターメカニカ ポルシェ356 空冷

いつもキャンプで絡んでいただく地元高知の67CamperさんやバナゴンのRUNさんとも久しぶりの再会でした。
横浜からはkubocchiも今回はとっても可愛らしい奥様ご同伴で参加。


幸運の持ち主KAZUさんの66もちゃんと復活していました。またお台場でリベンジしてくださいね。


67のIさんや高松のカブリオレに乗った、ちょっと見た目怖そうなSさんともお友達になりました。
お二方もすぐにFacebookで絡んでいただきました。


何台来たかな?
数えていませんが30台は来たかな??もっと本州からも高知観光を兼ねて参加してくれるとさらに盛り上がると思います。
そんな僕も高知観光したことがありません・・・来年はGW全部使うくらいでイベントと観光を楽しもうかなぁ


カー雑誌や地元テレビ局も取材に来る本格的なイベントですよ!!
四国最大級ではないでしょうか??


インターメカニカ ポルシェ356 空冷

インターメカニカ ポルシェ356 空冷

インターメカニカ ポルシェ356 空冷


最後は、たこ焼きやら自動掃除機ルンバがあ当たるじゃんけん大会も恒例になりましたね!
主催者のKAZUさんには本当にお世話になりました。

戦利品です(笑)

インターメカニカ ポルシェ356 空冷


いつも参加されているRUNさんのバナゴンはビックリのスバルエンジンです!!!
インターメカニカ ポルシェ356 空冷

アメリカではワーゲンのエンジンにスバルエンジンを載せる改造がよくなされており
そのためのアダプターも販売されています。

いよいよ日本でもスバルエンジンを載せたワーゲンが増えるかもしれませんね。
まだエアコンやオートクルーズが取り付けられていないというものの
オリジナルの2リッターエンジンから、最新スバル2.5リッターは加速も全然違うそうな・・・

ただ水温がやや上昇気味とのことですので
いろいろと配管の取り回しなどは工夫がいるかもしれませんね。



我がインターメカニカも新車にはスバルフラットフォーエンジンが載せられているタイプがあります。
昨年試乗させもてらいましたが、速い速い!!
軽量ボディにあのエンジンなら加速は申し分ありません!!!
「新車のポルシェ356が買える!」と思えばかなり安いと思います。
※当時の356の新車は今の5000万円くらいの価値ではないか?と勝手に想像しております。


さてさて、イベントに話は戻りますが
もう真夏の天気で暑いのなんのって!日焼けしましたは・・・
僕の真っ白ボディもサンバーンでダメージ受けました。

インターメカニカ ポルシェ356 空冷
 

カニカニツアーin米子 インターメカニカ

インターメカニカ ポルシェ356 空冷

Facebookで鳥取米子のお友達でありますOさんのお誘いで
3月最後のカニはどうですか?ということで行ってきました。
ちなみにOさんは、貝塚のウエさん(現空冷911)のインターメカニカ356を購入された方です。
そこでウエさんもお誘いして、久々に我が子にご対面していただくことにしました。

インターメカニカ ポルシェ356 空冷

そしてせっかくなので、次のローカルミーティング静岡のNさんも新幹線で新神戸まで来ていただき
4人で日本海で戯れよう!という運びとなりました。

インターメカニカ ポルシェ356 空冷

日程は3月14日〜15日の土日です。
初日の天候は雨のちくもりと微妙でした、。中国自動車道の揖保川PAで待ち合わせ。
Nさんを載せたウエ号が到着!

インターメカニカ ポルシェ356 空冷

もちろん高速ですからスピードが出ますので、幌は上げたまま走っていると
案の定、途中で豪雨み見舞われましたが、蒜山SAを目指しました。
やはり雪国ですので、まだ雪が残っていて寒かったです。

インターメカニカ ポルシェ356 空冷

インターメカニカ ポルシェ356 空冷

待ち合わせはOさんの指定する、米子市内のビッグボーイ。天候は晴れです!
我々は、ランチは美味しい回転寿司を期待していたのですが、そのままビッグボーイにイン!
米子の美味しいハンバーグを戴くことになりました(笑)

インターメカニカ ポルシェ356 空冷

インターメカニカ ポルシェ356 空冷
腹ごしらえもそこそこに、何やら有名なレザークラフトの店があるということで
オープンにして海沿いを気持ちよく走りました。でも内心めっちゃ寒かったです!

インターメカニカ ポルシェ356 空冷

インターメカニカ ポルシェ356 空冷

インターメカニカ ポルシェ356 空冷

インターメカニカ ポルシェ356 空冷

その店を見学したり、何も買ってないのに、コーヒーやお菓子を戴きながら
撮影会をさせてもらいました。
よく見るとものすごいビンテージなドアや窓を用いて建てられたお店のようで
かなり金がかかっております!!!

インターメカニカ ポルシェ356 空冷

インターメカニカ ポルシェ356 空冷

インターメカニカ ポルシェ356 空冷

インターメカニカ ポルシェ356 空冷

その後は、鬼太郎ロードを少し流して
妖怪たちよりだいぶん目立ってました(笑)


そして温泉街の綺麗で新しいホテルにチェックインしました!!

インターメカニカ ポルシェ356 空冷

インターメカニカ ポルシェ356 空冷

今回の目的でありますカニカニツアー!
で、ありましたが想像とは若干違ったカニでした。
まぁ時期が時期なので已むを得ません!!
そして米子のグルメに舌鼓した我々は飲み屋街へと消えていきました・・・・

インターメカニカ ポルシェ356 空冷

翌日は宍道湖へ行って、そして美味しい回転寿司でランチをして解散しよう!
ということになっていました。

インターメカニカ ポルシェ356 空冷

インターメカニカ ポルシェ356 空冷

インターメカニカ ポルシェ356 空冷

インターメカニカ ポルシェ356 空冷

なんかとってもいいコースで気持ちが良かったです。
撮影大会をそこそこにして、宍道湖を目指しました。

インターメカニカ ポルシェ356 空冷

インターメカニカ ポルシェ356 空冷


インターメカニカ ポルシェ356 空冷

インターメカニカ ポルシェ356 空冷

インターメカニカ ポルシェ356 空冷

しかしマラソン大会のため、道路が閉鎖されていて思うように進まなかったので
途中であきらめて寿司屋へGo!です。

インターメカニカ ポルシェ356 空冷

ランチの後は解散。
Oさんとお別れして、911とランデブーしました。

 

インターメカニカ ローカルミーティングin静岡 1000kmの旅

インターメカニカ ポルシェ356 空冷

2013年7月からスタートした、インターメカニカオーナーによる持ち回りの飲み会もとうとう第7回目となりました。
大阪貝塚からスタートし、姫路もやらせてもらいましたが、今回は静岡です。
いわゆる「ご当地自慢大会」をやるわけで、毎回食事と酒が楽しみになります。

インターメカニカ ポルシェ356 空冷


2015年4月11日(土)〜12日(日)
飲み会がメインなので、別に新幹線で行ってもいいわけなのですが
やはりおじ様たちがそれを許してくれませんから、往復1000kmを走ってきました!

インターメカニカ ポルシェ356 空冷

8時半に草津SAに集合でしたので、自宅を6時に出るつもりでしたが
4時に目が覚めてしまい、5時に出発しました。大阪までは空いていましたのでノンストップで7時前には到着。
オジサンたちをビビらせるために、7時半を過ぎてから「今から出発しま〜す!」とLINEを入れました(笑)

ちなみに天気は雨です。

関西の暴走オヤジたちも、回を重ねるたびに
インターメカニカから別のクルマに変わってしまってるという、なんとも言い難い状態なのです(笑)


草津SAに集まったのは
インターメカニカ356が2台、水冷ポルシェ911が1台、そしてなぜか一番の暴走オヤジがスピードの出ないランドローバーディフェンダーに乗り換えての出陣でした。

インターメカニカ ポルシェ356 空冷
浜松SAにて赤のロードスターと合流


11時に新東名高速道路の新静岡ICに集合でしたが、ちょっと遅
れて11時15分くらいに到着です。

インターメカニカ ポルシェ356 空冷

そして早速ランチはこのあたりでは大変有名な店でウナギを戴きました。
注文してから焼きあがるまで30分。ビールは飲めないのがちょっとキツかったです。

インターメカニカ ポルシェ356 空冷

ランチもそこそこに、夕方ほてるにチェックインする前に軽くツーリングに出かけます。
どこを走ってるかは幹事さんにお任せなのでわかりませんでしたが
静岡市内から日本平や美保の松原まで行きました。

インターメカニカ ポルシェ356 空冷

インターメカニカ ポルシェ356 空冷

インターメカニカ ポルシェ356 空冷

インターメカニカ ポルシェ356 空冷

インターメカニカ ポルシェ356 空冷

インターメカニカ ポルシェ356 空冷

インターメカニカ ポルシェ356 空冷

インターメカニカ ポルシェ356 空冷


夜は昭和のニオイがプンプンする素晴らしいお店を紹介していただきました。
お酒も料理も最高でした。


そして2日目は晴れました!
せっかくなので富士山を見に行こうということになりました。

インターメカニカ ポルシェ356 空冷

新東名を走行中は一瞬素晴らしい富士山が見えたのですが
それ以降は、山頂が見え隠れするくらいで、あまり見えませんでした。
でも気持ちのいいツーリングが出来て良かったです。

インターメカニカ ポルシェ356 空冷
富士山で解散となりましたので、それぞれが思い思いにバラバラに帰りました。
関西組なんと一体感のなさなのでしょう!(笑)
ディフェンダーは中央高速へ、911はもう少し富士山の写真を撮るといい
もう1台は途中でオートバックスに立ち寄るというので、私は泣きながら帰りました。


でも私のクルマは本当に気持ちのいいエンジンに復活しましたよ!
燃費も高速で14km/lくらい伸びますし、追い越し車線をキープしたまま走れる安定感とスピード感を味わえました。

アメ車のイベントがあったのか、帰りにたくさんのホットロッドたちと並走できて楽しかったです!

インターメカニカ ポルシェ356 空冷