二玄社カー雑誌『NAVI』(7月号)No.287 [インターメカニカ]

インターメカニカの6気筒モデルが日本上陸!

堀井"行商人"正昭さんから、「6気筒を積んだインターメカニカが入ったんや」と電話が入った。「九州のオーナーに届ける前に取材に来ぃひんか」と。

さっそく輸入元ウルフブルグ商会のある兵庫県にうかがうと、オーナーたちの溜まり場になっているガレージに、ベージュの洒落たスピードスターが停まっていた。外観は、まんまサンゴロー。

リアのエンジンフードを開けると、なるほど、中にはウェーバーのトリプルチョークを左右に2基備えたボクサーユニットが収まる。「125馬力や」と、堀井さん。1971年型911の2.2ℓだという。

普通のインターメカニカ車は、ビートルのエンジンを活かしたフラット4が使われる。これまでもナインイレブンのエンジンを積んだ例はあったが、今度の6気筒モデルは「下回りも凄い」とのこと。

左前がバック、左下がローになったギアを操ってクルマを外に出し、走り始めて気が付いた。シートが温かい!シートヒーターが付いている。「エアコンはいらんけど、ヒーターはしっかり効かんと」。さっき聞いたフレーズを思い出す。

2.2ℓのインターメカニカはなかなかトルキー。低回転域でもムズからず、街を行ける。
排気音が勇ましく、3000rpmを超えて回すと、元911のユニットらしい鋭い金属音に変わる。が、なにしろ納車前かつ整備中の個体である、無理は禁物。とはいえ、おっかなびっくり運転すると、かえってシフトがうまくいかない。回転落ちの速さがスポーツカーらしい。

ガソリンスタンドでリフトに乗せてもらい、ボディ裏側を見る。前後サスペンション、エンジン、ギアボックスは”ナロー”のモノ。つまり911の足回りと機関が、リビルトされてインターメカニカに移植された。シフトポジションがほかの”356”と違ったわけである。

価格は1000万円前後。ドナーとなるポルシェ911の値段に左右される。「いわば時価や」と堀井さんは笑った。

〈NAVI全文転載〉








↑筆者が運転手で私は助手席にいます(笑)
かろうじて掲載されました♪


356に71年ポルシェ911を移植した凄いヤツ[インターメカニカ]

凄いクルマが日本に上陸しました!!!
兵庫県加古川市のウルフブルグ商会に行ってきました。
その名は「インターメカニカスピードスター 2.2 カレラ」。タイトルにも書いていますが、1971年式ポルシェ911T(ナローポルシェ)の135hpの水平対抗6気筒エンジンをはじめ、その足回りさえも移植してしまったというクルマ。



まずは外見が356カレラそのものでした。カレラ専用バンパー、リアフードのスリット(今回のモデルより法規の関係で全車ハイマウントストップランプが標準になります)、ドア下がモールレス。
※ボディのモールはオーナーさんの好みにより取り付けています。オリジナルのカレラにはありません。



エンジンは見た目からして全然違います。ドライサンプの911エンジンが鎮座するエンジンルームにはウェーバーのトリプルチョークが!!!



エンジンの放熱とベルトの交換をする穴がナンバーの後ろにあります。ここから交換するんですね。



スペースのほとんどないインターメカニカ356ですがフロントフード(トランク)を開けるとそこは小さな小さなおばあちゃんが1人寝れるくらいのスペースがありました!!そして標準が40リッターの燃料タンクにには85リッターのレーシングタンクが鎮座!





なぜタンクが2倍になったにもかかわらず、スペースが拡大しているのか??
それは足回りが通常のトーションバーではなく、911のストラットが入っています。そのため燃料タンクの下は通常のトーションチューブが無いためより広いスペースが確保できるということです。

内装は55年スピードスターと違って3連メーターが…。そして911の足回りが移植されているので、ステアリングシャフトが911と同じように右斜めに伸びてセンターへ続いています。(ラック&ピニオン採用)



ステアリングシャフトの右側の黒いボックスみたいなのはバッテリーが潜んでします。



細かいところではウォッシャーノズルが改良されていました。ウェザーストリップも改良されています。
今日は寒かったのでシートヒーターはすごくよかったです!あとはホイルも911純正をパウダーコートしていました。もちろんPCD130の5穴です。
リアフードのキャッチ&ラッチが2箇所に。etc

そして最後はピットで上げて下回りをチェック。これは驚きです!!!インターメカニカとはまったく違いますね。まさにポルシェ911です!新品の911を下から見ているようにキレイでした!
ワーゲンのように通常の場所にオイルパンはありません。写真では見えませんが右の端っこにオイルタンクがあります。



カナダのインターメカニカ社がドナーを見つけてきて完全にリビルトしています。ここだけを見ると911としかいいようがありません。

さらにエンジン音。ナローポルシェを知ってる人ならあの乾いた独特の空冷サウンド。
以前911Sに乗ったので、吹けあがりこそSには劣りますがウィーン!ウィーン!と軽〜く回ります。
試乗させてもらいましたが、これはまったく私のクルマとは別物!ついついアクセル全開にしてしまいます!(オーナーさんすみません)



この模様は今月5月26日(土)発売のクルマ雑誌「Navi」にて掲載される予定です。
Naviの取材班は東京から7時間半かけてユーノスロードスターで来られていましたが、撮影後そのままとんぼ返りだそうです。ハードですね!!!

356に6気筒は邪道かもしれません。でもボディの弱いナローポルシェからすばらしいエンジン&足回りがまた少し生き延びることが出来るのはファンにとってちょっと嬉しかったりします(笑)

でもさすがに1000万円近くの値段になると我々庶民には高嶺の花ですね・・・

フォトアルバム

動画
デジカメで撮影したことと、強風でしたのでイマイチ音に迫力に欠けます…すみません

他の写真はこちらのサイトやっぱ空冷が好っきゃねんのほうで見てくださいね。


インターメカニカ春の関西ミーティング[インターメカニカ]

春の関西ミーティングは4/15(日)に決定しました。雨天の場合は4/22に順延します。当日の天候が怪しい時は朝の7時までにBBS(http://6731.teacup.com/wolf/bbs)に決行か中止か書き込みます。

当日の集合場所はホテルラフォーレ琵琶湖に10時です
http://www.laforet.co.jp/lfhotels/biw/

兵庫出発組
ウルフブルグ商会 8時出発
名神吹田SA9時集合9:10出発

京都東ICを下りて湖西道路(無料)を走り、堅田ICを出て琵琶湖大橋(有料)を渡りすぐ左折し湖周道路を近江八幡方面に1キロほど走ると集合の大きなホテルが見えてきます。

名古屋方面の方は栗東ICを下りて琵琶湖大橋方面に走って下さい。ツーリングの出発は10:30で途中近江八幡国民休暇村で休憩し彦根プリンスホテルで昼食を予定しています。できればお弁当持参で外で琵琶湖を眺めながらランチタイムです。13:00に出発し長浜を経由し湖北の景勝地を走り、15:00に近江今津のプリンスホテルでティータイム。その後堅田まで走り17:00ころ解散の予定です。



インターメカニカ356ロードスター特選中古車情報[インターメカニカ]

ウルフブルグ商会(インターメカニカ日本総代理店)に程度極上の中古車が入庫しました。
インターメカニカの中古車はなかなか市場に出てこないので、欲しい人は即ゲットですね!

ナニを隠そう、私も10年間中古車を探していた1人で、現在のインターメカニカロードスターを見つけた翌日に契約した人間です。

興味のある方は、ウルフブルグ商会の代表、堀井氏に連絡してください。
おそらくすぐに売れてしまうと思います。
中古車のページ
ウルフブルグ商会
・堀井氏連絡先 090-3706-6732

インターメカニカ356ロードスター中古車



インターメカニカ 中古車 ポルシェ356 レプリカ

1998年式 ロードスター
車検H18年7月
走行16800km
1600cc 4MT
パワーウィンドウ(右)
エアコン
極上車
367.5万円(税込み)

走行も少なく、程度もいいです!!
私も10年落ちで8000kmしか走行していない極上車を手に入れました!
10年落ちそこらでは全然新車と変わらないのがインターメカニカのクオリティの高さだと思います。
今後20年はバリバリ楽しめるはずです!!


Karmann Ghia の出生証明書[カルマンギア]

以前、友人のKARMANN BROS.で彼が愛車2台の出生証明書をVWミュージアムから取得したのを読んだ。

以前からこのサービスを知っていいましたが、長らく忘れていたのを思い出し、早速お願いしてみました。

あれから1ヶ月半…もうすっかり忘れた頃に届きました。
到着したのは2006年の9月30日のこと。

VWカルマンギアの出生証明書

元の色は赤なのはボンネットのハゲたとこで知っていましたが、これが『カージナルレッド』と知って、メジャーリーグの田口を思い出しながら、アメリカンカラーやなぁ〜って一人でニヤけてしまっていました。


1958年3月14日にラインオフかぁ!!ん?ホワイトデーじゃないかぁ???ん〜、これはすごい!(別に凄くないよね 多分当時はホワイトデー制度は無かったかも)

で、19日にはアメリカに嫁いで行ってしまったってことですよね!!!
あれから33年間はアメリカで暮らし、その後日本に嫁いで15年かぁ、、、バツ2?バツ3?
そんなことはどーでもいいよ!(笑)
それにUS仕様(ダブルバンパーとラジオかな?)でホワイトウォールタイヤ(これは維持してるよ)がオプションです。

48年間元気でがんばってることを初代オーナーに知らせてあげることが出来たらいいのにね〜。

取得するにはVWオートミュージアムのサイトに行ってください。
現在ユーロは凄い高いよ!!それでもよろしければ35ユーロ払って取得できます!
日本語の参考サイトは、カリフォルニアに住む自動車ジャーナリストで私の
友人でインターメカニカとBugに乗るシンノスケさんのブログに紹介しております。



やっぱ空冷が好っきゃねん

ハロー!カルマニスト

他メーカーも新型356スピードスターを発表!?

私の愛車であるインターメカニカの356はとてもよく出来たクルマで、現代の道路事情に合わせて最高のパフォーマンスが発揮できるように作られている。また耐久性もバツグンで40年間乗れるように設計されている。

そんなインターメカニカからリリースされている55年型356スピードスターは、他社と違い。サイドに巻き上げ式ウインドウ(パワーウィンドウ)があるのが最大の特徴で、雨の日も雨漏りしない優良児です。したがって普段の足としても使えるクルマだ。このスピードスターこそインターメカニカのフラッグシップといえると思います。

しかし、ついに他社もサイドに巻き上げ式ウィンドウを備えたクルマをリリースした!


フレーム:VW
ボデイー:強化グラスファイバー製
ホイルベース:  2108
幅: 1626 
長さ: 3658 
車高: 1219 
重量: 745kg

標準装備
エンジン:1776cc  ウエーバーツインキャブ
F デスクブレーキ R ドラム
タイヤ 185−15 (F R)
ヒーター・デフロスター付き
ハンドル ウッドリム
ホイール メッキ
幌 ベージュ又は黒
オプション
ハードトップ
クーラー   AT(スポルトマチック



若かり頃の私なら、このスピードスターは絶対候補のひとつにあげると思う。値段もさることながら、クーラーもつければ全天候型で使えるからだ。

しかし、インターメカニカはどうか??
剛性、耐久性、ハンドリング、スタイル…どれをとっても凄いクルマだと思う。
剛性は自動車ジャーナリストの徳大寺さんが世界一剛性の高いオープンカーだと言った。少々ブンまわそうが、ラフなクラッチワークをしようが無茶をしても全然平気だし、12年経過した私のクルマはいまだに新車同様です。そしてオリジナルと寸分も違わぬクオリティに内装の質感もピカイチ。
本当に今まで15台くらい乗った中では一番楽しいクルマです。

ただ、この新型ロードスターは実物を見ていないので、細かな仕上げや質感はどうなのか見てみたい。



いずれにせよ、356が永遠に人々を魅了し続けていることには変わりない!
356Aクーペのレプリカも再登場するらしい…。

本物志向はインターメカニカ

好きなことせなぁ、アカンて! NAVI 4月号[インターメカニカ]



『ケイマンでケーファを訪ねる』…
好きなことせなぁ、アカンて!←なかなか堀井さんらしい言葉のタイトルがついていた今回のNAVI 4月号。ケイマンと走るインターメカニカロードスターの写真がいい!!

↑のロードスターはその昔、1992年に自動車評論家(ジャーナリストかな?)の徳大寺さんが試乗してその記事がNAVIに掲載されていたそのクルマです。このクルマは現在東京のTさんが乗られていますが、昨年の台風で一旦は水没
したクルマです。最近のクルマならコンピューターやその他の電子機器がダメになり、水没は全損廃車ということになるらしいです。しかし、このクルマはキャブレターを乾かしたらエンジンが普通にかかったそうな…すごい(笑)

とにかくよくわからないけど、ポルシェジャパンからお借りしたケイマンと水没からよみがえったロードスターで、インターメカニカロードスターの生みの親とも言える兵庫県加古川でインターメカニカジャパンとドイツ料理ケーファーを経営する堀井さんの元へ行こう!という企画だったらしい(??)



私はケイマンに魅力を感じなかった。寸詰まりのようなデザインもそうだしドライバーズシートに座ったときの失望感…なんでポルシェなのにワクワクせぇへんねん!!と思ってします。ナローに初めて座ったときは『感動』しました!目をつぶっても964まではなんとかポルシェらしさを見出せる。
でも多分多くのポルシェファンはミッドシップのクーペを望んでいたのかもしれない。昔ボクスターが発売されるときは結構ワクワクしたが、コンセプトカーのときのボクスターから比べると市販車のボクスターは魅力が半減していた。ポルシェファンの私は『なんか違うねんなぁ〜』って最近のポルシェには思ってしまう。フェルディナント・ポルシェが見たら最近のポルシェのことをなんて言うのか知りたいネ。

インターメカニカジャパン(ウルフブルグ商会)

やっぱ空冷が好っきゃねん

ワーゲンサンタクルーズ関西 場所決定



12月23日 ワーゲンサンタに変身した愛車をを走らせませんか?
リーシュやイラストやイルミネーションなど愛車に思い思いのデコレーションをして街を流したいと思います!

関西会場は恋人たちの街(?)「神戸」を選びました!ハーバーランドや三宮など(予定)を約1時間かけてゆっくり流して目立とうじゃありませんか!!

クルージングの後は自由解散です!そのままもう一度流したい人は流してもいいし、歓談してもよし!メシ食いにいっても良し!

クリスマスを楽しむ町中の人の思い出のアルバムに、クリスマスの前夜に
ワーゲンのパレードを見たね!なんて思い出を書き込んでもらえたらと思い、開催を決定しました。

●会場は神戸です
集合場所-神戸ポートアイランド北公園
集合時間-午後6時
クルージングは三宮駅周辺〜北野周辺〜ハーバーランド周辺を予定しております。
クリスマス仕様にデコレートしたワーゲンで街中を流しましょう!(デコレーションなしでも参加OKです)

こちらにも詳細がございます

掲示板で参加表明をして頂けたら大変嬉しいです。

My Homepage→やっぱ空冷が好っきゃんねん!