カルマンギア オリジナルタコメーター装着! Karmann Ghia Lowlight

1958年式カルマンギアは純正ではタコメーターが付いていなくて

左がスピード、右が時計となっています。

 

どうしてもタコメーターが付けたくて6年前に、サンバでタコメーターを見つけて取り付けていました。

それがこれ。

 

 

 

 

これはこれでお気に入りだったのですが

オリジナルのタコメーターを作っている人をベルギーで見つけました。それもやっぱりサンバで。

つまりオリジナルではなく、オリジナル風のタコメーターというか

いわゆるリプロ品です。

 

 

オリジナルは取付けがかなり大変で知識も必要なのですが

こちらは電気式なので簡単です。

私のカルマン仲間として尊敬するGさんのカルマンにはオリジナルが付いていますが

私と同じ電気式に交換されています。→VW-SQUARE

 

9月にお金を支払い、待つこと4か月。

なんども催促してようやく平成29年1月20日に到着しました。

 

 

 

 

 

 

空冷ワーゲンは取付け簡単なのが嬉しい!

ボンネットを開けるとメーターが見えていますから

マイナスドライバでネジをゆるめ交換するだけです(笑)

 

 

 

 

Gさんもブログで書いていますが、どれくらい正確なのかは不明です(^^;

でも雰囲気はよくなりました。

コメント
トラックバック
この記事のトラックバックURL