4th VWs ジャンボリー 往復1300キロの旅 準備編 [カルマンギア]

 第1回目が開催されたときから、いつかは参加してみたい空冷VW国内最大のイベントが今年も3月21日にお台場で開催されました。

 でも今回はまだ時期早尚だと思い、行くつもりにはしていなかったのですが、昨年琵琶湖キャンプに関東勢が大挙して押し寄せてきていただいたので、そのお返しに関東へ行かないわけにはいかなくなりました。なぜなら前回のキャンプでは、完成したばかりの私のカルマンギアをわざわざ関東から見に来てくれたのですから(本当は飲むことがメインだったと思う)。

 なので、どうせ行くならカーショーにエントリーし、どうせ展示するならちょっといじらなければと思い、ドレスアップをしました。

 まずは前回のキャンプで披露したカルマンタコメーター。これはずーっと不動でしたので、今回配線をちゃんとつなげました。しかし3000回転以上は動きません。あきらかに不良品です。しかしアイドリングや3000回転まではちゃんと狂うことなく動きます。

カルマンギア キャンプ 琵琶湖 ヴィンテージ VW

 そして、前回のキャンプではワイパーが不動でした。先月の土砂降りでの牡蠣ツアーでも不動のまま参加してきましたが、今回は配線をちゃんとやり直しました。と言ってもハンダを付けただけです。ワイパースイッチ自体はハイとローの2段スピード仕様です。でもハイでは普通に動きますが、ローでもわずかに動きます。そしてスイッチを切るとちゃんとオートリターンが働きもとのさやに戻ります。しかし岡山の主治医が言うにはモーターは1段式だとのこと。主治医に持てもらうほうがいいかな?

 そして、WCCで発注したカーペットの運転席の部分がペダルと干渉して敷くことが出来なかったのを今回解消しました。カーペットをカットするのもひとつの方法でしたが、カーペットはそのままに、アクセルを純正からさらに古いモデル用のローラーペダルに交換しました。これでフロアカーペットはぴったりおさまりました。

classic vw sunday カルマン ギア Karmann Ghia フォルクスワーゲン 角テール

カルマン 角テール ローラーペダル

しかし、アクセルペダルを取り外してみると、裏は錆びだらけでした。私のクルマはフロアがとてもキレイだったので購入したのですが、ペダルの裏面は盲点でした。
ここも来月処理します。

カルマンギア 角テール 香川 牡蠣

 さらには、納車当日から抜け落ちた、助手席のアームレスト。納車からはずれてるのはとてもイヤ〜な気分でしたが、これもせっかく型から起こして作った特注品なのでなんとかしたいと思い、内張りをはがして補強して取り付けできないか試みましたが、アームレストの中はスコスコの空洞でしっかり取り付けることが出来ませんでした。これは作り直すかまたおって考えますので、今はそのままです。

カルマンギア 角テール 50s レストア 内装

 それから締まらないリアフード。ゴムが新しいということもあったので、締めずに乗せているだけにしていましたが、調整して締まるようにしました。実はフロントフードも浮いてさらにはいがんでるのもそのうち直さないといけないです。雨がフロントフード内に漏りますから。ついでにフロントガラスからの雨漏りも。助手席側のドアも漏ってますね~。これもいつか直したいです。

 それからジャンボリーには取り付けていこうと思っていたVシェイプのヘッドライト。しかし電球が合うのは売ってません・・・。普通にどこでも売ってると思い込んでいました。フラットフォーに連絡しても欠品で、早ければ月末に入るとの事。これは早く取り付けてカッコイイ流し目をしたいです。

カルマンギア 角テール Vカットレンズ Vシェイプ ヘッドライト

 それと待望のハザード。みさなんが取り付けているハザードスイッチも悪くないのですが、シンプルでカッコイイのを探しました。しかし電気がインプット側から入ってきて、ノブ自体は点滅はするのですが、アウトプット側からは電気が来ません。このアウトプット側をウィンカーにつなぐと思うのですが、アウトが無いとアウトです。とりあえずウィンカーは点滅しませんが、スイッチだけ点滅するという機能性を無視したスイッチになりました。

カルマンギア 角テール ハザード

カルマンギア 角テール ハザード

 あとは、昨年11月の納車以来交換していなかったオイル交換をしました。もちろんあまり知られていないアマリーを入れました。1年間交換不要というしろものです。ワーゲン乗りの方は毎月交換したり3ヶ月交換する方も結構多いと聞きますが、私はアマリーを入れてあまり交換しないタイプです。

 そんなこんなで、とりあえず出発先日の3月19日にはなんとなくそれっぽく出来上がりました。もちろんショーカーエントリーなので過去にもらったトロフィーやカーペットなど小物も積んで出発準備です。

classic vw sunday カルマン ギア Karmann Ghia フォルクスワーゲン 角テール

 今回はイベント前日の3月20日に関東勢の段取りで羽田空港近くでキャンプがありますので、それに向けての準備も必要です。と言っても寝袋、枕、マットだけです。それとご当地グルメの用意しました。

 まずはナローポルシェ911Sに乗る大先輩の酒蔵「田中酒造」でその場で絞っていただいた吟醸生絞り酒。前回の琵琶湖にももって行きすこぶる人気のある酒なのだ。前回は天秤絞りと言う有名な酒をいただきましたが、今回も無理を言って、有名料亭にわずかに卸す幻の酒を少々わけていただきました。

 それと私の友人が経営する姫路の老舗ホテル「クレール日笠」で準備していただいた「特上しし肉」(猪肉)を1kg準備していただきました。ボタン鍋の本場は篠山ですが、姫路のしし肉も負けず劣らずレベルが高いです。

 クルマのドレスアップ&チューニングを少々。そしてご当地グルメを準備して東京に乗り込むことになりました。



ハロー カルマニスト Karman Ghia オーナーズサイト
コメント
トラックバック
この記事のトラックバックURL