バッテリー上がり [カルマンギア]

 1ヶ月ほど乗っていなかったので、エンジンをかけてみると・・・かからない。
セルが死にそうなくらいか弱く回るが・・・。
これは完全にバッテー上がりです。


ガレージに入れているので、他のクルマをバッテリーをつなぐことも出来ないから、早速JAFにお願いしました。いつもなら軽く1時間は待つけど、たまたま近くにいたらしく10分で来てくれました!


バッテリーをつないでみると、あっけなくかかりました!
ここまでは普通です。


しかし、ちょっとアクセルを吹かせてみると、何やらエンジンの下から液体がドボドボと湯水のごとくこぼれてくるではないですか!!


エンジンオイルにしてはちょっと粘度が足らないし、水にしてはおかしい!
その上、ガソリンの臭いも少しするではないですか!!??
いったいどうゆうこと??ガレージが出して明るいところで確認。

カルマギア 角テール キャブ ガソリン オイル 混入
↑すごい潮吹きです。

本当にジャバジャバとこぼれてきました。しかいアイドリングのときは止まります。
アクセルを吹かしたときだけジャバジャバです。


JAFのおじさんもチンプンカンプンで、先輩に電話して聞いていました(笑)
私もこれはあまりにもおかしいので、近所の主治医に電話して聞いてみました。
すると、キャブからガソリンがオイルパンのところへ回っているそうです。
すぐにエンジンを止めないと焼きつきと聞いてビビりまくりました。

カルマギア 角テール キャブ ガソリン オイル 混入

JAFもお手上げで帰りました・・・。トホホ。
やはりツイテいないな、今年も。
コメント
トラックバック
この記事のトラックバックURL