忘年会 in 琵琶湖キャンプ マイアミ浜 [カルマンギア]

 12月5日(土)、6日(日)とヴィンテージエロ仲間のたちのお誘いを受け、琵琶湖のマイアミ浜キャンプ場へ行ってきました。特に関東や中部方面からは、私のカルマンを初めて見たいであろう(希望的予想)と思いましたので、キレイにして行こうと思っておりました。

カルマンギア キャンプ 琵琶湖 ヴィンテージ VW


 しかし、あいにく現地は雨模様。まだ納車後一度も水に濡らしていない我がカルマン。でもここでパンダで出動するとダメ出しをくらうと思いましたので、なんとしてもカルマンで行こうと!それに昨日はタコメーター付けたからさりげなく自慢したいしね。(配線はまだだけど)

カルマンギア キャンプ 琵琶湖 ヴィンテージ VW

 現地が雨ということで出発前にワイパーを作動させてみましたが・・・動かない。。。
おいおいワイパーは所詮そんなに効かないけど、無いのは困るナァと思い、急遽電装チェック。
でも、見てもわかんないです。

カルマンギア キャンプ 琵琶湖 ヴィンテージ VW

ワイパーモーターには3本の配線が。しかし真ん中の茶色の線の先はビニールで絶縁されてます。

カルマンギア キャンプ 琵琶湖 ヴィンテージ VW

う〜ん。これは外れているのかもしれないし、、、とりあえずテスターでチェックしてみましたが、スイッチまで電気が来てないような・・・ボルテージドロップで抵抗も変えてみましたがダメ。
仕方ないのでワイパーなしで出発。しかし姫路城の前で一瞬オーディオの電源が落ち、スピードメーターのチャージランプが点灯。しかしエンジンはストールしていない。ヒューズは飛んでいました。


とりあえず、もう一度家に戻り、配線をチェック。
すると抵抗とリレーがショートしてヒューズが飛んでいることが判明。それぞれショートしないよう距離を離し再び出発。


お昼には到着して、信州1959さんの手打ちそばを食べる予定でしたが、出発が10時45分になってしまったので到着は13時15分くらいになってしまいました。
道中はほんの少しだけ雨にやられましたが、現地はほとんど雨が上がってて良かったです。
信州1959さんの手打ちそばはウワサではうまいと聞いていましたが、これは今まで食ったそばの中で一番うまいと思いました!!


カルマンギア キャンプ 琵琶湖 ヴィンテージ VW

いかにも自分が設営した風になっていますが、これはDENNISさんのテント。わざわざ私の車のカラーに併せて購入したそうです(笑)
ここに止めたために、前夜の焚き火で朝には灰まみれでした・・・。
飲んで食ってばかりでしたので、初日の写真はありません。


カルマンギア キャンプ 琵琶湖 ヴィンテージ VW

いつものように、他人のクルマを見まくる(もう何度も見てるにもかかわらず)。
DENNIS号の運転席側のストラップ。私のは付いていないので、作ってもらおうと思います。

カルマンギア キャンプ 琵琶湖 ヴィンテージ VW



カルマンギア キャンプ 琵琶湖 ヴィンテージ VW

やっぱりペリカンレッド(?)とカージナルレッドのレッド対決はしておかないとね。
2台ともアクセサリーのサンシェードが光ります!カージナルレッドもステキな色ですが、赤/黒ツートンも憧れますね〜。


カルマンギア キャンプ 琵琶湖 ヴィンテージ VW

日本人は並んでるところに並びたくなる癖があるようです。何も言わなくても6台のカルマンが並びました。6台中5台が角テールってのもすごいですが、6台ともナンバーの地域が違います。
奥から、多摩、松本、宇都宮、姫路、習志野、品(品川)です。


この後は軽〜くツーリング&ランチで解散しました。
来年のジャンボリーで会いましょう!!ってキャンプの細かな内容はありません。
うまい酒と全国うまいもん市で大満足でした。

カルマンギア キャンプ 琵琶湖 ヴィンテージ VW

カルマンギア キャンプ 琵琶湖 ヴィンテージ VW

そういえば、ここ最近ETCの反応が全然悪くなった。今回の遠征でも1勝3敗で、行きの入り口のみしか反応しなかった。これも今度角度等チェックしてみます。



ハロー カルマニスト Karman Ghia オーナーズサイト

南光自然観察の森 大雨被災編 佐用町

 夏休み!新しくフィアットニューパンダ(中古車)を購入して早速キャンプin!
しかーし!朝から雨がしとしと振り続ける。息子に聞くと、それでもキャンプに行きたいという。
何を隠そう!通算2回のキャンプはいずれも雨が降ってるので、雨が普通だと思っている息子なんだと思いました。


 佐用町の自然観察の森に到着したときには、すでに大雨です。ここで引き返すわけにもいきませんし、新たに手に入れたドッペルギャンガーのニューテントとバンドックのニュータープを試さないわけにも行きません。
だから最初から半泣きで設営です・・・トホホ。


 私はなんの知識もないままタープとテントを設営してみました。本来なら雨の日はタープを立てて、その下にテントを立てるのでしょうが、そんなことまで気づかないほど私はキャンプ初心者なんです。なんせ3回目ですから・・・(笑)

 南光自然観察の森 キャンプ ニューパンダ

ぜんぜん美しくないなぁ~というかひどすぎ!

南光自然観察の森 キャンプ ニューパンダ

タープの垂れ具合もなんでしょうね・・・(笑)

南光自然観察の森 キャンプ ニューパンダ

でもなんとか格好がついたような、つかないような。。。

南光自然観察の森 キャンプ ニューパンダ

雨でやることないので、穴掘るのみ!サイト内はやめてくれ!!

南光自然観察の森 キャンプ ニューパンダ

もう帰りたいです。
でもここのキャン場内には、無料で入れるあったかい風呂もあったので、まずは大雨に打たれてびしょびしょになりながら風呂場へ直行です!


そんなこんなですっかり夜も更け、さらに雨は強まり、当然のごとく就寝中のテント内に雨が侵入してきました。
朝起きたら、さっさと撤収して帰ろう!!!


しかーし!ガーン!!
南光自然観察の森 キャンプ ニューパンダ

撤収する前に、キャンプ場に入る橋が流されてしまっています。そして水道を引き込むパイプも流されてしまって、場内は水も使えません。要は大洪水です。

南光自然観察の森 キャンプ ニューパンダ

早朝の写真ですが、これでも夜中からだいぶん水が引いて、水量も減っています。

南光自然観察の森 キャンプ ニューパンダ

このあたりまでは夜中に水が来てたということです!!おーこわ!!

南光自然観察の森 キャンプ ニューパンダ

もう少し増水していたら、テントも私も息子も雑炊状態になって流されていたかもしれません!
おーこわ!!!!
なぜか海パンの息子♪


実は、キャンプ場への入り口は、この橋しかありません。つまり我々キャンパーは必然的に孤立&被災したことになります。橋が完成するまでの2年間はここに住まなければならないのかぁ〜など変なことを考えながらも、普段体験出来ない状態をある意味楽しんでいました。


しばらくして消防団の人がどこからかやってきて、おにぎりとミネラルウォーターを配給してくれました。対岸の道路ではパトカーや救急車もたくさん走っています。
私はmixiで逐一今の状況を伝えることにしました。みんな一生懸命私を励ましてくれて優しかったです♪


そうこうしていると、帰る方法がひとつあることを知らされました。普段は使わないらしいですが、キャンプ場の南側に道路が1本あり、そこを通って町へ出れるそうです。しかし残念ながら土砂崩れで唯一の道路も不通です。でも午前中には復旧できるというではないですか!!!


相変わらず川の流れはひどいものの、雨が小降りにjなってきたので、時間もあることですしキャンプ場の散策でもするしかないと思いました。まぁその前に撤収しましたが・・・。
息子とサワガニを取ったり、遊具で遊んだりしました。


すると、道路が復旧して帰れることになりました!私は帰りに温泉でも入って帰宅してビールでも飲んで寝ようと企んでいましたが、その企みも一瞬のうちに悪魔がやってきて消し去ったのです。


道路を通行出来る準備が整い、クルマが駐車場に一斉に整列し、あとは順番を待つだけになったのですが、なんと私のニューパンダが・・・インロックしてしまったのです。つまりエンジンキーを抜き、助手席の上に置いて、私がクルマを降りドアを閉めると自動でドアロックがかかってしまったのです・・・!!!まじで。


私はクルマをゆすったりしてなんとかもう一度開けるための努力をしました。しかしうんともすんとも言いません。困った挙句、私は思いついたのです!「JAFを呼ぼう!」と。
キャンプ場の受付はすでに泥が入り込み、大変な状態でした。私はこんなときにKYなことを言ってもいいのかなぁと思いながらも小声で「JAF呼んでもらえませんか?」と言いました。
携帯電話はクルマの中なんです・・・とほほ。


「え?」という顔をされながらも、私も帰りたいし、ここで引くわけにはいきません!とにかく電話を借りてJAFに電話をしました。
すると思いもよらない返答をいただいたのです。それは・・・


「今日中にそちらへ行ける保証はありません」と・・・。
聞くところによると、町中の道路が寸断され、JAFも身動きがとれないらしい。
もしかして俺達は今夜もここでステイなのかい???そんなことが頭をよぎりました。


困り果てた私は、いいアイデアを思いついたのです!!
パンダを購入した中古車屋に電話しよう!勝手にインロックしたのはオレが悪いのではない!こんなクルマを売りつけた中古車屋が悪いのだ!あいつを呼び出して家まで送ってもらおう!後日スペアキーを持って取りに来ればええやん!と・・・。


早速受付で電話帳を借り、電話をかけてみました。
そして事情を話し、迎に来るよう要請をしました。店は姫路にあるので、2時間はかかるのではないかと言うことでしたので待つことにしました。すでにキャンパーたちはみんな帰ってここにはいません。
居るのは我々親子と、早く帰りたいと思っているに違いない受付のおじさん1人だけです。


やって来たのは電話をしてから2時間過ぎです。さすが中古車屋!こんなときでもベンツで登場ですか?!!!でもさすがに気が利きます!ドアをこじ開けるためのバールを持参してくれていました。
助手席側のドアにバールを突っ込み、隙間を作り、そこから針金を入れて助手席の上にあるカギを取る作戦です!


早速作戦開始!バールでこじて助手席のドアが2,3cm隙間が開きました。
その瞬間・・・


カチッ!


ロックが自動解除されました。。。。針金を突っ込むまでもなくです。
え?まじで?
いくら車体をゆすっても反応しなかったロックがついに解除されたのです。
この瞬間は私は嬉しいのか悲しいのか寂しいのか気持ちがとても微妙でした。


でもとにかくようやく私も受付のおじさんも帰れることになりました。


佐用のまちの中を走って帰りましたが、本当に災害が起こった町と言わざるを得ません。洪水跡でひどい状態でした。しかし帰宅してからは本当に恐ろしくなりました。
私はキャンプした佐用町では多くの方が今回の災害で亡くなられていました。帰宅してテレビのニュースではじめて知ったのです。


私たち親子にとって、忘れることが出来ない夏休みになったのと、亡くなられた方にご冥福をお祈り致します。


いつかこのキャンプ場にはリベンジするぞ!!!



キャンプ IN 大屋若杉キャンプ場 [インターメカニカ]

前回の高知県四万十川に引き続き356でのキャンプインです。
前日から雨でしたので、心中はキャンセルしたかったのです。なぜなら前回大雨でテントの中まで浸水してしまったからです。山の天気は変わりやすいので不安いっぱいでしたが、みんな楽しみにしているようですので、ここは思い切って雨の中出動しました。

ポルシェ 356 若杉 高原 キャンプ ワーゲン バス


集合場所で近場でデイキャンプにするか、解散するか、現地まで行くか協議したのち、雨の中ツーリングを兼ねて現地まで行くことになりました。窓を拭き吹きしながらのツーリングはもう慣れましたのでOKです。

現地の天気は小雨を中心に降ったりやんだりで、なんとか大丈夫でした。

ポルシェ 356 若杉 高原 キャンプ ワーゲン バス

みんなバスやらビートルで来てるので、積載能力が高く羨ましかったです。まぁでも前回356で2泊3日のキャンプやりましたからなんとかなるもんです!

まずは「そうめんバス」によるお手製そうめん流し。これは子供にも大人にも大ウケでしたね。これからの移動販売車を予感させましたね。夏場限定でイケるんじゃないでしょうか?しょうちゃん。

BBQは夕方から深夜近くまで及びました。やっぱり同志の飲みトークは楽しいですね。私なんてバスのことほとんどわかりませんが、適当についていけますからね(笑)

深夜にはバスのキャンバストップを全開にしていたら、星空み拝めましたよ♪子供に見せてあげたかったです。

翌朝は朝から小雨・・・しかし晴れ間が現れ、すぐに並べて撮影大会です。

ポルシェ 356 若杉 高原 キャンプ ワーゲン バス

ポルシェ 356 若杉 高原 キャンプ ワーゲン バス

その後、また小雨になり、とうとうカミナリまで・・山の天気と女心はわかりませんね。

インターメカニカ乗りの方へ
誰かCMC(キャンプモービルクラブ改めキャンプメカニカクラブ)作りませんか??




画像は『だからインターメカニカに乗る』にもアップしました。