カルマンギア車検[カルマンギア]



今年はツラいことにマイカーの2台がどちらも車検を迎える。カルマンギアは3月に356は6月だ。一般的にクルマを買う場合は2台の車検年をテレコになるように調整したりする人もいるでしょうけど、趣味性のある旧車の場合程度優先で購入するので車検の時期などは考えなかった。ま、当然ですけど。
そのカルマンが車検から上がってきた。

まず、車検前に修理、交換など必要と思っていた箇所ですが・・・
●タイヤ→山がない、サイドウォールヒビ割れ、そろそろ交換
●ワイパーモーター→ワイパーを一度動かすと、止まらなくなる。
●スピードメーター→本体かケーブルの不調
以上が私の主観で思った箇所。
またクラッチケーブルやブレーキケーブルなどのケーブル類、ブレーキ関係の消耗品(フルード、パッド類)はすべて交換するようにお願いした。そしてオイル交換も。

実際に車検に出してみました。
上記箇所のほかにリアのスイングアクスルのブーツからオイルが漏れてブレーキへ回ってしまっていました。それによってブレーキ内部の洗浄やギアオイルの補充交換も必要になってくるそうだ。それに、燃料ホースが限界に来ている。
また、ケーブルを交換する際、トンネルの中がツブレてしまったるらしくうまくケーブルが通らないので修理が必要とのこと。(サビなどで中がスムーズに通らなくなるそうです)

ワイパーモーターは、内部で漏電している関係で止まらなくなってると思ったので、バラして掃除すれば直るのかなぁ?って考えていました。しかし車検をお願いした整備屋さんではバラすことが出来ないらしく、交換を勧められましたが、カルマン用のモーターは新品がもうありません。リビルト品はフラットフォーさんでも販売されていますが、35000円と高価です。
とりあえずワイパーは使えるので、これは現状にした。

タイヤはいさぎよく4本とも新品に交換しました。78000円
これは前に書いたとおり、交換したおかげですばらしくハンドリングが改善したので良かったと思う。

あらかじめ車検費用は19万くらいかかりますとの見積もりを聞いていましたので、驚きませんでしたが、20万円オーバーです。
その内訳は
●保険 30680円
●重量税 25200円
●印紙 1100円
●タイヤ処分費 1470円
●リサイクル料金 11310円
●技術料 71400円
●部品代 59409円
〆て200569円かかりました。



本来はもう少し安く抑えることも出来たのですが、今後ここの整備屋さんでずっとお世話になるので、交換できるところはとりあえず交換してもらい、完全な状態から、きちっとカルテを書いてもらっていたほうが、私のように自分で整備をしない(できない)者にとって安心であると考えたからだ。

やっぱ空冷が好っきゃねん

ファンベルト調整[カルマンギア]

カルマンギアは毎日仕事で乗っているので、ついつい運行前点検を怠ってしまう。1週間に1回のオイルレベルとファンベルトの張りは確認していたのですが、ここ最近1ヶ月くらい怠ってました。

今年の6月に購入してから、1ヶ月経たないうちにファンベルトが裂けていた楽しい想い出がある。あのときはクーラーのベルトをはずさないとファンベルトの交換が出来ないことに初めて気づいた。

そして、昨日の午前中に仕事に出る前に運行前点検をすると、6月に新品に交換したファンベルトが結構緩んでいた。というか新品に交換するとしばらくしたら伸びるそうです。
そして午後に一度家に戻ってきたときに調整することにした。

先日インターメカニカジャパンの堀井さんにプロのベルト調整のレクチャーを受けた。それは、スパナでまわすと、若干ベルトが滑りながらでも回る程度が一番いいということを教わった。

今回は師匠の教えを守って調整した。時間は10分くらいで終了。これくらいのメンテなら私でも十分出来るから嬉しい。

My Homepage→やっぱ空冷が好っきゃんねん!