ポルシェ馬鹿堀井氏よ安らかに・・・[インターメカニカ]

インターメカニカ 堀井正明 ポルシェ.356 キューベルワーゲン

世界一楽しくて世界一耐久性の高いオープンカーを作ってくれた堀井さん。
キューベルワーゲンを現代に復活させてくれた堀井さん。
40年以上前にご自身で購入されたビートルをいまだに乗り続ける堀井さん。
いつもビール片手に356の整備をしていた堀井さん。
私をインターメカニカの虜にしてくれた堀井さん。


もうそんな堀井さんには会えないんですね。
でも堀井さんがフェルディナント・ポルシェ博士より受け継いだスピリッツは我々インターメカニカオーナーが受け継いで参ります。


空冷ワーゲンに乗ってから40余年。
インターメカニカを作ってから20余年。
本当にクルマが大好きで、ポルシェ馬鹿としか言いようが無かった堀井さんとたった6年間しかご一緒させていただくことができなかったですが、おかげさまで素晴らしい思い出や素晴らしい友人が出来ました。


初めて『一生を共にしたい』と思ったクルマがインターメカニカ356ロードスターでした。
正月には3日間で九州2000キロ走りました。こんな気軽にどこへでも行けるクラシックカーはインターメカニカしかないと思います。
本当に素晴らしいクルマを作っていただきありがとうございました。
感謝してもし切れません。


ここ最近は本当に苦しかったのかなと思います。
どうぞゆっくりお休みください。
本当に本当にお疲れ様でした。
天国でフランクさんと一杯やってくださいね。ケンカしないようにね!



コメント

先程掘井氏に会ってきました。
今にも「絶対生きとるけどな!」といつもの口調で言いながら目を覚ましてくれそうなほど安らかなお顔で眠っておられました。
私にとって氏は親父のような大きな存在であり、憧れでもありました。ポルシェについて話をしているときのあの少年のような笑顔が、いまでも浮かんできます・・・。
残念ながら氏はフェルディナント・ポルシェ博士とフランク氏の元へと旅立ってしまいましたが、氏のスピリッツは世に送り出された氏の息子達とともに生き続けてくれると私はしんじています。
これからも、どうか、どうか氏の生きた証「インターメカニカ356ロードスター」を愛し続けてあげてくださいませ。
掘井氏のご冥福を心よりお祈り申し上げます・・・。

  • K.Y
  • 2009/05/23 23:51

>K.Yさん
コメントありがとうございます。私も師匠のいつもの『どないかなるで!』を期待して復調を祈っておりました。
何度も同じポルシェネタを聞かされていたのが懐かしくそして楽しかった思い出です(笑)
本当にお疲れ様と言いたいです。

  • MAXX
  • 2009/05/24 00:04

MAXX様

先程のコメントでは堀井氏の漢字を誤記していたことに今気づきました。 私も本日氏の訃報を聞いたところで脳内がパニックをおこしており、初歩的な誤記をしてしまいました・・・。申し訳ございません。

氏と一緒に色々な話を深夜までしたことや明け方近くまでガレージでロードスターを触っていた宝物のような時間は、一生の「心の宝物」です。

私にとって堀井氏はこれからも変わりなく「心の師」です・・・。

  • K.Y
  • 2009/05/24 00:16


相変わらず1人で週末和歌山にドライブに行ってまして、全く電話に気付かづに、訃報を今朝宿で留守番電話で聞き、非常にショックを受けています。堀井さんの堀井節の話がもう聞けないと思と・・・とても辛いのですが、堀井さんの魂が入っているこのインターメカニカ356スピードスターとこれからもずーっと付き合っていく所存です。 
どうぞ 安らかにお眠り下さい。色々有難う御座いました。

  • ウエ
  • 2009/05/24 10:26
トラックバック
この記事のトラックバックURL