バッテリー交換 インターメカニカ356 10年ぶり

先日の日曜日に牡蠣ツーリングがありました。

私は前日からインターメカニカ356で行く気まんまんだったのですが

朝、出発時間になってイグニッションを捻ってみたものの・・・オンにならない。

 

 

配線がおかしくなったのか?ヒューズが飛んだのか?ただたんにバッテリー上がりなのか??

調べる時間もなく、カルマンで参加しました(^^;

 

 

ツーリングが終わって帰宅してから早速電気系統の不調を調べることに。

まずはカルマンのバッテリーをつないでジャンピングスタートできるかチェック。

これでエンジンがかかればバッテリー上がりです。

 

 

キーを捻ると、もちろんイグニッションはオンになり

スターターモーターも勢いよく回りました。つまりバッテリー上がりということです。

ツーリング前日にも近所を走らせたのですが、そんな兆候はありませんでした。

 

 

とりあえず、充電器で1日充電してみて様子をみようと思いました。

しかし充電器につなぐと充電器はエラーを表示します。

エラー表示の意味を確認すると「このバッテリーは充電できません」となっていた。

つまりバッテリーはお亡くなりになったということか・・・

 

 

前回バッテリーを交換した記録をたどると2007年4月に交換してました。

なんと10年間使っていたことになります(^^)

まぁ10年使ったんだから亡くなっても仕方ないよね?

とういことで新しいバッテリーを購入しました。

 

 

バッテリー交換のときいつも思うのですが

オーディオ類や時計などがリセットされていまいます。

今はバッテリー交換時にリセットを防ぐモノも売っているみたいですね?

今回は電気がゼロなので、もちろんそんなものも役に立ちませんが(^^;

 

 

 

バッテリーを購入して、レトロサウンドのチューニングです。

周波数を「JAPAN」に合わせ(日本対応なのが嬉しい)、時計の時刻も合せます。

 

 

以上でOK!さぁ!あと10年持ってくれるのとええけどね(笑)

あ!iPodの時間も修正しなきゃぁ・・・