EZブースターケーブルを知っているか?


先日、自宅で掃除をしていたら思いもよらないアイテムを発見した!その昔テレビの通販でやっていた「EZブースターケーブル」だ。まだ一度も使ったことなく新品だったので、いつか使いたいとたくらんでいた私。


使い方はカンタン!バッテリーが上がってしまったクルマと、お助けカーのそれぞれのシガーソケットにケーブルをつないでしばらく(説明では2-7分)待ってるだけでエンジンがかかるというしろもの!!なかなかカンタンでよろしい!

実は前回もシートヒーターでバッテリーを上げてしまったにもかかわらず、昨日また同じ失敗を繰り返しました。詳細はここ

カルマンは仕事で使っているので、すぐに出動しなければならないときにエンジンがかからないとショックです。そんなときは356で仕事に行きますけど…。
で、今回はあこがれのEZブースターケーブルでチャージしてみることにした!


この写真だけでもなかなかいいなぁと自画自賛してしまいます(笑)


356のシガーソケットと


カルマンのシガーソケットをつなぐだけ!ボタンを押すとバッテリーのチャージが出来ているかボタンの色で判断できる。ライトも点灯します。赤はまだで緑が完了です。

じーっと待つこと5分・・・チェックしてみるとボタンは赤色です。ちなみにセルを回すが回らない。もう5分待つことに・・・まだ赤色。赤色のときにセルを回すと「ブー」とブザー音が鳴る。
ちなみに356のエンジンはかけています。オルタネーターの発電量が低いのかなぁと思い何度かフカしてみる。う〜ん・・・状況に変化なし!


結局一般のブースターケーブルをつなげば一発でかかりました。
20分待つより、3分でセットできるブースターケーブルのほうが便利だということがわかりました!!

だれかEZブースターケーブルを使ってエンジンかけたことある人いませんか?ホンマにエンジンがかかるのか知りたいです。