俺もETCを隠しているゾの巻[カルマンギア]

昨日雑誌Street VWsを読んでいると、「ETCを隠して取り付ける」の巻!という記事があった!
何を隠そう私のカルマンもETCを見えないように取り付けています。
仕事で岡山へ行くときなどETC通勤割引で通行料が半額になるのが嬉しい(ただし時間に制限があるので寝坊すれば使えなし)

やはり、ヴィンテージカーになるとダッシュの雰囲気を壊したくないのでなんでも出来る限り隠して見栄えはノーマルにしておきたいもんですね。



で、もともとETCの電波というのはガラスはもちろんですが、プラスチックは遮断されることなく通過してくれる。
FRPのインターメカニカならそれこそボンネットの中にETCを隠すことも可能。
私のカルマンには、スピーカーグリルがきちんと残されているのでそれを利用した。(中にはキレイに埋められているキャルルックカルマンもよく見かける)ETCは本体と受信機が分かれたタイプです。本体はグローブボックスの中に隠しているのでカードを差したままでも大丈夫(今のところ)





購入当初より、スピーカーは無く、裏からボール紙が貼られているに過ぎなかったので、受信機を裏側から両面テープで貼るだけで完了です!
取り付け当初は、うまく受信できるか不安でしたが、夜の交通量が少ない時間帯を見計らって、近くの山陽自動車道(姫路西〜姫路東の間)でチェックしてみたところ、受信感度は全然問題ありませんでした!



同じく356にもETCを取り付けています。週1,2回しか乗りませんが、遠出をすることもありますし、ヒドゥンではありませんが、自作でポータブルETCにしています。こちらは一体型タイプのETCです。
必要なときだけシガーソケットにつなげて使っています。
先日のカルマンデイでも、料金所でみなさんを置いてけぼりにしたのは記憶に新しいです(笑)
でも、一番優越感を感じるのは最新車を料金所で抜くことです…これは気持ちいですよ(笑)



最初のころは料金所でバーを通り抜けるのにちょっと恐怖感もありスピードをゆるめていましたが、最近は60キロくらいで駆け抜けても全然大丈夫です。友人は100キロで挑戦したそうですが、大丈夫だったそうです。ただ1度カードを反対に入れてたためバーを壊したそうです。でもバーは発泡スチロール製らしくクルマは無傷だったそうです。カードの向きや有無だけは注意しましょう!

My Homepage→やっぱ空冷が好っきゃんねん!