ガソリンタンクオーバーフロー キューベルワーゲン

 

日曜日にガソリンを満タンにしました。

セルフのスタンドですがもちろん、オートストップするところまでしか入れていません。

 

その日から、2日経過した温かい日中に、、、えええ、、、えええええ!!!!

という感じです。

最初は誰かに水を注入されたのかな?と疑いました(笑)

 

 

通常であれば、空気の穴がタンクにあるのですが

このキューベルワーゲンは、1号車のプロトタイプです。

量産型のクルマと違い、いろんな箇所で仕様が違っています。

 

 

でも、手に入れたときから給油口からガソリンが漏れているような形跡・汚れがあったのです。

フィラーキャップ裏には、お手製のガスケットが付けてありました。

恐らく気温が上がるとオーバーフローするので、ガスケットで抑えていたのかな?と思います。

 

 

そのガスケットをすべて取り払い、少し空気の隙間ができたかもしれません。

これで様子を見てみます。

 

 

それでも漏れるなら、ガソリンの給油量を減らすか

どこかに空気穴を開けるかのどちらかになると思います