エアクリーナー交換 [インターメカニカ]

 最近、出番の少ないインターメカニカ356です(笑)
今日は昨日のバグイン三木でゲットしたエアクリーナーを交換しました。


まずエアクリーナーを交換するにはワケがあります。
カルマンにもインターメカニカにもカドロンのキャブを2基付けているのですが
カルマンは広いエンジンルームにもかかわらず、高さが低いためポルシェ用のエアクリーナーをそのまま付けるとバネに干渉して、エンジンフードが閉まりません。
右はギリギリですが、左は完全に干渉します。

インターメカニカ ポルシェ356 レプリカ エアクリーナー

インターメカニカ ポルシェ356 レプリカ エアクリーナー

そのため、通常の中心にある穴を少しオフセットさせてバネに干渉しないようにしていました。
これはこれで手の込んだことなんですが・・・汗


しかしこれが仇となり、エアクリーナーの強度が弱まってしまい、キャブにかぶせる首の部分がもろくも取れてしまいました。溶接しようにも切って貼って作っているので、バラバラになってしまって付きません。


そこで、インターメカニカに付けてあるエアクリーナーをカルマンに取り付けたのです。
しかしそのままではインターメカニカはエアクリーナーが無しです。パンストをかぶせるという荒業もありますが、やはり見てくれは重要なので、とりあえず首の無いエアクリーナーを乗っけて走ってみました。

インターメカニカ ポルシェ356 レプリカ エアクリーナー

左のエアクリーナーは乗っけてあるだけで固定は出来ません。このままで走ってみたところなんとか大丈夫そうですが、ハードな走りはちょっと無理そうなので、交換することになったのです。

インターメカニカ ポルシェ356 レプリカ エアクリーナー

でも、このポルシェ用エアクリーナーは、今は亡きインターメカニカジャパン代表の堀井さんのハンドメイドなので、手に入れたくても手に入りません。(誰かスペア持ってるかな?)
そこで、最近フラット4が扱い始めた、ビンテージパーツを購入したのです。


インターメカニカ ポルシェ356 レプリカ エアクリーナー

ジャジャーン!1個8800円もします!!!!
FLAT4て書いてないほうがいんですが・・・まぁ仕方有りません。

インターメカニカ ポルシェ356 レプリカ エアクリーナー

大きさはほぼ同じ。

インターメカニカ ポルシェ356 レプリカ エアクリーナー

メッシュの目の細かさが違うのと、FLAT4のはエレメントが付いています。

交換はカンタンです。
ドライバー1本でできます。古いのを外して、新しいのを取り付けるだけ。

インターメカニカ ポルシェ356 レプリカ エアクリーナー


どうです?

インターメカニカ ポルシェ356 レプリカ エアクリーナー

インターメカニカ ポルシェ356 レプリカ エアクリーナー

インターメカニカ ポルシェ356 レプリカ エアクリーナー

当時風のビンテージパフォーマンスエンジンが好きなので、ちょっと新しい過ぎな感じがしてしまいますが・・・でもいい感じです。

ユーロヘッドライトもどきのVシェイプヘッドライト [カルマンギア]

 最近オリジナル志向が強いオーナーさんが増えつつある角テールカルマンギア、私はオリジナル志向ではないものの、オリジナル度の高いカルマンは気品溢れ、オシャレでカッコイイと思っております。
でも私はそこまでマニアックではないものの、角テールの雰囲気は大切にしたい派という中途半端な男です(笑)


 で、角テール仲間の中でも一部のマニアに人気のVシェイプヘッドライト。こちらはユーロライトとも呼ぶべきヨーロッパ仕様の角テールのヘッドライトに使われていたVの字の模様が入るヘッドライトが稀少価値として人気が高い。



 私のカルマンは・・・というとメード・イン・ジャパンの小糸製のシールドビームが光る!日本製が信用度もあっていいのですが、カルマンを勉強すればするほど、ちょっとだけパーツにこだわりたくなるのです。今回はVシェイプヘッドライトを入手し、取り付けてみました。



 ヨーロピアン角テールのVシェイプヘッドライトは、US仕様のシールドビームと違い、バルブとガラスレンズが別個になったものです。レンズが描く孤は、フェンダーから流れる丸い角テールのラインからスムーズに丸みを帯びていて、とても気品が高くオリジナルなアイデンティティを醸し出しています。


 私も少しでもそれに近づきたいと思っておりましたが、あいにくこのヘッドライトユニットは希少でさらに大変高価ときているので、一般人の私には手の出にくいアイテムだったのです。


 しかしUSでもシールドビームのヘラ製のVシェイプヘッドライトが安く手に入ることを知り、数カ月前に購入していたのです。
そして今回ようやく取り付けることが出来ました。


 小糸とは違い少し雰囲気も変わりました。US仕様のカルマンには高貴なユーロライトよりも、このUSライトが似合うと思うことにしました(笑)

ヘッドライトはVシェイプレンズ [カルマンギア]

カルマン乗りで有名な西のエロ田さんや東のエロ田さん、それにカルマンギアオーナーでは日本で3番目に有名な赤の’57さんなど、角テール乗りの大先輩たちは、ヘッドライトをヨーロピアンタイプの通称「Vカットレンズ」を取り付けています。
赤のおじさんに日記にも幾度となくこのヘッドライトに日記は登場しているので、もう角テール乗りの間では有名なヘッドライトだと思います。



上のカルマンは有名な車両ですが、完璧なユーロ仕様ですね。
ヨーロピアンレンズは私も目標えだり憧れでもあったのですが、いかんせんモノが手に入りにくく値段が10万円をオーバーする勢いで、Sambaで見つけても手が出ない・・・。
おまけにリムも太くてご立派です。このリムも手に入りません・・・。


私の現在のカルマンのヘッドライトはと言うと・・・
メイド・イン・ジャパンの小糸製作所製なのだ!!!信頼性はバツグンなのです!!
おまけに何の車種用なのかわからないリムまで付いています。


まぁこだわりを持たなければ、別にこれでもカルマンギアに見えるしこれでOKだと思います。
これでも過去にベストカルマンを2度受賞しています(笑)
が、、、多少なりともこだわると小糸ではダメなのです(笑)
せめて東芝あたりならレアかと・・・。


ということで、昨年ヘッドライトだけとりあえず手に入れていたのがあります。
いちおうジャーマンのヘラ製。

カルマンギア 角テール Vカットレンズ Vシェイプ ヘッドライト

そしてVシェイプレンズ!

カルマンギア 角テール Vカットレンズ Vシェイプ ヘッドライト

珍しさと安さでゲットしました。
これでエセヨーロピアンに変身したいと思います!

カルマンギア 角テール Vカットレンズ Vシェイプ ヘッドライト

てか私のはUSモデル(輸出仕様)なのでヨーロピアンにすると、ダブルバンパーをシングルに換えたくなりますし、ウィンカーもテールレンズもアーバンに換えたくなってしまうので、機会があったらこのVシェイプレンズを付けようと思います。



ハロー カルマニスト Karman Ghia オーナーズサイト

17年ぶりのKAROマット購入・・・ということかな?[インターメカニカ]

私がインターメカニカ356を購入した2003年6月にはすでにベージュのKAROマットが足元にあった。

KARO カロマット インターメカニカ ポルシェ356
※運転席側は見えないですが破れてボロボロです

その頃から運転席は結構ボロボロだった。きっと1992年のデビュー当時から敷かれているものだと思う。交換したいと思いつつなかなか実行に移せなかった。なぜならKAROマットで結構な値段がするんだよね〜。品質はいいけど…。ある種ブランドでもあるし・・・
買いたいけど高いからなかなか手が出ない。

でも、このたびオーダーメイドすることにしました。
ちょっと雰囲気変えてスポーティーなオレンジ/ブラックに!
KAROマットはオーダーするときにだいたい自分で型紙を作るんだけど、面倒なので今、敷いているマットをそのまま送りました(笑)

価格は運転席&助手席でなんと29,000円!!!!高いな〜(笑)
でも作るしかなかった!がんばりました!

待つこと1週間!
届きましたね〜!やっぱりモノはいいです!

カロマット KARO インターメカニカ ポルシェ356

カロマット KARO インターメカニカ ポルシェ356

カロマット KARO インターメカニカ ポルシェ356

KARO カロ インターメカニカ ポルシェ356


ちゃんと次回用に型紙まで送ってもらいました!さすがKAROism!!

カロマット KARO インターメカニカ ポルシェ356


つでに今日は1年ぶりのオイル交換もしました。



ハンドル交換の巻[カルマンギア]

50sカルマンの純正オプションハンドルは58年と59年の2年しか作られていないのでなかなか探しても見つからない。
でも、フラットフォーにはちゃんとリビルト済みのハンドルが売ってるんですね。値段は結構高いけど。。。

で、以前のブログにも書きましたが、アメリカでレストア済みの純正ハンドルを手に入れたのが今年の3月。
来週日曜日に富山県のVWイベントにエントリーしたため、このハンドルに付け替えることにした。



↑ちなみにこれは以前のハンドルです。
結構ひび割れもあって、やれてる状態ですが、これはこれで味があるとも言います(笑)
でもハンドルがキレイなだけで室内のイメージが変わるのも事実。

で、ホーンボタンは以前のものを使いました。ただ以前のものはオリジナルがグレーに対しホワイトに塗られているので、ここはグレーに塗りました。



取り外したハンドルはやっぱりよく痛んでいるので、自分でリビルトしてみようと思います。





ハンドルも交換して気持ちよいドライブが出来ました。
何かハンドルも笑顔に見えるのがいいですね!!

50'sカルマン純正ハンドル入手![カルマンギア]

クルマというものは、ハンドルひとつだけとって見ても、インテリアのイメージが違ってみてる。私は過去に空冷VWを乗り継いできたが、やはり純正ハンドルは雰囲気があって好きだ。

過去に乗っていたどの空冷VWも純正ハンドルを取り付けていた。といっても63年のカルマンを除いては一応最初からオリジナルが付いていた。

・65年カルマン…白くて細くて大きなヤツ。確か同年のビートルと同じタイプ
・63年カルマン…何かわけのわからないメーカーのクロの皮巻きハンドルだったので、ストックしていたオリジナルに交換
・62年ビートルカブリオレ…これも白くて細くて大きな純正のハンドル。
・59年カルマン…これはカルマン専用のオプションハンドルが付いていたが、このハンドルはなぜかホーンリングが付いていなかった。折れたのかな?って思ったけど、そんな形跡がない、、、もしかしてホーンリングが無いタイプがあったのかな?
・58年カルマン…現在の愛車ですが、これにも幸いオプションの専用ハンドルが付いています。



ちょっとエンブレムが欠けているけど、雰囲気がいい!

で、このハンドルはおそらく50年近く活躍しているんだと思います。(何度かリペアもされたかもしれない) それなりにやれていい雰囲気だと思う。ただエンブレムをどうにかして探したいが、海外でもなかなか見つからない。

そこにある日、イーベイオークションでカルマンのレストア済みのハンドルを見つけた。価格は350ドル…エンブレムは無いが、安い!またホーンリングは『リプロダクション』と書いてあるが、リプロなんてないっしょ?NOSちゃいますの?って感じです。
まぁホーンリングはもう1本ストックはありますが…

日本のある専門店ではリビルト品を14万円以上で売っている。それもきっとキレイにレストアされていてキレイなんだと思うが、ちょっと勇気がいる金額だ。

過去に50sカルマンのハンドルのオークションが相当高い金額で落札されたのを目の当たりにしたことがある。またポルシェ純正ハンドルのオークションに破れた苦い経験もある。ここはなんとかこのハンドルを出来るだけ安く手に入れたいと思い、がんばって入札して落札しました。
送料込みで$550です。到着時に関税1200円取られちまった…。運悪く海外からの商品には時々関税がかかる。。。。

で、そのハンドルが今日到着した。

写真ではクオリティがわかりにくいが、めちゃめちゃキレイです。(当たり前だけど)
あとは、肝心なエンブレムが欲しいなぁ〜。もしエンブレムが8万円くらいするんだったら…日本で買っても同じってことですナ〜(笑)