雑誌カーマガジン「356スピードスター」特集[インターメカニカ]



今月のカーマガジン見ましたぁ??
6月26日に発売されるのは知っていたのですが、今日ようやく本屋でゲットしました!!

今まで20年間カーマガジンを読んでいます(立ち読みですけど)が40ページにもわたって特集された記事なんていままであったのかなぁ?って思うくらい凄い特集でした。

もう穴が開くくらい見まくりました(笑)
なぜかというと、6月初旬にこの特集が組まれることをウルフブルグ商会の堀井さんから聞かされていて、先日、日本に上陸したばかりの「ナローポルシェのエンジンと足回りをまとったインターメカニカスピードスター2.2」も『ポルシェ356スピードスター』の特集記事に載る"予定"と知らされていました。

そのためインターメカニカ東京のKさんから取材した画像を送って欲しいと言われて、撮影したインターメカニカ2.2の画像を全部送っていたのです。
"カメラマンMAXX"としてカーマガジンデビューとなる予定だったのです。

しかし、どこにも記事も写真も使われていませんでした(笑)
でも、ポルシェ356特集なのにインターメカニカも2ページに渡り記事になっていたのは凄いなぁって思いました。

やはり、本物をしのぐ性能や質感と、それが現在でも新車で買えるというアドバンテージは、私のように「356ファン」の心をくすぐるものだと思います。

お金と時間が有り余るほどあれば、オリジナルポルシェ356も所有してみたいと思いますが、今の私にとってはインターメカニカが最良の選択であったと思います。たとえ仮にお金と時間があってオリジナルを所有したとしてもインターメカニカは手放すことが出来ないでしょう。
こんなにカジュアルにぶん回したり飛ばしたり出来て、ランニングコストの安いクラシックカーはインターメカニカをおいてそうありませんよ。



今回の記事の中で、「え?オレの?」って思うようなキレイなグリーンの356もありました。これはカブリオレですが、ホワイトウォールタイヤがすごい似合ってますよね。こういうドレスアップもアリですね!

またクーペの記事もありましたが、クーペを普段の足に乗るってなんだかカルマンギアの角テールを普段の足にするようなワクワクする気持ちになりました。今までクーペはあまり興味がなかったのですがいいなぁって思いました。



特集のあとの2ページにインターメカニカの広告が載っていました。向かって2列目の右から3台目が私の356です(笑)
これは自動車ジャーナリストのシンノスケさんが撮った写真ですね。(シンノスケさんのブログ)
写真は不採用でしたが、愛車が載ってよかったよかった(笑)



コメント
トラックバック
この記事のトラックバックURL