第1回JCSCC(JCスポーツカークラブ)ミーティングに参加[インターメカニカ]

2007年2月10日〜11日の1泊2日で行われたJCSCCミーティングに参加してきました。
場所は姫路市夢前町にある料理旅館の夢前亭です。
自然の中に、独立したロッジのような部屋があり、部屋にはテレビも冷蔵庫もありません。のんびりした時間をすごすには最高です。

夢前亭

露天風呂も雰囲気よかったです。彼女とお忍びで行きたい旅館ですね。野郎同士も楽しかったですが、この雰囲気はいらないかも(笑)



今回集まった車
・ポルシェ911S 1973年式
・フェラーリ360チェレンジエストラーダ 2004年式
・BMW2002 1969年式
・ランボルギーニカウンタック
・ディーノ246GT 1973年式
・アルファロメオジュリアスパイダー 1961年式
・ポルシェ911 1989年式
・ポルシェ968
・フェラーリF355 1995年式
・BMW740i
・インターメカニカ356 1994年式



翌日は「牡蠣食べ放題」へ向けてツーリングです。
相生の牡蠣は最高にうまかったです!食べ放題は90分2100円!!!!安い!用意された牡蠣も食べ切れませんでした。飲み物やご飯も追加すれば3000円あればおなかいっぱいになりますよ!
場所は相生市の住栄丸です。要予約ですよ!!

おなかもいっぱいになったので、次に予約してある姫路のレンタルカートでレースをすることになっている。
とりあえず相生からワインディングを走って赤穂ICまで行って、そこから山陽自動車道路に乗り姫路方面へ、、、

みんな飛ばしまくりますが、私のクルマだって最高200キロ出た高速ツアラーでもあるんです。
オープンのまま必死で付いていきました。

しかし播磨道の分岐点手前で、パーンッって感じでエンジンが止まりどんどん出力が落ちてしまい止まってしまいました。。。
みんなはカート場へ向けて私を置き去りです(笑) 今回はリタイヤの連絡をしときました。



高速道路に乗る前にガソリン満タンにしていますから、ガス欠ではありません。油温計もあがっていないけどとりあえずオイルもチェックしたが異常なし。
もしかしたら点火系かなぁ?って思い、火花が飛ぶかチェックをしようと思ったところ日本道路公団の人たちが来てくれたのでセルを回してもらった。
デスビキャップをはずしてチェックしたが火は飛んでいないようだ。
プラグコードもはずして同様にチェックしたが火が飛んでいない。

これはイグニッションコイルを疑うしかないと思い、いつもスペアで積んでいるコイルを付け替えましたが、ダメでした。ポイントやコンデンサは持っていないしましてやデスビ本体も持っていません。
仕方ないのでJAFのお世話になってしまいました…とほほ。



明日から修理しよう!!

写真は「だからインターメカニカに乗る」にアップしています


コメント
トラックバック
この記事のトラックバックURL