カルマンギアにもiPod touch!

 先日、我がインターメカニカに搭載されたBlaupunkt&iPod touch!とてもかっこいいです!ただ、やはりシガーライターから電源を取ると、オルタネーターのノイズがどうしても気になります。まぁFRPボディの弱点であります、アースをもっとしっかり取ればいいのかもしれません。あるいはシガーライターソケットをラジオから離れたところに増設するのもいいかもしれません。こちらは電装屋さんと相談しながら考えていこうと思います。


オーディオ交換 ブラウプンクト西ドイツ製ラジオ with iPod-touch インターメカニカ

 一方、普段の足でありますフィアットパンダのオーディオはiPod対応なので快適です。エンジンオンで自動的に再生が始まり、オフで自動的に止まり、iPodの電源も待機状態になります。最新のオーディオはいいですね〜。


 そこで、カルマンはどうしようかな?と考えました。最新のiPod対応オーディオは1万円台でも売っていますので、古いアルパインのオーディオと交換するのもひとつの手だとおもいましたが、古いオーディオのAUX端子につなげば問題ないってことなので、後者に挑戦してみました。


 ところがアルパインのオーディオにはAUX端子がありません。その代わりAi-NET端子という変わった端子が付いています。この端子に接続すればどうやらAUXの機能を追加できるということを知りました。

カルマンギア iPod AUX アルパイン
※ネットから拝借しました。すみません。


 ここでまとめです。まずAi-NET端子に接続できて、なおかつシガーライターから電源を取るのではなく、ACC電源から電源を取れば、比較的快適にオーディオ生活ができるのでは?と考えたのです。(このような考えをするとたいがい、最新のオーディオに買い替えとけばよかったという結果になりがちです)


 そこでネットでいろいろ探してみました。やはりあるんですね。こんなのが!

カルマンギア iPod AUX アルパイン

Ai-NET端子→ピンジャック(赤白)→電源&iPod です。2780円也!オーディオを買い換えるより安いということでこれにしました。


 カルマンギア iPod AUX アルパイン

接続はとても簡単です。


カルマンギア iPod AUX アルパイン
※え?ケーブルのすき間から隙間風が気になります?クルマ全体が隙間風だらけなので気になりません(笑)



ただ、エンジンをオフにしても、iPodは再生を続けております。もちろん再生中は充電をしていていいのですが、、、これさえクリアできたらもっと満足できたのになぁ〜。
やっぱりiPod対応製品に買い換えようかなぁ〜なんて思っちゃいますね。

コメント
トラックバック
この記事のトラックバックURL