カルマンギア愛好家 Karmann Ghia Freak[カルマンギア]

ボクは空冷愛好家と語っていますが、カルマン愛好家でもあります(笑)
ボクが最初に乗ったカルマンギアはもう20年近く前の21歳の頃。

18歳の免許を取ったばかりの頃、正直空冷VWが大嫌いでした。信号待ちで横に並ばれるとバタバタうるさいし、夏場はみんな窓を全開にして走ってるのを見て、暑くて古いクルマに乗る人はマゾに違いない!って思っていたくらいです。

その頃の私は、最新の国産車に興味がありました。とくに元祖ボーイズレーサーのファミリア3ドアハッチバックに乗っていた私にはホンダCR-Xが憧れ
で、いつか絶対に新車を買うぞ!って思っていました。

しかし、いつのまにか、当時「くるまにあ」という輸入車の中古車情報雑誌を読み漁っているようになり、いつも最終ページ(表紙裏)にカルマンギアの広告がありました。
しかしカルマンギアは60年代のクルマ(当時は角テールなんて幻の中の幻のクルマで写真でさえ見ることがありませんでした)で、到底自分がオーナーになるなんて考えもしませんでした。

その頃、興味があったのは、アウトビアンキA112アバルト、プジョー205GTIなどの小型ハッチバックの輸入車をオシャレに乗りこなしたいと考えていました。もちろんその頃は今と違い輸入車に関税がかかるので、高嶺の花で新車は手が出ませんでした。

そろそろファミリアを買い替えようとしていたころ、知人のクルマ屋さんには当然アバルトの中古車を探してもらっていました。
しかし、「カルマンギア」があるとの連絡が、、、、

私は実車もみたことないし、憧れのクルマだったので、もう舞い上がってしまい、すぐに見に行きました。
それが人生初めての空冷VWであり、初代カルマンギアです。



ここから一気に空冷VWにハマりました。
しかし初代は諸事情(事故で廃車)により7ヶ月でさよならしました。
現在のようにインターネットもない時代ですから、カンタンに次のカルマンが見つかるはずもありません。
初代サニー(S.43年式)でしばらくはガマンしていました。

時はバブル景気の真っ最中。カルマンギアは超高嶺の花で、普通に200万円以上、角テールのコンバチは500万円と言われる時代に突入。
私は愛読書「くるまにあ」で見つけた個人売買により2代目カルマンを手に入れたのです。



キャルマガジンが創刊され、地元でも最先端(だと自分では思ってる)のオシャレなクルマに乗っていると思い込んでいました23歳の頃。
この頃から空冷ワーゲン仲間がたくさんでき始めました。
4年間所有したものの、友達に譲りました。

その後結婚したこともあり、しばらくは国産車やアルファロメオなどに乗り、空冷界から足を洗ったかのように見られていました。
しかしインターネットの発達により「カルマニア」というカルマンギアのオーナーズクラブのサイトに出会ってしまってさぁ大変!!!
「カルマン欲しい熱」が下がりません。。行動派の私は博多までカルマンを買いに行ってしまいました。
それが3代目の59年コンバチです。



めちゃくちゃ程度がよくて、しかも憧れの角テールのコンバチ。これ以上自分にとって幸せなことはありませんでした。
しかし、その幸せはポルシェへと引き継がれてきました。
ワーゲン乗りなら一度は口ずさむ「いつかはポルシェ356に乗りたい」。
それが2年後に今のインターメカニカ356ロードスターに変わってしまいました。

憧れの356のオーナーになれましたが、やはり自分の中での「オシャレでなお且つカッコイイ」クルマは356とカルマンギアの2台しかありません。
そしていつしか目標はプライベートと仕事で乗り分ける空冷車に変わって行きました。

ちょうど足で使っていた国産車が車検でしたので、程度のいい角テールを捜していたところ、現在の愛車に出会ったわけです。


※KG1500さん撮影

現在では356とカルマンギアのある生活を楽しんでおります。




コメント

はじめまして
それにしても「濃い〜〜」車遍歴ですね!
まるでカルピス原液で飲むような。
カルマンへの想いがビンビン伝わってきました!
もう溺愛ですね。

はじめまして。
以前はブログにお越し頂きありがとうございました。
私は基本的にスカイライン乗りですが、父親が好きで、そしてついに手に入れたという状況です。
それから、車庫の拡大に着手し、先日完成しました。
これからコツコツやりたいと思います。
お知恵をお借りすることもあるかと思いますが、その時はよろしくお願い致します。

トラックバック
この記事のトラックバックURL