12月のエンジンブロー事件の詳細写真

 昨年12月、静岡で行われるティーブレイクに参加するために、調子こいて新名神高速道路をかっ飛ばしていたところ、エンジンルームからオイルを拭いて、完全にエンジンブローしてしまいました。今はNewブラジルエンジンに載せ替えております。


当時、エンジンルームがオイルで真っ黒だったためどこからオイルが吹いたのかがわかりませんでしたが、載せ替えでお世話になったフラットフォーさんから写真を送っていただきました。


カルマンギア 角テール エンジン載せ替え

完全にブロックが割れてしまっています。

カルマンギア 角テール エンジン載せ替え

う〜ん・・・なってこった!パンナコッタ!!


カルマンギア 角テール エンジン載せ替え

痛々しいです!壊れる前は非常に調子よく回るエンジンでしたので、とても残念に思います。しかしある方は、調子ええエンジンと壊れるエンジンは紙一重ともいいます。


カルマンギア 角テール エンジン載せ替え

はっきりした原因は不明ですが、もしかしたらガソリンがオイルパンに回って冷却が出来なくなったのかもしれません。オイル管理には気をつけているつもりでしたが、長距離のときはとくにオイルレベルやガソリン混入に気をつけながら走行したいと思います。

カルマンギア 角テール エンジン載せ替え

無事に復活したエンジン。オイルのシミが付いたエンジンルームのファイヤーウォールのボードも交換して欲しかったなぁ〜。また今度エンジンを下ろすときにでも・・・

しかし、本調子までに数々の苦難がまっていました。
コメント
トラックバック
この記事のトラックバックURL