バッテリー上がり インターメカニカ356[インターメカニカ]

今日は小雨でしたが、久々に356のエンジンでもかけようと保管している近所のガレージへ…。
(屋根つきガレージ 1ヶ月13000円)

キーを差し込んで捻るが、ウンともスンとも、、、
もしやギアがバックに??
そう!インターメカニカはギアがバックに入っているとセルが回らないようになっています。しかし、ニュートラルでした。
(私はエンジンをかけるときクラッチひ負担がかからないよう、クラッチペダルを踏み込んでいます)

1ヶ月ほど前にもバッテリーが上がったので、もう寿命かもしれませんね。
購入してから丸々5年バッテリーを使っていますから、寿命でもおかしくないですしね。

でも、とりあえずカルマンのバッテリーからジャンプを考えました。ガレージから356を押して外へ出そうとがんばりましたが、ちょっと坂になっていてひとりでは外へ押し出すことが困難でした(笑)

仕方ないので、4/15日の琵琶湖ツーリングまでに新しくバッテリーを購入して交換しようと思います。




もしや持病?あのトラブルが再発!!困った![カルマンギア]

昨日の夜、お客さんのところへカルマンで行った帰りのことでした。
信号待ちしていて、青に変わったので、スタート!

しかし、クルマは『ガッガッガッガガガガ』と音を立てるだけで、前へ進みません。おぃおぃ、、、またか!!!

そうです、以前も高速道路でいきなり、前進しなくなってしまい、止まってしまったので。それとまったく同じ症状でした。前回のトラブルブログ
後ろがつかえてるんだからちょっとくらい前に進んでくれ!!!
アクセルを思いっきりあおったら、少しだけ進んだので、そのまま左折して惰性でストップ。



止まった向かいに、建築現場の空き地があるので、押して駐車。こんなとき軽いワーゲンはラクラクです(ま!喜んでいる場合でもないんですけど)
で、時間は6時半を回っているので、メンテしてもらってる整備屋に電話してもつながりませんでした。
しかたなくJAFを呼んで自宅まで運んでもらいました。



JAFの方いわく『この空冷ワーゲンで引っ張るのは経験したことがありません。だいたいトラブルが起こるのはゴルフです。あれは電気系統が弱いんで私の中では一番出番が多い車種です』
へぇ〜、、ゴルフは結構壊れるのかぁ・・・って思いました。



翌日の夕方、また入院です。しばらくは356が足です。

やっぱ空冷が好っきゃねん



購入後初のトラブルその2[カルマンギア]

前回のブログの続きです。

高速道路を降りてすぐに不動になってしまい、業者に持って帰ってもらった後は、オートマのスズキセルボでルンルンで帰りました。

夕方業者から電話があり、原因を知らされビックリです。
不動の原因は、左リアのドラムが空回りしていたのです。

通常というか当たり前ですが、リアのシャフトが左右のホイールまで延びて、スプラインにドラムがくっついて割りピンで絶対抜けないようになっています。
そのドラムとスプラインの接合部分に徐々にガタが出てきて、ドラム側のギアがすり減って空回りをしていたということです。



普通はありえないのですが、真ん中のギアがすり減っているのがわかると思います。

そのためドラムの裏側が粉まみれになっています。



先週の富山のイベントのときに、リアが左右にゆれていたのは、それが原因だとわかりました。時々空転していたのでしょう。それがバランスを悪くして蛇行運転状態になったんだと思います。

ここはしっかりとジャーマン製の新品に左右とも交換しました。これでフブレーキのフィーリングもかなりかわりました。バシっと効きます!!

ついでだったので、6ヶ月点検ということで、オイル交換も含めて気になったところも直してもらい、さらにスピードメーターもオリジナルに交換しました。

まず、以前インターネットで角テール用スピードメーターの存在を知り手に入れました。ビートルのそれとは若干違っていて、上部に赤いウィンカーのインジケーターがあります。



リビルト済みだったのをアメリカから購入したのですが、届いたら思ってたほどキレイじゃなかったので、自分でいろいろ磨きました。インジケーターのセロハンも張り替えたかったのですが、最近カラーのセロハンも売ってないんですよ(笑)



ちなみに以前のメーターはこれ



高速を走るとメーターを振り切ってしまうすぐれものだったんです。また停止してても針が0km/hと20km/hあたりをいったりきたりするなど霊に取り付かれているメーターだったのです。
交換したことで、霊能者ともお別れになりました。

さらに、ワイパーモーターもリビルト済みに交換しました。
以前から、雨の日が憂鬱になるワイパーだったんです。一度スイッチをオンにすると、エンジンを切るまで動き続けます。
先日も富山の帰りに雨の中ワイパーを使っていたけど、途中で晴れてきたのに、ワイパーを止めることが出来ず、ワイパーに眠らされてしまう始末でした。



でも、日本のある有名店では3.5万円もしました。取り付けてもらったら4万円を軽くオーバーしてしまいます。
まったくの不動だったら購入してたと思うのですが、このモーターもアメリカで$100くらいでリビルト品をゲット!
今は快適です!!

あとは足回りのグリスアップや、右前ウィンカーが不動だったのを直したりもろもろです。

パーツ代やなんやかんやで約9万円の出費となってしまいましたが、これでしばらく安心して乗れるならまぁいいや!って感じです。



これが請求明細です。500mほど積車をお願いしただけで1万円です。JAFに入ってるのに、もったいないもったいない、、、。

やっぱ空冷が好っきゃねん




購入後初のトラブル![カルマンギア]



1958年式カルマンギアクーペ。こいつは優秀なヤツで、雨の日も風の日も雪の日もほとんど毎日文句を言わずに、動いてくれる。
しかもエンジンがすこぶる調子いい!!
かっこよくて、オシャレで、故障しなくて、そして速い!(全部自己満ですが…)
そんなカルマンにもついにやってきたトラブル…。

それは、先週土日に参加した富山でのVWミーティングへ行く道中でのこと。
1600ccノーマルエンジンではありますが、130km/h巡航を平気でこなすカルマンなので、いつものごとく山陽自動車道〜名神自動車道〜北陸自動車道を100〜130km/hくらいで追い越し車線を流しておりました。

ところが名神から北陸道に入ってから、クルマのケツが結構左右に流れ出したんです。。。。最初は「北陸道は道悪いんかなぁ」って思っていました。
ところがだんだんまっすぐ走っていないことに気付きました。
なんか足回りおかしいと思い、帰ってから点検してもらおうと思いました。
もちろん富山から帰りも普通に蛇行運転しているか居眠り運転しているように思われていました(笑)

で、今朝用事で関西空港まで行ってきて、その帰りにいつもの加古川の整備屋に持っていこうと思っていましたが、先週には気付かなかった、左リアあたりの異音に気付きました。
「これはけっこうヤバいなぁ〜」って感じで、関空の帰りは早く加古川に着かないかナァって思っていましたが、加古川出口の500mくらい手前でアクセルを踏んでも空回りするようになりました。

「おぉぉぉ!あともうチョットやのに、なんとかガンバレ!」と思いながら惰性で出口まででて、左折したところでストップしました。

エンジンは調子よく回っている。シフトもカチッ!っと入る。しかしクラッチをつなげても前に進まない状態。。。
あと数百メートルで整備屋なのに、、、仕方なく電話して積車で来て貰いました。



クラッチの異常と左足回りの異常で、ちょっと修理が高くつくかなぁって思っていました。
エンジン下ろして、足回り分解して。。。う〜ん…。
でもしゃーないわ!ってあきらめて、積車と一緒に来た代車のセルボモードで帰りました。







午後から電話があって、症状としては左リアのドラムがちびて空回りしている状況だそうです。エンジンの動力がドラムに伝達されていないということらしい。
もしかしたら、リアが少しずつ空回りしてたから、左右にぶれていたんだろうね。

今週は快適なセルボモードで過ごす1週間となりそうです(笑)
なんたってオートマですから!!!!

EZブースターケーブルを知っているか?


先日、自宅で掃除をしていたら思いもよらないアイテムを発見した!その昔テレビの通販でやっていた「EZブースターケーブル」だ。まだ一度も使ったことなく新品だったので、いつか使いたいとたくらんでいた私。


使い方はカンタン!バッテリーが上がってしまったクルマと、お助けカーのそれぞれのシガーソケットにケーブルをつないでしばらく(説明では2-7分)待ってるだけでエンジンがかかるというしろもの!!なかなかカンタンでよろしい!

実は前回もシートヒーターでバッテリーを上げてしまったにもかかわらず、昨日また同じ失敗を繰り返しました。詳細はここ

カルマンは仕事で使っているので、すぐに出動しなければならないときにエンジンがかからないとショックです。そんなときは356で仕事に行きますけど…。
で、今回はあこがれのEZブースターケーブルでチャージしてみることにした!


この写真だけでもなかなかいいなぁと自画自賛してしまいます(笑)


356のシガーソケットと


カルマンのシガーソケットをつなぐだけ!ボタンを押すとバッテリーのチャージが出来ているかボタンの色で判断できる。ライトも点灯します。赤はまだで緑が完了です。

じーっと待つこと5分・・・チェックしてみるとボタンは赤色です。ちなみにセルを回すが回らない。もう5分待つことに・・・まだ赤色。赤色のときにセルを回すと「ブー」とブザー音が鳴る。
ちなみに356のエンジンはかけています。オルタネーターの発電量が低いのかなぁと思い何度かフカしてみる。う〜ん・・・状況に変化なし!


結局一般のブースターケーブルをつなげば一発でかかりました。
20分待つより、3分でセットできるブースターケーブルのほうが便利だということがわかりました!!

だれかEZブースターケーブルを使ってエンジンかけたことある人いませんか?ホンマにエンジンがかかるのか知りたいです。

シートヒーターの悲劇[カルマンギア]



ここ最近ずっと寒いのでカルマンに乗るときは後付シートヒーターをずっと使っています。
電源を入れると1分もしないうちに、ポカポカとあたたかくなってきて、5分を過ぎればもう快適…ただし足元は冷えるのでひざ掛けは必要です。

このシートヒーターの電源はシガーソケットから供給してもらっていますが、このシガーソケットが曲者・・・

昨日、朝から郵便局に行かなければ行けないので、カルマンに乗り込んだところ、ウンともスンとも言わない。。完全にバッテリーが上がってしまってました。
よく見るとシートヒーターの電源をシガーソケットから抜くのを忘れていました…トホホ
カルマンのシガーソケットはなぜか常時電源(過去のVW車ではシガーソケットを使ったことが無いのでどうだったかわかりません)なんです。ちなみに356は常時電源ではありません。キーオフで電源もオフになります。

エンジンを切るときには必ず、ソケットを抜く習慣が身についていました。しかし、運悪く一晩中無人のシートがポカポカしていたようでした。その日は朝の11から岡山〜福山の旅で友人が迎えに来るのであきらめました。

今朝福山から帰ってきてから356のバッテリーからチャージして無事復旧です。
シガーソケットの配線を変えるか、シートヒーターにスイッチをつけるかどちらかにしようとたくらんでいる今日この頃です。

それにしても福山の「よっさんラーメン」はうまかった!激辛の苦手は私ですが汗をかきながら、こめかみを痛めながら、おじやまで完食しました!!姫路から1時間で行けるのでまた行きたいです!

My Homepage→やっぱ空冷が好っきゃんねん!

事故から1年…[インターメカニカ]

昨年の11月に交差点で事故をしました。。。
私は朝からインターメカニカに乗り、ホロのジッパーを直しに加古郡播磨町へ出かけました。

初めて行く場所で、地理がよくわからなかったのでちょっと迷いながらウロウロしていました。で、交差点を左折したところ、右側からガツンッ!っとやられしまいました。相手の車種は忘れましたが、国産の1BOXカーだったと思います。相手のフロントはグシャグシャでしたが、インターメカニカは傷が少しいっていましたが、ほとんど無傷でした。

以前も国産のハイラックスのリアに突っ込んでしまったことがありますが、こちらは無傷でハイラックスはかなりへこんでいました。
単純に鉄とFRPを比較するとどう考えても鉄のほうが強いと思うのですが、やはりインターメカニカのボディは凄いと言わざるを得ません!

そして、FRPの補修に困ったら、加古川市尾上の「山本自動車」(山本板金だったかも?)をオススメします!山本社長はインターメカニカの修理のため、わざわざカナダのインターメカニカ社(IM社)へFRPの勉強をしにいったというツワモノ!!それを聞いてすごく勉強熱心だなぁと思いました。IM社の技術はクルマにとってオーバクオリティなくらい出来すぎています。

今回の修理はドアとリアフェンダーの補修ですが、難しい色も完璧に治していただきました。IM車の難しいボディの修理はほとんどこちらでされているそうな…



それにしてもウワサで聞いていたインターメカニカのボディの強さ…実体験してみて確信出来ました!!

My Homepage→やっぱ空冷が好っきゃんねん!

クラッチペダルの異常[カルマンギア]

ここ4,5日前からカルマンのクラッチペダルから足を離しても完全にリリースしない状況に陥ってました。
ギアをチェンジして足をペダルから離す瞬間にどうも引っかかって、一瞬から長いときで数秒後に「カチッ」という音とともに元に戻る現象です。

走る分にかんしては別状無いけれど、もしかしたらクラッチケーブルがトンネルのどこかに引っかかっていて、切れる可能性もあるのかなぁということで、ネットで同じような症状はないかなぁと探しましたが見つからなかったのでフラットフォーに聞いてみました。

ケーブルの異常ではないかということで、交換を薦められました。
もちろん、切れる前に交換していたほうがいいのですが、
昨日、突然異常が無くなりました。今日は普通に乗れました。

これは自然治癒なのか、それとも大病前の静けさなのか判断がつきかねますので、来週ショック交換のときに合わせてチェックしてもらうことにします。

My Homepage→やっぱ空冷が好っきゃんねん!