エンジンフードが開かない [カルマンギア]

 間もなく、カルマンが完成して1年になります。
9月に京都で行われたイベントのときに、エンジンフードが開かなくなりました・・・。
というのは、納車当時からエンジンフードの閉まりが悪く、思いっきり閉めないと閉まらない状態だったので、しばらくは締めずに載せているだけの状態でいました。


別に普段はガレージに入れていますので、それでも問題は無かったのですが、やはり意外とちゃんとしたい性格なので、近所の整備屋さんで、調整してもらってなんとか閉まるようにはしていました。


しかしそれでもだんだんと閉まりにくくなっていたので、またか・・・という感じだったのですが
京都ではとうとう閉まったら最後、開かなくなってしまいました。
その翌日に押したり引いたりしているうちに、開いたので、またしばらく載せているだけにしていました。


ところが先日、ベルトの調整をしたときに、自然治癒しているか試しに閉めてみました。
とても後悔しました・・・今度は閉まったきり、何をやっても開きません・・・。
仕方ないのでいつも整備屋さんに持って行ってなんとかならんか聞いてみました。


これは穴を開けないとなんともならんと言われてショックでしたがお願いして帰りました。

カルマンギア エンジンフードが開かない 角テール

裏から穴を開けて、ドライバーなどでこじると開きました。

原因が判明しました。
もちろんエンジンフードのケーブルが切れているわけではありません。
フードを閉めると、フード側に付く棒を噛み込んでロックが掛かり開かないようになります。
ケーブルを引っ張るといるロックが解除されます。


単純なシステムなのですがケーブルをゆっくり引っ張ると、徐々にロックが外れていくのですが目一杯引くと外れていたロックが少し戻りロックが軽くかかるようになります。
これが原因で、引っ張ってもロックが外れないということがわかりました。


文章ではわかりずらいと思いますが写真のセンターの穴の上側が少し見えていますが、目一杯引っ張るとまた降りてきます。


これはパーツ自体を交換しないと、解決出来ないと言われましたので
ゆっくりパーツをさがそうと思います。

カルマンギア エンジンフードが開かない 角テール
不用意に閉めないよう角は外しました。


コメント

まさに押したり引いたりの駆け引きは現役なんですね!?(笑)

トラックバック
この記事のトラックバックURL