インターメカニカの性能が本物を越える理由 [インターメカニカ]

今日は師匠のお通夜でした。

普段からインターメカニカの卓越した性能を堪能し、コーナーリングの限界の高さや、高度な性能を肌で感じておりますが、何で走行性能がいいのかわかりました!

私は専門化ではないのですが、堀井師匠のお通夜に元レーシングメカニックであり、堀井さんの通訳であり、工業デザインに精通したKさんの話によると・・・

インターメカニカロードスターを発売しだして数年経過したころ、カナダの本社に行き、設計図を見せてもらったときに、思わず唸ったらしいです。
こんなにバランスのとれた設計図は見たことが無い!
前後左右のバランスがずば抜けて抜群であるそうです。

往年の名車ポルシェ356の本物と比べて、全然走りが違うのはその基本設計の違いからきているそうです。
ただ単に、ポルシェ356の皮をまとった作りの良いクルマではなく、デザイン、走り、質感などすべてが考えつくされたまったく別のクルマなんだそうです。

そう聞いてますますインターメカニカが好きになりました♪
単純な私です。


コメント

昨夜の御通夜お疲れ様でした。
会場の駐車場にMAXXさんのロードスターをはじめキューベルやスピードスター等マスターの息子達がたくさん駆けつけてくれているのを見て涙が出ました。
そして祭壇上のあの遺影とマスターが作業中によくかけていたオールディーズの曲・・・。一昨日あれだけ泣いたはずなのに、ガレージで楽しくポルシェ&VW談義をしたマスターとの日々が甦ってきてと涙がとまりませんでした。

インターメカニカのあの「癖になる」しなやかなフレーム剛性と素晴らしいコーナリングの秘密は、車両の腹下にもぐったことがある方なら一目瞭然だと思います。
一緒に作業をしているときマスターはよく「このフレームこそがインターメカニカがインターメカニカたる所以なんやけどな!」とあの口調で話されてました。

さて、今日は告別式、私もいまから出発します・・・お時間のあるオーナーの方・・・いえ、マスターの息子達を操ることができている全てのオーナーさん達・・・本日の告別式にはできるだけ参加してやってください! マスターを氏の息子達と一緒に「笑顔」で送り出してあげようじゃありませんか! 「しんみり泣いて」送り出したら、それこそマスターに怒られそうですから・・・。

  • K.Y
  • 2009/05/25 09:01

静岡の野末といいます。
以前に車検の排ガスの件ではお世話になりました。
あの時に、堀井氏に電話をかけたのですが、繋がらず、ご病気の為に電話に出られないのかな?と思っていましたが、まさか、亡くなられたとは。
5年ほど前に、東京からの帰りに、こちらに立ち寄っていただき、スピードスターを見せていただきました。
凄く熱い方でしたね。
遠方より、心からご冥福を祈ります。

  • 野末
  • 2009/05/25 14:32
トラックバック
この記事のトラックバックURL