イグニッションコイル交換 [カルマンギア]

先週土曜日に走行中エンジンがストールし、とりあえず中古のスペアコイルに交換し難を逃れました。
その日のうちに、ビートルハウスでコイルを注文。

ブラジル製とメキシコ製がありました。
2003年まではメキシコでビートルが生産されていたので、メキシコ製のがいいのかなぁと勝手な判断でメキシコ製を購入しました。

翌日の日曜日到着。
せっかくなのでブラックに塗装。
イグニッションコイル 交換 カルマンギア 空冷 ワーゲン

乾きが遅く、2,3度指紋を点けてしまう・・・情けない。

イグニッションコイル 交換 カルマンギア 空冷 ワーゲン

左が塗装完了したコイル。右が応急用のブルーコイル。ちなみに銀ラベル。

イグニッションコイル 交換 カルマンギア 空冷 ワーゲン

定位置に収まったコイル。
別にブルーでも違和感全然ないんですけど、ブラックならちょっと締まるかなぁって感じです。

カルマンギア エンジンがかからない イグニッションコイル 点火系 電気系

上は交換前のブルーコイル。

ついでに、カルマン完成時に配線をし忘れてあったシガーライターも配線を追加しました。
以前は常時電源にシガーライターの配線が繋がってたので
シートヒーターを使うといつも翌朝はバッテリーあがりでしたのでこれで解決です!

さらに、アクセルワイヤーの上に、チューブにまとまったケーブル類が乗っかっていました。
アクセルを踏んだり離したりしている間に、いつか擦れて切れてしまうと思うので、アクセルワイヤーに引っかからないよう、オルタの下を通ってた配線を、オルタの上を通るようにしてとりあえず回避。

コイルを取り付けた直後、カルマン仲間の信州1959さんから連絡があり
メキシコ製のコイルは耐久性が悪いと教えていただきました。(半年で死んだという話もあり)
早く言って欲しかったけど、来春までは持つと思うのでとりあえずこれで頑張ります(笑)


ハロー カルマニスト Karman Ghia オーナーズサイト
コメント

やっぱ、コイルはブラックが雰囲気あっていいですね!
ウチは車庫で眠ってます。(笑)

>Junさん
コメントありがとうございます。
春になったら目覚めるのでしょうか?(笑)

  • MAXX
  • 2009/12/04 06:36
トラックバック
この記事のトラックバックURL