かれこれ14年落ち・・・でも新車同然[インターメカニカ]

我が家のインターメカニカ356は1992年式なので14年落ち。(ちなみに私が独立開業したのも12年前)国産車で12年経てば、ほとんどは廃車やスクラップになってしまって、売り物にもならないんでしょうね。。。

でもこの356はいまでも、新車の輝きを失っていませんし、ヘタリやヨレも全然感じられません。このあたりはインターメカニカ社のまじめなクルマづくりから来てるんだと思います。

VWのシャーシを使わずに、オリジナル角型パイプフレームの恩恵に授かった結果、10年、20年経っても普通に乗れてしまうんだと思う。こうなってくるとウルフブルグ商会の堀井さんが『40年もつクルマを作ってもらった』とうことが現実になってくるし、30年はそのまま乗れてしまいそうな気がします。エンジンはオーバーホールしないといけないかもしれないけど。

あと30年乗ったら、68歳かぁ・・・自身が現役であることを祈るばかりです。

コメント
トラックバック
この記事のトラックバックURL