カルマンギア誕生ヒストリー (歴史)[カルマンギア]

カルマンギア(Karmann Ghia)…VW社では「Type14」と呼ばれ、1955年にタイプ1(ビートル)をベースに作られた2+2のスポーツクーペである。イタリアのGhia社がデザインをしてドイツのKarmann社がボディのコーチワークをした車だからこそ「Karmann Ghia」という車名になった。



のちにタイプ3をベースとしたカルマンギア(Type34)も発売されるが、一般的には上記のクルマがカルマンギアと呼ばれている。

カルマンギアの誕生は1953年に遡る。当時VW社ではType1のビートルとType2を主力車種としていたが、メーカーのフラッグシップモデルとしてのイメージリーダーカーを模索をしていました。

VW社は1948年からビートルの上級車種としてパーソナル高級車であるビートルのオープン2シーターモデル(ヘブミューラー社製)を販売していたが1949年にヘブ社の工場が火事になり、引き続きカルマン社によって1953年まで生産が引き続けれました。その高級パーソナルビートルこそが「Type14」である。



つまりカルマンギアはヘブミューラー社製高級パーソナルビートルの実質的な後継車ということになります。
しかし、ボディデザインは全くことなり、当時海外メーカーとの取引がクライスラー社しかなかったイタリアのカロッツェリア「Ghia」社に1953年にデザインをお願いしたことに始まる。カルマンギアは当時クライスラーのクーペをデザインしていた「エレガンス」というクルマがモデルとなった。



プロトタイプはグリルがなくターンシグナルもやや真ん中に寄っているが、ほぼ市販車と同じスタイルであった。



1955年8月にほぼプロトタイプと同じシルエットで登場したカルマンギアはビートルのエクスポートモデルと同じパワーユニットとシャーシを使っていた。最初は左ハンドルのクーペモデルしかなかった。ワイド&ロースタイルのカルマンギアは車重がビートルの730kg(カブリオレは800kg)に対して810kgとヘビーであった。しかし空力に優れたボディのおかげでトップスピードがビートルの110km/hに対して115km/hであった。また当時の価格はビートルの4600マルク(カブリオレ5990マルク)に対して7500マルクもした。

初期型のカルマンギアは1959年で姿を消し、大幅なマイナーチェンジにより特徴のあるフロントフェンダー形状やベントグリルやテールランプののデザインが変更され、1960年に第二期に突入するのであった。

私はこの流麗な初期型カルマンにハマった1人です。


カルマンギアオーナーが集まるハローカルマニストはこちら

My Homepage→やっぱ空冷が好っきゃんねん!

コメント
トラックバック
この記事のトラックバックURL