4th VWs ジャンボリー 往復1300キロの旅 ツーリング編 [カルマンギア]

 高速道路に乗ってからは快調です!エンジンはすこぶる調子がいい!さすが1641cc カドロンツインなので速いです!甲南SAには予定通り2時間で到着しました。午前3時過ぎです。とろこが場所が悪いのかたまたまなのか、めちゃくちゃ寒いではないですか!!聞くところによるとこの近辺は氷点下だそうで・・・ヒーターがイマイチ効かないんですけどぉぉぉ・・・。
とりあえず待ち合わせ時間まで30分弱あるので、コーヒーを飲んで仮眠です。


仮眠を始めて10分ほどでツヴィッターが登場!「やっぱカージナルレッドはええなぁ~」とお褒めいただきカルマンに乗り込むシマピーさん。お世辞かと思いましたがよほど気に入ってるようでした(笑)

カルマンギア 角テール ジャンボリー お台場


3時半ちょうどにリアルオクラサエンジンを積むオーバル乗り3140さんも登場!これから3台で東京に向けてランデブーです。ナビを付けている私が先頭になり出発。と言ってもこのナビには新名神がありません(笑)とにかく浜名湖目指して出発しました。1953年式、1954年式、1958年式とフィフティーズワーゲンでのクルージングの開始です。う~んいにしえの1950年代にタイムスリップしたかのようですね。


2時間で浜名湖SAに到着。まずは給油です。私とツヴィッターは早々と給油を済ませたものの、オーバルが給油を終えても、バタバタしています。もちろんバタバタしているのはエンジンではなく本人です。何をしてんねんやろ~と眺めていると、オーバルを押しながらこちらにやってきました。どうやらエンジンがかからないようです。キーをひねってもうんともすんとも言いません。もちろんバッテリー上がりではなく電気はちゃんと来ています。


私も2,3度経験していますが、スターター(セルモーター)の突然死なのかなぁと思いました。イグニッションからショートさせてみましたが全く動きません。これはスターターが死んだと判断するしかないですね。とりあえずおとな3名いますので、押しがけスタートです。時間は午前5時半。結局浜名湖では休憩を取らずに、2時間後の休憩を目指して出発することになりました。


クルージングはいたって快調でした。あっと言う間に富士川SAに到着。2時間たってもまだ静岡県というのには驚きましたが・・・。時間は午前7時半なのでまずは朝食です。富士山もキレイでした。
3140さんが「エンジン切ってもいいですか?」と・・。つまり出発時はおじさんたちもう一度押してね、と無言で言ってるのと同じ意味を指します。
軽く名物のヤキソバを食べ、30分ほど休憩をとり、次は東京目黒にある聖地フラットフォー本社を目指すことになりました。もちろんオーバルのスターターを交換するためです。


カルマンギア 角テール ジャンボリー お台場

カルマンギア 角テール ジャンボリー お台場

出発しようとすると、すでに東京方面は自然渋滞が始まっています。
渋滞中オーバルがクラッチミートをしくじるとエラいことになるなぁと思いながら私もドキドキして運転していました。東名高速の出口数キロ手前はリアル渋滞です。ルームミラーを見ながら心配しながら
の運転でした。

カルマンギア 角テール ジャンボリー お台場

なんとかフラットフォー本社に無事到着し、スターター交換も無事に済ませ、今夜の宿泊地である羽田空港近くのキャンプ場を目指したのであった。

カルマンギア 角テール ジャンボリー お台場

カルマンギア 角テール ジャンボリー お台場

コメント
トラックバック
この記事のトラックバックURL