インターメカニカヒストリー[インターメカニカ]

カナダに本拠地を置くインターメカニカインターナショナル社(IM社)は現在ではポルシェ356とキューベルワーゲンのレプリカを生産しています。そのことはカーマニアならだいたい知ってると思います。

しかし、もともとは60年代からは本拠地をイタリアのトリノに置き、オリジナルデザインのスポーツカーを生産していたことはあまり知られていない。

1959年に設立されたIM社はルノー、シムカ、プジョーなどのスピードキットを手がけていました。1960年にはプジョーのエンジンをチューンしたクラス最速マシンを売り出したりもしています。

そして同年には初めてのオリジナルカー『IMP』を開発しました。空冷2気筒500ccの水平対向エンジンをリアに積んだ2座の小型スポーツカー、ベースはシュタイア・プフ(フィアット500のボディとシャーシとフロントサスペンションにオリジナルのエンジンとミッションを載せたクルマ)。
ヒルクライムやレースではアバルトをも打ち負かして、優勝するなど輝かしい功績を残したクルマでした。しかし、フィアットグループのアバルトを負かしたことから、フィアット社から供給を止められ21台しか生産できなかったそうだ。

IMP


シュタイア・プフ


1961年からは名車『アポロGT』を開発。フェラーリのような美しいボディにビューイックのV8エンジンを積んだスポーツカーは100台程度生産された。

アポロGT

1965年にはTVRグリフィスで名を残したジャック・グリフィスとのプロジェクトでアポロGTのスチールボディの生産契約をした。生産開始早々ジャック・グリフィスの会社が倒産し、初期のロット33台は『グリフィス』と呼ばれる予定だったが『オメガ』の名前で販売された。その後フォードのV8を載せ『トリノ(のちにイタリアに変更)』と名づけて販売。70年までに約500台が生産された。

オメガ

イタリア

その後GMグループのオペルと契約し、オペルのコンポーネンツを使いシボレー351のエンジンを積んだ『インドーラ』(デザインはフランコ・スカリオーネ)は125台が生産された。73年のニューヨークショーに出品されたインドーラは多数のバックオーダーをかかえるほど大成功を収めたが、GMが急遽オペルもシボレーも両方のパーツの供給をストップ。理由はオペルがインドーラに変わるモデル『ビッターCD』を発売したから。

インドーラ

ビッターCD

ムスタングワゴンも製作(プロトタイプ)

そのためIM社は苦境に陥ることに…。ビッターCDはインドーラのコピーだと裁判に訴えられ現在も係争中だとか。。。
その後シボレーエンジンを使えなくなったインドーラはフォードエンジン載せアメリカに生産拠点を移す。ところが移住した1ヵ月後に計画がキャンセルに!IM社は35万ドルの損をした。

しかしIM社は75年にポルシェスピードスターのレプリカの生産治具を開発し76年から3年間で600台の356を生産。しかしパートナーがIM社の株式を50%買い取ることでIM社はこの計画から撤退。

81年からカナダのバンクーバーで356コンバーチブルDに基づくモデルロードスターを開発。85年から生産を開始現在に至る。(記事は雑誌NAVI175号より)

インターメカニカ単行本発売

My Homepage→やっぱ空冷が好っきゃんねん!
コメント

Air CooLog 様

トラックバック,ありがとうございました。

私の職場にも,古いポルシェ(赤)がいます。あまり知識が無いのですが,Porche 356 クローズドボディーだと思います。

外装の状態は,ちょっと修理が必要そうに見えましたが,通勤に使われているようでした。

助手席に工具箱がちゃんと置いてあったので,「ああ お仲間だ!」と思いました。

これからも,よろしくお願いいたします。

 トラックバックありがとうございました。
 うちのブログ、リニューアルしました。インターメカニカに関する記事も増える予定です。
 それではまた。

トラックバックありがとうございます。カルマニアの方々には時々お世話になっています。
プレAに乗っている知人もいますので、blogの内容理解出来ます。
今後とも宜しくお願い致します。

  • イノウエ
  • 2005/11/20 23:56

type46さま>こちらこそ末永くよろしゅうおたのもうします。

いちろうさん>今後も楽しみにしています。

イノウエさま>PreAとはすごいですね!私は貧乏人ですので毎日乗りまわしたり振り回せるクルマしか買えません…でもPreAはうらやましいです!

  • MAXX
  • 2005/11/22 00:42

お疲れさまです。

行きたかったな〜四万十。
香川に4年住んでいて
一回も行ったことないんですよね〜



ホーンは以前のスイッチを
ダッシュの穴に移植しました。
(ダミーのスイッチがついていたところ)
純正方式に戻そうとしたのですが
シャフトの接点部が破壊されていたため今回は断念しました。

ディマースイッチ やばそうでしたので
パッシングのこともあって
高年式のライトリレーを付けました。
よってレバーでハイ/ロー切り替え
パッシング可となっています。
ディマースイッチは飾りで残しています(笑)。

トランクルーム内の配線は
ほとんど引き替えています。

あとルームランプがつけられるように
配線を発掘^^、修正しています。
ルームランプどこかにないですかね〜。

  • やなぎだ。
  • 2009/05/06 18:27

MAXXさん,TBありがとうございました。自分のページからもTBさせてくださいね。今後とも宜しくお願いいたします。

>やなぎださん
お!ついに憧れのパッシング(?)がレバーで出来るんですね♪
ホーンは直りませんか・・・とても残念です。ルームランプも無いですね〜。
配線が新しくなってこれでしばらく火事とはおさらばですね(笑)
早く乗りたいですわ。

  • MAXX
  • 2009/05/06 18:54

>67camperさん
いつでも気軽にTBしてくださいね。

  • MAXX
  • 2009/05/06 18:55

お疲れ様でした、片付けが終わってMAXXさん探してたけどいなかったんで挨拶もできなかったです(しかも打ち上げが速攻で始まり正体不明でした)ゴミは私が片付けときましたよ、ご心配なくね〜〜〜〜来年は前日入りのキャンプを売りにPR活動したいと思います。

  • KAZU
  • 2009/05/07 18:53

おひさしぶりです。2シーターで河原に降りてキャンプですか。太っ腹ですね。さぞかし爽快だったでしょうね。ところで、あのペパーミントグリーンがその雰囲気を倍増させている気がします。標準色なんでしょうか?ブログの最初の方まで拝見していないので気になってしまいました。

  • FVA
  • 2009/05/14 22:54

>KAZUさん
すみません。お世話かけました。また再来週は兵庫へお越しくださいませ!

  • MAXX
  • 2009/05/14 23:06

>FVAさん
インターメカニカは特に標準色は無く、すべてオーナーさんの希望でオーダーします。このクルマのペパーミントカラーも実はある場所のトイレのタイルの色から作られてのです(笑)←マジですよ!

  • MAXX
  • 2009/05/14 23:07
トラックバック
この記事のトラックバックURL