カルマンギアにクイックシフターを装着! Karmann Ghia Lowlight 角テール

ここ数年、とくにイジってなかったので、何かせねば?(そんな強迫観念はないんですが)って感じで

シフターを取り付けてみました。

 

シフターもいろいろありますが、今まではなかなか自分が思うモノがなかったので

純正シフトで満足していたわけですが

 

 

VINTAGE SPEED社より、純正チックな感じなのが出てましたので

即ゲットしました!

 

 

純正をそのままクイックシフトにするキットも販売されていますが

やはり、イジった感が出ますね!

 

 

微妙に手前にアールがかかっております。

ただ私の身長と腕の長さでは、これでも遠いのです。

 

 

無事に車検も終わり、また二年間楽しみます。

ムック号!よろしく!

カルマンギアに再度レッドチップアンテナをインストール Karmann Ghia Lowlight 角テール

レストアを完成させた2009年には、レッドチップアンテナを取り付けていました。

今も、取り付けているのですが、肝心な先端のレッドチップを紛失した状態でした・・・悲

 

 

カルマンギア レッドチップアンテナ

 

↑こちらが2009年レストア完成当時の写真です。

 

それが、知らぬ間に飛んで行っちゃったのか、いつの間にかなくなっていました。

↓こちらがなくなったままのアンテナです。

 

 

ただのプラスティックのパーツなのに、それだけってなかなか無い・・・似たのはあったが・・

仕方なく、eBayで落札しました。

 

 

 

やっぱりあると嬉しいです♥

どうか、無くなりませんように・・・祈

カルマンギアアバルトマフラーに交換 Karmann Ghia Lowlight 角テール

 

純正マフラーからアバルトマフラーに交換しました。

インターメカニカ356はフラットフォーのものを付けましたが

こちらは VINTAGH SPEED 社製のマフラーを個人輸入して取り付けました。

 

 

だいぶん、後ろに出てる印象です(^^;

356の場合は、延長パイプを15cm溶接してやっと後ろに出る感じでしたが

こちらは音だけでなく見た目もエグいです(笑)

 

 

ちなみにF社のはこんな感じです。

 

 

12年前に購入したときは、↑のようにアバルトだったので

また、元に戻った感じで嬉しいです!

第25回インターメカニカオーナーズクラブミーティング 前夜祭飯田編

今回は長野県の白馬でのミーティングです。

私にはこのクラブに入会して15年。つまり15年所有していて、なおかつ15歳年をとった(笑)

 

入会当時は若手メンバーでしたが、今では初老の仲間入り。

片道500kmありますので、土日開催のミーティングではありますが

体力を考え金曜日の出発にしました。

 

前日出発にお付き合いしてくれたのが大阪のUさん。

いつものちょい悪メンバーです(笑)

 

 

名神高速道の大津SAで待ち合わせ。

私は午前中仕事をして正午に姫路を出発。Uさんは京都で仕事をし、すぐに合流。

 

今回は私は新兵器!でもないですが

GoProを購入し、ドラレコ代わりに使ってみました。

車内に固定するのがなかなか難しい・・・

 

 

でも、使えそうです。広角レンズで見やすく、手のひらに乗る小型で持ち運びにも便利でした。

 

初日は、長野県飯田市に宿泊。

インターメカニカ仲間のMさんにいろいろとお世話になりました。

 

ただ、今回はあいにくの天気。

晴れ間が出るといいが、終始小雨で幌を下せませんでした。

 

 

ホテルに到着し、幌にカバーを。

その後、飯田グルメを楽しみました。

 

ネギ醤油が絶品の飯田おでん

 

関西お好み焼きと似て似つかない飯田お好み焼き?

 

某チェーン店でもお馴染み!和蕎麦での焼きそば!

美味いです!

 

居酒屋で腹いっぱい食べた後は

カルマンギアに乗るMさんのバーへ。

私のカルマンギアをイメージして作ってくれた!というカクテルをサプライズ!

 

感激ですね!こういうのってうれしいですよ!

 

おなか一杯でしたが、最後に飯田ギョーザもごちそうになりました!

 

もうお腹もいっぱいで酔いもまわって開催しましたが

酔ったオヤジが2人揃えば、腹いっぱいでも、〆のラーメンに・・・

先輩の言うことには反対できず、来来亭にイン!!

 

眠たい目をこすりながら、なんと完食してしまいました。

健康は明日から考えればいいのだ!!(笑)

 

この日はこれで終了。

明日はミーティング初日。会場まで150kmくらい走ります。

 

いまでもワクワクできるクルマです。カルマンギア

普段乗っている足はシトロエンDS5なので

カルマンや356はなかなか平日の昼間に乗る機会がありませんが

ここ2日間は好天でしたので、営業車としてカルマンで出動!

 

 

もう10年以上乗っていますが、いまでも乗るときはワクワクしてしまいます(笑)

楽しいんですよね〜。

 

それにクルマ好きのお客様のところへ行くと

何かと話が弾みますので、なかなかいいですよ。

 

 

 

そう言えば、、、今でこそシトロエンに乗ってますが

もともとはこのカルマンギアが普段の足でしたね。

 

 

 

11年前の写真ですが、毎日がワクワクでした。

恒例!高齢?春のオイル交換!カルマンギア&インターメカニカ356

毎年3月はオイル交換の時期です。

つい2,3日前はインターメカニカのバッテリーを10年ぶりに交換してちょっとウキウキしてます(笑)

 

 

 

オイルは最近空冷の中でファンが増えているブラッドペンです!!

これがえんだわ!ほんま。

 

 

 

ジャッキアップしてウマを噛ませて

 

 

ホームセンターで買った、普通ゴミで捨てれるオイルキャッチャーをセット。

 

 

ワーゲンのエンジンオイルはたったの2.5リットルしか入りません。

これでエンジンを冷やしてるんだからたいしたもんです!!

 

 

2台とも同じエンジンですので満タンで5リットル程度を廃棄します。

ちょっと減ってますからこの4.5リットル用がちょうどいいのです!

 

 

空冷ワーゲンに乗り始めた20歳くらいのときは

ホームセンターで安いオイルを買ってきて、走行距離に関係なく3か月で交換していました。

あれから30年。いいオイルを購入できるまでに成長しました。

 

今は1年ごとに交換にしていますが、いまだにこまめに交換するのがええのか悩んでいます。

若い時ほど距離は走りませんが・・・

カルマンギア メーターLED化に挑戦!

 

いつもお世話になっている高砂のMガレージさんで、インターメカニカ356のメーターをLEDに変えてもらったところ

凄く綺麗でナイトドライブが楽しみになってしまいました!

 

356のメーターをLEDに変えるともの凄く綺麗になりました

 

そこで気を良くした私は、「そうだ!カルマンもLEDにしよう!」と思いました。

カルマンの場合は、ボンネットを開けたら、すぐにメーターに手が届きますので、自分で交換しました。

 

 

まずLEDライトをヤフオクでゲット!

白にしようかと思ったけど、旧車なので電球色にしました。

 

タコメーターをLEDに交換したら明るくなりました

 

交換は簡単でしたが、インターメカニカ356で得た満足感は得られませんでした(笑)

それはLEDに交換したため、電球色といってもやはり明るくて白っぽくなったからです。

 

左のスピードメーターが元々の電球、右のタコメーターがLED交換後です

 

もともとの電球のほうが雰囲気がいいと思いましたが

せっかく交換したので、しばらくはLEDでいきます(笑)

 

恒例の牡蠣ツーリング カルマンギア

昨年も参加させていただきました、主治医であります高砂のMガレージさんからのお誘いで、瀬戸内の牡蠣を堪能する旧車ツーリングに参加しました。

 

 

インターメカニカ仲間もウエさんやS戸さん、そしてさらに大阪からも2台が参加!

インターメカニカだけで4台です。

 

 

実は私も今回はインターメカニカ356で参加したかったのですが

自宅から出発しようとしたとこと、イグニッションを捻ってもウンともスンともいいません。

前日は姫路市内を気持ちよく走っていたのに・・・

 

 

仕方なくカルマンで出動です。

インターメカニカ仲間も私のカルマンの実物を見た人は少ないのでまぁ自慢することにんしました(笑)

 

 

今回も普段イベント以外ではなかなか目にかかれない珍しクルマが参加していました。

・いすゞヒルマンミンクス 旧ナンバー(ご近所さんでした)

・サンビーム インプ

・トライアンフ ヘラルド

・ポルシェ911s 2リッター

・ポルシェ914-6

・ミニ マーク1仕様

 

 

 

 

 

絶好のツーリング日和で、まず姫路の別所SAから相生のマックスバリュを目指す。

911に負けまい!とアクセル全開!

「カルマンも速い」と思っていただけたことでしょう!

 

1600ccブラジルエンジンはすこぶる調子がいい!

高回転はまわりませんが(笑)、911には付いていけます(笑)

 

 

この日は、国道250号線で牡蠣のイベントを数多くされていたのか

赤穂あたりから日生にかけては渋滞でした。

そのため牛窓行きは諦めて、日生を越えたところでUターン。

 

 

相生まで戻り、いつもの安定、住栄丸で牡蠣三昧です!

ワンメイクのツーリングも確かに面白いのですが

いろんな旧車と走るのもまた楽しいもんです!

 

 

Mガレージさん、お世話になりました。

 

 

 

カルマンギア オリジナルタコメーター装着! Karmann Ghia Lowlight

1958年式カルマンギアは純正ではタコメーターが付いていなくて

左がスピード、右が時計となっています。

 

どうしてもタコメーターが付けたくて6年前に、サンバでタコメーターを見つけて取り付けていました。

それがこれ。

 

 

 

 

これはこれでお気に入りだったのですが

オリジナルのタコメーターを作っている人をベルギーで見つけました。それもやっぱりサンバで。

つまりオリジナルではなく、オリジナル風のタコメーターというか

いわゆるリプロ品です。

 

 

オリジナルは取付けがかなり大変で知識も必要なのですが

こちらは電気式なので簡単です。

私のカルマン仲間として尊敬するGさんのカルマンにはオリジナルが付いていますが

私と同じ電気式に交換されています。→VW-SQUARE

 

9月にお金を支払い、待つこと4か月。

なんども催促してようやく平成29年1月20日に到着しました。

 

 

 

 

 

 

空冷ワーゲンは取付け簡単なのが嬉しい!

ボンネットを開けるとメーターが見えていますから

マイナスドライバでネジをゆるめ交換するだけです(笑)

 

 

 

 

Gさんもブログで書いていますが、どれくらい正確なのかは不明です(^^;

でも雰囲気はよくなりました。

オースチンヒーレー レンハムGT とバッテリー上がり ポルシェ356レプリカの最高峰インターメカニカ

レンハムGT オースチンヒーレー スプライト カニ目 姫路

1週間ぶりにエンジンを掛けようとしたが
キーを捻ってもONにならない・・・


バッテリーが上がるはずもないし、ニューズも飛んでいない。
イグニッションの配線も先日新品に交換したし、どうしたものか?と考えてましたが
念のため、バッテリー上がりもあるのかな?と思い、ジャンピングしてみました。

レンハムGT オースチンヒーレー スプライト カニ目 姫路

バッテリーを繋いだ瞬間、ハザードが点くではないか!!
1週間ガレージの中でハザードが点灯していたのか!!



カルマンのオプティマバッテリーならすぐにエンジンが掛かると思いきや
なかなか掛からない。
そこでサーブの登場です。


すぐに掛かりました(笑)



ちなみにカルマンギアのエンジン、、、かなり調子がいい!!



そのまま、充電の為にひとっ走りするために
いつもの海岸線のドライブコースをひとっ走りしてきました。
強風でしたが快晴でとても気持ちのいいドライブでした。


そのときに、前方に小さなスポーツカーを発見!
遠目に後姿がホンダS600クーペのように見えました。
すぐさま、エンジン全開で2台を追い越して、オーナーさんにクルマを見せてもらうことに。

レンハムGT オースチンヒーレー スプライト カニ目 姫路

このクルマはオースチンヒーレースプライトマーク1、いわゆるカニ目をベースにし
FRPクーペボディをかぶったイギリスのバックヤードスペシャルだ!
初めて見ましたが、カニ目ベースだけにとても小さくてかわいい!

レンハムGT オースチンヒーレー スプライト カニ目 姫路

ボディの腰下や内装はカニ目そのままです。
1961年式だそうです。
フロントから見るとジャグヮEタイプっぽい感じもする。

レンハムGT オースチンヒーレー スプライト カニ目 姫路

レンハムGT オースチンヒーレー スプライト カニ目 姫路

レンハムGT オースチンヒーレー スプライト カニ目 姫路
いいものを見せてもらった感じ感ハンパない!
 

フラワーベース交換 カルマンギア 角テール フォルクスワーゲン



カルマンギアの内装動画です。
最近、フラワーベースを交換しました。

あとはそのままです(^^;

鉄板ダッシュに最適なスマホホルダー カルマンギア

旧車でも音楽聞いた入り、ナビに使ったりスマホは必需品です!
そこで必要なのがスマホホルダー!

今までは吸盤タイプのものを使ってました!
しかしせっかく鉄板剥き出しのダッシュなので磁石のほうがよくね?
と思い探しました!

カルマンギア ワーゲン スマホホルダー

有りました!エレコムから発売されています。
iPhone6でもOKです!

鉄板剥き出しではないクルマにも
取付けキットが付いてます。


アマゾンでゲットしてください

ホワイトウォールタイヤの汚れ落としには激落ちくん!

カルマンギア ホワイトウォールタイヤ 汚れ落とし

ホワイトウォールタイヤの黒ずみっていやですよね?
専用のケミカルも販売されていますが、
いろいろ使ってみて激落ちくんが最高です!

カルマンギア ホワイトウォールタイヤ 汚れ落とし

カルマンギア ホワイトウォールタイヤ 汚れ落とし

カルマンギア ホワイトウォールタイヤ 汚れ落とし

ナンバープレートも簡単に落ちますから
ちょっとレトロな雰囲気を出したいときに使えるかも?(笑)
 

カルマンギア スピーカー追加

カルマンギア スピーカー

純正の位置にシングルスピーカーを付けて満足していたのもつかの間w
やっぱり大音量を楽しみたいということで!!!

カルマンギア スピーカー

アマゾンでゲット!安い!


カルマンギア スピーカー



取り付けるのに穴はあけたくない!そこで磁石の登場!
しかも世界最強なら落ちることもない!

カルマンギア スピーカー

カルマンギア スピーカー

カルマンギア スピーカー

もちろんカーペットの上からでも落ちる心配なし!!
優れものです!

世界最強磁石はアマゾンでお買い求めください

 

Bug in 青山剛昌ふるさと館 2015.10.04

カルマンギア Bug in 青山剛昌ふるさと館

土日と久々のカルマンでのイベントです。前夜祭があるのはいいですね。
ほとんどクルマの話はしませんが(笑)、お酒を飲んで初めて会う人とでも、意味の無いおもろい話をして盛り上がれる!!ということで僕は好きです(笑)

カルマンギア Bug in 青山剛昌ふるさと館

今回のイベントは行政も後押ししてくれているということなので
今後も続くことを期待しております。


場所は、名探偵コナンの作者の出身地であります鳥取県北栄町の「青山剛昌ふるさと館」で行われました。
鳥取は米子にゲゲゲの鬼太郎がありますので、西の鬼太郎、東のコナンって感じでマンガでも観光を盛り上げている雰囲気があっていいですね。姫路も姫路城以外のものでの集客も考えて欲しいです。

カルマンギア Bug in 青山剛昌ふるさと館

カルマンギア Bug in 青山剛昌ふるさと館

土曜日は前夜祭に向けて出発!
中国道の安富PAでカルマン乗りの大先輩とその仲間と待ち合わせでしたが
なんと!BMW1台ではないっすか!!私は肩すかしをくらいましたわ(^^;

カルマンギア Bug in 青山剛昌ふるさと館

それでもくじけす(笑)、現地に向けて出発です!

途中、67キャンパーと合流しながら、宿泊先の北栄町のキャンプ場に到着!

カルマンギア Bug in 青山剛昌ふるさと館

カルマンギア Bug in 青山剛昌ふるさと館

カルマンギア Bug in 青山剛昌ふるさと館
そのまま、昼飯食ってビールと梨汁チューハイを飲んで、夜の懇親会まで昼寝。
懇親会はバスで送迎してくれましたので大助かりです(笑)

カルマンギア Bug in 青山剛昌ふるさと館
合併10周年記念の3Dマッピングも行われてました。

カルマンギア Bug in 青山剛昌ふるさと館

カルマンギア Bug in 青山剛昌ふるさと館
梨汁もうまかったです。

カルマンギア Bug in 青山剛昌ふるさと館
カルマンギアは合計4台参加

カルマンギア Bug in 青山剛昌ふるさと館
特別出演で、MG-TGとケーターハムスーパー7も参加

カルマンギア Bug in 青山剛昌ふるさと館
一般駐車場にはキューベルも!

カルマンギア Bug in 青山剛昌ふるさと館
ここはホコテンになってました。まちをあげてのイベントだということがわかります。

カルマンギア Bug in 青山剛昌ふるさと館

カルマンギア Bug in 青山剛昌ふるさと館
主催者が製作した渾身のバハバグ


一般の人が見物して、写真も自由に撮ってましたが、
とうとう一般の人にもカルマンギアは受け入れられなくなっていると感じました(笑)
となりのビートルはいっぱい記念写真を撮られてましたが、カルマンはほとんどがスルーでしたよ(^^;

でもいんです!(笑) 自分のクルマが一番カッコイイ!って思ってるから、負け惜しみは言いません!



写真一覧はこちら

深山公園 1日ワーゲン博物館

カルマンギア KDF 岡山 深山公園

今年も猛暑のイベントがやってきました。
ご存知岡山の深山公園でのミーティングです。

毎年参加していますが、猛暑で死者もでるくらいですから(笑)

カルマンギア KDF 岡山 深山公園

カルマンギア KDF 岡山 深山公園

まったりとした時間が過ぎていきます。

カルマンギア KDF 岡山 深山公園

でも今年はエロマンギアの独壇場でした!(笑)

カルマンギア KDF 岡山 深山公園

カルマンギア KDF 岡山 深山公園

 

インターメカニカ356 レトロサウンド取付け

ポルシェ356 ブラウンプンクト ラジオ ipod
以前は安いオーディオを取り付けていました。音質にはあまりこだわりが無いので十分でしたが、やはりレトロな雰囲気が好きなので西ドイツ製のカルマンギア用のAMラジオを取り寄せ、iPodがつなげられるように改造して取り付けていました。

ポルシェ356 ブラウンプンクト ラジオ ipod

ポルシェ356 ブラウンプンクト ラジオ ipod

ただしAMラジオなのiPodの音楽もモノラルになります(^^;
でも雰囲気重視で3年ほどはこれで聴いておりました。

しかし、ここ数年USAをはじめ、旧車に最新オーディオを取り付けるのが流行っておるらしいではないですか!
しかも見た目はレトロです。

これです。
ポルシェ356 ブラウンプンクト ラジオ ipod

アメリカ人はこういうことに対してはほんま長けてますね。
このオーディオの最新版は、なんと!ブルートゥース対応というではないですか!!
iPhoneもケーブルで接続しなくても音楽が聴けますし、電話も出れるそうです。


私はそこまで必要ありませんので、旧モデルにしました。
旧モデルでもラジオは日本のバンドに対応しているというのも購入の決め手になりました。
海外のラジオはFMが聴けないことが多いのでこれは嬉しいです。

前回のブラウプンクトのAMラジオを全国的に有名な黒田商会で取り付けしてもらったのですが
今回のレトロサウンドも黒田商会に取り付けをお願いしました。
ちなみにオーディオ本体は個人輸入で25000円です。


ポルシェ356 ブラウンプンクト ラジオ ipod

いい感じでしょ?
オリジナルポルシェではないのでこれで充分です(笑)
以前はモノラルでしたが、これでステレオサウンドを楽しめます。


ただ、iPodを取り付ける場所が悩みました。
いろんなホルダーを購入しました。吸盤でフロントスクリーンに取り付けるもの。
これはイマイチダサかったのでやめました。


ポルシェ356 ブラウンプンクト ラジオ ipod

今回は、ドリンクホルダーにはめ込むスマホホルダーを持っていましたので、分解してステーに取り付けたところ、ちょうどいい場所に収まりました。

これで充電しながら音楽が聴けて、しかも配線も正面からは目立ちません。

ちなみに以前取り付けていた、ブラウプンクトのAMラジオ with iPod は使わなくなりましたので
雰囲気を大切にされる方がいらっしゃったら、お譲りいたします。
西ドイツ製ブラウプンクトも最近値段が高いです。

FL〇T 4さんでもなかなか手が出ない価格で販売されています。
ちなみに電装は12Vで取り付けできます。

私が海外から取り寄せて、専門業者で改造したのですが
改造費や取り付け費用を含めて5万円以上かかりました。
35000円でお譲りします。

 

カルマンギア ダッシュスピーカー取付け

カルマンギア ダッシュ スピーカー 角テール

カルマンギアと言えば、ダッシュのセンターにモノラルスピーカが本来あります。しかし私のクルマにはオリジナルのスピーカーがありません。スピーカーグリルの下にはETCをセットしておました。
では音楽の環境はというと、、、ダッシュの中にメインユニットをヒドゥンし、出来るだけ目立たないようにカロッツェリアのスピーカーを取り付けていました。

カルマンギア 純正スピーカー 角テール ダッシュ

メインユニットもCDドライブが無ければ超軽量です。しかも激安!
ほとんどの方は、ラジオとiPodなどデジタルミュージックプレーヤーが聴ければいいのではないでしょうか?

音質的には十分満足はしていましたが、たまたま海外のサイトでカルマンのダッシュにフィットするスピーカーを見つけました。

しかもモノラルではなく、デュアルコイルスピーカーだというではないですか!!室内はあまりガチャガチャするよりシンプルですっきりさせるのが好きなのでこれは手に入れない手は無いと思い、個人輸入しました。

カルマンギア ダッシュ スピーカー 角テール

その前に、数年前に取り付けていた、オーバルフェイスの激レアブラウプンクトも交換することにしました。

カルマンギア ダッシュ スピーカー 角テール

2つあるのですが、下はインターメカニカ356に取り付けていたカルマンギア用のブラウプンクトのAMラジオです。これにiPodを繋げるように加工して取り付けていましたが、今回356はレトロサウンドに交換したので取り外しました。

カルマンには上のたぶんタイプ3用のブラウンプンクトAMラジオを取り付けることにしました。

カルマンギア ダッシュ スピーカー 角テール

その前にもうひとつ。
せっかく個人輸入したのに、サイズが合わへんやん!って思い、出品者に返品したい旨を言ってました。
しかし、私は勘違いしてました。スピーカーグリルのスタッドに取り付けるものだと思い込んでいましたが
違いました。

カルマンギア ダッシュ スピーカー 角テール

グリルを取り外すと、ちゃんとスピーカーが取り付けられるようになっていました。すぐに出品者に謝罪のメールをいれました(^^;

カルマンギア ダッシュ スピーカー 角テール

ピッタリフィットします。ほんま出品者様ごめんなさい!!
出力が80ワットですので、まずますの音量です。


カルマンギア ダッシュ スピーカー 角テール

ちゃんとスピーカーケーブルのLとRをそれぞれ接続できるようになっています。

カルマンギア 純正スピーカー 角テール ダッシュ
これで50年前のサウンドの雰囲気を少しいい音で再現できたかなと思います。

カルマンギア 純正スピーカー 角テール ダッシュ

まだまだ挑戦は果てしなく続きます。なーんちゃんって。



 

5th VW Meeting "Come On Shimanto!" 四万十川 VWキャンプミーティング

 4月28日、29日とインターメカニカで鳥取にツーリングに行ったばかりですが、5月3日からは二泊三日で恒例の高知県四万十町(旧十和村)のこいのぼり公園で開催されるミーティングに参加しました。


昨年は体調不良のため、参加を断念したので、久々にお会いできる面々との再会が楽しみで仕方ありません。


 カルマンギア キャンプ 四万十 高知 こいのぼり公園

いつもは、GW中なので渋滞を考慮して、早朝(深夜かな)に出発します。するとめちゃくちゃ早く到着して暇なので、高速道路1000円もなくなった今回は朝10時に自宅を出発。

いきなり山陽道のたつのから岡山までが渋滞してました。。。ショック。
瀬戸大橋まで2時間半をかけて、四国に上陸。豊浜サービスエリアに到着。海が綺麗です。
しかし、大変混んでいて食事が出来なかったので、おにぎりとチキンを購入してベンチで食す。


気を取り直して出発するが、高知道に入り山間部を走ると雨がポタポタ・・・
おお!やっぱり俺は雨男なのか・・・と思いながら走ると、南国SAを過ぎてガソリンが約半分でしたが、そこから一気にメーターは減ってきます。もうすぐEmptyなのでヤバいなぁ〜と思い、せっかく窪川まで伸びた高知道を満喫できず、須崎東で降りました。すぐにケイズデンキの隣にスーパーマーケットを見つけ、食材を購入。天気もすっかり晴れてました。


その後ガソリンスタンドを探すが全然見つかりません。その後国道の峠を越えてようやくGSを見つけてイン!


そこから約1時間かけて現地に到着したのが午後4時半。主催者KAZUさんが笑顔で出迎えてくれました。

カルマンギア キャンプ 四万十 高知 こいのぼり公園

いつものこいのぼりが懐かしいです。

すると続々とワーゲンがやってきました。

カルマンギア キャンプ 四万十 高知 こいのぼり公園

香川のツッチーです。

カルマンギア キャンプ 四万十 高知 こいのぼり公園

同行した息子もやっとリフティングが出来ます。

カルマンギア キャンプ 四万十 高知 こいのぼり公園

ツッチーは2台でやってきたようです。


カルマンギア キャンプ 四万十 高知 こいのぼり公園

私は恒例のロースタイルで決めました。
7
カルマンギア キャンプ 四万十 高知 こいのぼり公園

その後もバスを中心に続々とやってきました。
また、いつもギターセッションでお世話になっております、67Camperさんは今回一人で参加とのことでキャンパーではなく、デイリーユースの66Bugでの登場となりました。

今宵もビールとギターで盛り上がるつもりでしたが、昼間は暑いのにやっぱり夜は極寒です。ダウンジャケットなしでは厳しい寒さが待ってました。

カルマンギア キャンプ 四万十 高知 こいのぼり公園

カルマンギア キャンプ 四万十 高知 こいのぼり公園カルマンギア キャンプ 四万十 高知 こいのぼり公園

いい雰囲気ですね。

カルマンギア キャンプ 四万十 高知 こいのぼり公園

67Camperさん、KAZUさん、ヨコハマのKubocchi、バナゴンのRunさん家族とビールや焼酎をアテにビートルズ、サイモン&ガーファンクル、私もちょっとわからない昭和のフォークソングなど思う存分ギターと歌を楽しませていただきました。

いつも書きますが、ギターは練習しとかないとダメですね。反省。


さて、夜が明けて寒い朝が待ってました。でも今回は極寒用のシュラフを用意してきましたので、ヌクヌクでしたよ。

息子にホットサンドを作ってあげて、メインイベントの準備でクルマを並べていきます。


カルマンギア キャンプ 四万十 高知 こいのぼり公園

カルマンギア キャンプ 四万十 高知 こいのぼり公園

カルマンギア キャンプ 四万十 高知 こいのぼり公園

当日参加のVWたちも続々とやってきました。


カルマンギア キャンプ 四万十 高知 こいのぼり公園

地元の方々から、「めちゃくちゃキレイやなぁ〜」って何度も褒めていただき嬉しい限りです。やはりカルマン1台だけだと目立つということがよくわかりました。

上の画像は、地元では有名なカー雑誌の取材ということでインタビューなどを受けたのですが、私だけでなくほとんど全員が取材されていましたので、このクルマが雑誌に載るかどうかは不明です(笑) 載ってたら教えてくださいね。


カルマンギア キャンプ 四万十 高知 こいのぼり公園

また地元のケーブルテレビの取材もありました。このイベントがどんどん大きくメジャーに成長していくのが目に見えてわかりますね。
中には、たまたま高知に来て、四万十町のホームページを見たらこのイベントが載っていたので来ました!という方もいましたので、KAZUさんも行政をうまく活用されているんだなぁ〜と感心しました。

さらには、ゆうじんさんことマイミクさんが、たまたまこの近くにいまして、私のmixiでの書き込みを見て、やってこられました。今回はカルマンギアではなかったけど、いつかカルマンギアにゆうじんさんが乗って参加されると嬉しいなぁ。


今回は31台の参加ということですが、100台になるくらい四国では最大のVWイベントになることを切に願っております。

午後3時にはイベントが終了し、1台、また1台とワーゲンが帰って行く中、私たち親子はここでもう1泊します。
やはり道中5時間かかりますので、運転すつ体力を残しておくには、1泊するほうがラクですし、旧十和村を満喫できますからね。

また、来年も必ず参加しようと思います。


帰りにちょっとばかし、カルマンにトラブルが発生しました。
山陽道の吉備SAで給油した際、イグニッションをひねっても、ウンともスンとも言わず、思わずスタンドのお兄ちゃんに冗談で「どこか線抜いた?」と言いながら、ダッシュ裏のイグニッションあたりや、ヒューズも確認しましたが、何もわからず、またキーを捻るとエンジンがかかりました。

とりあえず、このまま1時間半くらいで帰宅できるので、渋滞にだけは引っかからぬよう、そしてエンストだけはしないように注意しながら無事帰宅。


帰ってからすぐにエンジンを切り、キーを捻るとやはりイグニッションは回らない・・・
でも、ちょっとするとまたかかる。これはイグニッション自体壊れたのかな?と思いましたが、イグニッションを1度捻ると、インジケーターが点かないので、電気が来てないことがわかりました。また同時にオーディオにも電源が供給されていないようです。


ということはメインの電源に異常があると思い、バッテリーをチェックしたところ、何と言うことでしょう!!プラス側のターミナルが緩んでいるではないですか!!!ボルトをきっちり締めると、何事もなかったかのようにエンジンがかかりました。めでたしめでたし。

インターメカニカ車検なう。

 過去に二度ほど、車検を受け忘れて、気づくことなく乗っていたタワケモノの私なので、今回は車検が切れる前に、ちゃんと出しました。と言っても切れる2日前でしたが・・・


インターメカニカ 車検 EMS UENO 姫路

車検や整備は、いつも地元姫路のE・M・S UENOさんにお世話になっております。
こちらは、フォルクスワーゲン専門でもないですし、外車専門でもありませんが、いつも個性的なクルマが入庫しています。


インターメカニカ 車検 EMS UENO 姫路

例えば、今回はレアなタイプ34カルマンギア(Type-3カルマンギア)も、どことなく私の356と親戚のようなカラーをしおりました。


インターメカニカ 車検 EMS UENO 姫路

カルマンの後ろには、スクエアバック(Type-3バリアント)が少し顔をのぞかせております。もう20年以上前ですが、こちらの整備工場の代表者さんである、上野さんが自らカスタムして、確かCalマガジンで賞を獲ってた、すばらしいクルマなのですが、今は雨ざらしで無残です。。。。古いキャルマガジンに写真つきで紹介されています。


ちなみに、手前の自転車は私の営業車、GIOS SPAZIO。イタリアのバイクです。
今日はこれに乗って様子を見に来ました。


インターメカニカ 車検 EMS UENO 姫路

インターメカニカ 車検 EMS UENO 姫路

ちょうど足回りのブレーキをバラしていました。週末は356仲間と1泊2日のツーリングなので、よろしくお願いしますね。

インターメカニカ 車検 EMS UENO 姫路

ちなみに、上野さんは、ワゴンRだったかな?国産の軽四の整備をしていました。
いつかスクエアバックを復活させてもらいたいです。

インターメカニカ 車検 EMS UENO 姫路

インターメカニカ 車検 EMS UENO 姫路

いつもなら、この時期に自分でオイル交換するのですが、今回はプロ任せです。
金曜日に納車してもらえるようお願いしておきました。
もし忘れたらカルマンで参加です。



購入後10年経ってやっとインターメカニカのヒーター始動!

 みんさん、ご無沙汰しております。今日は、インターメカニカのヒートエクスチェンジャー交換の記事です。

今年の6月で、購入してから10年が経ちます。インターメカニカ356には、空冷ワーゲンと同じヒーターシステムが付いています。マフラーの熱を利用して、温めた空気を車内に送ります。で、インターメカニカにはブロアが付いていまして、温風が勢いよく足元から吹き出すようになっています。その風量も三段階あります。
購入直後、生ぬるい風しか出なかったので、「こんなものなのか」とあきらめていました。
でもよく考えてみると、以前乗っていた1959年式カルマンギアカブリオレはヒーターがガンガン効いていました。
冬場になると、このヒーターなんとかならんのかなぁ~と思っていたところ、ここ数年ネットなどで、ヒートエクスチェンジャーをドイツ製に変えたらヒーターが効くようになった!というような書き込みを目にするようになりました。
また、メキシコビートルなど温暖な国のクルマは、ヒートエクスチェンジャー自体が全然違うということも知りました。
ちょうど、ウィンカーの調子が悪かったこともあり、いつもの主治医に交換してもらいました。
ヒートエクスチェンジャー交換 インターメカニカ
ヒートエクスチェンジャー交換 インターメカニカ
フラットフォーで購入した
ヒートエクスチェンジャー交換 インターメカニカ
ヒートエクスチェンジャーがφ60mmで、ボディ側がφ50mmだったので径が合いません。
普通ワーゲンならコネクターパイプを使い60→50に出来るのですが、固定する場所が無くブラついてしまいますので、ちょっと加工をしました。
ヒートエクスチェンジャー交換 インターメカニカ
左右ともバッチリ交換できました。
果たして、ヒーター効くかな?かなり不安でした。
が、どうしたことでしょう!めちゃくちゃ温かいではないですか!
いや、10年前に乗ってたカルマンのほうが温かいような気がするけど、以前とはくらべものになりません。
エンジンをかけてから、15分ほどで、室内はぬくぬくです。
運転中は上着が必要なくなりました。
年齢とともに、冬場は乗る機会が減ってきていましたが、これならちょくちょく仕事でも乗って行けそうです。嬉しいなぁ〜♪

岡山深山公園一日ワーゲン博物館[カルマンギア]

深山公園 カルマンギア 角テール VW 空冷ワーゲン

例年、この時期が来ると、暑い暑い岡山でのイベントがやってきます。
猛暑を通りこして酷暑。バテバテになりながらの1日過ごすのです。


でも、今年は違ってました!!爽やかな風が吹き、木陰にいるとまるで避暑地?ってくらい気持ちのいい1日でした。汗もほとんどかくことなく奇跡のような岡山でした(笑)


深山公園 カルマンギア 角テール VW 空冷ワーゲン

朝、7時50分。ちょっと早すぎました、まだ誰も来ていませんでした。あと1時間は誰も来ないかなぁ〜と思いながら木陰で一休み。


深山公園 カルマンギア 角テール VW 空冷ワーゲン

今回は高年式カルマンが来てくれました。新旧メタリックペイントの競演です!やっぱり細かなディテールを比較してしまいますね(笑) 

深山公園 カルマンギア 角テール VW 空冷ワーゲン



深山公園 カルマンギア 角テール VW 空冷ワーゲン

シングルナンバーのタイプ3が2台。いつも大切にされています。


深山公園 カルマンギア 角テール VW 空冷ワーゲン

いつの間にか20台近く集まったかな?


深山公園 カルマンギア 角テール VW 空冷ワーゲン

私のカルマンはクーラーが冷え冷えなので、道中は快適でした(笑)

さぁ!次は京都のイベントですかね!!

恒例!春のオイル交換

ポルシェ356 インターメカニカ カルマンギア オイル交換

 毎年3月がオイル交換の時期として恒例となってしまっています・・・。
アマリーのオイル交換時期は年1回でいいとの師匠の言葉で、ラクさせてもらっていました。


 ポルシェ356 インターメカニカ カルマンギア オイル交換

で、最近インターメカニカオーナーさんに人気のオイルを試してみることにしました。
その名も ブラッドペン!!!
もちろん、旧車に優しい、ペンシルバニア産の鉱物油から精製された、とてもいいオイルです。


ポルシェ356 インターメカニカ カルマンギア オイル交換


たまたま近所のミニ屋さんが取扱い代理店なので4本だけあったので全部買ってみました。決して安くはありません。


ポルシェ356 インターメカニカ カルマンギア オイル交換

ジャッキアップしてみると・・・・


ポルシェ356 インターメカニカ カルマンギア オイル交換

左右とも後輪タイヤが摩耗しているではないっすか!!!
私の356はリアはネガキャンでカッコいんですよ!
でも本当は前後ともホイルを中に入れて、ナロートレッドにしたいのです。
クラシックスタイルが好きなので、いずれは細いホイルにします。

ポルシェ356 インターメカニカ カルマンギア オイル交換


今回は年1回の茶こしの清掃とガスケットも交換。

ポルシェ356 インターメカニカ カルマンギア オイル交換

ピッタリはめてオイル漏れもなし!これで完了!


ポルシェ356 インターメカニカ カルマンギア オイル交換

カルマンは馬をかけずに、ジャッキアップだけしてオイル交換。

ポルシェ356 インターメカニカ カルマンギア オイル交換

ついでに、オイラーでオイルを注してドアもスムーズに。


早速、356で海岸線を走ってきました。
エンジンのフィーリングが少し軽くなったような印象です。

友人の356は全然違ったとブラッドペンを大絶賛してましたが、アマリーからの交換なのでそんなに違わないのかな?
でも軽くなりましたよ!
天気は良かったけど、風が冷たく寒かった〜・・・。

ワイパー交換 カルマンギア

 お久しぶりです!春が近いので再開します(笑)


 以前のブログで、せっかく角テール用のワイパーを手に入れたのに、取付け中に金属疲労で折れてしまったとご報告しておりました。車検を通すためにとりあえず取り付けておいたものがこれ。


カルマンギア 角テール ワイパー交換
ナビサイド用のワイパーは角用。シルバーを自分で吹いています。


カルマンギア 角テール ワイパー交換
ドライバーサイドは高年式用と思われます。




先日某有名ショップにカルマン用のワイパーアームとブレードが入荷したとの情報をキャッチ!!値段を見ると2本セットで約2万円!


 NOSを考えればリプロは安くてえんですが、この円高なのでちょっとでも安く買えないかなぁと物色しましたところ、174ドルで約14000円。リプロならどちらも同じだろうと個人輸入しました。
5日ほどでUSAから届きました。それがこれだ!


カルマンギア 角テール ワイパー交換

左右同じ形でOKなんでしょうか?片方のベース部分にちょっとキズがいってます、、、



あとは外して取り付けるだけです。


カルマンギア 角テール ワイパー交換


カルマンギア 角テール ワイパー交換


興味のない人にはワイパーなんて拭けたらいいだけの話ですね(笑)


カルマンギア 角テール ワイパー交換


でも交換してちょっと気分がいいのは私とカルマンの2人♪
ちょっとドライブへ出かけてきます!!


カルマンギア 角テール ワイパー交換

資材置き場のトタンがエラいことになってますよね。たぶん、いつもここで息子がサッカーボールを蹴って練習しているので、あのような状態になったと想像します。代わって謝ります。ごめんなさい。本当は最下部のコンクリート部分にボールを当てたいだけなんです。
 



カルマンギアにもiPod touch!

 先日、我がインターメカニカに搭載されたBlaupunkt&iPod touch!とてもかっこいいです!ただ、やはりシガーライターから電源を取ると、オルタネーターのノイズがどうしても気になります。まぁFRPボディの弱点であります、アースをもっとしっかり取ればいいのかもしれません。あるいはシガーライターソケットをラジオから離れたところに増設するのもいいかもしれません。こちらは電装屋さんと相談しながら考えていこうと思います。


オーディオ交換 ブラウプンクト西ドイツ製ラジオ with iPod-touch インターメカニカ

 一方、普段の足でありますフィアットパンダのオーディオはiPod対応なので快適です。エンジンオンで自動的に再生が始まり、オフで自動的に止まり、iPodの電源も待機状態になります。最新のオーディオはいいですね〜。


 そこで、カルマンはどうしようかな?と考えました。最新のiPod対応オーディオは1万円台でも売っていますので、古いアルパインのオーディオと交換するのもひとつの手だとおもいましたが、古いオーディオのAUX端子につなげば問題ないってことなので、後者に挑戦してみました。


 ところがアルパインのオーディオにはAUX端子がありません。その代わりAi-NET端子という変わった端子が付いています。この端子に接続すればどうやらAUXの機能を追加できるということを知りました。

カルマンギア iPod AUX アルパイン
※ネットから拝借しました。すみません。


 ここでまとめです。まずAi-NET端子に接続できて、なおかつシガーライターから電源を取るのではなく、ACC電源から電源を取れば、比較的快適にオーディオ生活ができるのでは?と考えたのです。(このような考えをするとたいがい、最新のオーディオに買い替えとけばよかったという結果になりがちです)


 そこでネットでいろいろ探してみました。やはりあるんですね。こんなのが!

カルマンギア iPod AUX アルパイン

Ai-NET端子→ピンジャック(赤白)→電源&iPod です。2780円也!オーディオを買い換えるより安いということでこれにしました。


 カルマンギア iPod AUX アルパイン

接続はとても簡単です。


カルマンギア iPod AUX アルパイン
※え?ケーブルのすき間から隙間風が気になります?クルマ全体が隙間風だらけなので気になりません(笑)



ただ、エンジンをオフにしても、iPodは再生を続けております。もちろん再生中は充電をしていていいのですが、、、これさえクリアできたらもっと満足できたのになぁ〜。
やっぱりiPod対応製品に買い換えようかなぁ〜なんて思っちゃいますね。

Kdf of Japan 岡山 深山公園 VWミーティング

 暑さとの闘い!!また猛暑岡山のイベントがやってきましたね。

角テール カルマンギア 深山公園 Kdf 岡山

今年は、高速道路1000円が終わっちゃったんで、四国勢の参加が少なくて、ちょっと残念やなぁ〜って感じでしたが、例年通りの台数が集まりました。

角テール カルマンギア 深山公園 Kdf 岡山

ここのイベントの特徴は高年式のビートルが多いなぁと感じます。70年代以降のノーマルビートルが多く、さらにはシングルナンバーの参加率が高いなぁと感心します。

角テール カルマンギア 深山公園 Kdf 岡山


角テール カルマンギア 深山公園 Kdf 岡山

こちらはコンバチ2台。

角テール カルマンギア 深山公園 Kdf 岡山


角テール カルマンギア 深山公園 Kdf 岡山

今回はカルマンは私1人だけでした。

角テール カルマンギア 深山公園 Kdf 岡山

せっかくのクーラーなのに、ガスがすぐに抜けてしまい、効きません。要修理です。


高年式ビートルが多い中で、静岡から参加されたSさんのオーバルは輝いていました!

角テール カルマンギア 深山公園 Kdf 岡山

スタンドエンジン、しびれます!!

角テール カルマンギア 深山公園 Kdf 岡山

ハートテールもいいね!


角テール カルマンギア 深山公園 Kdf 岡山

お久しぶりのM田さんの66ヤナセバス。
Type-2は香川から2台が参加です。


こんなクルマも遊びに来てくれました!!

角テール カルマンギア 深山公園 Kdf 岡山

プリンスグロリアです。縦目のグロリアが有名ですが、これはその1つ前のモデル。
1967年式で、ニッサンとプリンスが合併した直後のモデルなので、エンブレムもダブルネームになっている希少モデルです。


角テール カルマンギア 深山公園 Kdf 岡山

タイヤが凄いです!!
13インチです!!
ワーゲンの15インチの80でも少ないというのに、13インチの95ですよ!!!95!!

角テール カルマンギア 深山公園 Kdf 岡山

当然こんなタイヤは入手困難で、バン用のタイヤを履いています。


角テール カルマンギア 深山公園 Kdf 岡山

ということで、今年も暑い暑い岡山深山公園のVWミーティングが終了しました。
また来年お会いする約束をして、途中までみんなでツーリングして解散です。
それにしても本当にカルマンはカッコイイですね!!!

第3回 VWキャプイン若杉

 角テール カルマンギアキャンプイン若杉 戸倉峠

早くも第3回目の播州組のキャンプミーティングです。ちなみに姫路を中心とした地域を播州(ばんしゅう)と呼びます。昔は播種の国と呼ばれていたゆえんです。
そんな姫路近辺の若者たちが企画してくれたキャンプイベントに今回はカルマンで参加してきました。前回は356で参加。



角テール カルマンギアキャンプイン若杉 戸倉峠

朝9時15分に姫路バイパス姫路西SAにて待機。ぞくぞくと集まってくる。


角テール カルマンギアキャンプイン若杉 戸倉峠

今回もGoちゃんには幹事でお世話になりました。(犬の飼い主)


角テール カルマンギアキャンプイン若杉 戸倉峠

国道29号線をひたすら北上すること約2時間くらいかな??高原への入り口に入ります。

角テール カルマンギアキャンプイン若杉 戸倉峠

通常ならカルマンでキャンプに参加する方は少ないでしょう。でも意外と荷物載りますし、いつかはカルマンでソロキャンプをすることを夢見ております。。。


角テール カルマンギアキャンプイン若杉 戸倉峠

キャンプ場到着!
白〜茶系統のカラーが目立つ。手前は有名なカパンナ号。


角テール カルマンギアキャンプイン若杉 戸倉峠

ほとんど貸切に近い状態でした。


角テール カルマンギアキャンプイン若杉 戸倉峠

翌日、テントを撤収したあとの写真です。。。すみませ〜ん。
昨夜の宴会写真もありません。。。


角テール カルマンギアキャンプイン若杉 戸倉峠

最後はスカイ割りをして終了。


角テール カルマンギアキャンプイン若杉 戸倉峠

角テール カルマンギアキャンプイン若杉 戸倉峠

楽しかったですが、こちらの楽しさは伝わりましたでしょうか??(笑)
早く来年来ないかな??(笑)

オリジナルワイパーアームに交換 [カルマンギア]

 以前から高年式のワイパーアームがとても気になっていたので、角テール用のワイパーアームに交換しました。


 カルマンギア 角テール ワイパーアーム交換

手前が高年式用。奥の2本が角テール用です。これが見つかりそうで見つからないパーツなんですね。でも数ヶ月前にthesamba.comで手に入れていたのです。写真うつりはとてもきれいですが、実際はかなりヤレテいます。


カルマンギア 角テール ワイパーアーム交換

そして、先日eBayで落札した低年式用のアームに合う、ワイパーブレード一式を手に入れました。もともと付いていたものより長く30cmあります。


 カルマンギア 角テール ワイパーアーム交換

 交換前


カルマンギア 角テール ワイパーアーム交換

交換後

どうですか?とても良くなったでしょ?
え?ほとんど見栄えはかわらないってかぁ??
確かに。自己満足ですね(笑)


 カルマンギア 角テール ワイパーアーム交換

 カルマンも少しばかり嬉しそうにも見えたります(笑)
ところが、どうも運転席側のアームがダメです。フロントスクリーンへの押し付けがイマイチ弱いですね。でもテストではちゃんと拭き取ってました。

 よせばいいのに、アームを外し、少し手曲げ加工して、再度取り付けました。
9mmのラチェットで最後の増し締めをしたところで・・・ボキッ!!


 あ!



カルマンギア 角テール ワイパーアーム交換

 やはり50年経過すると金属疲労も起こしているんだなぁ〜と泣きながら写真を撮りました。


カルマンギア 角テール ワイパーアーム交換

少しばかり寂しそうなカルマンです。
またワイパーアーム探します。

3rd VW Meeting Come on Shimanto 四万十川キャンプミーティング [カルマンギア]

 やっぱりどうしても降るのかぁ〜・・・

角テール カルマンギアキャンプ 四万十川 高知 カモン

今回もGW唯一のVWイベントである第3回カモン四万十に行って来ました!!主催者のKAZUさんをはじめ、たくさんの方にお世話になり、楽しい3日間でした。ということで今回は初心に戻り2泊3日としました!!


角テール カルマンギアキャンプ 四万十川 高知 カモン

つい先日までカルマンの調子がよろしくなかったので356キャンプスターで行こうとも考えましたが、ようやく調子を取り戻した積載能力が格段にいいカルマンでの参加となりました。

角テール カルマンギアキャンプ 四万十川 高知 カモン

第1回、第2回とせっかく高知へ行ったのに、うまいカツオにありつけていなかったので、なんとか本場のカツオを食いたいなぁと考えておりました。また高知人は”ぬた”なるものをブリの刺身に付けて食べるらしく、ぬたにもありつけたらなぁと考えておりました。


そのうちカツオは須崎市内で食べることが出来ました。

角テール カルマンギアキャンプ 四万十川 高知 カモン

土佐丼950円 味はまぁまぁ。

角テール カルマンギアキャンプ 四万十川 高知 カモン

ワラ焼きのたたきをその場でいただく。

角テール カルマンギアキャンプ 四万十川 高知 カモン

1人前500円でしたが、これはいけました!

いつもは連休で渋滞となる四国ですぐが5月2日は平日なので、渋滞も無くスイスイと走れました。四万十町内の道の駅で、見知らぬ人に「マクレーンさんですか?」と声をかえられびっくり!!なにやらブログの読者様で、ご自身も愛媛で角テールに乗っていらっしゃるそうです。そういえば、以前も琵琶湖近辺で知らない人に声をかけられました!
インターネットの力は凄いです(笑)

そうこうしているうちに3時過ぎに到着!誰もいません。今回も一番乗りです(笑)

角テール カルマンギアキャンプ 四万十川 高知 カモン

その後、謎のリチャードさん夫妻も来られました。今回こちらのイケイケ夫婦(失礼)に大変お世話になりました。

角テール カルマンギアキャンプ 四万十川 高知 カモン


写真はないのですが、夜が更けてから67Camperさんやお初のJampapaさん、そして3回目の参加にして初めてVW車で参加されたRUNさん。
バナゴンのウエスティでした。

角テール カルマンギアキャンプ 四万十川 高知 カモン



その後、夜中の2時近くまで、フォークソングやビートルズの弾き語りで前夜祭は盛り上がり就寝しました。

翌日はイベント本番です。


角テール カルマンギアキャンプ 四万十川 高知 カモン

角テール カルマンギアキャンプ 四万十川 高知 カモン

角テール カルマンギアキャンプ 四万十川 高知 カモン


角テール カルマンギアキャンプ 四万十川 高知 カモン

20台くらいは集まっただろうか・・・
地元兵庫のご近所さんなんかも来てたりして盛り上がってはいたのですが、前夜祭の疲れで私は午後からテントの中で数時間眠ってしまっていました。起きた頃にはイベントも終了していました・・・汗


そして2泊目の夜は、第1回目に引き続き本格的な雨です・・・。
そんな中、昼間にダッチオーブンでピザを焼いてご馳走してくれたリチャードさんが宴を盛り上げてくれました。

角テール カルマンギアキャンプ 四万十川 高知 カモン

キャンプもベテランでして、道具から食材から本格的です。大雨の中、雨でも全然平気なタープでみなさんをもてなしてくださいました。本当にリチャードさん夫婦にはお世話になりましてありがとうございました。

写真はありませんが、オレンジキャンパーのI先生とリチャードさんとの絡みは本当におもしろかったなぁ〜。リチャード改めリピートさんと呼びたくなるくらいリピってましたよ(笑)

より仲良くなれるキャンプイベントはほんまに好きやわぁ〜!!
またみなさんとキャンプで絡みたいです!!



ということで、毎度の面子の面々をご紹介します。

角テール カルマンギアキャンプ 四万十川 高知 カモン

主催者KAZUさんのオーバル。お金をかけただけあってキレイでした(笑)
WCCのシートはやはり素晴らしいなぁ〜!!


角テール カルマンギアキャンプ 四万十川 高知 カモン

67Camperさん。このスタイルは素晴らしいですね。「356売ってバスにしぃな」なんて言われてしまい、瞬間その気になったもんです。そしてギターの名手!ビートルズセッションありがとうございました!

角テール カルマンギアキャンプ 四万十川 高知 カモン

このブログに毎回レスしづらいコメントをくれるJunさんの極上スタンダードバス。

角テール カルマンギアキャンプ 四万十川 高知 カモン

前夜祭では日本酒をごちそうになったOさん。ご丁寧な挨拶ありがとうございました。隠しだまの360ミニカも所有なされていらっしゃいます。

角テール カルマンギアキャンプ 四万十川 高知 カモン

奈良からお越しの59赤カブさん。今回も旅をされていらっしゃいました。うらやましい!!

角テール カルマンギアキャンプ 四万十川 高知 カモン

kubocchiの極上03。湘南ナンバーでイエロー!



3日目の朝は、雨も上がり爽やかでしたが、雨上がりの片付けってなかなか嫌なもんですね。

角テール カルマンギアキャンプ 四万十川 高知 カモン

オレンジキャンパーさん写ってました(笑)


角テール カルマンギアキャンプ 四万十川 高知 カモン


朝10時にこいのぼり公園を後にしました。

途中瀬戸中央道のPAで休憩していると、セルが回りませ〜ん・・ここまで来てトラブルかいな!!!

角テール カルマンギアキャンプ 四万十川 高知 カモン

配線やヒューズを確認したものの、異常なし!
仕方ないので一人押しがけ!こういうとき軽いクルマは押しがけが楽チンでいいですね!
このままノンストップで帰宅しました。


もう1回スターターモーターの確認をしようと思い、念のためJAFを呼んでおきました。
やはりGWなので1時間ほどかかるそうです。その間にキャンプの荷物を降ろしたり、車の洗ったりしていて、何気にセルを回してみると、普通にエンジンがかかりました。。。

またいつもの自然治癒かぁ〜。その数分後にJAFが現われ「ピカピカですね〜」と一言放ち、伝票を切ってさっさと去って行きました。
念のため、またスターターのチェックだけしときたいと思います。


帰ってきたら、インターメカニカ第19回ミーティングの案内ハガキが・・
やはりバスへの道のりはまだまだだと感じました・・・すみません。

バグズアップ 岡山県笠岡ふれあい空港 [カルマンギア]

オイルにガソリンが混入するトラブルが続いておりましたが、キャブのオーバーホールをしたあともやはり混入しているよう様でしたので、再度入院をさせ2日前に退院した我がカルマン。2日間様子を見ましたが混入は認められませんでしたので、思い切ってカルマンで出撃!!(実は356は点検のため入院中なのでカルマンしかない)

 

前日深夜2時まで西宮で遊んでいたので、朝5時出発には間に合わんかなぁと思いましたが、ちゃんと自宅を朝4時過ぎに出発し、待ち合わせの山陽自動車道龍野SAに到着!!


すでに、前夜祭がこの場で開催されていたそうです。極寒の中お疲れ様でした。
というように、また冬に逆戻りしたような寒さです!!
前日雨が降りましたので、快晴を期待しましたが・・・・


カルマギア 角テール 笠岡 バグズアップ

今回はいつもメルセデスで参加されるMさんが、久々にワーゲンで参加!今回は’49のスプリットです。凄いですね〜!!戦後4年経った代物ですから。

カルマギア 角テール 笠岡 バグズアップ

カルマギア 角テール 笠岡 バグズアップ

やはりこの年代(私のカルマンも含みますが)はスタンドエンジンですね〜!めっちゃキレイです!!芸術です!
でも残念なことにMさん、ハーレー用タイヤを履いて参加しましたが、途中パンクです。中のチューブがオーバーサイズらしい。早々と退散してしまいました。

私は休憩のたび、オイルレベルを確認。
ガソリンが混入していないか確認しながらの走行でした。その結果問題は起こりませんでした。


カルマギア 角テール 笠岡 バグズアップ

さて、現地の天気は晴れていましたが、風がきつくさらに気温が低いので真冬のようです。ほんまに寒かった・・・空港なので風が吹き注ぎ、車内以外は逃げ場がありません。
途中雨も降ったし、本当にツライ気候でした。風がなければよかったのに・・

カルマギア 角テール 笠岡 バグズアップ

今回は播州ワーゲン軍団を中心とした磨き隊のみなさんと一緒に参加させてもらいました。


カルマギア 角テール 笠岡 バグズアップ

メインイベントは0-200Mのドラッグレースです。
かなーり速いクルマもいれば、どノーマルもいて楽しめましたよ!

ドラッグレースの隣ではショーカーも開催!
我々は参加費3000円を支払ってこちらに参加させてもらいました。

カルマギア 角テール 笠岡 バグズアップ

ざっと100台くらい集まったらしいです。
前半は頑張って車を見て回りましたが、雨が降り出してからは、車内で仮眠。てかほぼ爆睡でした・・・。

そんな中、個人的に気になるクルマはこれだ!1   2   3 (ワン・ツー・スリー)

カルマギア 角テール 笠岡 バグズアップ

雰囲気のいい66カルマン。ダッシュにモールが付く唯一の年式!!
しかも私が欲しい、角テール用トリップ付きキロ表示スピードメーターが付いていました!!
『5万円で譲って!』とオーナーさんに言いましたが、ふたつ返事で却下です。
オーナーさん、66用のトリップ付きメーター探しますので、見つけたら交換お願いしますね(笑)

カルマギア 角テール 笠岡 バグズアップ

スクエアウィンドウですが、ビンテージ度ムンムンです。
こんなの普段乗りにしたいけどなぁ。


カルマギア 角テール 笠岡 バグズアップ

低い!デコレーションも凄い!

カルマギア 角テール 笠岡 バグズアップ

高知のAさんのカフェオーレ。寒さのあまりいつの間にか退散していたようです。
四万十でお会いしましょう!

カルマギア 角テール 笠岡 バグズアップ

香川の常連さん?雨降ってても屋根はほったらかしだった!カッコイイ!

カルマギア 角テール 笠岡 バグズアップ

ダルマンギア!今日のベスト達磨ンです!



イベント途中でしたが、帰路へ。

カルマギア 角テール 笠岡 バグズアップ

カルマギア 角テール 笠岡 バグズアップ

カルマギア 角テール 笠岡 バグズアップ

カルマギア 角テール 笠岡 バグズアップ

山陽自動車道龍野SAで解散です。
眠くて寒くて・・・






3rd.VW Meetinng Come on Shimanto! 四万十川キャンプのお知らせ

 早いですね〜!もう1年かぁ・・・

今年もやってきました!恒例?の高知県四万十川でのフォルクスワーゲンキャンプミーティングです。もう3回目なんですね。私も早くクルマを直さないと参加できませんがな・・。


四万十 カモンSHIMANTO キャンプ

こいのぼり公園 四万十川 VW 空冷 高知 イベント しまなみ街道 ポルシェ356
第1回目(キャンプ初挑戦で大雨)

カルマンギア キャンプ 四万十
第2回目(ホイルキャップよいずこへ!)


ゴールデンウィークは今年も四万十へGo!!!

カルマンギア ドアストラップ完成!

 大げさではありますが、ようやく長年の夢が叶いました。

カルマンギア 角テール ドアストラップ

思い返せば、過去に乗った角テールには今までこのパーツが付いていたことはありません。欠品パーツの大御所のひとつだと思います。
似たような素材を使って作ることは簡単ですが、やはりオリジナルパーツは雰囲気がいい!


カルマンギア 角テール ドアストラップ

これが無ければドアが閉まらないということは決してありません。逆に無くても問題ないパーツでもあります。しかしありそうでなかなか手に入らないパーツだからこそ、頑張って探しました。


まずは、ボロボロのパーツを見つけ、しばらくしてからリクロームされた両サイドの金具を見つけここまでで数年と数万円かかってしまいました。


あとは地元の自動車内装屋さんと言えば、『黒田商会』と言われるほどのエキスパートに縫製&取り付けをお願いしました。ついでにはずれかけていた助手席のアームレストと外れてしまっていた助手席のドア下のモールもがっちりと取り付けてもらいました。

カルマンギア 角テール ドアストラップ

ついでにドア内の掃除もしてもらって〆て10,500円です。
黒田商会さん、安すぎませんか?でもありがとうございました。これで内装がグレードアップされたような気分です。

12月のエンジンブロー事件の詳細写真

 昨年12月、静岡で行われるティーブレイクに参加するために、調子こいて新名神高速道路をかっ飛ばしていたところ、エンジンルームからオイルを拭いて、完全にエンジンブローしてしまいました。今はNewブラジルエンジンに載せ替えております。


当時、エンジンルームがオイルで真っ黒だったためどこからオイルが吹いたのかがわかりませんでしたが、載せ替えでお世話になったフラットフォーさんから写真を送っていただきました。


カルマンギア 角テール エンジン載せ替え

完全にブロックが割れてしまっています。

カルマンギア 角テール エンジン載せ替え

う〜ん・・・なってこった!パンナコッタ!!


カルマンギア 角テール エンジン載せ替え

痛々しいです!壊れる前は非常に調子よく回るエンジンでしたので、とても残念に思います。しかしある方は、調子ええエンジンと壊れるエンジンは紙一重ともいいます。


カルマンギア 角テール エンジン載せ替え

はっきりした原因は不明ですが、もしかしたらガソリンがオイルパンに回って冷却が出来なくなったのかもしれません。オイル管理には気をつけているつもりでしたが、長距離のときはとくにオイルレベルやガソリン混入に気をつけながら走行したいと思います。

カルマンギア 角テール エンジン載せ替え

無事に復活したエンジン。オイルのシミが付いたエンジンルームのファイヤーウォールのボードも交換して欲しかったなぁ〜。また今度エンジンを下ろすときにでも・・・

しかし、本調子までに数々の苦難がまっていました。

運転席ドアストラップ完成その1 [カルマンギア]

 角テールカルマンの運転席側に付くストラップが欠品したままで、探して2年・・・ようやく昨年末パーツをそろいました。そしてそれから内装屋さんにオーダーするまでになぜか3ヶ月。まぁカルマンがなかなか本調子でなかったからですけど・・・。


今入院中で取り付けをやってるところですが、完成した実物を見せてもらいました。さすが内装屋さんというだけあって完成度高いです!アルミの板に生地を巻いているそうなので長持ちしそうな予感です。


カルマンギア 角テール 運転席 ドアストラップ

カルマンギア 角テール 運転席 ドアストラップ

カルマンギア 角テール 運転席 ドアストラップ

ほんの小さなパーツではありますが、これがあるのと無いのとではやはり、雰囲気も違ってくるように思います。
あ〜!このパーツだけで、いくら使っただろうか・・・(笑)
無くても困らないけどあったほうがいいですからね!


今週早々には戻ってきます。
あとは、50年前の残骸からかたどって作った助手席側のアームレスト。こちらも取り付けが甘くて最初から外れかけてたのも直してもらいます。また助手席ドア下部のモールも外れてひん曲がってしまってたのもついでに直してもらいます。


出来上がりはまた写真でお知らせします。



キャブオーバーホールで間もなく再デビュー [カルマンギア]

 今日、仕事のついでにカルマンの様子を見てきました。
キャブレターは2機ともオーバーホールされ、間もなくボルトオンとなります。


カルマンギア 角テール キャブレター オーバーホール カドロン


カルマンギア 角テール キャブレター オーバーホール カドロン

カルマンギア 角テール キャブレター オーバーホール カドロン

事故する前までは、毎日仕事の足として営業車に使えるしカネのかからないいい車だと思っていましたが、なんか結構カネかかってしまってます。

でもやめられない止まらない・・・これは幸せというのか、それともドツボというのか、きっと紙一重なんやろなぁ〜。

カルマンギアガソリン漏れで再入院

 先日、ガソリンポンプを交換して、無事ガソリン漏れから復帰したと思われた我がカルマン。量は減りましたが、やはりオイルパンに少しずつガソリンが混入しているようです。オイルレベルを確認しましたが1日に1mm程度レベルが上がっています。


カルマンギア 角テール ガソリン漏れ オイルパン ガソリン混入

 ん~、やっぱりガソリンポンプでは無く、まだ確定したわけではないですが当初予想していたキャブレターに問題があるようです。
キャブレターをオーバーホールしてもらうことにしました。。。。
エンジンかけるとすこぶる調子がよくて、病に冒されているクルマには見えないので、とても残念ですわぁ。


 というわけで積車に乗って連れられていきました。
12月に社会復帰してから、なかなかまともに乗れないですが、暖かくなる春までに直って欲しいなぁ~。。。

カルマンギア 角テール ガソリン漏れ オイルパン ガソリン混入

キャブの不調で入院・・・カルマンギア

 今日、入院させました。

カルマギア 角テール キャブ ガソリン オイル 混入


キャブからガソリンが混入して、オイルレベルゲージでオイルの量を確認すると、エライぎょうさんガソリンが混入してしまっています。
通常は機械式の燃料ポンプであればこんなにガソリンは混入しないそうです。
しかも1ヶ月ほど動かしていないのに・・・え?動かしていないから?


キャブは変えてから1年チョット、エンジンは載せ替えてから2ヶ月しか経ってないのに、なかなかまともに動かせません。これは私自身の問題か?厄は済んだけど、おはらい(お祓い)も検討してみます。

カルマギア 角テール キャブ ガソリン オイル 混入

問題の箇所は、ブローバイガスが出てくるホースです。
ここから大量にジャバジャバとガソリン混入オイルが噴出します。


カルマギア 角テール キャブ ガソリン オイル 混入


チェックバルブの不良だけならいいけど・・・
早く治って欲しいなぁ〜。


カルマギア 角テール キャブ ガソリン オイル 混入

ハァ〜。



バッテリー上がり [カルマンギア]

 1ヶ月ほど乗っていなかったので、エンジンをかけてみると・・・かからない。
セルが死にそうなくらいか弱く回るが・・・。
これは完全にバッテー上がりです。


ガレージに入れているので、他のクルマをバッテリーをつなぐことも出来ないから、早速JAFにお願いしました。いつもなら軽く1時間は待つけど、たまたま近くにいたらしく10分で来てくれました!


バッテリーをつないでみると、あっけなくかかりました!
ここまでは普通です。


しかし、ちょっとアクセルを吹かせてみると、何やらエンジンの下から液体がドボドボと湯水のごとくこぼれてくるではないですか!!


エンジンオイルにしてはちょっと粘度が足らないし、水にしてはおかしい!
その上、ガソリンの臭いも少しするではないですか!!??
いったいどうゆうこと??ガレージが出して明るいところで確認。

カルマギア 角テール キャブ ガソリン オイル 混入
↑すごい潮吹きです。

本当にジャバジャバとこぼれてきました。しかいアイドリングのときは止まります。
アクセルを吹かしたときだけジャバジャバです。


JAFのおじさんもチンプンカンプンで、先輩に電話して聞いていました(笑)
私もこれはあまりにもおかしいので、近所の主治医に電話して聞いてみました。
すると、キャブからガソリンがオイルパンのところへ回っているそうです。
すぐにエンジンを止めないと焼きつきと聞いてビビりまくりました。

カルマギア 角テール キャブ ガソリン オイル 混入

JAFもお手上げで帰りました・・・。トホホ。
やはりツイテいないな、今年も。

運転席ドアストラップパーツ入手 [カルマンギア]

角テールのカルマンにはオリジナルではアームレストは助手席側にしか付かなくて、運転席側にはご覧の通りストラップが取り付けられています。

カルマンギア キャンプ 琵琶湖 ヴィンテージ VW

私のカルマンにはこのストラップも何も付いていません。そこで内装屋の友人に頼んでみたとこ、両サイドに付く金具と同じものは無いと言われました。
カルマン仲間に聞くと、レアパーツで入手困難だと知りました。


私はどこにでもあるものなのかなぁと思い込んでいましたので結構ショックでした。友人には別の金具を勧められましたが、オリジナルにこだわる私は、なかば諦めながらいつか手に入れたいと願い、待っていました。
あれから1年が経過し、ようやく先日見つけました。

カルマンギア 角テール ドア アームレスト ストラップ

SAMBAとeBayで見つけたのです。さすがアメリカですね!!
というかインターネットは凄いですね!
世界中から個人輸入できるのですから!いい時代です。

カルマンギア 角テール ドア アームレスト ストラップ

最初はSAMBAで金具だけを見つけました。リクロームしてあって新品のようにキレイです。
これだけでもなんとかなるのかなぁと思っていた矢先に、eBayで一式が出品されていましたので落札しました。

カルマンギア 角テール ドア アームレスト ストラップ

これでようやく、ドアまわりの雰囲気が良くなります!

キンツレ(KIENZLE)アッシュトレーウォッチ![カルマンギア]

 いつか、安ければ手に入れたい!(安いわけないですが)と思っていたキンツレの灰皿が手に入りましたので早速インストール!




 
キンツレ社は1822年ドイツ南部のシュヴェニンゲンにて設立された、ユンハンス、ウルゴスと並びヨーロッパを代表する最も歴史ある時計(クロック)メーカーのひとつです。
精度の高さ、信頼性、堅牢性など世界で高い評価を得ています。
戦前では刃物はゾーリンゲン、目覚まし時計はキンツレと言われていたあこがれの逸品ブランドです。


ご存知カルマンギアにはビートルと違い、1966年式まではスピードメーターの右側に時計が標準で取り付けられています。
その後も時計が標準で付いています。その時計のメーカーがキンツレ社なのです。


ですが、私のクルマは電装系を6Vから12Vに変えてありますので、6Vで動く時計は不動のままでした。そこで時計のあった場所にタコメーターを付けたのです。


タコメーターを付けると、今度は時計が欲しくなり、それまではみなさんがよく使っている冷蔵庫などに磁石でくっつけるキッチン用の赤いクオーツ時計を付けていました。1000円もしないのでコストパフォーマンスが高かったです(笑)

カルマンギア ラジオ ブラウプンクト Blaupunkt

ですが、やはり見た目もイマイチでしたし、安っぽいので、なんとか手に入らないかと探していました。一度アメリカのeBayオークションで見つけたのですが、価格が約50万円もしたので断念。それから数ヶ月!ようやく3万円程度で手に入るのを見つけました。
オリジナル重視の方には邪道だと言われるでしょうが、雰囲気はいくぶん良くなったかも!(笑)


1日入院 [カルマンギア]

 無事に京都から帰宅した、カルマンですがどうもエンジンが本調子ではないので
近所の主治医に預けてることに。


 翌日(一昨日)戻ってきました。
原因は3番の点火プラグが死んでいました。
過去にもプラグに悩まされたことを思い出しましたよ。


またもやたかがプラグ、されどプラグですね。
インターメカニカジャパン、ウルフブルグ商会の故堀井氏がよく言ってました。
「新品やからと言って信用したらアカンぞ!」と。


当時、私の356が、エンジンの調子が悪くプラグを何度も交換したことがあります。
その中で、ボッシュの新品に変えてみたが、イマイチだったことがありました。
そのときに発した堀井さんの言葉がそれだったのです。
同じ品番で別のボッシュの新品プラグを付け替えると、見事復調しました!


まさしく今回もそうだったのかなぁと思いました。
今日30分ほどドライブしてみましたが、なかなか気持ちよく運転できました。
しばらくまた様子を見てみようと思います。

Newエンジンで復活! [カルマンギア]

 トラブルから約1ヶ月。
いくつもの苦難を乗り越え(少々オーバーか?)ついに我が家に帰ってきたのが一昨日です。


結局、2007年から信頼性を増したと言われるブラジル製ストックエンジンを載せることにしました。
それまでは1641ccのハイカム仕様で、高速でもぶっちぎりの速さを見せ付けておりましたが
年齢をわきまえておとなしく、そして末永く乗ることに決めました。


遠距離ツーリングの場合は、チューンドエンジンよりも、ノーマルエンジンのほうがいいとのショップからのアドバイスもあったのと、信頼のおけるメカニックさんからのお墨付きもあり、ブラジリアンNewエンジンの道を選んだわけです。


久々の対面に興奮を隠し切れず、電車で京都に向かい、また駅からは徒歩でショップへと向かいました。
おっと!葉子がおるではないかい!!





エンジンルームをのぞくと、以前と変わらぬたたずまい。


まぁ補機類やキャブなどは引き継いでいるので当たり前ではあるのですが・・・
エンジンをかけて音を聞いてみると、なんだか普通です(笑)
会計を済まし、走行チェックを兼ねて京都〜姫路までランデブーです。


今回お世話になった担当の寺町さんとツーショットをして帰ることに。



自宅に帰れるということで嬉しそうな後姿。凛々しいです(笑)


今回はエンジン以外にも、クラッチペダルが軽くなるというパーツ(なんだっけ?)もつけてもらいましたので、エラい軽くなりました!


早速ドライブです。今までのような加速感は感じられないけど
なんとなく安堵感と重厚感のある走りを見せてくれます。
京都市内を走り、そして高速道路に乗り、3000回転前後でクルージング。
しかーし!雨が降ってきた・・どこまでも雨に好かれるオレです。


決して速くはないけど、久々のドライブにも心がはずみます!!
京都を抜け大阪に入り、そして兵庫に。あと1時間くらい走れば帰宅です。
しかし、西宮SA手前の上り坂で、だんだんパワーが失われていく・・・。
このまま止まってしまうのか??


なんとか持ち越して西宮SAで休憩。
う〜ん、、、なんかヤバそ〜な予感です。


でもここまで来たんだし、家まで走りきるぞ〜!との決心で再出発!
やはり坂が登らな〜い。平坦な道はちょっとばかし息継ぎしますけど
3000回転をキープすればなんとか大丈夫!


信頼性がアップしたと聞いていたのに・・・まだ当たりが出てないか?そんなことはないよね?
でもエンジンがストールすることなくどうにか家まで辿り着きました。



※エンジン壊すとエラいことになります。修理費用でクルマ買えちゃいますから…。


まさか一発死んでるんじゃないやろなぁ?
とにかく近所の主治医に見てもらうことにしました。

ティーブレイク前夜祭 断念 オイル噴く・・・後編 [カルマンギア]

今日、車を預けているショップから電話がありました。
『残念なお知らせです。ケースが破損していましてオーバーホールするにも出来ません』とのことです。


むむむ・・・・FLAMのオイルフィルターの下くらいの箇所が大きく破損しているそうです。
20年位前に、マツダボンゴのエンジンのヘッドが割れた経験はありますが
ワーゲンでは初めてです。もしかして、追突事故の後遺症か・・・。。。。


オーバーホールの手間や時間や費用を考えても
ブランニューブラジルエンジンに換えたほうが、いいとのアドバイスをいただきました。
時間が節約できて、なおかつオーバーホールしたときの値段とかわらないなら
ブランニューでもいいのかなぁと一瞬考えました。


でも、でも、でも・・・
どうせなら最終目標としていたスタンドエンジンにしたいという気持ちも芽生えてきました!
今は葛藤中です。


外野はオクラサだのジャドソンだの言いますけど・・・

ティーブレイク前夜祭 断念 オイル噴く・・・前編 [カルマンギア]

私のカルマン、、、エンジンだけは本当によく吹けて絶好調だったのですが・・・


今日は、明日静岡で開催される今シーズン最後のワーゲンイベント「Tea Break」に参加するにあたり、仲間とならここの里で前夜祭をする予定で、今朝出発しました。


今日もエンジンは好調で、順調よく山陽自動車道〜中国道〜名神〜新名神と気持よく走っていました。追い越し車線でも結構気持ちよく走っていたのですが、突然バシンッ!カランツ!というような異音がエンジンルームから聞こえ、出力も少し落ちていく感じがしたので、”ベルトでも切れたかな?”と思い、路肩に止めてエンジンルームを見ると。。。。。

カルマンギア 角テール オイル噴く エンジンブロー

ああああああああああああああああああ!!!

カルマンギア 角テール オイル噴く エンジンブロー

自慢のエンジンルームがオイルで真っ黒けで、煙を吐いていました。
どこからオイルが噴いているのか全然わからないくらいいろんなところがオイルまみれです。
もう少し数十メートル進むと、土山サービスエリアに入れますので、エンジンをかけてみると、エンジンはわりとすんなりかかります。
ただ高回転までは吹けません。なので2速でゆーっくり走ってサービスエリアのパーキングに止めました。


とにかく前夜祭には行けなさそうな感じがしたので、友人のSに電話して症状を言いました。
Sは「クランクのシール交換で直るんちゃう?」という感じの返事だったので、
それなら!と別の友人のTに電話して、この近辺から行けるワーゲンショップの電話番号を調べてもらいました。

カルマンギア 角テール オイル噴く エンジンブロー

この場所は、滋賀県内ですが、ほぼ三重県との県境です。
滋賀には無いので、三重ならOではないかということで、Oに電話しました。
でも今日は社長がいないので作業できないということで断られましたので


次はMに電話しました。Mの方はWのほうが近いのでそちらを紹介してくれました。
Wの方は親切に聞いてくれるのですが、あいにく今日は予定が詰まっているので対応が夕方以降になるとのこと。またパーツの手配に時間がかかるので京都のFを勧めてくれました。


そこでFに電話をしてみると喜んで!というお返事だったので、富士火災のロードサービスに電話しました。私が加入するロードサービスは50kmまたは5万円以内のレッカー移動が無料です。
今までJAFばかり使っていたのでまるで夢のようです(笑)

カルマンギア 角テール オイル噴く エンジンブロー
ちゃんと漏れたオイルの掃除もしてくれました(笑)


カルマンギア 角テール オイル噴く エンジンブロー

Fに聞くと、ここからは3,40キロというではないか!!それなら無料で運べるなぁ〜!
レッカーが到着したのではそれから1時間半後で3時前です。そこから京都まで運ぶこととなりました。
しかしこちらは上り線です。京都は反対側の下り線に乗らなければなりません。
ここからだと亀山ICまで行ってUターンとなりました。その距離だけで往復25キロくらいです・・・

カルマンギア 角テール オイル噴く エンジンブロー

結局、土山から3、40キロと聞いていましたが、80キロくらいありました(笑)
到着まで約110キロ走りました。でもレッカー代は6000円の実費で済みました。

カルマンギア 角テール オイル噴く エンジンブロー

Fでは「エンジンを降ろしてみないと・・・」ということでした。
またスタッフの方はオーバーホールが必要との見解をお持ちだったようで、それなら新品エンジンに交換したほうが・・・という話になりました。

カルマンギア 角テール オイル噴く エンジンブロー

いちおうエンジンもかかるし、今朝までは調子も良かったので
”降ろさずにやれるところをやってみてそれでダメならまた考えます”と返事して帰りました。
友人たちは、”壊れるのは順番”だとからかわれるし・・・


ロードサービスも交通費を2万円まで負担してくれるので助かりました。
さぁどうなるかなぁ〜。

カルマンギア専用ノブ交換

1955年にデビューしたカルマンギアはオーバルと同じダッシュノブでしたが、1958年モデルより、カルマンギア専用のダッシュノブとなりました。


しかし、長年の間多くのカルマンはノブが交換されてしまっている。私のカルマンもドングリ型のノブに交換されてしまっていました。

カルマンギア ダッシュノブ 専用ノブ 角テール
交換前のノブ(ワイパー)

カルマンギア ダッシュノブ 専用ノブ 角テール
交換前のシガーライター

カルマンギア ダッシュノブ 専用ノブ 角テール

カルマンギア ダッシュノブ 専用ノブ 角テール
交換前のウィンドウレギュレーター


さらには、カルマン専用ノブは、入手困難でなかなか海外でも見つけることが出来ず、唯一オーダーで作ってくれるショップも存在するのですが、それがまたバカ高なんです。


そんなこともあって、ボチボチ1個ずつでも見つけていこうと思っていたのですが、このたびリプロながら新品のノブを入手出来たので交換することにした。

カルマンギア ダッシュノブ 専用ノブ 角テール

カルマンギア専用の朝顔型ダッシュノブ。本当はアイボリーが欲しかったのですが、欠品のためグレーのノブです。


交換は至って簡単。
外して取り付けるだけ!



カルマンギア ダッシュノブ 専用ノブ 角テール

ライトとワイパーは簡単に付きましたが、シガーライターは穴の径が小さいため5mmのカルマン用ノブが付けられません。
サビも多いし、この際新品に交換していまおうかと思います。

カルマンギア ダッシュノブ 専用ノブ 角テール

ウィンドウレギュレーターだけは、一人では取り外しが出来ませんでしたので、また後日ということで。

少しずつオリジナルに戻っていくようで嬉しいです♪



ラジオ交換 サファイヤ→ブラウプンクト [カルマンギア]

classic vw sunday カルマン ギア Karmann Ghia フォルクスワーゲン 角テール

classic vw sunday カルマン ギア Karmann Ghia フォルクスワーゲン 角テール
※最初はサファイヤ? Bendixというのが付いていました。

昨年の11月7日に納車されて、ちょうど今日で1年です。
1年前の三木市で開催された、VW Classicsでデビューし、その後はお台場で開催されたStreet VWs Jamboreeや山梨で行われたカルマンギア100台ミーティング、富山でのVW Meeting 2010など、遠距離もソツなくこなしてくれるいい車です。


で、今日は1年を記念してというわけではありませんが、気分転換にコレクションしていたブラウプンクトのラジオを取り付けてみることにしました。


現在はサファイヤ?が付いています。この車はUS仕様なのでサファイヤで正解なのでしょうが、せっかく入手して温めていた(というか、売りたくても売れなかった)ものに交換です。


ラジオノブを外すと簡単に取り外せましたので、そのままビルトイン!

classic vw sunday カルマン ギア Karmann Ghia フォルクスワーゲン 角テール

ブラウプンクトでも結構レアなヤツです。

classic vw sunday カルマン ギア Karmann Ghia フォルクスワーゲン 角テール

classic vw sunday カルマン ギア Karmann Ghia フォルクスワーゲン 角テール

なかなか実物は無いものだと思いますが詳しい人どうでしょうか?
このラジオの交換によって、フラワーベース(Bud Vase)がラジオのノブに付けられなくなりましたので、どこかにリロケートしなければなりません。
ちなみにこのベースは専用のアタッチメントによって取り付けています。


シガーライターに取り付けると、灰皿の上にかぶるので、次回ドレスアップ予定のモノが見えなくなります。
ワイパーのスイッチだとラジオにかぶります。ヘッドライトのスイッチだとスピードメータにかぶります。
結局どこに付けても何かにかぶるので、とりあええずクラクションボタンに共締めです。

classic vw sunday カルマン ギア Karmann Ghia フォルクスワーゲン 角テール

classic vw sunday カルマン ギア Karmann Ghia フォルクスワーゲン 角テール

ちょっと運転の邪魔にもなりますが、しばらくはここで落ち着くかなぁって感じです。
それと、ヤフオクで赤いトランクを手に入れました。
昨年も赤いトランクを手に入れたのですが、厚みがありすぎてトランクフードが閉まりません。
でも今回のはピッタリです。寅さん風のトランクがイキでしょ?(笑)

classic vw sunday カルマン ギア Karmann Ghia フォルクスワーゲン 角テール

classic vw sunday カルマン ギア Karmann Ghia フォルクスワーゲン 角テール

LAST バグイン三木 2010.10.31 [カルマンギア]

 ”Bug In”・・・何度聞いても懐かしい響き。
すっかりおなじみになった関西最大のワーゲンのイベント「バグイン三木」ですが
我々のように20年以上前から空冷ワーゲンに関わってる人なら、バグインと言えばバグイン鈴鹿でしょうね(笑)


大学生の頃、63カルマンのコンバチに3人乗って、台風の中鈴鹿を目指したのを今でも鮮明に覚えています。幌をしているにもかかわらず3人ともずぶ濡れになりましたから(笑)
そのころは三木ではバグサンデーというイベントをグリーンピア三木でやってましたね。
カルマンに明け暮れた若かりし頃が懐かしい。


そんなバグインの血を引き継ぐ(のかどうかは別として)バグイン三木が今回で最後となるらしく、地元ですので当然ながら参加しました。


前日に電話がありました。
「マクさん、明日の朝6:45にローソン集合ね!」
やはりワーゲンのイベントは朝が早いです。


5時に起き、6時に自宅を出発。
いつもイベントに連れて行く息子(小4)は、最近誘っても友達との遊びが忙しいので、今回は誘わずにこっそり出発したところ、6時20分に息子から電話が・・・
「なんで連れていってくれへんのん?おみやげ饅頭なぁ〜」(笑)


珍しく誘わなかったことに怒ってる。まぁそれはええとしてお土産饅頭って・・・(笑)


6時半には待ち合わせ場所に到着。
時間通りに来ないのが世の常。でも待たせるよりは待つほうがスキなのでOK!

バグイン三木 カルマンギア 角テール

バグイン三木 カルマンギア 角テール

ここからは現地なで20分です。いつも7時間も10時間もかけてイベントへ行くのとは気持ちも体も全然ラクです(笑)


バグイン三木 カルマンギア 角テール

今回のイベントでは1942年式のType-92が展示されています。
見てわかるとおり、軍用車です。
中身をちょっとずつアップデートされながら2003年までビートルは生産されたというのだから、やはり偉大ですね。

バグイン三木 カルマンギア 角テール

ちなみに、VWミュージアムではたとえ1942年式KDFでも問い合わせると当時の仕様が出てくるというから驚きです!所有者のピーターさんも凄い!!


今回さすがにラストということで関東や九州から参戦されていらっしゃる方も多かったです。
250台収容とお聞きしていましたが何台来たのかな?

カルマンも結構いましたので紹介します。

まずは角テール
バグイン三木 カルマンギア 角テール
私のカージ。


バグイン三木 カルマンギア 角テール
カル100MTGにも参加した京都のイソップちゃんの。

バグイン三木 カルマンギア 角テール
怪しさ満載タイショウのGangmann Ghia。

バグイン三木 カルマンギア 角テール
大分のギアはユーロライトが付いていました。

バグイン三木 カルマンギア 角テール
Garage Vintegeさんところの人のやつ。

以上角テールは6台!
続いては三日月テール

バグイン三木 カルマンギア 角テール
北九州です。

バグイン三木 カルマンギア 角テール
地元の島浦1号。

バグイン三木 カルマンギア 角テール
奈良からお越しです。

バグイン三木 カルマンギア 角テール
和歌山からお越しのシブい方。オリジナルペイントらしいです。
隣のインターメカニカのオーナーさんとつるんでいました。

三日月が4台。
続いてビッグテール。
バグイン三木 カルマンギア 角テール
京都の学生さんだと思います。カル100MTGにも荷物満載で来てました。


続いてType-3

バグイン三木 カルマンギア 角テール
島浦2号。

バグイン三木 カルマンギア 角テール
彼とは10月だけで山梨と富山とこことで3回も会いました!イベントが多いということですね。

バグイン三木 カルマンギア 角テール
ナニワジゴロ号。彼女かわいいです!

その他気になったクルマです。
バグイン三木 カルマンギア 角テール
58カルマンコンバチを売り払ってインターメカニカを買ったという・・・まるで私のような方です。
しかもカージナルレッドにようなカラー!
このブログも読んでくださっているそうで、ブログを見てインターメカニカを買われた、ある種被害者さんです(笑)
しばらくしたらきっと、カルマンも買うと思います!(買い戻すかな?)


バグイン三木 カルマンギア 角テール
レイトのアンビュランスですが、シングルナンバーです。
「8」のシングルナンバーはレアじゃないですかね?見たことありません。

バグイン三木 カルマンギア 角テール
やっとあいさつできた、mammamia号。失礼しました。


バグイン三木 カルマンギア 角テール
静岡のSさん。カルマン仲間のEvansさんとお友達だそうです(笑)
すばらしいVinatge Bugでした。これからも仲良くしてくださいね。


それと最後に、私のクルマのアンテナのレッドチップみかけませんでしたか?
いつの間にか無くなっていました。(多分走行中に紛失)

バグイン三木 カルマンギア 角テール

バグイン三木 カルマンギア 角テール
無いことを知って、すぐにモデラーさんからプレゼントしてもらったアンテナボールを付けました。

バグイン三木 カルマンギア 角テール
こんな感じ。当然裏に名前や電話番号などは書いていませんので出てこないと思われます。。。

エンジンフードが開かない [カルマンギア]

 間もなく、カルマンが完成して1年になります。
9月に京都で行われたイベントのときに、エンジンフードが開かなくなりました・・・。
というのは、納車当時からエンジンフードの閉まりが悪く、思いっきり閉めないと閉まらない状態だったので、しばらくは締めずに載せているだけの状態でいました。


別に普段はガレージに入れていますので、それでも問題は無かったのですが、やはり意外とちゃんとしたい性格なので、近所の整備屋さんで、調整してもらってなんとか閉まるようにはしていました。


しかしそれでもだんだんと閉まりにくくなっていたので、またか・・・という感じだったのですが
京都ではとうとう閉まったら最後、開かなくなってしまいました。
その翌日に押したり引いたりしているうちに、開いたので、またしばらく載せているだけにしていました。


ところが先日、ベルトの調整をしたときに、自然治癒しているか試しに閉めてみました。
とても後悔しました・・・今度は閉まったきり、何をやっても開きません・・・。
仕方ないのでいつも整備屋さんに持って行ってなんとかならんか聞いてみました。


これは穴を開けないとなんともならんと言われてショックでしたがお願いして帰りました。

カルマンギア エンジンフードが開かない 角テール

裏から穴を開けて、ドライバーなどでこじると開きました。

原因が判明しました。
もちろんエンジンフードのケーブルが切れているわけではありません。
フードを閉めると、フード側に付く棒を噛み込んでロックが掛かり開かないようになります。
ケーブルを引っ張るといるロックが解除されます。


単純なシステムなのですがケーブルをゆっくり引っ張ると、徐々にロックが外れていくのですが目一杯引くと外れていたロックが少し戻りロックが軽くかかるようになります。
これが原因で、引っ張ってもロックが外れないということがわかりました。


文章ではわかりずらいと思いますが写真のセンターの穴の上側が少し見えていますが、目一杯引っ張るとまた降りてきます。


これはパーツ自体を交換しないと、解決出来ないと言われましたので
ゆっくりパーツをさがそうと思います。

カルマンギア エンジンフードが開かない 角テール
不用意に閉めないよう角は外しました。


VW Meeting 2010 富山 イオックスアローザ IOX [カルマンギア]

 前回参加したのが2006年なので、4年ぶりの参加となった富山のイベント。前回は雨で寒かったと記憶していますが、今回も雨です。降ったりやんだり、時折晴れ間が覗いたりでしたが・・・

カルマンギア 角テール イオックスアローザ 富山 南砺市

 今回は、前日から滋賀の菩提寺SAに集合して、関西勢&東海勢&関東勢と一緒にランデブーです。

カルマンギア 角テール イオックスアローザ 富山 南砺市

 北陸道に入ると雨・・・

カルマンギア 角テール イオックスアローザ 富山 南砺市

カルマンギア 角テール イオックスアローザ 富山 南砺市カルマンギア 角テール イオックスアローザ 富山 南砺市

前夜祭はpatinaさんが予約してくれた、現地のコテージでバーベキューパーティでした。肉まみれで腹いっぱいです!

カルマンギア 角テール イオックスアローザ 富山 南砺市カルマンギア 角テール イオックスアローザ 富山 南砺市

会場では、濃霧の中、バンド演奏なども行われていました。

カルマンギア 角テール イオックスアローザ 富山 南砺市

前日は酔い(いつも)と疲労で早めの就寝となりました。

朝起きるとなんと快晴!あんなに大雨やったのに・・・
やはり日頃の行いが良かったのかなぁと思いました。

カルマンギア 角テール イオックスアローザ 富山 南砺市

早速みなさんイベント本番に向けて車を磨き上げます!

カルマンギア 角テール イオックスアローザ 富山 南砺市

私は事前エントリーしていなかったので、当日5000円を払ってエントリー

さぁカルマンは来てるかな〜。

カルマンギア 角テール イオックスアローザ 富山 南砺市

カルマンギア 角テール イオックスアローザ 富山 南砺市

カルマンギア 角テール イオックスアローザ 富山 南砺市

カルマンギア 角テール イオックスアローザ 富山 南砺市
この63カブリオレ・・・なかなかいい雰囲気でした。当然ながらベストカルマンにも選ばれましたよ。
前オーナーのおじいさんから譲り受けた左ハンドルのヤナセモノです。
幌はスクリーンだけが取り外せるよう、前オーナーさんが改造されていました。これなら夏場もスクリーンを外せば涼しいですね。

カルマンギア 角テール イオックスアローザ 富山 南砺市

午後からはお待ちかねミスコンです。
カメラ小僧のおかげで会場は盛り上がりました!カメラ小僧!ありがとう!!!

カルマンギア 角テール イオックスアローザ 富山 南砺市

カルマンギア 角テール イオックスアローザ 富山 南砺市
審査員席まで割り込む獰猛さがカメラ小僧の真骨頂ですね!


カルマンギア 角テール イオックスアローザ 富山 南砺市
ボクは2番目の山本あゆみちゃんを応援してましたが、向かって右の彼女がクイーンに!

そしてカルマン仲間のGさんはType-3でアワードを受賞!
完全に鼻の下が伸びきっていましたね♪
ショートノーズがロングノーズに!!!(笑)





カルマンギア 角テール イオックスアローザ 富山 南砺市

カメラ小僧はもうアワードなんて興味なくなってるし・・・(笑)

第2回カルマンギア100台ミーティング 車両紹介 三日月テール編

最後は60年代三日月テールを紹介。

カルマンギア100台ミーティング

カルマンギア100台ミーティング

カルマンギア100台ミーティング

カルマンギア100台ミーティング

カルマンギア100台ミーティングカルマンギア100台ミーティング

カルマンギア100台ミーティング

カルマンギア100台ミーティング

カルマンギア100台ミーティング

カルマンギア100台ミーティング

カルマンギア100台ミーティング

カルマンギア100台ミーティング

カルマンギア100台ミーティング

カルマンギア100台ミーティング

カルマンギア100台ミーティング

カルマンギア100台ミーティング

カルマンギア100台ミーティング

カルマンギア100台ミーティング

カルマンギア100台ミーティング

カルマンギア100台ミーティング

カルマンギア100台ミーティング

カルマンギア100台ミーティング

カルマンギア100台ミーティング

カルマンギア100台ミーティング

カルマンギア100台ミーティング

カルマンギア100台ミーティング

カルマンギア100台ミーティング

カルマンギア100台ミーティング

カルマンギア100台ミーティング

カルマンギア100台ミーティング

カルマンギア100台ミーティング

カルマンギア100台ミーティング

カルマンギア100台ミーティング

カルマンギア100台ミーティング

カルマンギア100台ミーティング

第2回カルマンギア100台ミーティング 車両紹介 タイプ3(Type34)編

カルマンギアでも異色のType-3カルマンギア。パーツも少なく維持も大変ですが、程度のいいType-3カルマンが5台も集結しました!


カルマンギア100台ミーティング
シングルナンバー

カルマンギア100台ミーティング
京都でもアワードを受賞。Let's Playの記事読んでくれてありがとう♪

カルマンギア100台ミーティング

カルマンギア100台ミーティング

カルマンギア100台ミーティング

Type34は5台が集結!どれもキレイでびっくりです。この調子ならタイプ3カルマンギア100台ミーティングの開催も夢ではないのでは???


第2回カルマンギア100台ミーティング 車両紹介 ビッグテール編

カルマンギアの中で70年代は高年式ではありますが、どちらかというとパーツも少なく意外と維持が大変なのがこの年式。ノーマルがカッコイイ!!

カルマンギア100台ミーティング
ヤナセ純正レザートップ!

カルマンギア100台ミーティング

カルマンギア100台ミーティング

カルマンギア100台ミーティング

カルマンギア100台ミーティングカルマンギア100台ミーティング

カルマンギア100台ミーティング

カルマンギア100台ミーティング

カルマンギア100台ミーティング

カルマンギア100台ミーティング

カルマンギア100台ミーティング

カルマンギア100台ミーティング

カルマンギア100台ミーティング

カルマンギア100台ミーティング

カルマンギア100台ミーティング

カルマンギア100台ミーティング

カルマンギア100台ミーティング

カルマンギア100台ミーティング


ビッグテールやビッグバンパーもいい雰囲気で好きです。同じクルマでもみんな別の表情があっていいなぁ!!


第2回カルマンギア100台ミーティング 車両紹介 角テール編

せっかく撮ったのでアップします。まずは角テールから。
50年代の角テールは、コレクターズアイテムなので古くても意外と程度のいいものが多い。
60年代移行の車両とはフェンダーがより丸く、テールランプが角張ってるのが特徴。


カルマンギア100台ミーティング

カルマンギア100台ミーティング

カルマンギア100台ミーティング

カルマンギア100台ミーティング

カルマンギア100台ミーティング

カルマンギア100台ミーティング

カルマンギア100台ミーティング

カルマンギア100台ミーティング
なんでも作ってしまうオーナーさん。

カルマンギア100台ミーティング
手がかかってる!!壮絶なレストア!お互い当時とはカラーが変わりましたね。

カルマンギア100台ミーティング
オーナー自ら内装外装を仕上げた逸品!57と58の過渡期のディテール

カルマンギア100台ミーティング
アメグラ仕様!

カルマンギア100台ミーティング

カルマンギア100台ミーティング

カルマンギア100台ミーティング
私のカルマンの修理をもし断念していたら購入候補にあがっていたカルマン

カルマンギア100台ミーティング

カルマンギア100台ミーティング
赤の’57さん 1票いれときました!

カルマンギア100台ミーティング
コンバチ専用カラー。紺の幌も素敵

カルマンギア100台ミーティング


カルマンギア100台ミーティング
カルマンギアオーナーが選ぶベストカルマン!!素晴らしいディテールでしたね。



第2回カルマンギア100台ミーティング 本番編

 日頃の行いや素行がかなり良いことを認識出来た1日となりました。天気予報は怪しかったのですが完璧なイベント日和となりました。富士山もバッチリ見えます!!

カルマンギア100台ミーティング

カルマンギアミーティングの醍醐味のひとつとして、山中湖周回ツーリングがあります。私は今回先頭を柱させていただくこととなりました。前日にシュミレーションをしたのですが、アルコールですっかり頭から抜けてしまっていましたので、助手席にスタッフの方を乗せて出発です。
時速は30〜40キロ。一般車には迷惑にならないようほどよいスピードだったと思います。

カルマンギア100台ミーティング

第1回目のときは半分ずつ右回りと左回りに分かれて、ツーリングをしましたので、50台ものカルマンとすれ違うことが出来ましたが、今回は全部が同じ方向に走り、駐車場のロータリーを利用して全部のカルマンとすれ違うように計画をしてくれていました。

カルマンギア100台ミーティング

これはこれで全台に手を振ることが出来良かったのですが、私自身の感想としては走ってすれ違うほうがより楽しいなぁと感じました。第3回はロータリーを出たあとは右と左に分かれるのはどうでしょうか?(笑)

カルマンギア100台ミーティング

ツーリングも無事に終わり、次は会場に展示です。前回同様、角テール、三日月テール、ビッグテール、タイプ3と分かれて展示しました。今回は100台に届かず86台だったらしいですが、やはりこれだけカルマンが並ぶと爽快ですね!!!

カルマンギア100台ミーティング

ここでたくさんのカルマンオーナーさんから
「復活おめでとうございます!」とお声をかけていただきました!このブログも結構読者がいるんだなぁ〜と改めて思いましたね。読者はJunさんだけかと思っていましたから(笑)
中にはLet's Play Vwsの最新号を読んで声をかけてくださった方もいらっしゃいましたので、とても嬉しかったです。


今回のイベントに備えて、個人輸入でビューティリングを購入したのですが、ギリギリ3日前に届いて間に合いました!ちょっといい感じでしょ??

カルマンギア100台ミーティング

そしてスワップミートを開くべく、パーツとグッズを結構持って行きましたが、全部で10万円近く売れたと思います。これで宿泊代や高速代などが浮きました!これもひとえに紫の角テールコンバチ君がたくさん購入してくれたおかげです。毎度おおきに!!!
彼のカルマンの今後の動向が楽しみです。

カルマンギア100台ミーティング

そしてアワード発表の時間が来ました。前回と違いアワードにもいろいろ工夫があって面白かったです。ベストカルマンやロングディスタンスに加え、1台のカルマンをどれだけ長く乗ってるか?またその逆で一番最新のオーナーさんなど斬新なアワードでした。

カルマンギア100台ミーティング
盾は日本で一番有名な角テール乗りのDENNISさんの手作り


ベストカルマンは各オーナーがお気に入りの3台を下記投票します。そして今回は2台のカルマンが接戦の末、2票差でベストカルマンが選ばれたそうです。
ベストカルマンに選ばれたのは、ブログ仲間と言っては失礼になるかもしれませんが、憧れの空冷乗りGさんの59年角テールが選ばれました。



今までブログでしか見たことなかったのですが、「新車ですか?」と言いたくなるようなコンディションでしたよ!フロアのゴムやドアパネルなど本当に綺麗に残っていて、スタンドエンジンに6Vの電装。状態が完璧です!このカルマンについてはGさんのブログを参考にしてください。
ノーマルの角テールは格調高き気品と独特のオーラがありますよね。

カルマンギア100台ミーティング

後でスタッフの方に教えてもらったのですが、接戦の末、おしくもベストに選ばれなかったのが、なんと!私のカルマンでした。カルマンオーナーに投票いただいたというのは私にとってとても光栄に感じました。

カルマンギア100台ミーティング

最後に閉会式では、締めの言葉を赤の’57さんが私に振るんだから、困りますよね〜。
私、アルコールが入ってないときはおもしろいことは言えないし、アドリブもききません。完全な二次会キャラだということはみなさん良く知ってるはずなのに・・・

カルマンギア100台ミーティング

最後まで天気も持ち、無事にイベントが終了しました。天気は下り坂でしたので、解散後は蜘蛛の子を散らすようにカルマンは散って行きましたね(笑)

カルマンギア100台ミーティング
参加車両(希望者)が載ったポスター


前回に引き続き、ご尽力を賜ったスタッフの方に感謝します。人のお世話をするというのは本当に大変ですから、いろんなご苦労があったと思います。本当に素晴らしいイベントを企画してくれてありがとう!

第2回カルマンギア100台ミーティング 前夜祭

 待ちに待ったカルマンギアオンリーのイベントに参加してきました!何年も前からカルマンだけのイベントは出来ないかなぁ〜なんて考えていました。そんな同じ思いの方々が実行に移してくれてこうしてイベントが開催出来たことを本当に感謝したいと思います。

カルマンギア100台ミーティング

 今回は第2回目となります。前回から2年。第1回目はご存知の通り衝撃の事故により参加が出来なかった(アワードの審査員として呼んでいただきました)ので、誰よりも心待ちにしていたかもしれません。
だから申し込みが一番となり、エントリーナンバー1番を獲得!(笑)

カルマンギア100台ミーティング


 昨年11月に復活した我がカルマンで山中湖を目指すこの上ない幸せ・・・(笑)
仮に北海道で開催してても行ってたやろなぁ〜!まずは10月2日(土)の前夜祭に向けて出発です。
この前夜祭というか前泊出来るイベントは好きですね〜。ただ酒が好きだということもありますが、やっぱり一緒に飲むとより仲良くなれますもんね。。。当日は飲めないし。


 片道約600キロ、8時間のツーリングとなりました。今回も大きなトラブルはありませんでしたが、小さなトラブルを抱えての出発となりました。アイドルスクリューが走行中緩んでしまうというトラブルです。走行しているときは問題ありませんが、速度を緩めアイドリング近くまで回転が落ちるとエンストしてしまいます。エンジンフードを開けてもう一度スクリューを閉めると大丈夫なんですけど、サービスエリアやETC通過のときなどエンジンが止まってしまいます。2時間起きに増し締めしながら行きました。


 エントリーナンバー1番なので、1番に到着しなければ・・・との思いは特にありませんでしたが、渋滞も予想されるので朝の4時に出発。14時からの受付でしたが12時着です。到着するまでの間、1台もカルマンに出会うことはなかったです(笑)


 今回お会いしたかったのが久留米からお越しの凱さん。会社を5日休み、奥様の制止を振りきって参加されるというので、心待ちにしてました(笑)
凱さんは16時間かけて無事に来られました!!

カルマンギア100台ミーティング
 
 その後続々と30数台(らしいです)のカルマンが前夜祭に集結!前回寒かったと評判の私の乾杯の音頭は案の定なかったです・・・
しかし、「誰とでも友達になるな〜」なんて言われながら、初めてお会いする人にも絡んだり、イジったりしながら(失礼しました)、何をしゃべったかほぼ覚えていませんが、とにかく楽しかったことだけが印象に残ってます。

カルマンギア100台ミーティング

 今回、初のトレーラーハウスでの宿泊だったのですが、上述の通りかなりのアルコールが入ってしまったため、指定された場所と違うトレーラーハウスで寝てしまってたようです。就寝中、寒くて持参したフリースを着ようと思ったのですが、カバンが見当たらずおかしいとは思ってましたが・・・たぶんどこかのご夫婦の部屋だったように記憶します。ベッドが4つあったのでそっとしといてくださったのかなぁと思います。早朝6時に電話で注意を受けました・・・反省します。

カルマンギア100台ミーティング

電話で起こされ、アルコールが抜けきらないまま、イベントに向けてクルマを磨く私でした(笑)

2010 第11回VW AUTUMN 京都高雄 [カルマンギア]

 昨日は京都で開催されたイベントに2006年以来のカルマンで参加してきました。
待ち合わせが朝5時半に山陽自動車道の三木SAにて・・・だから、4時に起きて4時半に出発したのさ!
5時過ぎに到着!朝早いけどさすが連休!クルマ多かったです。

VW AUTUMN オータム 京都 高雄 カルマンギア

VW AUTUMN オータム 京都 高雄 カルマンギア

VW AUTUMN オータム 京都 高雄 カルマンギア

そうそう!その前に山陽自動車道に乗ろうとETCゲートを潜ろうとすると「止まってください」とETCが優しい女性の声でささやくではないですか?いつもなら反応しなくてバーを通りすぎることがあるのですが、今回ばかしは止まれって。。。


早朝なので後続車が居ないので、ゲートをバックしてETCカードを確認すると・・・なんと!有効期限が2010年8月で切れてるやないかいな!!!
「止まってください」って言えるなら「期限切れです」って言うて欲しいわ!!
仕方ないのでETC割引なしで往復するハメに!(片道3200円)


さて、毎年京都のイベントはAUTUMN(秋)と言われるにもかかわらず、日焼けの嵐になりますが、やっぱりこの日も暑かった!また三連休の真ん中なので少し参加者も少なかったように思います。



VW AUTUMN オータム 京都 高雄 カルマンギア

VW AUTUMN オータム 京都 高雄 カルマンギア

イベントの醍醐味はクルマを見ることもそうですが、やはり友人に会えるのが楽しいですよねー。
いろんな方にお会い出来て楽しかったです。

VW AUTUMN オータム 京都 高雄 カルマンギア

VW AUTUMN オータム 京都 高雄 カルマンギア

VW AUTUMN オータム 京都 高雄 カルマンギア
※超絶レストアのKさんがベストカルマンのウィナーに!

VW AUTUMN オータム 京都 高雄 カルマンギア
※イベント終わってから会場となりで事故も!!けが人なし!

VW AUTUMN オータム 京都 高雄 カルマンギア
※仲間と撮影会をして、年寄りの私は早めにおいとま


帰りは京都市内激混み!!!名神乗るのに1時間もかかった!

1日ワーゲン博物館 岡山県玉野市深山公園 [カルマンギア]

 今年もやってきました!猛暑でのマッタリ&グッタリイベント!KDFが主催する岡山でのイベントに参加してきました。5年連続の参加となりました。
今回は猛暑を少しでも和らげようとタープ持参です。この公園は緑は大変豊かでいい場所なのですが、木陰があまりにも少なく、今年のような酷暑では繊細な体に負担がかかります。

カルマンギア 角テール 岡山 深山公園 KDF
※タープの下でもかなり暑い!!

カルマンギア 角テール 岡山 深山公園 KDF

カルマンギア 角テール 岡山 深山公園 KDF

カルマンギア 角テール 岡山 深山公園 KDF
※福岡から6時間かけて参加くださいました

 どんなイベントでもそうですが、やはり気心しれた仲間と会うとホッとできるんですよね〜。とくにKDFのイベントはやや年齢層が高いので、ここでは若手の部類に入る(と思い込んでる)私も、素敵なおじさまたちに可愛がっていただいております。決して相撲部屋のかわいがりではございません。

カルマンギア 角テール 岡山 深山公園 KDF

カルマンギア 角テール 岡山 深山公園 KDF

カルマンギア 角テール 岡山 深山公園 KDF
※岡山はワンオーナーやシングルナンバーが多い

カルマンギア 角テール 岡山 深山公園 KDF

 幹事のAさんご夫妻、高知の67CamperさんとKAZUさん、福山のJunさん、地元のやなぎださん、京都のモデラーさんとIさん、奈良の赤かぶ59さんに、67のSさん。みんな元気そうでした。

カルマンギア 角テール 岡山 深山公園 KDF
※ストラットビートルの参加率も高い!

カルマンギア 角テール 岡山 深山公園 KDF

 とくにSさんは極上67を手放して神戸のシングルナンバーの70を手に入れたそうです。現在67の買い手を探しているそうですのでご興味のある方はメッセージください。ヤナセモノでオリジナルペイント!ヤナセのマニュアルなどもちゃんと残っております。80諭吉ということらしいです。

カルマンギア 角テール 岡山 深山公園 KDF

カルマンギア 角テール 岡山 深山公園 KDF

カルマンギア 角テール 岡山 深山公園 KDF

カルマンギア 角テール 岡山 深山公園 KDF


カルマンギア 角テール 岡山 深山公園 KDF

カルマンギア 角テール 岡山 深山公園 KDF


 この日は岡山で22名の方が熱中症で病院に運ばれたそうですが、今回も何事も無くスムーズにイベントは終了しました。

ユーロヘッドライトもどきのVシェイプヘッドライト [カルマンギア]

 最近オリジナル志向が強いオーナーさんが増えつつある角テールカルマンギア、私はオリジナル志向ではないものの、オリジナル度の高いカルマンは気品溢れ、オシャレでカッコイイと思っております。
でも私はそこまでマニアックではないものの、角テールの雰囲気は大切にしたい派という中途半端な男です(笑)


 で、角テール仲間の中でも一部のマニアに人気のVシェイプヘッドライト。こちらはユーロライトとも呼ぶべきヨーロッパ仕様の角テールのヘッドライトに使われていたVの字の模様が入るヘッドライトが稀少価値として人気が高い。



 私のカルマンは・・・というとメード・イン・ジャパンの小糸製のシールドビームが光る!日本製が信用度もあっていいのですが、カルマンを勉強すればするほど、ちょっとだけパーツにこだわりたくなるのです。今回はVシェイプヘッドライトを入手し、取り付けてみました。



 ヨーロピアン角テールのVシェイプヘッドライトは、US仕様のシールドビームと違い、バルブとガラスレンズが別個になったものです。レンズが描く孤は、フェンダーから流れる丸い角テールのラインからスムーズに丸みを帯びていて、とても気品が高くオリジナルなアイデンティティを醸し出しています。


 私も少しでもそれに近づきたいと思っておりましたが、あいにくこのヘッドライトユニットは希少でさらに大変高価ときているので、一般人の私には手の出にくいアイテムだったのです。


 しかしUSでもシールドビームのヘラ製のVシェイプヘッドライトが安く手に入ることを知り、数カ月前に購入していたのです。
そして今回ようやく取り付けることが出来ました。


 小糸とは違い少し雰囲気も変わりました。US仕様のカルマンには高貴なユーロライトよりも、このUSライトが似合うと思うことにしました(笑)

オーバーヒート対策 [カルマンギア]

 先日、CMC主催のキャンプイベントの帰りに、中国自動車道でオーバーヒートを起こしてしまったカルマンちゃん。猛暑だったのとクーラーをガンガン使っていたからだとは思いますが、まだまだ猛暑は続くのでなんとかオーバーヒート対策をしなければいけません。


 普通なら電動ファンを追加したり、ラジエターのコア増しをしたりするのですが、リアエンジンの空冷ワーゲンの世界ではリアフードを少し浮かせて空気を取り入れ、熱を逃がすということをよくやります。
私は長年空冷ワーゲン(ほとんどカルマン)に乗ってきましたが一度もオーバーヒートを体験したことありませんでしたが、エンジンフードを浮かせて様子を見てみることにんしました。


 そこで参考にしたのが、今やカルマンギアの教科書との呼び声が高いブログを書いていらっしゃる赤の’57さんのサイトを参考にしてみることにしました。


 格安でフードを浮かせていらっしゃいます。これを私もやってみました。
赤のおじさんはホームセンターで168円で入手されていますが、私は200円でした。ちょっと悔しいです。ちょっと小ぶりかなぁと思いましたが、全然これで十分フードが浮きました。


カルマンギア 角テール オーバーヒート エンジンフード

 しばらく夏の間これで様子を見てみようと思います。

カルマンギア 角テール オーバーヒート エンジンフード

キャンプモービルクラブ主催 ならここの里キャンプ場 in 掛川市 [カルマンギア]

Ghia62さんが主催するキャンプモービルクラブ(CMC)のイベントに、カルマン仲間も参加するというので、私も参加してきました。場所は静岡県掛川市です。
カルマンでのキャンプはGWの四万十川以来、そして今回は2泊3日なのでゆっくりできそう・・・。


梅雨の大雨も去り、カルマンのクーラーを使ってみたところ、まったく効かない。
以前は毎日の足で使っていたカルマンだったので、この時期はいつもクーラーを効かせていたのですが、どうやら2年間の眠りですっかりガスが抜けているようなので、出発前日にクーラーガスを充填。

カルマンギア クーラー ガス

カルマンギア クーラー ガス

これでクーラーはバッチリだと思ってたのですが、意外と負荷が高くて1700rpmくらいまで、アイドリングを上げないとエンストしてしまいます。
以前も夏場は上げていましたが、タコメーターが無かったので気にしていませんでした。


おまけにレスポンスが悪い。アクセルを踏み込むと1秒ほど遅れて、吹け上がります。さらに踏み込み始めの段階でエンストしてしまうことも多数。2年の間にクーラーが疲労してしまったのだろうか・・・。弱・中・強の3段階のブロアも強しか風が出てこないし・・・。
なんかキャブもバラバラ言ってるので、調整も必要かも。


とりあえず、掛川の往復が快適に出来ればそうれでいいので、様子を見ながらがクーラーを使ってみることにしました。


さて、連休ということで、渋滞を予想して、みなさん早めに前日金曜日にご出発されているようですが、私の場合はスロースタートです。と言っても朝の6時前に出発しました。いつものごとく兵庫県内の山陽道は順調でしたが、名神吹田を過ぎたころから車の台数はかなり増えてきました。京都からは断続的に渋滞です。


前回、お台場まで行ったときは浜名湖SAまで4時間で行きましたが、今回はそうも行きそうにありません。三重県を抜け名古屋あたりからまたまた渋滞・・・。これがなかなか進まない。
浜名湖SAに到着したのが11時半前だから、5時間半かかってる。ここからも渋滞が続き、東名高速袋井ICを降りて掛川市内に入ったのは13時を過ぎていました。掛川のマクドでランチをとって、ここからは20分ほどでようやくならここの里キャンプ場に到着。2年ぶり!!




カルマンギア キャンプ ならここの里

カルマンギア キャンプ ならここの里

我々のブースには角テール4台とビートル2台が集結!
早速ビールを飲みながら、テントを張ってすぐに川遊び。夏は川に限りますね!
山の水はひんやりしてて気持ちがいいです!


カルマンギア キャンプ ならここの里

フライフィッシングを教えてもらいたいのか、そうでないのかイマイチわからない息子!
別名海パン王子。


カルマンギア キャンプ ならここの里

サワガニがたくさんいるので子供連れにとてもいいと思います。


夜は、信州1959さんが持ってきてくださった、生後1年未満のバンビの肉でのバーベキューをメインに刺身で食ったり、バンビ漬けの2日間になりました。
でも刺身はうまかったです。今まで鹿肉はまずいと思い込んでいましたが、前回琵琶湖でキャンプしたときの赤の’57さんの鹿肉しかり!うまい肉もあるもんです。

カルマンギア キャンプ ならここの里


カルマンギア キャンプ ならここの里


こうして、1日目は過ぎていきましたが、2日目もほぼこのように過ぎていきましたので写真はありません。
2日目は朝から息子がフライフィッシングに挑戦。私は1匹も釣れなかったのに、息子は20匹近く釣っていました。DNAの突然変異でしょうかね?(笑)


最終日の朝は、帰りの渋滞を気にして、朝9時半前には出発。
渋滞もなく、順調にクルージングをこなしていましたが、途中に事故渋滞に巻き込まれたので、早々とPAで昼食を摂ることに。


渋滞も解消されかけたところで出発。あとはずーっと順調でしたが、新名神の追い越し車線を走っていたときに、アクセルを踏み込んでもいまいちパワーが出ません。
エンジンがちょっと調子が悪いように思いましたので、走行車線でゆっくり帰ることにしました。

中国道の西宮名塩SAで給油してもらい、エンジンを掛けると、なかなか掛かりません。
これはちょっとおかしいなぁ〜と思っているとブォォーンと掛かったので出発。
姫路まではゆっくり帰ろう!と思いSAを出てすぐの登板車線を走っていると、出力がみるみる落ち、エンスト・・・ここで止まると危ないねんけどね・・・・・。大型トラックがビシバシ通るし。


その後エンジンが掛かりません。もしかしてオーバーヒートかなぁ?それともまたコイルが逝ったか?
100メートルほどバックすると、広い場所があるのでそこまで戻ろうとしているとパトカーが止まってくれました。ナイスタイミング!


お巡りさんの誘導で、広い場所までバックして、すぐにJAFに電話。4、50分で到着するということで、

カルマンギア オーバーヒート クーラー

その間にコイルを変えてみましたが、症状は同じ。
うん、これはきっとオーバーヒーでしょう。しばらく休ませたら掛かるだろうと思っていましたが、高速道路の上はなんせ危ない。他に原因があれば、積車に積んでもらうほうが安心だし。


とにかく待ってる間に、パトカー3台、道路公団1台が止まってくれました。
連休中だからだと思いますが、頻繁にパトロールしてくれてるんやろな〜って感じです。
決して職務質問を受けてるわけではありません。

カルマンギア オーバーヒート クーラー

道路公団のおっちゃん(歳は少し上くらいかな)なんて
「角テールええなぁ〜!」なんて言ってくれました♪
私が「知ってるんですか?」って聞くと
「昔乗っとったからな〜!」と嬉しい返事が。

カルマンギア オーバーヒート クーラー

そして「暑いやろ?」と言って冷たいカイロまでいただきました!
優しいなぁ〜(笑)

カルマンギア オーバーヒート クーラー

そうこうしているうちに40分くらいが経過したので、JAFが来る前にエンジンを掛けてみると
何事もなかったかのように掛かりました(笑)
やはりクーラーの負担が大きかったのかなぁと思います。

その直後にJAFもバンと積車の2台で到着。
JAFの無料で積んでくれる距離はたった15キロです。
私は100キロくらいまで増えたと思い込んでいましたが間違いでした(笑)

カルマンギア オーバーヒート クーラー

JAFのおっちゃんも結構空冷には詳しい。
このまま走っても構わんけど、エンジン壊れても知らんで・・・とか脅したり(笑)


でも、私の直感で、エンジンの回転などからしても調子がよさそうなので
JAFには帰っていただき、クーラーなしでゆっくりと帰ることにした。
さすがワーゲンですね。その後は何事もなく、パワーも十分に追い越し車線でクルージングをこなして帰宅いたしました。


クーラーも長時間使うとダメなのかな?
原因がもう少しハッキリするといいけど・・・。


愛知県内の事故渋滞以外に渋滞もなく、スムーズに帰れました。

第2回 カルマンギア100台ミーティング

2010年10月3日(日)(2日は前夜祭)

山中湖交流プラザきらら臨時駐車場

詳細、お申し込みは公式ホームページをご覧ください!

公式ホームページはこちら
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
カルマンギア100台ミーティングf


ネット環境にない方はFAXでも申し込みができます。
近くにそういうカルマンオーナーの方がいらっしゃいましたら、お知らせください。
FAX(03-5940-7738)

ケータリング、スワップミートのエントリーは無料です!
カルマンでエントリーした方は自分のサイトでのスワップもOKです!

近くなるまで予定がはっきりしないという方も、参加の意思のある方はぜひ、事前にお申し込みください!

カルマンギア フロントノーズエンブレム交換

 先日ヤフオクで1400円でゲットしたノーズエンブレムを早速取り付けました。
その前に、カルマンギアのエンブレムについて触れたいと思います。


カルマンギアには年式によって3種類のエンブレムが存在します。
某有名ショップでは2種類しかありませんが、実在するのは3種類です。


ちなみに某ショップでは、
62年までと、63年以降の2種類が販売されています。


しかし実際には、初期型の角テールでも58年前半までの、ツーピース構造の七宝焼きのエンブレムと58年後期から採用される、ワンピース構造のクロームタイプのエンブレムが存在します。
私のクルマは58年3月12日生産の車両なのですが、本来はどちらのエンブレムが正解なのか悩んでいました。


現在は前期型の七宝焼きのエンブレムが付いています。リプロがどうかは不明ですがきっとリプロ。
ただ、どうみても左斜めになっているんです。
カルマンギア 角テール フロントノーズエンブレム
ね!いがんでいるでしょ?(いがむって方言かな?)
言わなければ気づかれないのですが、自分自身では結構気になっていました。


いろいろ調べているうちに、赤の'57さんが調べてくれました。
58年生産モデルの中でも、エンブレムの台座があるものが、途中から台座が無くなるそうです。
その無くなったときから、クロームのエンブレムに変わるのだろうというのが答えでした。(きっとそうだと思います)
59年式では間違いなくクロームのエンブレムになります。


う〜ん、なるほど!実際は何月からなくなるのかはわからないですが、
長野の信州1959さんの58年8月生産の59年モデルでは、台座はなくなっています。
つまり59年モデルでは確実になくなってるということですね。
58年7月以前の生産モデルでも、台座が無い車両もあるかもしれません。
私の予想では、58年モデルの途中から、エンブレムが変わっていると考えています。
ちなみに私の車両は台座があります。つまり七宝焼きのエンブレムということになります。

カルマンギア 角テール フロントノーズエンブレム

※ここのブログは本当に役立つなぁ〜・・・!!


ヤフオクで落札したエンブレムを並べてみると
カルマンギア 角テール フロントノーズエンブレム

全然違いますね〜。
でも落札商品は某有名ショップで7800円で売られているものです(左)
左がちょっと欠けてる(親指の上あたり)ので安く落札できました。でも以前USAから個人輸入したのも左と同じもので、スタッドがすぐ折れるし、同様に少し欠けていました。(返金してもらいました)


マークの太さ以外に違いを調べてみました。

カルマンギア 角テール フロントノーズエンブレム

スタッドの長さも違います
右が落札商品ですが、ちょっと短くて取り付けにくいです。

カルマンギア 角テール フロントノーズエンブレム

元々付いていたのは、ちょっとザラっとしていて、なぜか穴が4つ。(水抜き穴?)
開け間違えたのか???(笑)
某有名ショップモノはクロームがキレイに光っています。
裏面などにVWマークなどは無いのでリプロだとわかります。
こういうクルマを維持するにあたり、リプロで妥協することも大事なんです(笑)


取り付けはいたって簡単です。
ナットをゆるめて外し、新たに取り付けてナットを締めるだけです。

カルマンギア 角テール フロントノーズエンブレム

これでまっすぐになりました。


ただ59年式に付く、クロームのエンブレムはリプロがありません。
さらに、オークションやサンバコムでも、なかなか見つからない希少なパーツですので
苦労するかなぁと思いながら、先日ヤフオクで落札してしまいました。
じょーじ君狙ってたのに、ごめん・・・・必要なら譲ります。

カルマンギア 角テール ジャンボリー お台場

↑レアもんでっせ!!!これは62年モデルまでのエンブレムだそうです。
(このあたりはどれが正解なのかイマイチわかりません)

63年モデルから最終型までは↓のエンブレムになります。


シンノスケさんのブログにも詳しい説明がありますが、エンブレムについては58年からがクロームとの説明になっていります。


ハロー カルマニスト Karman Ghia オーナーズサイト

第2回カルマンギア100台ミーティングが10月に開催決定!

申し込み受付が始まりました!

カルマン100台ミーティングのHPはこちらです!
 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
http://www.karmannghia100cars.com/






 第1回のミーティングが2008年に開催されたのですが、そのときは愛車が修理中で、新幹線での参加となってしまいました。


今回は、前回のリベンジを果たすごとく、愛車での参加で、さっそく申し込みをしました。
なんか、1番に申し込みしたようで、赤のおじさんのブログでネタにされてしまいました(笑)


私は関西在住ですが、「いつか日本中のカルマンが集めるようなことが出来たらええのになぁ〜」と昔から思って、あるときmixiで訴えかけてみましたが、「そんなん無理だよ!」って言うのがやはり大方の意見でしたが、そんなときにカルマン乗り大先輩のtosioさんが、「カルマンを集めるぞ〜!!」との勢いではじまったのが、第1回ミーティングでした。


100台ミーティングの名の通り、100台以上のカルマンが集まった、とても素晴らしいイベントでした。しかもこのイベントはどこの紐付きでもなく、純粋にカルマンオーナーが企画からすべてをおこなったイベントなんです。関東勢のスタッフの方には本当にご足労ご尽力をかけていただき感謝ですね。


第2回も同じ関東での開催ですが、関西、中国、四国、九州からもたくさん集まってくれるといいなぁ〜♪
ぜひ一緒に会場までランデブーで行きましょう!


ハロー カルマニスト Karman Ghia オーナーズサイト

行ってきました!Come On Shimanto!四万十川キャンプミーティング (前編) [カルマンギア]

 今年はこのイベントに照準を合わせたと言っても過言ではありません(笑)
昨年に引き続き、ワーゲン仲間である高知のKAZUさんが主催する「Come On Shimanto!」へ参加してきました。

 


このイベントの最大の特徴は、キャンプが出来るということです。
昨年はオートキャンプのデビュー戦で、見事に雨にたたられたのでリベンジというわけです。
キャンプにせよ、どんなイベントにせよ、前夜祭で仲間と酒が飲めるのは楽しいですし
普段以上に仲良くなれるので前夜祭のあるイベントは好きです。

 


今年は、姫路の有名な田中酒造の絶品吟醸酒「白鷺の城」をあらかじめ手に入れて持っていくことにしました。この酒はどのどのイベントに持ち込んでもみなさんに喜んでいただける逸品で、今は欠かせないアイテムになりました(笑)

 


さて、カルマンに積めるだけ積み込んで準備をしましたが
出発前日はなんと甲子園のナイターに野球観戦に行ったのです。
本来は前夜は早めに寝て早朝に出発しようとしたかったのですが
巨人戦ということで、私も息子もこれを欠席することは出来ませんでした(笑)
でも、おかげさまで9回ウラに鳥谷のサヨナラヒットで勝ったのでよかったです。

 


さて、昨年の四万十キャンプはGWと事故とで渋滞に次ぐ渋滞。
さらには今年は龍馬人気にあやかって。高知にはかなりの観光客が訪れるらしい・・・
これは渋滞必至ですな。とにかく渋滞を避けて出発ということで
夜中の3時に出発しました。

 


通常で行けば高知までは3〜4時間、四万十までは5〜6時間で行ける距離です。(約400キロ)
でもさすがにGWです。深夜のこの時間帯でも、渋滞こそないものの交通量は多かったなぁ。
岡山県内で事故渋滞が少しだけありましたが、スイスイと進みます。

 


6時頃にはすでに高知県内にいましたね。
一度給油してコーヒーブレイクしただけで、そのまま四万十まで直行!
ナビの設定を間違っていまして、少し遠回りしました。おかげで山道を走らされ
挙句の果てにリアの右側のホイルキャップを紛失してしまいました・・・・。
(以前から緩んでいたのですが、直さずそのままで・・・到着後現地で直しました・・・遅い!)

カルマンギア キャンプ 四万十

※翌日のイベントの写真

 


でも8時には現地に到着!
誰一人いません・・・当たり前か・・・
とりあえず主催者のKAZUさんに電話・・・不通
仕方ないので、67キャンパーさんに電話。
まだ準備中で昼ごろ到着ということらしい・・・

 

カルマンギア キャンプ 四万十

仕方ないのでテントを張り、朝ごはんの準備です。
あらかじめヤフオクで落札したミッキーマウスのホットサンドのフライパンが活躍です!
10枚切りの食パン、チューブ入りバター、ハム、とろけるチーズを用意し挟んで焼くだけです。
これはヒットですね!簡単でしかもバリウマです!!!
息子も喜んで食べますし、自分でも焼きたいと言います。

カルマンギア キャンプ 四万十

カルマンギア キャンプ 四万十

 

これにビールで朝からテンション高い!!(普段から高いですけど)
しかし食後は、息子の相手をしなければなりません。
キャッチボール→川で石投げ→キャッチボール→休憩→キャッチボール→川で石投げ→キャッチボール・・・延々と続きます(笑)

 

カルマンギア キャンプ 四万十

その間にようやくKAZUさんが登場!
しかしオーバルを置いて、また帰っちゃいました(笑)
仕方ないのでキャッチボールです!

カルマンギア キャンプ 四万十

 

いつまでの続くのかな・・・・
後編に続く

続きを読む >>

行ってきました!Come On Shimanto!四万十川キャンプミーティング (後編) [カルマンギア]

 後編です。 
軽くドライカレーを作ってランチを終えて休憩したころに
ようやくボチボチとワーゲンたちがやってきました。
やってくるメンバーさんの中に子どもがいたら、もうこっちのもんです!!
私の子守は終了となるのです!

カルマンギア キャンプ 四万十

カルマンギア キャンプ 四万十

※キャブの調子が悪くなったときに呼ぶ高知のJAFはワーゲンショップのイケノウエさん。心強い!

そこへ67キャンパーさんがお子様二人を引き下げ(引き回し?)登場してくれました。
ようやく昼寝の時間到来で、ヘトヘトになった体を休めることができました(笑)

しかしテントが張られると、13メートルは確実になかった。
聞いてみると13フィート(約4メートル)らしいです(笑)
そらぁそんな体育館みたいなテント持ってくるはずないですね(笑)
息子にもデカいテントが来るから楽しみにしておけよ!と言ってしまってました(笑)


陽も落ちて、キャンプファイヤーの時間がやってきました。
今回は67キャンパーさんはギターに加え、三線も持参されていました。
少し弾いてみましたが、弾くだけで沖縄の気分満載になるのですね。
ちょっと練習してみたいなぁと思いました。


KAZUさんのギブソンをお借りして、67キャンパーさんとビートルズセッションをさせていただいました。
練習なしでいきなりのセッションでも、なかなか息の合う演奏が出来たのかなぁ(笑)
67キャンパーさんの演奏とコーラスはなかなか気持ちよく歌えて満足です!
もう夜も更けていき、アルコールもだいぶんまわってきた11時半頃に就寝させていただきました。


翌朝、めちゃめちゃ寒かったです。聞くところによると4℃とか・・・真冬です。
息子もあまり寝れなかったのかなぁと思えば、意外とあたたかくゆっくり眠れたと言っておりました。
厚着&シュラフ2枚重ねが功を奏しました。

カルマンギア キャンプ 四万十

朝5時に空冷サウンドで目が覚めたのですが
テントを出ると、50台のVWがすでに集まっている!!・・・・とはいかなかったです。
岡山のAさんの64ノッチが来てたのみでした(笑)
昨日に引き続き朝からホットサンドとビールをいただきイベントに臨みました。

カルマンギア キャンプ 四万十

朝は寒かったですが、昼間は真夏のように暑かったです。
息子に1000円を渡し、これで1日中遊べ!と。。。
こうすることで私は1日フリーになるのです(笑)

カルマンギア キャンプ 四万十

地元四国はもとより愛知や宮崎、佐賀、奈良など結構遠方からも来られていましたね。
イベント中も蒸し暑いテント内で昼寝をさせてもらいました。
ライブあり!釣堀あり!露天あり!ワーゲンあり!で楽しい1日でしたね。
最後は釣堀の水を抜き、あまごの手づかみです。
息子は「これだけを楽しみにしていた!!」と豪語しておりました。
結果は8匹持って帰ることができました。

カルマンギア キャンプ 四万十

イベントも終わり、3時半には撤収して、十和を後に
そして2006年の富山以来のバス、ノッチ、カルマンの3台揃ってのランデブーです。
この四万十川沿いのコースは信号もほぼ皆無で、ツーリングコースとしては最高です!
いつしか住みたい場所の候補にあげさせてもらいます。


67キャンパーさんとは高知の須崎で別れ、我々は高速道路へ。
ここでまたしても、ETCが反応しません。仕方なくチケットを手にし帰りました。
最初は順調な滑り出しでしたが、愛媛の川之江IC付近で7キロの渋滞・・・


多少の渋滞は仕方ないのですが、ここの高速道路はやたらとトンネルが多く
おそらく一番長いトンネルで渋滞に引っかかったものですから
一酸化炭素中毒、もしくは排ガス自殺の気分を味わうハメになってしまいました。
挙句の果てには咳き込んでしまい、ヤバいと感じた渋滞でした。


その渋滞の中で、高知のローカルラジオ番組を聴いておりましたが
カツオのたたきの話を小一時間ほどやっていました。
名前の由来や、食べ方の紹介など・・・
私は昨年参加するときに、絶対美味いカツオを食ってやると思いましたが
その願いも叶わず、今年こそ!!と高知にやってきましたが結局まだ本場のカツオを
食えなかったのが少々悔やまれます。


この渋滞以外はとくに込んでいなかったので帰りは夕食の時間込みで
7時間で帰ることが出来ました。
改めて楽しい企画をしていただいたKAZUさんや、息子の世話をしていただいた67キャンパーさんに感謝です。
そしてリポビタンDの差し入れをしてくれたJunさんにも感謝します!冷えてて美味かった!!
また来年も参加させてもらいますね!
続きを読む >>

高知四万十川キャンプミーティングに向けて [カルマンギア]

 いよいよ、今週末は高知県四万十川のキャンプイベントに参加します。

昨年は356キャンプスターで参加しましたが、今年は積載量がやや多いカルマンで出動しようと思います。


先月お台場まで往復しましたので、不安はありません。
唯一不安があるとすれば、右リアのホイルキャップが飛んでいくのではないかという不安だけです。
(ちょっと緩いです)


当日準備してもいいのですが
用意した荷物がちゃんと載るかどうか試してみました。


カルマンギア 角テール キャンプ 四万十

荷物はこれにプラスまだシュラフとか食料&クーラーが加わります。


テント(タープ付き)、テーブル、チェア、コンロ×3(多いなぁ)、ランタン×3
焚き火セット、ブルーシート、木炭、マット、食器、調理器具・・・
その他もろもろです。
カルマンはリアシートを前に倒せば、かなり広いらラゲッジスペースが稼げます。


カルマンギア 角テール キャンプ 四万十

どうです?全部載りましたよ。
あとは助手席の足元にクーラーボックスを。
隙間にシュラフと焚き木を乗せて完了です!!


でも今気づきましたが、週末の前に、29日にデイキャンプでバーベキューするんやった。
また降ろさなあかんわ〜(笑)


インターメカニカ春の関西ツーリング 天橋立 [インターメカニカ]

 昨年10月以来のインターメカニカのブログです。
最近はカルマンギアを溺愛しておりまて、356がご無沙汰しておりました。
ブログを楽しみにしていた、全国の女子高生のみなさんすみません・・・。


しかし、半年以上乗っていなかったわけではなく
ちゃんと1ヶ月に1回以上は動かしていました。


でも2月に姫路の繁華街の100円パーキングで
10円チョップをヤラれて、かなり落ち込んでいます。
犯人さん、許してあげるから出てらっしゃい!



さてさて、4月25日は楽しみにしていた天橋立へのツーリング。
しかも雲ひとつ無い絶好のツーリング日和!!!最高です!!!


朝6時に起床し、せっせと磨いて準備。
そして10時に舞鶴自動車道の西紀SAで待ち合わせなので
8時15分に出発。天気は最高なのですが朝は冷えますね〜。
手足がめちゃ冷たいです。


中国道経由で行くので、姫路の播但自動車道に乗るために砥堀ICに乗りました。
ここまでは順調ですが、ETCを通り抜けたとたん
アクセルペダルが戻らなくなりました。
本線に入る直前で路肩に停止。
すぐに、三角停止板(先日ヤフオクでゲット)を置きました。

インターメカニカ ポルシェ356 レプリカ アクセルワイヤー


そうです!アクセルワイヤー(ケーブル)が切れたのです。
これは何度も経験していますが、前触れなく切れます。
だからファンベルトやエンジンオイルとともにスペアを積んでいるんです。


とりあえずJAFに電話して、ケーブルを交換してもらえばいいや!って感じで楽観的な私。
ところが、ベルトやオイルがありましたが、肝心なケーブルがありゃぁしませんねん!!
あちゃ〜!!困ったなぁ〜。


とりあえずJAFにはレッカーの要請をしておきました。
で、この停止現場の近くに私の主治医のマシーンサービスがあります。
今日は日曜なので休んでいると思うのですが
とりあえずケーブルを持ってないか確認のため電話。


ここはワーゲン専門でもなんでもないけど、古いワーゲンやポルシェがちょくちょく入庫しています。
なので、新品はないけど中古ならあるかも・・・との返事。


JAFを待ってる間、道路公団が来てくれて三角コーンや発炎筒をたいてくれた。
クルマが目立つのでみんな見ていく見ていく。
自然渋滞にならなかったので良かったです(笑)

インターメカニカ ポルシェ356 アクセルワイヤー


そうこうしている間にレッカー登場!

インターメカニカ ポルシェ356 レプリカ アクセルワイヤー

最近はリモコン操作で簡単そ〜。
しかもオープンなのでハンドル操作をよさげ〜
オレにもやらせて〜っと心の中で叫んだのであった(笑)

インターメカニカ ポルシェ356 アクセルワイヤー

インターメカニカ ポルシェ356 アクセルワイヤー

インターメカニカ ポルシェ356 レプリカ アクセルワイヤー

次の出口を目指して出〜発!!
「以前も山陽自動車道で止まってましたよね・・・」
ドキッ!!!
やっぱ3年前のことでも、目立つ車は覚えてるんやなぁ〜。
でも親近感わきました(笑)


さて、ここで大切なことは、ETCで入場した場合
出口でもETCカードを渡して料金を払わなければ
次回そのカードで高速道路に入ることが出来ないのです。


しかし、料金所のおじいちゃんが、それを全然理解してくれない・・・
「レッカーに積んどるから払わんでええで!!」の一点張り!
なかなかガンコです。こっちは払いたいと申しているのに・・・(笑)

インターメカニカ ポルシェ356 レプリカ アクセルワイヤー

とにかく料金を払わせてもらい
前回のカルマンもワイヤーが抜けた話をJAFのおっちゃんにしたとこと
今から行く主治医の知り合いらしい。
しかもこのおっちゃん20年前にバグイン鈴鹿やバグサンデーにも行ってたらしい(笑)
世間は狭いのだ(笑)


そんなこんなで12キロ走ったところで
整備屋さんに到着!
しかし、ケーブルは無かった。。。
せっかく乗って帰ろうと思ったのに・・・。


でも、ここんところずーっと始動性が悪かったのと
キャブの調整と排気漏れの修理もついでにお願いすることにして
入院させることにしました。


インターメカニカ ポルシェ356 レプリカ アクセルワイヤー





3rd LOFT CAFE VW TREFFEN 滋賀県朽木 [カルマンギア]

 今年で第3回目を迎える滋賀県朽木村、LOFT CAFEでのバーベキューに参加してきました。
降水確率40%だったので、降るかなぁ〜?どうかなぁ〜?って思ってましたが、やっぱり降りました。
最近というかここ数年私が参加するイベントは雨が多いなぁ〜ヘコむわ。
 

でも、朝6時15分に起床し、7時には出発!
エンジン絶好調で60〜70マイル巡航で山陽自動車道を走りましたが、出口の京都東でETCが反応しない!!!なんでや!
でもとりあえず9時前には集合場所の、琵琶湖大橋米プラザの道の駅に到着!
すでに2台が来てました。

カルマンギア 角テール LOFT CAFE 朽木 滋賀


そして9時半過ぎに、目的地のLOFT CAFEに向けて出発!
30数キロの短いツーリングでしたが、田舎の山道を走るのでそれなりに楽しいです!
しかも雨アリ、濃霧アリ、晴れ間アリ!で山の天気を堪能しながらのツーリングとなりましたね(笑)

カルマンギア 角テール LOFT CAFE 朽木 滋賀

カルマンギア 角テール LOFT CAFE 朽木 滋賀


カルマンブラザースのツーショット!

カルマンギア 角テール LOFT CAFE 朽木 滋賀

時折晴れ間も・・・
カルマンギア 角テール LOFT CAFE 朽木 滋賀

カルマンギア 角テール LOFT CAFE 朽木 滋賀

11時はLOFT CAFEに到着。この時点では雨も昇降状態で
この間にさっさとバーベキューをはじめてまえ!!って勢いで始めると
また雨・・・しかも息吐くと白いよ〜。やっぱり北部は寒いんやなぁ〜。


ブルーシートで簡易ルーフを作り、その下でのバーベキューとなりました。
狭い空間で、みんな黙々と食べます。
ほとんど会話は無い!聞こえてくるのは「熱い!」という単語だけ。
肉を箸で返すとき、炭火が熱くて、出てしまう単語・・・ただそれだけ。
ひたすら食いました。


肉を食ったあとは、息子と河原で石投げです。
何段いけるか勝負・・・これが結構夢中になってしまいました。
でも30分もしたら、雨降ってるし寒いし、ってことでやんぴです。

カルマンギア 角テール LOFT CAFE 朽木 滋賀

カルマンギア 角テール LOFT CAFE 朽木 滋賀

時間もいつの間にか2時を過ぎましたので、遠方の私たち親子は
おいとまさせていただきました。
復路はかなり降りましたね〜。土砂降りでした。そして横風も結構ありました。
またしても出口の姫路東でETCが無反応・・・なんでやねん!
カードがOMCやからかな??


寒さに冷えた体を温泉(あかねの湯←超地元)であたたまり
岐路に着きました。
初めはカルマンは雨に濡らしたくなかったのですが
もう先月のお台場で塗れましたので、もう気になりません(笑)

カルマンギア 角テール LOFT CAFE 朽木 滋賀
LOFT CAFEさん、また来年!良いお年を!!

4th VWs ジャンボリー 往復1300キロの旅 イベント編 [カルマンギア]

 イベント当日は朝から強風と小雨。ちょっぴりテンションも低いですが、私のメインイベントは昨夜のキャンプでしたので、よしとします(笑)

 今回はカルマン少ないなぁ〜。やはりこの天候でドタキャンした人も多いんだろなぁ〜。でもカルマン仲間との再会はいいもんですね。
 そして普段mixiやネットなどのオンラインでしか話したことない方たちにもお会いできて嬉しかったです。

今朝の雨と風が嘘のようにやみ、日焼けするほどの快晴にめぐまれました。会場は3周くらいはまわったと思います。いつものことですがカルマンのパーツはほとんどありませんでした。まったりと過ごさせていただきました。

午後4時、また姫路に向けて走らなければなりません。だれか帰らなくてもいいツーリング開発して〜!!!

写真、設定が悪かったのか画質がイマイチです。

カルマンギア 角テール ジャンボリー お台場

カルマンギア 角テール ジャンボリー お台場

カルマンギア 角テール ジャンボリー お台場
タイショウ☆さんのカルマン

カルマンギア 角テール ジャンボリー お台場
ベストカルマン受賞(以前広島まで見に行ったカルマンそのもの)

カルマンギア 角テール ジャンボリー お台場
タイショウ☆さんのフロント

カルマンギア 角テール ジャンボリー お台場
FRAMとカドロンキット

カルマンギア 角テール ジャンボリー お台場

カルマンギア 角テール ジャンボリー お台場

カルマンギア 角テール ジャンボリー お台場
塗装が完璧

カルマンギア 角テール ジャンボリー お台場
WCCの内装 私より長い8ヶ月待ち

カルマンギア 角テール ジャンボリー お台場
完全剥離 Bugspotで完璧なレストア

カルマンギア 角テール ジャンボリー お台場
インターメカニカ

カルマンギア 角テール ジャンボリー お台場
911とType3とのあいのこ「913」 ネーミングがいい!

カルマンギア 角テール ジャンボリー お台場

カルマンギア 角テール ジャンボリー お台場
タっちゃんのバリアント

カルマンギア 角テール ジャンボリー お台場
カルマンパパさん

カルマンギア 角テール ジャンボリー お台場
KAZZさん、燃料漏れ中。

カルマンギア 角テール ジャンボリー お台場

カルマンギア 角テール ジャンボリー お台場

カルマンギア 角テール ジャンボリー お台場

カルマンギア 角テール ジャンボリー お台場
駐車場だからOK、もし路上ならアウト!




4th VWs ジャンボリー 往復1300キロの旅 宿泊編 [カルマンギア]

 フラットフォーをあとにした我々3台は、今夜の宿泊場である、都内のキャンプ場を目指しました。羽田空港近くの城南島海浜公園一般キャンプ場です。
ナビがあっても4車線のうち2車線が立体交差になっていたりして、思うようにキャンプ場に着きません。お台場近くまで行ってしまいました。

ほんまにこんなところにキャンプ場があるんかいな?と思いながら工場地帯を抜けると公演があるではないですか!!!自宅を出発してから12時間。ようやく到着しました。

今回は関東のカルマン軍団をはじめとしたおっかなビックリチームに設営をすべてお任せしました。中でもキャンプがとても似合わない方が、最近キャンプにハマっていて、カルマンではなくハイエースで機材など満載で来て頂き、本当に恐縮でした。

カルマンギア キャンプ お台場 ジャンボリー

しかし、ここは海を挟んで羽田空港が見えます。しかも飛行機が落ちてきそうなくらい低空飛行です。さらには轟音&爆音!!!めちゃうるさいです!それがなんと5分おきに飛んできます。うちの近所のバス亭でも1時間に2本しか来ないのに、5分おきに飛んできて、それが深夜の12時過ぎまで続くのです。
そらぁ〜このキャンプ場が穴場と言われるのがよくわかりましたわ!!!

挨拶もそこそこに、千葉のピーナツもほおばりつつ、赤のおじさんの奥さん手作りのロールパンもいただきそしてビールもほどほどに飲んだところで、私にとうとう睡魔がやってきました。寝たのは東名高速道路の上くらいでしたので、すぐにテントでダウンさせていただきました。

でも爆音でなかなか寝付けませんでしたが、爆音も慣れてくるといつのまにか子守唄に聞こえるではないですか!!!ぐっすりと2時間くらいねさせていただきました。そして鼻血が出て目がさめました。なぜでしょうね??

あとはひたすらご当地グルメのごちそうをいただき飲むだけの時間が続きました。
生ハムにモッツァレラチーズはうまかったなぁ〜!あとトキの肉?(なんの鳥かわかりません)も柔らかくてジューシーでした。さらには得体の知れないケモノの肉。ハバネロソーセージにレモンミルク。そして宇都宮餃子。あと宇都宮の郷土料理(名前は知らない)はややキツかった(笑)

カルマンギア キャンプ お台場 ジャンボリー

カルマンギア キャンプ お台場 ジャンボリー

私も姫路からご当地グルメを持っていきました。姫路の老舗ホテル、クレール日笠で取り寄せてもらった最高級しし肉。そしてナロー911Sに乗る大先輩の酒蔵から特別に搾り出していただいた生吟醸「白鷺の城(200本限定)」をみなさんに食していただこうとお持ちしました。
でも、私はもう眠くて先に寝ました。あとはみなさんで楽しんでくださいね〜。

カルマンギア キャンプ お台場 ジャンボリー

そうそう!夜になると今世紀最大の風が吹いたのをご存知でしょうか?なんか千葉で最大風速38メートルとかの日です。そんな強風が吹き荒れる中テントで寝るってどーよ?
中にはテントが飛ばされて撤収しているグループもありました。

カルマンギア キャンプ お台場 ジャンボリー

今思い出しても、よりによってこんな日にキャンプせんでも!!!っていうくらいの天候&爆音です(笑)
朝になって雨が降り出し、風が一瞬やみましたが、午前7時頃にはまた猛吹雪です。
こんなんでイベントやるんかなぁ〜。それよりも強風でカルマンに大きなモノがぶつかってたらイヤヤなぁ〜と思いながら寝てました。


とにかくテントが吹き飛ばされずに良かったです。

集まってクルマはどれもアワードを獲ってもおかしくないくらいツブぞろいのフィフティーズカーばかりでした。フカさんのビッグテールカルマンだけですもんね。あとは1950年代ばかりというおかしな集団と化していました(笑)

カルマンギア キャンプ お台場 ジャンボリー

カルマンギア キャンプ お台場 ジャンボリー

4th VWs ジャンボリー 往復1300キロの旅 ツーリング編 [カルマンギア]

 高速道路に乗ってからは快調です!エンジンはすこぶる調子がいい!さすが1641cc カドロンツインなので速いです!甲南SAには予定通り2時間で到着しました。午前3時過ぎです。とろこが場所が悪いのかたまたまなのか、めちゃくちゃ寒いではないですか!!聞くところによるとこの近辺は氷点下だそうで・・・ヒーターがイマイチ効かないんですけどぉぉぉ・・・。
とりあえず待ち合わせ時間まで30分弱あるので、コーヒーを飲んで仮眠です。


仮眠を始めて10分ほどでツヴィッターが登場!「やっぱカージナルレッドはええなぁ~」とお褒めいただきカルマンに乗り込むシマピーさん。お世辞かと思いましたがよほど気に入ってるようでした(笑)

カルマンギア 角テール ジャンボリー お台場


3時半ちょうどにリアルオクラサエンジンを積むオーバル乗り3140さんも登場!これから3台で東京に向けてランデブーです。ナビを付けている私が先頭になり出発。と言ってもこのナビには新名神がありません(笑)とにかく浜名湖目指して出発しました。1953年式、1954年式、1958年式とフィフティーズワーゲンでのクルージングの開始です。う~んいにしえの1950年代にタイムスリップしたかのようですね。


2時間で浜名湖SAに到着。まずは給油です。私とツヴィッターは早々と給油を済ませたものの、オーバルが給油を終えても、バタバタしています。もちろんバタバタしているのはエンジンではなく本人です。何をしてんねんやろ~と眺めていると、オーバルを押しながらこちらにやってきました。どうやらエンジンがかからないようです。キーをひねってもうんともすんとも言いません。もちろんバッテリー上がりではなく電気はちゃんと来ています。


私も2,3度経験していますが、スターター(セルモーター)の突然死なのかなぁと思いました。イグニッションからショートさせてみましたが全く動きません。これはスターターが死んだと判断するしかないですね。とりあえずおとな3名いますので、押しがけスタートです。時間は午前5時半。結局浜名湖では休憩を取らずに、2時間後の休憩を目指して出発することになりました。


クルージングはいたって快調でした。あっと言う間に富士川SAに到着。2時間たってもまだ静岡県というのには驚きましたが・・・。時間は午前7時半なのでまずは朝食です。富士山もキレイでした。
3140さんが「エンジン切ってもいいですか?」と・・。つまり出発時はおじさんたちもう一度押してね、と無言で言ってるのと同じ意味を指します。
軽く名物のヤキソバを食べ、30分ほど休憩をとり、次は東京目黒にある聖地フラットフォー本社を目指すことになりました。もちろんオーバルのスターターを交換するためです。


カルマンギア 角テール ジャンボリー お台場

カルマンギア 角テール ジャンボリー お台場

出発しようとすると、すでに東京方面は自然渋滞が始まっています。
渋滞中オーバルがクラッチミートをしくじるとエラいことになるなぁと思いながら私もドキドキして運転していました。東名高速の出口数キロ手前はリアル渋滞です。ルームミラーを見ながら心配しながら
の運転でした。

カルマンギア 角テール ジャンボリー お台場

なんとかフラットフォー本社に無事到着し、スターター交換も無事に済ませ、今夜の宿泊地である羽田空港近くのキャンプ場を目指したのであった。

カルマンギア 角テール ジャンボリー お台場

カルマンギア 角テール ジャンボリー お台場

4th VWs ジャンボリー 往復1300キロの旅 出発編 [カルマンギア]

 準備もそこそこに、夜通し走るための睡眠は一切とることが出来ず、それでも関西組との待ち合わせ場所である新名神高速道路の甲南SAを目指し、現地で少しでも睡眠をとらんがため、3月19日(金)の24時に出発しました。予定では午前2時に到着し、1時間半は睡眠が取れる予定でした。


 出発してまず、山陽自動車道の姫路東ICに乗ろうとさしかかったときに、まずトラブル発生です。料金所まではあと50メートル。これは不運なのか?それともラッキーなのか・・・
アクセルペダルからアクセルケーブルが外れてしまいました。一瞬切れたのかな?と思いました。真っ暗の中懐中電灯も無く、携帯電話の明かりで足元を照らすと、ケーブルが外れてしまっていました。

カルマンギア 角テール ジャンボリー お台場


 今回の遠征に向けて本日アクセルペダルをローラータイプに交換したところだったのです。携帯でペダル付近を見るとやはりボルトが落ちていました。ボルトを取り上げるとなんとも軽いボルトで「樹脂製?」と思うような頼りないボルトです。これで取り付けてもまた外れるんちゃうの?というくらい頼りないです。それはいいとしてもナットが見つかりません。見つからないと遠征が出来ません。


カルマン 角テール ローラーペダル


とりあえず、取り付けをお願いした整備屋さんに電話しました。でもさすがに深夜なので出てくれません。仕方なくJAFに電話しました。40分から50分で到着らしい。まだ時間は余裕がある。
でも姫路東ICは山間にあり、とても寂しい場所なのです。そこにオレンジの外灯元に輝く怪しい車は注目の的となりますね(笑)


しばらくすると、整備屋さんから電話がかかってきました。アクセルペダルの件を話すと、「針金かなんか持ってないか?」・・・持ってませんから。
もう酔ってるのと眠たいので出動はしたがらないようですが、自分が取り付けた責任はある方なので、息子さんの運転でかけつけてくれることになりました。JAFとどっちが早いか勝負です。


そんなところにJAFが登場。予定より20分早く来ました。前にミニクーパーを見ていただいたおじさんでした。「めちゃくちゃキレイやなぁ~♪」とお褒めをいただき、早速懐中電灯でナット探しをしてくれました。すぐに見つかりましたが、おじさんは「こんなんやったら走行中また外れるで~!」と。


私も「東京往復できるようにしてもらえませんか?」とお願いしましたが、思いっきりきつく締めることしか出来ないとの不安な返事。。。遠征途中でレッカーで戻るくらいなら、最初から行かないほうがいいのかなぁなんて思ったりしてましたが、関東には私を待つ人々もいますので葛藤でした。とりあえずきつく締めてもらって作業終了。


カルマンギア 角テール ジャンボリー お台場


そんなときにほろ酔い姿で整備屋さんが参上!「割りピン持ってきたからなぁ~、これで取り付けたら絶対折れることもないから大丈夫やで!」と頼もしくも感じつつ、「最初からそうして~よ~」と思っていました。無事にアクセルペダルのトラブルから開放されたのです。時間は午前1時を少しまわりました。念のためツヴィッター乗りのシマピーに「少し遅れるかも」とのメールを入れ出発したのであった。


ちなみに整備屋さんは、その昔Type-3バリアントで衝撃的なショーカーを作りアワードを受賞されたこともある、尊敬する方です。今はシブくカッコイイいおじさんです。



ハロー カルマニスト Karman Ghia オーナーズサイト

4th VWs ジャンボリー 往復1300キロの旅 準備編 [カルマンギア]

 第1回目が開催されたときから、いつかは参加してみたい空冷VW国内最大のイベントが今年も3月21日にお台場で開催されました。

 でも今回はまだ時期早尚だと思い、行くつもりにはしていなかったのですが、昨年琵琶湖キャンプに関東勢が大挙して押し寄せてきていただいたので、そのお返しに関東へ行かないわけにはいかなくなりました。なぜなら前回のキャンプでは、完成したばかりの私のカルマンギアをわざわざ関東から見に来てくれたのですから(本当は飲むことがメインだったと思う)。

 なので、どうせ行くならカーショーにエントリーし、どうせ展示するならちょっといじらなければと思い、ドレスアップをしました。

 まずは前回のキャンプで披露したカルマンタコメーター。これはずーっと不動でしたので、今回配線をちゃんとつなげました。しかし3000回転以上は動きません。あきらかに不良品です。しかしアイドリングや3000回転まではちゃんと狂うことなく動きます。

カルマンギア キャンプ 琵琶湖 ヴィンテージ VW

 そして、前回のキャンプではワイパーが不動でした。先月の土砂降りでの牡蠣ツアーでも不動のまま参加してきましたが、今回は配線をちゃんとやり直しました。と言ってもハンダを付けただけです。ワイパースイッチ自体はハイとローの2段スピード仕様です。でもハイでは普通に動きますが、ローでもわずかに動きます。そしてスイッチを切るとちゃんとオートリターンが働きもとのさやに戻ります。しかし岡山の主治医が言うにはモーターは1段式だとのこと。主治医に持てもらうほうがいいかな?

 そして、WCCで発注したカーペットの運転席の部分がペダルと干渉して敷くことが出来なかったのを今回解消しました。カーペットをカットするのもひとつの方法でしたが、カーペットはそのままに、アクセルを純正からさらに古いモデル用のローラーペダルに交換しました。これでフロアカーペットはぴったりおさまりました。

classic vw sunday カルマン ギア Karmann Ghia フォルクスワーゲン 角テール

カルマン 角テール ローラーペダル

しかし、アクセルペダルを取り外してみると、裏は錆びだらけでした。私のクルマはフロアがとてもキレイだったので購入したのですが、ペダルの裏面は盲点でした。
ここも来月処理します。

カルマンギア 角テール 香川 牡蠣

 さらには、納車当日から抜け落ちた、助手席のアームレスト。納車からはずれてるのはとてもイヤ〜な気分でしたが、これもせっかく型から起こして作った特注品なのでなんとかしたいと思い、内張りをはがして補強して取り付けできないか試みましたが、アームレストの中はスコスコの空洞でしっかり取り付けることが出来ませんでした。これは作り直すかまたおって考えますので、今はそのままです。

カルマンギア 角テール 50s レストア 内装

 それから締まらないリアフード。ゴムが新しいということもあったので、締めずに乗せているだけにしていましたが、調整して締まるようにしました。実はフロントフードも浮いてさらにはいがんでるのもそのうち直さないといけないです。雨がフロントフード内に漏りますから。ついでにフロントガラスからの雨漏りも。助手席側のドアも漏ってますね~。これもいつか直したいです。

 それからジャンボリーには取り付けていこうと思っていたVシェイプのヘッドライト。しかし電球が合うのは売ってません・・・。普通にどこでも売ってると思い込んでいました。フラットフォーに連絡しても欠品で、早ければ月末に入るとの事。これは早く取り付けてカッコイイ流し目をしたいです。

カルマンギア 角テール Vカットレンズ Vシェイプ ヘッドライト

 それと待望のハザード。みさなんが取り付けているハザードスイッチも悪くないのですが、シンプルでカッコイイのを探しました。しかし電気がインプット側から入ってきて、ノブ自体は点滅はするのですが、アウトプット側からは電気が来ません。このアウトプット側をウィンカーにつなぐと思うのですが、アウトが無いとアウトです。とりあえずウィンカーは点滅しませんが、スイッチだけ点滅するという機能性を無視したスイッチになりました。

カルマンギア 角テール ハザード

カルマンギア 角テール ハザード

 あとは、昨年11月の納車以来交換していなかったオイル交換をしました。もちろんあまり知られていないアマリーを入れました。1年間交換不要というしろものです。ワーゲン乗りの方は毎月交換したり3ヶ月交換する方も結構多いと聞きますが、私はアマリーを入れてあまり交換しないタイプです。

 そんなこんなで、とりあえず出発先日の3月19日にはなんとなくそれっぽく出来上がりました。もちろんショーカーエントリーなので過去にもらったトロフィーやカーペットなど小物も積んで出発準備です。

classic vw sunday カルマン ギア Karmann Ghia フォルクスワーゲン 角テール

 今回はイベント前日の3月20日に関東勢の段取りで羽田空港近くでキャンプがありますので、それに向けての準備も必要です。と言っても寝袋、枕、マットだけです。それとご当地グルメの用意しました。

 まずはナローポルシェ911Sに乗る大先輩の酒蔵「田中酒造」でその場で絞っていただいた吟醸生絞り酒。前回の琵琶湖にももって行きすこぶる人気のある酒なのだ。前回は天秤絞りと言う有名な酒をいただきましたが、今回も無理を言って、有名料亭にわずかに卸す幻の酒を少々わけていただきました。

 それと私の友人が経営する姫路の老舗ホテル「クレール日笠」で準備していただいた「特上しし肉」(猪肉)を1kg準備していただきました。ボタン鍋の本場は篠山ですが、姫路のしし肉も負けず劣らずレベルが高いです。

 クルマのドレスアップ&チューニングを少々。そしてご当地グルメを準備して東京に乗り込むことになりました。



ハロー カルマニスト Karman Ghia オーナーズサイト

香川牡蠣ツアーに参加 [カルマンギア]

カルマンギア 角テール 香川 牡蠣

 昨日は雨でしたね〜♪
雨なので車出したくなかったんだけど、「どうしてもカルマンで来て〜」って幹事さんが言うもんだから・・・。
結局土砂降りの中カルマンを走らせることになりました。
でもおかげでフロントガラス左右2箇所から雨漏りすることを発見できたので、ショックです(笑)


淡路ハイウェイオアシスに集合!
私は7時に出発。そのときは降るか降らんかくらいの小雨でした。
淡路に着く頃はぱらぱらきてましたね。

カルマンギア 角テール 香川 牡蠣

9時過ぎに香川へ向けて出発!
そのときは普通に降ってました。しかーし、、、またワイパーが動かない。。。
前回の琵琶湖キャンプのときも動かなかったので、配線を見直して動くようにしたのに・・・・。
幸い高速道路はガラコの威力で問題なかったですが。

カルマンギア 角テール 香川 牡蠣

途中休憩を挟みながら
香川からはいきなり山間部の山奥へ拉致られました。
これはヤバいなと思うこと1時間。

カルマンギア 角テール 香川 牡蠣

こんなひとけの無いところに極ウマの甘納豆の製造工場があるんです!
70年に1回しか甘納豆を食わない私も納得のウマさ!!
これはヤラれましたわ〜!幹事さんさすが!!

カルマンギア 角テール 香川 牡蠣

しかし、雨の中休憩できるような場所は無く
そそくさと、牡蠣食いに走ろうとしていたときです。

カルマンギア 角テール 香川 牡蠣

バスのドアノブが折れました!!!
金属疲労??ちゃんと折れていました(笑)
とりあえず応急処置です。
心強いです!誰かがすぐに工具を出してきてすぐ直りますね(笑)

カルマンギア 角テール 香川 牡蠣

それからまた1時間ほど走って、本日メインの牡蠣です。
私は姫路なので世界一美味い相生産の牡蠣を食っていますので、期待はしていなかったのですが、ここの牡蠣は絶品でした。

カルマンギア 角テール 香川 牡蠣

”焼いて食う!”ただそれだけなのですが、めちゃ美味いんです!
て言うか、ここの店は飲み物も調味料も出しません。全部客持ちです。
でも何も付けずに食らうのがやっぱり美味かった!!
1時間45分食べ放題なのですが、2回転目でギブアップです。
あとは極上の牡蠣メシを食って終了!これで2500円也!!!





ハロー カルマニスト Karman Ghia オーナーズサイト

ヘッドライトはVシェイプレンズ [カルマンギア]

カルマン乗りで有名な西のエロ田さんや東のエロ田さん、それにカルマンギアオーナーでは日本で3番目に有名な赤の’57さんなど、角テール乗りの大先輩たちは、ヘッドライトをヨーロピアンタイプの通称「Vカットレンズ」を取り付けています。
赤のおじさんに日記にも幾度となくこのヘッドライトに日記は登場しているので、もう角テール乗りの間では有名なヘッドライトだと思います。



上のカルマンは有名な車両ですが、完璧なユーロ仕様ですね。
ヨーロピアンレンズは私も目標えだり憧れでもあったのですが、いかんせんモノが手に入りにくく値段が10万円をオーバーする勢いで、Sambaで見つけても手が出ない・・・。
おまけにリムも太くてご立派です。このリムも手に入りません・・・。


私の現在のカルマンのヘッドライトはと言うと・・・
メイド・イン・ジャパンの小糸製作所製なのだ!!!信頼性はバツグンなのです!!
おまけに何の車種用なのかわからないリムまで付いています。


まぁこだわりを持たなければ、別にこれでもカルマンギアに見えるしこれでOKだと思います。
これでも過去にベストカルマンを2度受賞しています(笑)
が、、、多少なりともこだわると小糸ではダメなのです(笑)
せめて東芝あたりならレアかと・・・。


ということで、昨年ヘッドライトだけとりあえず手に入れていたのがあります。
いちおうジャーマンのヘラ製。

カルマンギア 角テール Vカットレンズ Vシェイプ ヘッドライト

そしてVシェイプレンズ!

カルマンギア 角テール Vカットレンズ Vシェイプ ヘッドライト

珍しさと安さでゲットしました。
これでエセヨーロピアンに変身したいと思います!

カルマンギア 角テール Vカットレンズ Vシェイプ ヘッドライト

てか私のはUSモデル(輸出仕様)なのでヨーロピアンにすると、ダブルバンパーをシングルに換えたくなりますし、ウィンカーもテールレンズもアーバンに換えたくなってしまうので、機会があったらこのVシェイプレンズを付けようと思います。



ハロー カルマニスト Karman Ghia オーナーズサイト

忘年会 in 琵琶湖キャンプ マイアミ浜 [カルマンギア]

 12月5日(土)、6日(日)とヴィンテージエロ仲間のたちのお誘いを受け、琵琶湖のマイアミ浜キャンプ場へ行ってきました。特に関東や中部方面からは、私のカルマンを初めて見たいであろう(希望的予想)と思いましたので、キレイにして行こうと思っておりました。

カルマンギア キャンプ 琵琶湖 ヴィンテージ VW


 しかし、あいにく現地は雨模様。まだ納車後一度も水に濡らしていない我がカルマン。でもここでパンダで出動するとダメ出しをくらうと思いましたので、なんとしてもカルマンで行こうと!それに昨日はタコメーター付けたからさりげなく自慢したいしね。(配線はまだだけど)

カルマンギア キャンプ 琵琶湖 ヴィンテージ VW

 現地が雨ということで出発前にワイパーを作動させてみましたが・・・動かない。。。
おいおいワイパーは所詮そんなに効かないけど、無いのは困るナァと思い、急遽電装チェック。
でも、見てもわかんないです。

カルマンギア キャンプ 琵琶湖 ヴィンテージ VW

ワイパーモーターには3本の配線が。しかし真ん中の茶色の線の先はビニールで絶縁されてます。

カルマンギア キャンプ 琵琶湖 ヴィンテージ VW

う〜ん。これは外れているのかもしれないし、、、とりあえずテスターでチェックしてみましたが、スイッチまで電気が来てないような・・・ボルテージドロップで抵抗も変えてみましたがダメ。
仕方ないのでワイパーなしで出発。しかし姫路城の前で一瞬オーディオの電源が落ち、スピードメーターのチャージランプが点灯。しかしエンジンはストールしていない。ヒューズは飛んでいました。


とりあえず、もう一度家に戻り、配線をチェック。
すると抵抗とリレーがショートしてヒューズが飛んでいることが判明。それぞれショートしないよう距離を離し再び出発。


お昼には到着して、信州1959さんの手打ちそばを食べる予定でしたが、出発が10時45分になってしまったので到着は13時15分くらいになってしまいました。
道中はほんの少しだけ雨にやられましたが、現地はほとんど雨が上がってて良かったです。
信州1959さんの手打ちそばはウワサではうまいと聞いていましたが、これは今まで食ったそばの中で一番うまいと思いました!!


カルマンギア キャンプ 琵琶湖 ヴィンテージ VW

いかにも自分が設営した風になっていますが、これはDENNISさんのテント。わざわざ私の車のカラーに併せて購入したそうです(笑)
ここに止めたために、前夜の焚き火で朝には灰まみれでした・・・。
飲んで食ってばかりでしたので、初日の写真はありません。


カルマンギア キャンプ 琵琶湖 ヴィンテージ VW

いつものように、他人のクルマを見まくる(もう何度も見てるにもかかわらず)。
DENNIS号の運転席側のストラップ。私のは付いていないので、作ってもらおうと思います。

カルマンギア キャンプ 琵琶湖 ヴィンテージ VW



カルマンギア キャンプ 琵琶湖 ヴィンテージ VW

やっぱりペリカンレッド(?)とカージナルレッドのレッド対決はしておかないとね。
2台ともアクセサリーのサンシェードが光ります!カージナルレッドもステキな色ですが、赤/黒ツートンも憧れますね〜。


カルマンギア キャンプ 琵琶湖 ヴィンテージ VW

日本人は並んでるところに並びたくなる癖があるようです。何も言わなくても6台のカルマンが並びました。6台中5台が角テールってのもすごいですが、6台ともナンバーの地域が違います。
奥から、多摩、松本、宇都宮、姫路、習志野、品(品川)です。


この後は軽〜くツーリング&ランチで解散しました。
来年のジャンボリーで会いましょう!!ってキャンプの細かな内容はありません。
うまい酒と全国うまいもん市で大満足でした。

カルマンギア キャンプ 琵琶湖 ヴィンテージ VW

カルマンギア キャンプ 琵琶湖 ヴィンテージ VW

そういえば、ここ最近ETCの反応が全然悪くなった。今回の遠征でも1勝3敗で、行きの入り口のみしか反応しなかった。これも今度角度等チェックしてみます。



ハロー カルマニスト Karman Ghia オーナーズサイト

ファンベルト調整 [カルマンギア]

エンジン始動時に、リアからファンベルトの鳴く音が・・・
これはちょっとゆるんでるなぁと思い、確認してみました。


ゆるくなると冷却能力が落ちたり、充電する力が弱まったりします。
ファンベルトの調整は、メンテナンスの初歩ですので、こんな私でも簡単に出来ます。
というか、運行前点検の必須項目です。つまり法律により、自身で確認しなければなりません。
毎日乗る人はしょっちゅうチェックする必要はないと思いますが、たまにしか乗らない人はベルトの張り具合&亀裂は無いか?とオイルの量のチェックは必須です。

 
まずはファンベルトのゆるみをチェック。

カルマンギア 空冷 ファンベルト 調整 ワーゲ

標準の状態がこれ↓。

カルマンギア 空冷 ファンベルト 調整 ワーゲン

画像でわかりにくいかもしれませんが、かなりゆるいです。牛乳を飲んだときのようにゆるゆるです(笑)
空冷ワーゲンのエンジンは、プーリーの幅をシム(ワッシャー)の枚数を増減して調整します。


まずはプーリーナットを緩めます。動かないようにドライバーで固定します。

カルマンギア 空冷 ファンベルト 調整 ワーゲ

ゆるいときはシムを増やすのではなく、減らします。
シムが減るとベルトが外側に張っていきますのできつくなります。逆にシムを増やすとファンベルトが内側に入っていき、ゆるむようになっています。
今回は適当に3枚減らしてみました。

カルマンギア 空冷 ファンベルト 調整 ワーゲ

プーリーナットを締めこんでいくと、ちょっときつすぎました。従って1枚増やして結局2枚減らしたことになります。減らしたシムはプーリーナットと共締めにして失くさないようにします。

カルマンギア 空冷 ファンベルト 調整 ワーゲ

ちょうどいい感じになりましたので、エンジンをかけて様子を見て、問題なければこれでOKです。
ちなみにファンベルトが切れると、クーラーのベルトをはずさないと取替えができません。。。

それとファンベルトが切れたときの応急としてパンストを代用するなどもよく紹介されていますね。
最悪の場合ベルト無しでも、”100メートル走って10分休憩する”を繰り返すとどうにかこうにか帰って来れます。交換用ベルトは常備しましょう。そしてJAFは入っておきましょう。(工具がなければJAFのおじさんが交換してくれます)


ハロー カルマニスト Karman Ghia オーナーズサイト

イグニッションコイル交換 [カルマンギア]

先週土曜日に走行中エンジンがストールし、とりあえず中古のスペアコイルに交換し難を逃れました。
その日のうちに、ビートルハウスでコイルを注文。

ブラジル製とメキシコ製がありました。
2003年まではメキシコでビートルが生産されていたので、メキシコ製のがいいのかなぁと勝手な判断でメキシコ製を購入しました。

翌日の日曜日到着。
せっかくなのでブラックに塗装。
イグニッションコイル 交換 カルマンギア 空冷 ワーゲン

乾きが遅く、2,3度指紋を点けてしまう・・・情けない。

イグニッションコイル 交換 カルマンギア 空冷 ワーゲン

左が塗装完了したコイル。右が応急用のブルーコイル。ちなみに銀ラベル。

イグニッションコイル 交換 カルマンギア 空冷 ワーゲン

定位置に収まったコイル。
別にブルーでも違和感全然ないんですけど、ブラックならちょっと締まるかなぁって感じです。

カルマンギア エンジンがかからない イグニッションコイル 点火系 電気系

上は交換前のブルーコイル。

ついでに、カルマン完成時に配線をし忘れてあったシガーライターも配線を追加しました。
以前は常時電源にシガーライターの配線が繋がってたので
シートヒーターを使うといつも翌朝はバッテリーあがりでしたのでこれで解決です!

さらに、アクセルワイヤーの上に、チューブにまとまったケーブル類が乗っかっていました。
アクセルを踏んだり離したりしている間に、いつか擦れて切れてしまうと思うので、アクセルワイヤーに引っかからないよう、オルタの下を通ってた配線を、オルタの上を通るようにしてとりあえず回避。

コイルを取り付けた直後、カルマン仲間の信州1959さんから連絡があり
メキシコ製のコイルは耐久性が悪いと教えていただきました。(半年で死んだという話もあり)
早く言って欲しかったけど、来春までは持つと思うのでとりあえずこれで頑張ります(笑)


ハロー カルマニスト Karman Ghia オーナーズサイト

備えあれば憂いなし…エンジンがかからない [カルマンギア]

先輩から電話あって、『930(ポルシェ911の中古車)見に行かへん?』と言われたので
『カルマンでお迎えにあがります!』ということで、兵庫県加古川市にあるポルシェ911専門店Keep9に行ってきました。

カルマンギア エンジンがかからない イグニッションコイル 点火系 電気系

携帯画像はイマイチですが、それはそれはキレイな930でした!内外装ピカピカです。
エンジンも調子いいし、ビタミンM(Money)さえあれば私も欲しいくらい・・・
もちろん先輩も購入までには至りませんでしたが、いずれは日産ステージアからポルシェを実現してくれそうです(笑)

目の保養してから、先輩を会社まで送り、私は雨が降る前にそそくさと帰宅することにしていました。
自宅(ガレージ)まであと100メートルというところで、エンジンがプスンプスンと出力が落ち、フカせば多少回転が上がったりで、だんだんスピードが落ちて、ついに止まってしまいました(汗)

カルマンギア エンジンがかからない イグニッションコイル 点火系 電気系 カルマンギア エンジンがかからない イグニッションコイル 点火系 電気系

セルは回るけど、一向にエンジンがかかる気配なし・・・。
『配線が外れたのかな?』と思い、とりあえずエンジンフードを確認。
ちなみに交差点近くなので危ないし、注目の的で恥ずかし〜(笑)

とりあえず、JAFを呼ぼうと思い電話すると40分待ち。まぁ過去の例からいうと早いほうです(笑)
その間にガソリンタンクを見ると、、、おおおお、カラっけつに近いやんけ〜(汗)
もしかしてガス欠かいな???

あ!そういえばカルマンって軽いんや!こんなとこに止めとかんでも、押して移動や!
ということで、30メートルほど押して、とある駐車場に退避!軽い車っていいね!

最寄のガソリンスタンドはセルフなので来てくれやろうし、先輩は仕事で来てくれないし
とりあえずJAF待ちにしました。
ちょうど40分後にJAF登場!!

カルマンギア エンジンがかからない イグニッションコイル 点火系 電気系

『もしかしたらガス欠かもしれませ〜ん』というとすぐにガソリンを入れてくれました。
これでしばしクランキング・・・全然かかる気配なし。
ということでガス欠ではなさそうでした。

カルマンギア エンジンがかからない イグニッションコイル 点火系 電気系

私の長年の勘からすると、『燃料が来てない』か『火花が飛んでない』のいずれかしかありません。
まぁ単純なクルマなので、それくらいしか思いつきません。

JAFのおじさんに『火花飛んでるか見てくれる?』と言ってプラグコードをはずしてチェックしてみると、案の定火花が飛んでいません。しかしプラグはキレイに焼けています。
プラグは問題なさそうなので、デスビかコイルかなぁということになった。

デスビキャップをはずしてみたが、ポイントは新品です。
JAFのおじさんは『コンデンサが怪しい』と言います。

納車直後なので、あいにくパーツは何も積んでいませんが、自宅に帰ればもちろんコンデンサはあります。しかしコンデンサを交換するのに、デスビを外さないといけないので、点火時期が狂うからやりたくないと言います。それはそうですね(笑)

で、私は『コイルを交換しましょか?家が近いのですぐに持ってきますわ!』と。
コイルの交換は簡単なのでJAFのおじさんも『はい!喜んで!』と言わんばかりにシッポをふる(笑)
とりあえずコイルの電圧を測ってみると電気がきていない。そして本体が高熱だった。
私は確信しました!コイルが死んだなと・・・。


 classic vw sunday カルマン ギア Karmann Ghia フォルクスワーゲン 角テール

以前はブルーコイルを黒に塗装したものを取り付けていました。
そして、スペアのブルーコイル(メキシコ製)を取り付けました。

カルマンギア エンジンがかからない イグニッションコイル 点火系 電気系

一発でエンジン始動です(笑)
いつもならスペアパーツはクルマに積んでいますが、今回はまだ積んでいませんでしたが、たまたま自宅近くだったので、すぐにパーツの準備が出来てよかったですが、万が一加古川バイパスの上で止まっていたらレッカーだったでしょうね。

もちろん、修理完了後はすぐにビートルハウスでイグニッションコイルを注文しました。ちなみみ2604円です。dさすがワーゲン安いね(笑)

カルマンギア エンジンがかからない イグニッションコイル 点火系 電気系

かかった費用はハイオクガソリンの1400円のみです。
今後は今までどおりパーツは積んでおきます。


ハロー カルマニスト Karman Ghia オーナーズサイト

グローブボックス ドアプルタブ

カルマンが直ったら、いつも開けにくいと不便に思っていたグローブボックスにプルタブを付けました。
本来ならレディーバグさんで購入予定だったのですが、売り切れでもう再生産しないとのこと。

それならeBayかSambaで探せばいいやと思い、探してみるとすぐに見つかりました。
$10なので国内で買うのとそんなに変わりません。(円高なので)

1週間ほどで届きました。

グローブボックス ノブ VW カルマンギア

まずは裏から外します。

グローブボックス ノブ VW カルマンギア

あとは共締めして完了!

グローブボックス ノブ VW カルマンギア

これでイライラしなくて済みます♪

ハロー カルマニスト Karman Ghia オーナーズサイト

フロアカーペットの謎

 先日、納車されたばかりのカルマンギアのフロアマットのカットが合わない件。

classic vw sunday カルマン ギア Karmann Ghia フォルクスワーゲン 角テール

これはきっと、初期型のローラーペダル用にカットしたに違いない!
ローラーペダルに変えるとイケそうだもんね〜。

ローラーペダル カルマン

↑昔乗ってた59カルマンのペダルまわり。
ローラーペダルでもべつだん不便は全然ないけどね。

ハロー カルマニスト Karman Ghia オーナーズサイト

カルマンギアついに完成!!

あのいまいましい事故から2年半・・・
ようやくカルマンが装い新たに我が家に戻ってきました。

思い起こせば、もう修理は不可能だと言われ、部品取りの道を歩ませるつもりでしました。
その後、新たに愛車を見つけるために、西は広島、東は茨城まで
いい角テールがあるよ!と言われば飛び回っていました。(旅費だけでもかなり使いました)

これだ!という車両が見つからなかったのが幸いして
事故から1年後に、修理をしてくれるという神様が現れ、預けたのが昨年の9月。
本当に直るのかナァとの不安もありましたが、晴れて完成しました!

classic vw sunday カルマン ギア Karmann Ghia フォルクスワーゲン 角テール

一番苦労したのはもちろん追突されたリアの板金ですが、
もっともこだわったのがこのL354カージナルレッドと呼ばれる、赤のメタリック塗装。
非常に満足のいくカラーに仕上がっています。
日陰では茶色に見え、太陽光の下では赤にもオレンジにもピンクにも見える不思議な色です。

classic vw sunday カルマン ギア Karmann Ghia フォルクスワーゲン 角テール

この画像は納車日である11月7日(土)の帰りに吉備SAで撮影したものですが
自画自賛ではないですが、大変納得いく雰囲気です。

classic vw sunday カルマン ギア Karmann Ghia フォルクスワーゲン 角テール

今後の課題はこのヘッドライト回り。

classic vw sunday カルマン ギア Karmann Ghia フォルクスワーゲン 角テール

ヒルシュマンのレッドチップアンテナ。

classic vw sunday カルマン ギア Karmann Ghia フォルクスワーゲン 角テール

カルマンには大変珍しいサンシェード。ビンテージの雰囲気満点です。

classic vw sunday カルマン ギア Karmann Ghia フォルクスワーゲン 角テール

エンジンは事故当時あれだけクラッシュしたものの普通にエンジンがかかるというなんとも頼もしいエンジンをベースにヘッドをデュアルポート化し、ツインキャブに。走りも十分満足しています。
もともとが1641ccだったようです。なんか早いなぁと前から思っていました。

classic vw sunday カルマン ギア Karmann Ghia フォルクスワーゲン 角テール

注文から半年かかりましたが、満足いく内装キットはWCC製。
オーディオとETCはグローブボックスにヒドゥン。


classic vw sunday カルマン ギア Karmann Ghia フォルクスワーゲン 角テール

やっぱり純正マテリアルの内装は気品高く、とてもカルマンに高級感をもたらせます。
高かったですけどこれにしてよかったです!!

classic vw sunday カルマン ギア Karmann Ghia フォルクスワーゲン 角テール

最後に自宅に帰ってから、マットを敷いてみました。
カットがずれていてピッタリセットできませんでした・・・(涙)
お直し屋さんで、直してもらおうかナァ・・・・。

classic vw sunday カルマン ギア Karmann Ghia フォルクスワーゲン 角テール

嬉しくて、自宅前に愛車を並べてみました。普段はフィアットだけであとの2台はガレージにしまっています。

classic vw sunday カルマン ギア Karmann Ghia フォルクスワーゲン 角テール

そして本日11月15日はグリーンピア三木でClassic VW Sundayというかつてのバグサンデーの再来?とまではいかないものの、イベントが開かれたので、このイベントで皆さんにお披露目しました。天気はよかったですが、風が冷たくちょっぴり寒い日でしたが、友人たち(とくに四国勢)がアワードをたくさん獲ったので良かったです。

またクロメキさんがクイズでバイクをゲットするなど(奥さんが運転して帰ったのかな?)充実した1日となりました。



復活するまでに甚大な協力及びバックアップしていただきました、岡山のフリークさんには大変お世話になりました。そして電装関係に長けたブログのお客様のやなぎださんにもご尽力を賜りありがとうございました。
また、事故当時から心配してくださり、また本日の復活を祝ってくださった仲間たちにも感謝です。
皆さんのおかげでこれからもカルマンライフを続けることが出来ます。

ハロー カルマニスト Karman Ghia オーナーズサイト

カルマンギア復活まであともう少し! [カルマンギア]

今日1ヶ月ぶりにカルマンちゃんに会ってきました!

カルマンギア 角テール 50s レストア 内装

ヘッドライナー以外は、初めて貼ってある実物を見ました!
さすがにWCC製!とてもいい感じです!!

カルマンギア 角テール 50s レストア 内装


しかーしっ!!!WCC製はとても出来はいいのですが、『届いたら貼るだけ!』というわけにはいきません。国内での過酷な作業が続きます。合わせて、切って、貼って・・とプロの作業が必要になりますので、コツコツとご自身で作業できない私のような方は、かなりの工賃がかかってきます。

カルマンギア 角テール 50s レストア 内装

カーペットだけで3日もかかったらしいです。工賃を聞いて愕然としました…。内装キットと同じだけ工賃がかかってますので高くつきます!
内装屋さんいわく、国内でも同じ生地が揃うそうですので、WCCの内装を考えている人は再検討されるほうがいいです。

カルマンギア 角テール 50s レストア 内装

ルーフレールのモールも新品を一生懸命探して購入しましたが、取り付けることが出来ませんでした…泣
授業料ばかり高くついた今回の修理です。。。


カルマンギア 角テール 50s レストア 内装

『カルマン専門店』のようになってしまったショップのファクトリー(笑)
見にくいですが、奥にもシルバーのカルマンが止まっています。


9月の下旬に完成予定だということですが、あいにく免停中で乗ること出来ません(泣)
いろいろとツキの無い私です。


ハロー カルマニスト Karman Ghia オーナーズサイト

夏はクーラーがいるんだ! [カルマンギア]

梅雨も明けないまま、とうとう8月突入ですね。
でも梅雨は明けなくても、暑いのが夏。我が空冷ワーゲンカルマンにも、元々よく冷えるクーラーが付いていました。

カルマンギア クーラー エアコン
※友人たちはクーラーもボディ同色に塗れ!と言うが・・・

もちろん夏を越すためににも、クーラーは必須と考えています。上のように見た目はよくありませんが、クーラーが無いとクルマに乗る気も起こりませんよね(笑)

ショップの勧めもあって、リアシート後ろのラゲッジスペースへクーラーを取り付けることを考えていたのですが、どうも冷えがよくないという結論で、元々の定位置で落ち着いています。

ところが、日本国内でもいろいろと工夫する人はいるんですね〜。
まずはカルマン仲間のk-ghiaさんの愛車は、なんとエバボレーターをフロントフードの中に入れてしまうという工夫をしています。吹き出し口も考えていますね。
私にはダッシュに穴を開ける勇気はありません(笑)

カルマンギア クーラー エアコン

こちらにも詳細記事があります。

もう1台は高年式のスポルトマチックのカルマン。
これは、純正タイプのリアトレイから吹き出すタイプをやや強引?に取り付けているような気もします。でも凍るくらい冷えるというから羨ましいですね♪
コントローラーはカッコイイです!詳細はこちら

カルマンギア クーラー エアコン

私がアドバイスを受けたのは、暑いときはリアシートを前に倒して、後頭部や背中を冷やすというもの。そしてイベントやショーなどでは、リアシートを起こして、いかにもクーラーは付いていないよ!って感じにすることでした。

期待していたのですが、冷えないのなら仕方ないです。
いっそのこと、将来は50年代、60年代の純正のエバボレーターを探してダッシュ下に取り付けてたいなぁと思います。パーツが見つかるかどうかは別の話ですが(笑)

カルマンギア クーラー エアコン

↑はカルマン仲間の角テールに取り付けられる前のエバボ♪




ハロー カルマニスト Karman Ghia オーナーズサイト

カルマンギアの内装キットが到着! [カルマンギア]

「来週にも内装出来上がるよ〜♪」と言われてはや3ヶ月。アメリカ人の言うことは信用できません。ようやく内装キットが日本に到着。
今日、早速岡山のショップへ3ヵ月半ぶりに見に行ってきました。

カルマンギア 角テール 50s レストア 内装

このモヘアのヘッドライナーはやっぱり国内では見られないですね。
作ろうと思えば作れるのかもしれないけど・・・。


ヘッドライナー 天井 クロス
通常よくあるのがこの穴あきタイプ。今まで乗ったクルマはみんなこれでした。


「これはすぐ汚れるで〜」って言われましたが、オリジナルにこだわれば仕方ないです。うん!

カルマンギア 角テール 50s レストア 内装

エンジンも載っかってると、イメージわきますね〜。う〜ん、やはり356風エンジンは速そうに見えます(笑)

カルマンギア 角テール 50s レストア 内装

今は亡きインターメカニカ堀井氏の手作りのパーツをエンジン内にちりばめました。いい感じですね。
マフラーは本当はアバルトがいいのですが、ホンモノは古くて見つからないし、リプロは8万円もするから手が出ない(笑)
ストックでも十分カッコイイです。

カルマンギア 角テール 50s レストア 内装

アンテナは以前ebayで手に入れたヒルシュマンのレッドチップ。赤い車体に似合うのではないかな??

いつもカキコしてくれるやなぎださんが配線もやっててくれました。ハザードは付く予定あるのかな??

カルマンギア 角テール 50s レストア 内装

クーラーはリアラゲッジルーム内を予定しておりましたが、冷えないとのことでいつもの位置に付いていました。これだと運転してて風が当たらないのでラジオの下くらいにくればバッチリです。

秋から乗れそうですね。楽しみです。てか予算オーバーしてるらしい…(T_T)




ハロー カルマニスト Karman Ghia オーナーズサイト

カルマンギアの内装キットがようやく完成! [カルマンギア]

アメリカのフォルクスワーゲンのレストレーションに関しては定評かつピカイチだともっぱらのウワサであるWest Coast Classic & Restration(通称WCC)に角テールカルマンギアの生産当時の内装をオーダーして早くも9ヶ月。
ようやく今週完成しました。

カルマンギア 角テール 50s レストア 内装

当時と似た素材をドイツから取り寄せ、ワンオフで作ってくれるのですが、オリジナル志向のオーナーさんには国内でもかなり定評があるのですが、「時間がかかる」のが難点のど飴と言われておりました。

しかし、”半年も待てば大丈夫だろう”と高をくくってのオーダーでした。もちろん私はそんなに英語が得意ではないので、カリフォルニアに住む友人にお願いしてWCCの店舗で直接オーダーしてもらいました。

悩んだ挙句、「1958年のコンバーチブルと同じ内装をクーペで再現する」ことを決めました。クーペはグレーがベースなのですが、コンバチはベージュがベースとなりやや明るい雰囲気です。

カルマンギア 角テール 50s レストア 内装

まだ、現物を見たわけではありませんが、画像はUSの友人が送ってくれたモノです。おそらく2−3日中には届くのではないかと思います。画像を見た限りは当時を再現した満足いくモノです。

カルマンギア 角テール 50s レストア 内装


いよいよカルマンの再デビューが近づいてきました!ワクワクですね♪
1958年コンバチの内装はこちらを参考に!



ハロー カルマニスト Karman Ghia オーナーズサイト

ドイツ カルマン社 破産 [カルマンギア]

ドイツのコーチビルダー、カルマンは8日、オスナブリュックの裁判所に破産手続きの申請を提出した。今後は、管財人の監督下で再建に努めることになる。

カルマンは20世紀初頭からの歴史を持つコーチビルダー。近年はオープンルーフのスペシャリストとして活動していた。オールドファンにはVW『カルマン・ギア』クーペのメーカーとして知られる。


MSNニュースより



ハロー カルマニスト Karman Ghia オーナーズサイト

カルマンギア復活プロジェクト ドームライトドアスイッチ編

みなさんのカルマンギアは、ドアを開けるとルームランプが点きますか?私が過去に乗ったカルマンギアでドアを開けてルームランプが点いた車両は1台もありません(笑)


で、現在角テールのボディを修復してもらってるのですが、購入した時点ですでにルームランプ(ドームライト)が無かったので、ついでにドアスイッチも取り付けてあげようと思い、探していました。


ありそうで、なかなか見つからないスイッチでしたが、ようやく見つけて即ゲット!!!
日本円で約2000円(送料別)。
すぐに届いたので、早速取り付けてもらうために持っていきました。


しかし!甘かった!!!確認を怠ったせいで、高年式のスイッチでした。しかも車両を預けてるショップにすでにゴロゴロ落ちてるような代物・・・がっかりです。

それがこれ
カルマンギア 角テール ドームライトスイッチ


カルマンのドアを確認すると、丸い穴が開いていました。
丸いスイッチは見たこと無かったのですが、ちょうど居合わせた、このブログのお得意様の”やなぎださん”が、ホームページで探してくれて、見せてもらうと・・・やっぱり初めて見るパーツでした。


ってゆーか、探していたパーツがeBayに出ていたので(しかもNOS!)、これも即ゲットしました。

そのときに出品されていたのがこれ
カルマンギア 角テール ルームランプ ドアスイッチ


4日くらいで届きました。それがこれ。
カルマンギア 角テール ドームライトスイッチ


すでに50年ほど経ってるので、多少曇りや汚れはありますが、使われていた形跡はありません。これで一安心です。


しかし、肝心なルームランプのレンズがありませ。58年〜64年までは共通らしいので、誰か持っていませんか???



ハロー カルマニスト Karman Ghia オーナーズサイト

カルマンギア復活プロジェクト ラジオ編

先月ショップを伺ったときは1月中に仕上げるとのことでしたので、今日はどこまで進んでいるのかドキドキしながら、岡山まで行ってきました!
しかし、見た感じそんなに進行していませんでした。



私は全然急いでいないので、ペースを乱さずやっていただければ、そして春頃のデビューで全然いいと思っています。



ただ、リアフェンダーラインはちょっとだけ急いでいただいてサフェーサーを吹いてもらいたいですネ。うっすらとサビも出てくるそうなので…。

でも今日は、ひそかに手に入れていたラジオを持っていったのです。現在はUSAのサファイヤ1(Saphaia?)が付いています。まぁこれがオリジナルなのかどうかはわかりませんが、先日クロムのベゼルの付いたサファイヤ1をヤフオクで手に入れたので、これに付け替えようと思いまして持っていきました。



でも同じサファイヤ1でもチューニングのボタンが違いました。細かなところを言えば両サイドのベゼルも違うし、全然別個のモノだと言う事が見比べてわかりました。

でもどっちが当時のカルマンに付いていたんだろ?と思うと「?」です。見れば見るほど元から付いていたほうがいいような気もしてきました。
当時モノラジオに詳しい人がいたら教えてほしいです。

ついでに、以前からインターメカニカに履きたいと思っていた911アロイポリッシュもショップに転がっていたので、これもゲットしときました。
近々356メッキホイルからチェンジします。
本当はクロームがいいのですが、メッキが錆びるので良くないとのアドバイスをいただきました。





ハロー カルマニスト Karman Ghia オーナーズサイト

カルマンギア復活プロジェクト 外装編

前回の訪問から2週間以上経過してしまいました。
ショップからは11月末までには…と言われていました塗装色の確定をしてきました。

前回のブログにも書いていますが、1958年3月にラインオフされた当時のL354カージナルレッド(赤メタリック)にしようと思っていますが、なんとカルマン仲間の友人が「当時の塗料を使った色見本」を貸してくれるということで、すごい助かりました。



50年代特有の微妙なカラーなのか、似た色はいっぱいありますが、同じ色というのがなかなかありません。
光に当てるとすごく明るくなるし、陰で見ると落ち着いた赤になります。
メタリックが入っているということだからだとは思いますが、なんとか2種類の類似色を見つけ、その中間色で行こうということで決定しました。



さてさて、すっかり剥離も進んでいるかと思っていたのですが、まだリア周りに時間がかかってるようでした。



カルマンのチャームポイントであるリアフェンダーのラインをしっかり出していただいていました。なんども磨きこんでエッジの効いたラインを復元してくださっていました。職人魂を感じます。

また、エンジンチンも職人のたたき出しによって復元されていますが、さらに金属パテを使いキレイに整形していました。細かな作業だと思うのですが、きっちりと仕事をこなしていただいていました。



あらためて主治医を選ぶ大切さを痛感しましたね。
昨今、見た目だけをキレイにして中身は適当なクルマを販売する、いい加減な業者も横行していると聞きます。

しかし、長年の実績と経験と知識、そして「ワーゲンが心底好きなんやなぁ」と思ってしまうスタッフ陣。見えないところまできちっとやってくれてる作業風景を見ると、本当にお任せして良かったと思いました。




ハロー カルマニスト Karman Ghia オーナーズサイト

カルマンギア復活プロジェクト 内外装編

私のカルマンの元色はL354というカージナルレッドだ。小豆色みたいな赤いメタリックカラー。当時のカタログはこんな感じ。



しかし、20年もカルマンを見てきたが、実際にこの目でカージナルレッドのカルマンを見たことがない。どうも不人気な色なんだろか?
見ようによってはかなし渋い!メタリックというところがなんとなくスペシャルなカルマンには似合うと思うのだが…。



ということで、悩んだ挙句、50年ぶりに当時の内外装に戻してあげようと思います。しかしカタログを見るとカルマンクーペの内装はグレーが使われている。グレーと赤のツートンということ。

でも同じカージナルレッドでもコンバチは違う。内装にベージュを使いとても明るい雰囲気。私好みなんです。



じゃぁ外装はカージナルレッドにして、内装はコンバチのカラーにすればオリジナルの雰囲気を壊さずに、好みの内装に出来ると考えた。もちろん内装はWCCR(West Coast Classic Restration)に注文するつもり。ここの内装はとびっきり質感が高く、国内のカルマン仲間の間でもすこぶる好評。やはりオリジナルの雰囲気を出すにはWCCR製しかないね。



ただしアメリカの友人に聞くと、質感は最高だけど、ミスが多いのが難点だと…。2回に1回の確立で間違えるという、いかにもアメリカンな会社だそうです。例えばクーペなのにコンバチ用で製作したり、左ハンドル用のカーペットなのに、わざわざ右ハンドル用を送ってきたり…。

そんなわけで、WCCRに自宅が近いという友人(インターメカニカ&Bug乗り)が直接店頭へ行って注文してくれるというからなんともありがたいです。実は以前WCCRに『カージナルレッドの内装を復元したい』という旨のメールを送ったのだが、しかとされちゃったんです(笑)←適当な英語が通じなかったかも。



もうすぐ剥離も済んで塗装に入るそうなので、とても楽しみにしております。そろそろやなぎださんのレポが待ち遠しくなってます(笑)



ハロー カルマニスト Karman Ghia オーナーズサイト

カルマンギア復活プロジェクト アンテナ編

58カルマンを当時のオリジナル(風)に戻すプロジェクトを進めています。
やっと事故で出来上がったオーバーフェンダーも板金職人さんの努力の末、オリジナルラインに戻りました。

現在のグレーのボディーカラーを当時のL354カージナルレッド(若干自分好みにブレンドするかもしれません)に塗ることに決めました。

さて、カルマンのダッシュには不動ではあるものの純正ラジオのサファイヤ(Sapphire)?が付いていて、おそらく当時からのものではないかと想像します。Blaupunktも大変魅力がありますし、モトローラのラジオなんかも雰囲気ありますよね。

でもラジオは聞かないし、オーディオにラジオが付いてるので、失われたアンテナをインストールし復活させたいと思っています。そもそもスピーカーに位置にはスピーカーが無く、ETCの受信アンテナをセットしてありますのでラジオは聞けない状態です。ワーゲンのアンテナは安くていっぱいありますが、ちょっぴりオシャレにヒルシュマン(Hirschmann)のレッドチップを選択。
ヒドゥンETCのブログはこちら



HirschmannとKarmannはどことなくスペルも似てるし、赤いボディには赤いアンテナがいいかと…。
でもリプロです。本物は高くてもったいないし、持ってないし、見たことありません(笑)
だからクオリティがどんなものかもわかりません。



雰囲気重視なのでこれでよし!です。
いつものようにアメリカでゲット!これももしかしたらこれから流行るかも?(笑)


ハロー カルマニスト Karman Ghia オーナーズサイト

カルマンギア復活プロジェクト開始!

追突され、詰まったボディを元通りに戻すため、ストレッチをして戻ってきたカルマンに本日ご対面しました。
当初来春をメドに直すと聞いていたのに、余りにも早すぎるのでこっちが焦ります(笑)

ブログに遊びに来てくれるやなぎださんや、修理をお願いしているショップからは、「キレイに直った」と聞いていたが、自分でもこの目で確認するまでは「ホンマかいな?」と半信半疑でありました。

なぜなら、どこのショップも「修理不可能」と言ってたくらい原型をとどめていないボディだったからです。



でも、今日確認して、意外とキレイになってるのにビックリしました。
これなら手をかけてキレイにしてやれるなぁと勇気が沸いてきました!!



エンジンルームもパーツ交換かな?と思っていましたが、叩いて凹凸のラインを出しています。







リアフェンダーの下のパネルは事故前から塗装の浮きがあったので、腐っていたと思うのですが、ここだけはストレッチでちぎれてしまったそうです。
やはりカルマンの弱点ですね。パネルを作り直してもらいました。

パッと見ぃはキレイですが、細かく見るとすごいパテの量だとショックを受けました…(笑)
これを剥離すると、ボディが一回り小さくなってしまうのではないか?と…汗

でも、せっかくなので当時のオリジナルカラーである、L354カージナルレッドに戻してあげようと計画しています。
このカージナルレッドのカルマンの実車は見た事ないので、意外と希少かつ目立つのではないかとの思惑がアリアリです!



レッドでありながら、メタリックが入っています。
VWもこんなオシャレなカラーを出してたんですね。でも上の写真を見るとメタリックよりもパール系な感じの輝き方ですね。



内装もオリジナルに戻そうと思っています。カージナルレッドは本来、赤とグレーを基調としているのですが、個人的には明るいベージュを基本としたいと思っていました。

カージナルレッドでもコンバチはベージュなので、コンバチの内装でクーペに合わせたサイズをWCCで注文しようと思います。

ざっと大まかに外装と内装を決めた1日でした。
プロジェクトの報告はまだまだ続きます!



ハロー カルマニスト Karman Ghia オーナーズサイト

カルマンギア100台ミーティング

ついに待ち焦がれていたイベントに参加してきました!

私が長年思い描いていた「いつか日本中のカルマンを集結させたい!」という想いを、関東のカルマンギアのオーナーたちがスタッフとして集まり「カルマンオーナーのカルマンオーナーによりカルマンオーナーのためのイベント」を実現してくれました!



もちろん私が思い描いていたことなんて「100台ものカルマンが並んだらさぞかし凄いだろう」という本当に絵に描いた餅に過ぎなかったのですが、同時期に「全国からカルマンを集めるぞ!」と声を上げてくれた人生の大先輩のTさんがいたからこそ本当に実現してしまったイベントでした。

1年以上かけて企画の構築をしてくださった関東勢のスタッフの苦労は計り知れないことだと思います。彼らに敬意を表さずにはいられません。

ということで、愛車の無い私は、「参加すべきなのか?」との葛藤で悩んでおりましたが、実行委員会の方からベストかルマンを選ぶ「審査員」をやって欲しいと言われ、関西在住の私としては、少しでもお手伝いが出来るならと思い、新幹線で行きました!
場所はロケーションが最高の山梨県の山中湖です。



静岡まで新幹線で行き、そこからは友人の57カルマンの助手席に乗せてもらい現地入りしたのです。
長らくカルマンに乗っていますが、こんなに長く助手席に乗ったのは初めてで、逆にワクワクしましたよ!!!助手席最高!!

愛車が無い私は、愛車プリントTシャツを作り、9/18(土)の昼過ぎに前夜祭に向けて現地入りしました。





BBQでのおもてなしをしていただき、またそこではさらに気を使って私を乾杯の挨拶にご指名してくれました!
関西ギャグを入れながらの挨拶は滑ったのかこけたのかよくわかりませんでしたが、人前での挨拶はここ10年くらいやらされる機会が多かったので、得意とするところではあります(笑)

一夜明けて本番当日!
早朝からどんどんカルマンがやってきます!



これから山中湖1周ミニツーリングなのですが、半分ずつ右回りと左回りに分かれて走るので、たくさんのカルマンとすれ違うという初体験までさせていただきました。
そのとき私は有名な56年のmr.patinaさんの助手席で撮影隊をさせてもらいました。



ツーリングが終わるとそのままイベント会場に年代ごとに分かれて駐車しました。このとき角テールがまさか30台以上も参加するとは思いませんでした!最終的には116台の参加でしたが1959年まで4年間しか製造されていない角テールが全体の1/4を占めるなんて凄いと思いました!
やはり角テールは大切に扱われるので現存率は高いのでしょう!

そして、いつの間に日本法人が出来てたの?って思ったけどカルマン・ジャパン社が協賛してくれてて、なんと日本法人の社長が直々に挨拶をするという素晴らしい企画には驚きました!しかも社長外国人だし…♪



それに、普通は手に入らないだろ?って思うくらいカルマン社は参加者全員にプレゼントをくれました!もうこれだけでもみんな感激だったに違いありません!!

他にも新聞社も来ていました。山梨日日新聞ですが、私はインタビューされたのですが、記事になったのかな?(笑)
雑誌やヘリコプターの空撮やDVDの映像などあらゆるマスコミも来ていました。



午後からは慎重にみなさんのお車を審査させていただきました。
ヴィンテージ部門は、いかにオリジナルをキープしているか!ということを重点に、カスタム部門ではいかにセンスよく、潔く気合を入れてカスタムしているかを見させていただきました。
特にカスタム部門の審査は難しかったです。

天候も良くて、ちょっぴり寒かったりもしましたが、日焼けもしてしまった1日もあっという間に終わっちゃいました!

振り返ってみると、たかがカルマンオーナーが、、、こんなにも充実した企画を立て、こんなにも感動をさせるなんて、本当に個人レベルなの?って思いました。

私も一応、数万人参加するイベントのスタッフを何度か引き受けて、企画の構築などもやらせていただきましたが、お金をかけるといいものは出来ます。でもお金をかけたからといって、人の心を感動させるのはまた別問題です。それを考えると個人オーナーが集まってあんな手作りのイベントなんて出来るの??ってくらい素晴らしいイベントでした。

本当に我々カルマンファンにとっても、ワーゲンファンにとっても、カルマン社にとっても伝説に残るイベントになったのではないかと思います。

ここまでやっていただけた関東のスタッフのみなさんには感謝せずにいられません。本当に参加させていただきありがとうございました。




写真もたくさん撮りましたので、サイトのほうでも見てくださいね。





ハロー カルマニスト Karman Ghia オーナーズサイト

修理を決意[カルマンギア]

昨年6月11日に信号待ちで追突され、もう修理不可能との診断で、一時は部品取りの道を歩むこととなった、我がカルマンギア。

保険屋さんに3ヶ月ほど一時保管していただいていたのですが、昨年9月末には加古川のインターメカニカ代理店ウルフブルグ商会の簡易ガレージにてしばらく保管してもらっていました。

いつまでも保管してもらっているわけにもいかず、途方にくれていたところ、修理していただけるという方が現れました。

「どうせ、置いていても腐る一方やし、ワシが直したる!」との心強い言葉をいただいたのが今年5月。それから4ヶ月、、、待てど暮らせどなんの連絡もなし。ほとんど一人でやっていらっしゃるような方なので、急いで連絡することもないのですが、他人の保管場所にいつまでも預かってもらっているので、先週こちらから電話してみました。

そして、本日入院となったわけです。





よく勘違いしがちですが、あくまでも現状回復が目的であって、レストアではありません。とにかく、リア周りをキレイに直して、走るようにすることが目的。ついでに全塗装してオリジナルカラーに戻すことも考えていますが、費用面でどうなるかわかりません。

フレームが曲がろうと、ミッションが歪んでいようと、どんなことがあっても修理してくれるとの心強いお言葉をいただきましたので、とにかくすべてを一任してみようと思っています。



「(修理期間は)1年程度みておいたほうがいいですか?」と聞きますと、「そんなかかるなら引き受けない!半年は厳しいが来年の春くらいまでには絶対直す」と言われました。



費用はそこそこかかってしまいますが(普通なら修理をあきらめる方が多いと思うくらい費用がかかります)、家族同然のカルマンギアなので、早く帰ってくることを願っています。






ハロー カルマニスト Karman Ghia オーナーズサイト

KdF of Japan主催 VWトレッフェン チロルの森 in長野県塩尻

カルマンギアに乗っていたときはいろいろと遠方のイベントにも参加しましたが、ここ最近は近場のイベントにしか参加していませんでした。
しかし、夏休みでもあり、阪神タイガースが好調なことも手伝って、テンションがあがったところで長野県塩尻にあるチロルの森に行ってきました。

姫路からは約500キロのロングドライブ。
前日の夜8時に出発しましたが、中国道の宝塚の事故で15キロ渋滞でしたので、最初の待ち合わせ場所には間に合わず、最終待ち合わせ場所でる、長野県の中央道の駒ヶ岳SAを目指してひたすら走りました。
関西組4台で集まり、現地を目指して朝7時半に出発。



駐車場に止めて1日まったりというイベントが多い中、ここのイベントの特徴は園内に止めて、1日出られないという軽い拘束にあります(笑)
駐車場ではチラ見しかしないお客さんも、園内に止めるとじっくり見て話しかけてくれたりします。車をよく知ってもらえるという意味ではいいですね。



それと参加者の中で、ネットではよく話す友人とリアルに出会えるのはクルマイベントのいいところですね。
今回はカルマン仲間4人と出会えました。
写真は有名な角テール2台です。今ではすっかりマイナーなカルマンギアシーンを熱く引っ張ってくださる方々です。本当に出会えてよかったです!



秋までイベントはたくさんありますが、ガソリン価格高騰の中、遠方にも積極的に出かけようと思います。


写真もたくさん撮りましたので、サイトのほうでも見てくださいね。




356がリバイバル?[インターメカニカ]

みなさんご無沙汰しております。
カルマンギアの事故から長らく消沈しておりまして、空冷に乗る機会が冬の寒さとともにめっきり減ってしまいました。
春が来ればブログも増えますのでしばしお待ちを…(笑)

さて、今日は356レプリカといってもインターメカニカでも無くちょっと違った視点の356を紹介します。



見た感じ、356ですけどちょっと現代風ですよね?
これ、間もなく発売予定のヨーロッパで仏PGO社とドイツBRA GmbH社が販売する「Cevennes Turbo CNG」という車だそうです。

しかもエコカーで天然ガス仕様!それになんと150馬力のターボ付きというから凄いですよね!!排ガスはハイブリットカー並みにクリーンなんだそうです。それにスピードスターながら、サイドウィンドウ付きです!堀井さんのアイデアをパクったか?(笑)



かなり現代風にアレンジされていて、どちらかというとVWビートルに対するニュービートルがリリースされたように、現代版356って感じがしますよね?そう見ると「アリ!」って感じがしますよね!





見た目オリジナルを重視するインターメカンカとはまた違った視点でデザインされているのがよくわかりますよね!
ちなみに価格は7万ドルらしいです。

ただ、私個人の感覚ですが、インターメカニカは今後50年経過しても「カッコイイ」車だと思いますが、こちらはどうでしょうか?やはり飽きが来ないオリジナルデザインと比べると、インターメカニカのように10年、20年と所有する人はいなかいかもしれないですね。

それとパーツの供給も心配です。空冷ワーゲンエンジンをベースとしたインターメカニカなら国産車と比べても安いパーツがいつだって手に入りますから、長く乗れますよね。

って結局、インターメカニカを褒める日記になってしまいました(笑)
これはこれでいいと思いますよ!

2008年開催!カルマンギア100台ミーティングに向けて[カルマンギア]



来年の話ではありますが、日本の中心地(長野や岐阜あたりが濃厚)にてカルマンギアを集めてみよう!ということで同士が集まり日々活動しております。
もともとはカルマンって日本に何台くらいあるんやろ?それらを集めてみたらおもろいやろなぁ〜みたいなノリだったと思います。

その昔「カルマンギア・トレッフェン」ということで過去に2度ほどカルマンのみのイベントは開催されていますが、2003年以降?は開催されていない。

mixiの登録メンバーが中心に動いておりますが、私も非力ながら生粋のカルマン乗りですので協力させていただきます。

第一段階としてカルマン生息の把握確認ですが、台数は172台(内mixi登録台数は105台まで)となっています。
これは実行委員長であるカルマニア(実は私もカルマニアのメンバーだったのですがいつのまにかメンバーでなくなっています(笑))のtosioさんがリサーチしていただいております。

私も最近「HELLO KRMANNIST ハローカルマニスト」というサイトを立ち上げ、そこでカルマンのオーナーさんの実数の把握とご紹介をさせていただいております。
カルマンのオーナーさんはぜひとも愛車の写真とともに登録していただきますようよろしくお願いします。

登録はこちらから
http://karmannghia.jp/syoukai.html



ハロー カルマニスト Karman Ghia オーナーズサイト

雑誌カーマガジン「356スピードスター」特集[インターメカニカ]



今月のカーマガジン見ましたぁ??
6月26日に発売されるのは知っていたのですが、今日ようやく本屋でゲットしました!!

今まで20年間カーマガジンを読んでいます(立ち読みですけど)が40ページにもわたって特集された記事なんていままであったのかなぁ?って思うくらい凄い特集でした。

もう穴が開くくらい見まくりました(笑)
なぜかというと、6月初旬にこの特集が組まれることをウルフブルグ商会の堀井さんから聞かされていて、先日、日本に上陸したばかりの「ナローポルシェのエンジンと足回りをまとったインターメカニカスピードスター2.2」も『ポルシェ356スピードスター』の特集記事に載る"予定"と知らされていました。

そのためインターメカニカ東京のKさんから取材した画像を送って欲しいと言われて、撮影したインターメカニカ2.2の画像を全部送っていたのです。
"カメラマンMAXX"としてカーマガジンデビューとなる予定だったのです。

しかし、どこにも記事も写真も使われていませんでした(笑)
でも、ポルシェ356特集なのにインターメカニカも2ページに渡り記事になっていたのは凄いなぁって思いました。

やはり、本物をしのぐ性能や質感と、それが現在でも新車で買えるというアドバンテージは、私のように「356ファン」の心をくすぐるものだと思います。

お金と時間が有り余るほどあれば、オリジナルポルシェ356も所有してみたいと思いますが、今の私にとってはインターメカニカが最良の選択であったと思います。たとえ仮にお金と時間があってオリジナルを所有したとしてもインターメカニカは手放すことが出来ないでしょう。
こんなにカジュアルにぶん回したり飛ばしたり出来て、ランニングコストの安いクラシックカーはインターメカニカをおいてそうありませんよ。



今回の記事の中で、「え?オレの?」って思うようなキレイなグリーンの356もありました。これはカブリオレですが、ホワイトウォールタイヤがすごい似合ってますよね。こういうドレスアップもアリですね!

またクーペの記事もありましたが、クーペを普段の足に乗るってなんだかカルマンギアの角テールを普段の足にするようなワクワクする気持ちになりました。今までクーペはあまり興味がなかったのですがいいなぁって思いました。



特集のあとの2ページにインターメカニカの広告が載っていました。向かって2列目の右から3台目が私の356です(笑)
これは自動車ジャーナリストのシンノスケさんが撮った写真ですね。(シンノスケさんのブログ)
写真は不採用でしたが、愛車が載ってよかったよかった(笑)



車体番号のなぞ[カルマンギア]

まだまだ病みの中の私です(笑)
今日は車体番号について、なぞが解けましたのでお知らせします。

以前、ブログでもお伝えしましたが、VWミュージアムで取り寄せた出生証明書(http://blog.intermeccanica.jp/?eid=468603)がこれです。

VWカルマンギアの出生証明書

1958年3月14日生まれなのはどうやら間違いないので、特に問題にしていませんが、1957年8月から1958年7月まで生産されたモデルは1958年モデルだということはVW界ではよく知られています。
だから私の(入院中)カルマンは1958年モデルだとばかり思っていました。

しかしフラット4さんのサイトで車体番号(シャーシナンバー)を照らし合わせたところ【1865187】は1959年モデルのとろこに当てはまります。参照(http://www.flat4.co.jp/main/yearslist.html)
しかしフラット4のサイトでは1959年モデルは1958年8月以降に生産されたモデルと書いてある。

まぁ'58年モデルと'59年モデルはほぼいっしょなのでどっちでもええやん!って声が聞こえてきそうですが、私は気になるのです(笑)
どうしても腑(フ)に落ちないので、他の資料はないかなぁって探していたところ「トミー毛塚のよくわかるVWマニュアル」で発見しました!

そこの92ページには同じように車体番号のリストが載っているのですがカルマン(ビートルも同じですけど)の車体番号のなぞが解き明かされていました。
ビートルのスプリットモデル(1952年)の途中からモデルイヤーが8月から翌年の7月までに変更されています。
カルマンも同じように変更されているのですが、初期の角テールだけはちょっとややこしい。

1955年8月から生産されているカルマンギアですが、1955年モデルというのは存在しません。
●1956年モデル→1955年8月1日〜1955年12月31日迄生産(5ヶ月)
●1957年モデル→1956年1月1日〜1957年7月31日迄生産(19ヶ月)
●1958年モデル→1957年8月1日〜1957年12月31日迄生産(5ヶ月)
●1959年モデル→1958年1月1日〜1959年7月31日迄生産(19ヶ月)
以上を見ると、1957年と1959年モデルの生産期間が長くて1956年と1958年モデルの生産期間が短いのがわかります。
1960年からは1974年の生産終了まで"8月から翌年7月"となっております。
(なんか昭和64年みたいな…イヒヒ)

実際、車体番号から生産台数を割り出すと
●1956年モデル→131,183台
●1957年モデル→539,509台
●1958年モデル→174,240台
●1959年モデル→753,986台
となっております。
カルマンギアってこんなに生産されましたっけ?ってなりますよね?生涯生産台数はクーペ363,401台、カブリオレ80,899台となっております。

答えは、1964年8月1日からはカルマンギア専用の車体番号を割り当てられていますが、それ以前はビートルと共通だったのでビートルの台数も含まれているからですね…すみません。

ってことで、1955年式はすべて1956年モデル。1956年式はすべて1957年モデル。1958年式はすべて1959年モデルになりますので私のクルマは1959年モデルということがこれでわかりました。
今夜からゆっくり眠れます。




ハロー カルマニスト Karman Ghia オーナーズサイト

追突、その後…衝撃の事実を目の当たりに[カルマンギア]

みなさんのたくさんのコメントやメールに励まされながら、今朝から病院に行ってきました。
やはり大きな総合病院はダメですね〜。
まず、受付から診察までに2時間を越えました。それに10分ほどの診察で終わりです。朝9時に家を出て、診察終わったら昼の12時20分なんだからシャレにならないです。ほんと時間がもったいなくて…。

で、お世話になっており保険屋兼クルマ屋さんへ行って、保険の話を少々。
相手の保険屋がカルマンをどう見てくれるかによって、査定額が全然違ってくるそうです。
私としましては、元通りに復元してもらうのを希望しています。なぜならフロアも一切腐っていない程度のいいボディですし、エンジンがすこぶる好調ですし、希少角テールをつぶしてはいけないという使命感もあるからです。

保険屋によってはクラシックカーの価値を全然認めないところもあるそうで、万が一修理不可能の場合、たとえば「50万円で堪忍してください」ってことにもなるそうです。
一応90万円の車両保険に入っていますので、50万円の場合40万円がこちらの車両保険から支払われる形もとれます。
しかし、こちらの保険は使いたくありません。

相手の保険屋さんには、「昨年コンクールで2度優勝(ベストカルマン賞のことです)していますので、それ相当に修理をお願いします」と言っています。
最終的にはいろんなところで妥協点を見つけて示談していかないといけないですが…。

その後積車に積まれたカルマンとの再会を果たしましたが、、、
悲しかったです。本当に涙の出る思いでシャッターを切りました。



夜見るのと昼見るのとは全然印象が違っていました。
昨夜は「修理はなんとかなるでしょう」って思っていましたが、ここまでヒドイと修理に期待をもてなくなります。





パネルもズレていますし、フェンダーもねじれて切れてしまっています。
ただでさえ板金屋泣かせのカルマンなのに、果たして板金は可能なのでしょうかねぇ??



フェンダーも広がってしまって、まるで356のワイドボディみたいです。
ルーフの根元のところにも歪みが生じています。



実際、ルーフの歪みやドアの歪みもあり、運転席の窓ガラスも落ちてしまっていますし、エンジンもかけると白煙があがってしまいます。

私にとってはカルマンは家族なので、何がなんでも直したいのです。(家族が病気なのに見殺しにする人はいないですよね?そんな心境なんです。)が、これだけ症状を見てしまうと、「修理できるの?」って素人ながら思ってしまいます。
クルマ屋曰く「これはもうボディをいちから作るしかないね!」ですって…汗
また今夜もブルーです。

それにしても、警察も医者も私が軽症なのを見てビックリしていました。
それは私のカラダが強靭なのではなく、カルマンのボディが意外にもしっかりしていたってことでしょうか?それともヤワすぎてショックを吸収してしまったってことか???シートベルトなしで、フロントガラスに頭をぶつけていなかったことにも警察&医者は驚いていました。

あと、怪我は1日経つと、とても首が痛いです。
しばらくは病院通いするしかありませんが、なんとか自分の復活とカルマンの復活を願うしかないです、。、トホホ。


ハロー カルマニスト Karman Ghia オーナーズサイト

知らぬが仏…洗車の巻 [カルマンギア]

今日は日曜日。朝から絶好の洗車日和で、超快晴です。何週間ぶりかに洗車することにしました。
今日は前から気になってたバンパーの小さなサビも取るぞ〜!ってな意気込みで開始しました。

バンパーを磨いていると、グリル(フレッシュエアーベントグリル)のところからうっすらとサビらしきオレンジ色に染みているのを発見。
それにグリルもなんだか曇っているので、はずして磨くことにしました。



するとすると…、、、かなーりショッキングな地獄絵を発見してしまいました。グリルの中は土とサビで汚染されていました。心臓の悪い方は絶対見てはいけません!!本当にひどかったです。



そこでサビも土もホースの水圧でキレイにしました!!出るわ出るわ!赤茶色の水が…(笑)
でもそれが精一杯です。こすると塗装膜が全部はがれそうな勢いでしたから(笑)



キレイになったところで、しっとり染みてたサビも取りました。そこで発見したのがこの絵です。



私のクルマは明らかにフロントを突いた形跡があります。それはフロントノーズの盛り上がったラインを修正した跡があるのですが、このグリルを見ると、整形しきれなかった跡が伺えます。きっとフロント左をクラッシュしたんでしょうね。

グリルの中にも水抜き穴があることを初めて発見できてよかったです(笑)まぁなんとかキレイにだけはしましたが、洗車後は案の定雨が降ってきました。



いつものことなので、こんなことではへこたれません(笑)
日記を書いている頃には雨もあがってまた晴れてきました。ま、いっか…。

それにしても最近の携帯は写真がキレイに撮れますね。ここ最近のブログはほとんど携帯で撮影しています。
しかも携帯を直接パソコンにつなげるようになってるから便利ですわ!!

ハロー カルマニスト Karman Ghia オーナーズサイト

カルマンギア オーナーズ コミュニティサイト 作ります[カルマンギア]

カルマンギアオーナーズコミュニティサイトと併せて
空冷オーナーズ専用ソーシャルワーキングサービス「STREET BUGS MEETING」(通称ストバグ)を作ってみました。

カルマンギアオーナー同士はもちろんですが、空冷ファンの情報交換をはじめ、いつかはみんなが夢見る日本のカルマンギアが一同に集まるイベントの一助になればと思います。

ハロー カルマニスト Karman Ghia オーナーズサイト


ワイパーをリフレッシュ(その2)[カルマンギア]

先日ワイパーをクロムメッキ風ペイントを塗ったという日記を書きました。そのときは片方だけだったので、両方塗りました。
しかし塗るとすぐに雨にたたられる始末…(笑)
生乾きのままワイパーを稼動するハメに…。。。



前回はそんなにメッキっぽくないって書きましたが、厚塗りすると結構メッキっぽく見えるようになってきました。
でも作業する人が超不器用ということもあって、塗り方が下手です(笑)



でも、簡単にリフレッシュできるのは、クルマいじりの苦手な私にとっては痛快な作業でした。
それにしても、右と左がわからなくなりました。
いったいどっちがどっちなんだろ???














やっぱ空冷が好っきゃねん

ワイパーをリフレッシュ[カルマンギア]

2005年6月の納車当時から気になっていたワイパーの汚れをキレイにしました。ワイパーは当時からサビもあって見た目がよくありませんが放置していました(笑)



まず、替えゴムをホームセンターに買いに行きました。同じ長さで同じ形のものが売っていませんでしたので、出来るだけ近い形の汎用タイプを購入。ちなみに…
メーカー NWB(日本ワイパーブレード社)
呼番 66
品番 TN2 〜525mm フリーサイズ

私のカルマンには純正かどうか怪しいですが28cmのワイパブレードが付いていました。
早速ワイパー本体のサビを取り、サビ止めをスプレーしました。
あ!ワイパーブレードはうまく取り付けられるかどうか不安だったので1本だけ購入しました。


そして「スーパーメタル」というクロムメッキのように輝く(らしい)スプレーを購入。ちょっとオシャレにしようと思いました(笑)
塗ってる間は普通のグレーでしたが、時間とともに光沢が出てきます。



とりあえず、運転席側だけリフレッシュ完了。
頃を見計らって助手席側もやっときますので心配しないでくださいね。ちょっと写真ではわかりにくいですがクロムメッキっぽい感じなんですよ。
でも満足するほどメッキっぽくはないので注意してくださいね。



やっぱ空冷が好っきゃねん

クーラーとパーセルシェルフを同居させるファイナル[カルマンギア]

先日パーセルシェルフの足を2本取ったということを日記に書きました。[参照]
しかし、まだ補強が不十分だったため、今日は補強をしました。そのついでに古くて色あせてたのでリフレッシュも兼ねました。



ホームセンターに行くと、ニスと着色が同時に出来る「カラーニススプレー」というものが売っていました。色も種類があって透明なものから赤っぽいものまで何種類かありましたが、「けやき」という色を購入。



色塗りは楽しいね〜(笑) だんだんキレイになっていくのが快感です♪とりあえず表面を塗って仮止めすると、裏面の見えてる部分も気になるので裏面も塗っちゃいました!



大きなホームセンターに行くとビスやワッシャーもバラ売りしていましたのでビス(5円)とワッシャー(4円)を購入して裏からバッチリ留めました。



これで固定されたので、多少なら重たいものを載せてもOKです。でも色が濃くなったのでちょっと違和感もあります。さらにところどころムラもありますが私はB型なのであきらめます。


やっぱ空冷が好っきゃねん

クーラーとパーセルシェルフを同居させる[カルマンギア]

私のカルマンギアには購入当時からパーセルシェルフが付いています。しかしクーラーユニットが助手席側にあるため、前のオーナーが半分にカットして取り付けていました。
しかも見るからに不細工な取り付けをしています。カットした半分のパーツを利用して2本足で支えています。



納車前から気になっていたので、我が家へ来たあかつきには速攻取り外そうと心に決めていました。しかしあれからもう2年が過ぎようとしています。なぜか?
小物をなんでも置けるので便利がよくて、ついついそのままにしてしまいました。



しかし、最近ご好意にさせてもらってる1957年カルマンギアに乗る赤の'57さんが最近パーセルシェルフを取り付けました。しかも私と同じようにクーラーが付いているにもかかわらずカットすることなく大変スマートに取り付けています。
さすがにライバル(?)があんなにキレイに取り付けているのを見て黙っているわけにはいきません(笑)

私も新たにパーセルシェルフを買って、スマートに取り付けるぞ!っと活き込んでいました。
同じようにうまく取り付けることができるか確認しましたが、クーラーからの配管が斜めしたに伸びているので、干渉してしまい無理だと判断。

そこで2本足だけでも取り除きたいと思いまして、ホームセンターでステーを買ってきました。もともと見た目が良くないので、そんなに見た目を気にせず2本足の取り外しが完了しました。
今後は、補強をして完成させたいと思います。





運転席側には元々金具が付いていてビスで固定できます。同じものが助手席側にもあるので、パーセルシェルフを取り付けたあとにクーラーを取り付けたんだなぁというのがわかりました。



やっぱ空冷が好っきゃねん

スピーカー移設[カルマンギア]

5月5日のブログでスピーカーのことを書きました。[参照





現状は上の画像のように設置されています。設置したときからリアシートを前に倒すとスピーカーに干渉して、フラットになりませんでした。
私はB型なので、あまり気にせずそろそろ2年が経過しようとしています。

今日はフラットになるように前に移動しまた。
六角レンチでボルトを緩めて前にずらすだけです。





これで干渉することなくフラットに倒れます。
でもここで内装のドアパネルのクリップがイマイチうまくはまっていないのに気づきました。
何度もチャレンジしましたが、どうしてもうまくパチッって留まりません。クリップを新しいものに替えてうまくいくならいういけど、ちょっと穴の位置が違うのでやめておこうと思います(笑)

やっぱ空冷が好っきゃねん

クラッチの遊び調整[カルマンギア]

最近カルマンギアでバックするときによくギアをガリガリさせてしまいます。さらに、おととい師匠(ウルフブルグ商会 堀井さん)から「全然遊びないやん。1速入らへんぞ!」って言われてしまったものですから、今日はクラッチの遊びの調整をしました。

以前356でやったことありますし、左タイヤの横らへんにあるクラッチケーブルの先に付く蝶ネジを締めるだけなので簡単だと思っていました。
しかし、いざジャッキアップしてもぐると、蝶ネジに手が届きません。



見えてるのに届かないのはなんとも歯がゆいです。



いろいろと試しましたが、「ヒートエクスチェンジャーをはずすしかない」との結論に達したのです。でもこれをはずののはとても面倒だし、整備屋に任せようかとも考えました。
でも少し締めるだけでお金払うのはなんだか嫌だし、ここはインターネットで方法を探しました。

そうすると、いつも好意にしていただいてるbuslogさんにヒントが書いてありました。もっと前から(運転席方向)から手をもってくるといいって書いてありました。しかし思いのほか蝶ネジが回らないとも…不安。

早速ふたたびジャッキアップです。息子も率先して手伝ってくれますが小学1年生ではそんなに役立ちません(笑)
それに本人はタオルを巻いてすっかりバカボンのパパ気取り(最近衛星TVでやってるのでお気に入り)





もぐって、もっと前(運転席側)に行きたいのに、私の体が分厚すぎていけません(笑)
どうしよう、、、30秒悩みました。
あ!クリーパー(寝板)を使わなければええやん!って結論に(気づけよ!)
最近のクリーパーは結構分厚かったりします。

クリーパーを使っていたためにボディと圧迫してうまく腕を使えなかったのがとても自由になりました♪
前のほうから腕をいれなくても、左タイヤのそばから腕をうまく入れるとスッポリ入りました。
しかも蝶ネジ軽い軽い!

遊びを多くする場合は締めます。少なくする場合は緩めます。
最初はよくわからなかったので4回転くらい締めました。試乗してみるとちょっと遊びが大きかったので2回転ほど緩めればバッチリでした。

今回学んだこと、、、クリーパーも時と場合を選べ!

それにしても最近の携帯電話は写真がきれいに撮れますネ♪



やっぱ空冷が好っきゃねん

サンバイザー [カルマンギア]

空冷ワーゲンのパーツって年式によってもマテリアルや形などに違いがあっておもしろい。
ただ、古いクルマなのでオリジナルでないこともしばしなあります。例えば15年ほど前に乗っていた1963年式カルマンギアコンバチのサンバイザーは半透明のグリーン・プラスチックタイプのものでした。これは戦後の1946年から1959年まで用のサンバイザーでした。
ただグリーンがちょっと薄かったのでリプロだったと思います。

現在の私の1958年式カルマンギアのサンバイザーがとってもユニークなので紹介します。
まず、資料によりますと1955年8月(1956年モデル)から発売されたカルマンギアは当初ビートルのパーツを多数流用していました。たとえばハンドルや灰皿なのです。

それが1957年8月(1958年モデル)からはかなりの専用品が増えました。
ハンドル、ノブ類、そしてサンバイザー。
サンバイザーは半透明グリーン・プラシチックのサングラスタイプのものからアイボリーの樹脂製になったと書いてあります。

普通ならアイボリー樹脂製のものがついているのですが、私のカルマンギアにはグレーのプラスチックのものがついています。
これが実物の写真です。





私自身いろんなカルマンギアを見てきましたが、このサンバイザーだけはいまだかつて見たことがありません。ちゃんとフィットしているので純正品のようにも見えるし、社外品のようにも見えます。
昔の車両ですから、特定のモデルだけ違ったパーツが取り付けられていたってことも考えられないこともありません(笑)

詳細わかる人おしえてください。


やっぱ空冷が好っきゃねん




スピーカー設置 [カルマンギア]

このたびスピーカーを新調したわけでもないのですが、毎回ワーゲンを購入するとオーディオに悩みます。
特にスピーカーの設置場所に悩みますね。最初からすでにスピーカーが付いていたらそのままにするタイプの私です。

その昔、リアシートに家庭用のスピーカーを置いておりました。
これはすごい音量でした。コンバチだったので目立つ目立つ。。。

さてさて、今のカルマンギアを購入したときは、オーディオは付いてなくてもちろんスピーカーも取り付けた跡もありませんでした。
こんなとき、内装がキレイだと穴を開けたりするのは少々勇気が要ります。
そこで私が考えたスピーカーの取り付けは、リアシートの側面です。









このカロッツェリアのスピーカー…実は最新の車のピラーに取り付けるサブ的なスピーカーです。
サイズは小さいですが、音質、音量とも全然不満がありません。一人で運転するときは大音量でミュージックを聴く私でも、全然キレイな音に満足しています。それどころか内装をスポイルすることなく取り付けできたことにも満足しております。

みなさんのご参考になればと思います。



春だ!カルマンデイ [カルマンギア]

4月30日は快晴です。
昨日も快晴で息子と356でドライブしてきました。
今日も完全な「オープン日和」でしたが、カルマンデイってことでぐっと我慢?してカルマンでお出かけ。



場所は神戸農業公園。
いやぁ〜結構来てるナァ〜。香川軍団も来るって聞いていたのでなんとか参加しようと思っていました。
それにカルマンが結構来てましたね。全部で9台です。
これならもしかすると関西でカルマンのワンメイクイベントも実現できるかも知れないですね。



参加車両は全部で39台だったそうです。
カルマン大好きの私は他人のカルマンが気になってしまいます(笑)
いろんなクルマを見ると勉強にもなりますし、刺激にもなりますね。
これからイベントがたくさんあるので、楽しみですね。




他の写真はこちらのサイトやっぱ空冷が好っきゃねんのほうで見てくださいね。





ハーベストの丘 フォルクスワーゲントレッフェン 大阪府堺市[カルマンギア]

ようやく冬も終わって、春が訪れたって気持ちになれるワーゲンイベントですよね。

いつもお世話になっておりますKdF of JAPANのイベントに行ってきました。
ノーマルワーゲンであれば古くても新しくいてもキレイでも汚くても一切問わないという素敵なクラブです。
昨夏の岡山のイベントに続いて2度目の参加です。

本来なら集合時間の朝8:30に到着の予定だったのですが、朝5時に鳴る予定の目覚まし時計に気づかなかった私は7時に起床。
今から行っても8:30に間に合わないと思い、二度寝しました(笑)

でも岡山のAさんから10時頃に電話があり、午後からの参加となりました。誘ってくれてありがとう!!!(笑)

ハーベストの丘

到着と同時に帰るビートルとすれ違いながらの入園でした。
参加台数合計8台とちょっとさみしかったですね。

フォルクスワーゲン トレッフェン

でも熱い思いのオーナーさんのお話もいろいろ聞けましたし、刺激も受けました。ほのぼのとしたイベントですが、このKdFのイベントは結構好きです。毎回群馬から来られる信沢さんには感謝しています☆

大阪 堺市 VW カルマンギア

ノーマルワーゲンのオーナーさんもぜひKdF of JAPANに入会してくださいね〜。

今年もたくさんイベントに参加できればいいなぁ〜。
そしてカルマンが1台でも増えるとうれしいなぁ。

★ワーゲンボディに乗せ替えた超ミニラジコン


★会場の様子




写真もたくさん撮りましたので、サイトのほうでも見てくださいね。

やっぱ空冷が好っきゃねん



カルマンギアと356のスライドショー作りました

最近Myspaceをやっています。
海外のVWガイと仲良くなるのが目的で始めましたが、海外ではかなりVWレディーも多く、みなさんCoolな空冷VWに乗っているのでびっくりです。

それとVWだけでなくグラビア金髪ギャルの登録数がすごく多く、悲しいかなついつい目がいっていまい、そしてトモダチ申請してしまいます。
そんな彼女たちが自身のプロモーションでよく使っているのが↓にあるスライドショーです。

私も愛車で作ってみました。水着写真のほうが見ごたえありますが、クルマでご勘弁を…
登録するだけでウェブ上で簡単に作れますので、みなさんもいかがですか?



























http://www.slide.comで簡単に作れますよ!

Karmann Ghia の出生証明書[カルマンギア]

以前、友人のKARMANN BROS.で彼が愛車2台の出生証明書をVWミュージアムから取得したのを読んだ。

以前からこのサービスを知っていいましたが、長らく忘れていたのを思い出し、早速お願いしてみました。

あれから1ヶ月半…もうすっかり忘れた頃に届きました。
到着したのは2006年の9月30日のこと。

VWカルマンギアの出生証明書

元の色は赤なのはボンネットのハゲたとこで知っていましたが、これが『カージナルレッド』と知って、メジャーリーグの田口を思い出しながら、アメリカンカラーやなぁ〜って一人でニヤけてしまっていました。


1958年3月14日にラインオフかぁ!!ん?ホワイトデーじゃないかぁ???ん〜、これはすごい!(別に凄くないよね 多分当時はホワイトデー制度は無かったかも)

で、19日にはアメリカに嫁いで行ってしまったってことですよね!!!
あれから33年間はアメリカで暮らし、その後日本に嫁いで15年かぁ、、、バツ2?バツ3?
そんなことはどーでもいいよ!(笑)
それにUS仕様(ダブルバンパーとラジオかな?)でホワイトウォールタイヤ(これは維持してるよ)がオプションです。

48年間元気でがんばってることを初代オーナーに知らせてあげることが出来たらいいのにね〜。

取得するにはVWオートミュージアムのサイトに行ってください。
現在ユーロは凄い高いよ!!それでもよろしければ35ユーロ払って取得できます!
日本語の参考サイトは、カリフォルニアに住む自動車ジャーナリストで私の
友人でインターメカニカとBugに乗るシンノスケさんのブログに紹介しております。



やっぱ空冷が好っきゃねん

ハロー!カルマニスト

もしや持病?あのトラブルが再発!!困った![カルマンギア]

昨日の夜、お客さんのところへカルマンで行った帰りのことでした。
信号待ちしていて、青に変わったので、スタート!

しかし、クルマは『ガッガッガッガガガガ』と音を立てるだけで、前へ進みません。おぃおぃ、、、またか!!!

そうです、以前も高速道路でいきなり、前進しなくなってしまい、止まってしまったので。それとまったく同じ症状でした。前回のトラブルブログ
後ろがつかえてるんだからちょっとくらい前に進んでくれ!!!
アクセルを思いっきりあおったら、少しだけ進んだので、そのまま左折して惰性でストップ。



止まった向かいに、建築現場の空き地があるので、押して駐車。こんなとき軽いワーゲンはラクラクです(ま!喜んでいる場合でもないんですけど)
で、時間は6時半を回っているので、メンテしてもらってる整備屋に電話してもつながりませんでした。
しかたなくJAFを呼んで自宅まで運んでもらいました。



JAFの方いわく『この空冷ワーゲンで引っ張るのは経験したことがありません。だいたいトラブルが起こるのはゴルフです。あれは電気系統が弱いんで私の中では一番出番が多い車種です』
へぇ〜、、ゴルフは結構壊れるのかぁ・・・って思いました。



翌日の夕方、また入院です。しばらくは356が足です。

やっぱ空冷が好っきゃねん



第2回神戸メリケンワーゲンストリート[カルマンギア]

先月10月9日に引き続き第2回神戸メリケンワーゲンストリートに参加してきました。
主催は移動式販売車「カパナン・コーヒー・バス」を操る謎の美女、北山なっちゃんです。
いつもは私の地元姫路に月2回、VWディーラーのDUOにやって来て、コーヒーを売っています。そこへ私もちょくちょく行かせていただいておりまして、それがきっかけですね。普段は今日のイベント会場でもある住宅展示場で販売されております。



前回は、気ままに昼から寄ってみたら、入れたって感じでしたが、今回は事前に登録して、朝9時から納車して18時までは拘束って感じでしたので、時間つぶしに何をしようか、前日いろいろ考えて臨みました。

モザイクがあるので、遊園地もあるし、遊覧船やポートタワーもありますし、船で天保山へ、、、なんて考えたりもしていました。
でも結果的に特に何もしなくても、時間を楽しく過ごせました。子供とサッカーやバドミントンをしたり、鬼ごっこやかくれんぼをしていました。遊覧船に乗ったりもしましたが、ほとんど現地で過ごしました。



古いクルマだけに、直前のトラブルで参加できなかっクルマも数台あったみたいでなっちゃんからは15台って聞いていましたが、何台来てたのかなぁ?
久々に会う人、初めて会う人、一般の人、、、いろんな人と話が出来て楽しいですね。



関西ではイベントが少ないだけに、嬉しいです。
次回は来年1月7日(日)、、、なんとこれが最終回になります。「神戸メリケンワーゲンストリート」の会場である住宅展示場がもうなくなっちゃいます。
せっかくいい場所なのに、残念です、、、関西圏の方はぜひとも次回はエントリーしましょうね!!

写真もたくさん撮りましたので、サイトのほうでも見てくださいね。

やっぱ空冷が好っきゃねん



第1回神戸メリケンワーゲンストリート[カルマンギア]



今日は、神戸の住宅展示場で3日間行われている"メリケンワーゲンストリート"に、ナビの性能の確認を兼ねて行ってきました。
土日は福島県に行っていましたので、参加できませんでしたが、最終日の今日はめっちゃ快晴で気持ちよかったです♪



主催者はここの展示場でいつもおいしいコーヒーをバスで販売しているカパンナコーヒーバスさんです。



到着したら、いるいる!ワーゲンたちが…。
日本全国どこへ行ってもタイプ2は多いですね(笑) 逆にタイプ1が2台だったのはちょっと寂しいです。タイプ3も1台でした。カルマンは3台です。
このメリケンパークというシチュエーションとこの青い空は最高でしたよ!

こういう芝生のあるところのイベントってすごく雰囲気あっていいいですね。
また最近のイベントは雨ばかりなので、今日は気分もウキウキ。そして先週の愛知のイベントのために作ったショーボード(パソコンで手作りですけど)も使い雰囲気を出しました。



一般のお客さんが多かったので、少しでも空冷ワーゲンに興味を持ってくれればうれしいなぁ〜。
写真もたくさん撮りましたので、サイトのほうでも見てくださいね。

やっぱ空冷が好っきゃねん




カルマンギア愛好家 Karmann Ghia Freak[カルマンギア]

ボクは空冷愛好家と語っていますが、カルマン愛好家でもあります(笑)
ボクが最初に乗ったカルマンギアはもう20年近く前の21歳の頃。

18歳の免許を取ったばかりの頃、正直空冷VWが大嫌いでした。信号待ちで横に並ばれるとバタバタうるさいし、夏場はみんな窓を全開にして走ってるのを見て、暑くて古いクルマに乗る人はマゾに違いない!って思っていたくらいです。

その頃の私は、最新の国産車に興味がありました。とくに元祖ボーイズレーサーのファミリア3ドアハッチバックに乗っていた私にはホンダCR-Xが憧れ
で、いつか絶対に新車を買うぞ!って思っていました。

しかし、いつのまにか、当時「くるまにあ」という輸入車の中古車情報雑誌を読み漁っているようになり、いつも最終ページ(表紙裏)にカルマンギアの広告がありました。
しかしカルマンギアは60年代のクルマ(当時は角テールなんて幻の中の幻のクルマで写真でさえ見ることがありませんでした)で、到底自分がオーナーになるなんて考えもしませんでした。

その頃、興味があったのは、アウトビアンキA112アバルト、プジョー205GTIなどの小型ハッチバックの輸入車をオシャレに乗りこなしたいと考えていました。もちろんその頃は今と違い輸入車に関税がかかるので、高嶺の花で新車は手が出ませんでした。

そろそろファミリアを買い替えようとしていたころ、知人のクルマ屋さんには当然アバルトの中古車を探してもらっていました。
しかし、「カルマンギア」があるとの連絡が、、、、

私は実車もみたことないし、憧れのクルマだったので、もう舞い上がってしまい、すぐに見に行きました。
それが人生初めての空冷VWであり、初代カルマンギアです。



ここから一気に空冷VWにハマりました。
しかし初代は諸事情(事故で廃車)により7ヶ月でさよならしました。
現在のようにインターネットもない時代ですから、カンタンに次のカルマンが見つかるはずもありません。
初代サニー(S.43年式)でしばらくはガマンしていました。

時はバブル景気の真っ最中。カルマンギアは超高嶺の花で、普通に200万円以上、角テールのコンバチは500万円と言われる時代に突入。
私は愛読書「くるまにあ」で見つけた個人売買により2代目カルマンを手に入れたのです。



キャルマガジンが創刊され、地元でも最先端(だと自分では思ってる)のオシャレなクルマに乗っていると思い込んでいました23歳の頃。
この頃から空冷ワーゲン仲間がたくさんでき始めました。
4年間所有したものの、友達に譲りました。

その後結婚したこともあり、しばらくは国産車やアルファロメオなどに乗り、空冷界から足を洗ったかのように見られていました。
しかしインターネットの発達により「カルマニア」というカルマンギアのオーナーズクラブのサイトに出会ってしまってさぁ大変!!!
「カルマン欲しい熱」が下がりません。。行動派の私は博多までカルマンを買いに行ってしまいました。
それが3代目の59年コンバチです。



めちゃくちゃ程度がよくて、しかも憧れの角テールのコンバチ。これ以上自分にとって幸せなことはありませんでした。
しかし、その幸せはポルシェへと引き継がれてきました。
ワーゲン乗りなら一度は口ずさむ「いつかはポルシェ356に乗りたい」。
それが2年後に今のインターメカニカ356ロードスターに変わってしまいました。

憧れの356のオーナーになれましたが、やはり自分の中での「オシャレでなお且つカッコイイ」クルマは356とカルマンギアの2台しかありません。
そしていつしか目標はプライベートと仕事で乗り分ける空冷車に変わって行きました。

ちょうど足で使っていた国産車が車検でしたので、程度のいい角テールを捜していたところ、現在の愛車に出会ったわけです。


※KG1500さん撮影

現在では356とカルマンギアのある生活を楽しんでおります。




第2回VWミーティング 新舞子マリンパーク[カルマンギア]

昨日愛知県のイベントに行きました。
ここ最近はインターネットの発達やミクシイの人気から、VWイベントにも結構な台数が集まっています。
先日の京都のイベントもいつも通りに行ったら、イッパイで入れなかった反省から、このイベントにも開園とともに入場することに決めていました。

愛知県知多市は行ったこと無いですが、まぁ4時間見とけば余裕で行けるでしょうってことで朝の4時に出発。
天気は”なんとか1日もつ”ということだったけど、神戸に入るとすでにポツポツ降ってきました。。。
おい!傘も持たずに出発したのにぃぃぃ、、、

マイミクのノブさんが会場近くのマクドに8時集合するということだったので、何の連絡もせず(ノブさんにはいつもサプライズの作戦です)直接行きました。
しかし到着したのは7時でした。



姫路バイパス〜第2神明〜阪神高速〜西名阪〜東名阪〜伊勢湾道

この行程で行きましたが、途中伊勢湾道と伊勢道と間違ってしまい、伊勢方向へ行ってしまいました。(途中で夫婦岩に気付きUタ−ンです…これはイタかッた)
でも早く着いてしまったので、朝マックしていました。

8時過ぎには15台もマクドに集まりました。はやりミクシイは凄いですね。名前だけ知ってる方やもちろんマイミクさんもいらっしゃたり、すぐに仲良くなれるし楽しいですね。

しかし、もうカンペキな雨です。
昨年は150台集まったイベントだと聞いていましたので、雨でも200台近く来るのかナァなんて期待していましたが、100台ちょっとでした。

そんな中で、参加者が投票する形で、アワードが決まりました。
私はひそかにロングディスタンス賞を狙っていました(地元の参加者がほとんどと聞いていたので)。あわよくばベストカルマン賞とのダブル受賞もいけるのかなぁ〜なんてあまーい考えもしていました(笑)



しかーし!横浜からの参加者にロングディスタンス賞を持っていかれました。距離を聞くと400kmくらいあるそうです。わたしは300km。途中に道を間違えたのを追加しても350kmです(笑)おしかった。

でもベストカルマン賞をいただきましたので、遠くから参加した甲斐がありました。
帰りは右のワイパーが飛んでしまうトラブルもありましたが、2時間40分くらいで帰宅。スピードを飛ばしすぎましたが、高速巡航もなんなくやってのけるそんなマイカルマンが大好きです(笑)





1枚目の画像は左から
・ベストファミリー賞
・ベストタイプ3賞
・ベストタイプ1賞

2枚目の画像はロングディスタンス賞の方です。

4枚目はベストタイプ2のノブさん。いつもお世話になりっぱなしです(笑)

やっぱ空冷が好っきゃねん




購入後初のトラブルその2[カルマンギア]

前回のブログの続きです。

高速道路を降りてすぐに不動になってしまい、業者に持って帰ってもらった後は、オートマのスズキセルボでルンルンで帰りました。

夕方業者から電話があり、原因を知らされビックリです。
不動の原因は、左リアのドラムが空回りしていたのです。

通常というか当たり前ですが、リアのシャフトが左右のホイールまで延びて、スプラインにドラムがくっついて割りピンで絶対抜けないようになっています。
そのドラムとスプラインの接合部分に徐々にガタが出てきて、ドラム側のギアがすり減って空回りをしていたということです。



普通はありえないのですが、真ん中のギアがすり減っているのがわかると思います。

そのためドラムの裏側が粉まみれになっています。



先週の富山のイベントのときに、リアが左右にゆれていたのは、それが原因だとわかりました。時々空転していたのでしょう。それがバランスを悪くして蛇行運転状態になったんだと思います。

ここはしっかりとジャーマン製の新品に左右とも交換しました。これでフブレーキのフィーリングもかなりかわりました。バシっと効きます!!

ついでだったので、6ヶ月点検ということで、オイル交換も含めて気になったところも直してもらい、さらにスピードメーターもオリジナルに交換しました。

まず、以前インターネットで角テール用スピードメーターの存在を知り手に入れました。ビートルのそれとは若干違っていて、上部に赤いウィンカーのインジケーターがあります。



リビルト済みだったのをアメリカから購入したのですが、届いたら思ってたほどキレイじゃなかったので、自分でいろいろ磨きました。インジケーターのセロハンも張り替えたかったのですが、最近カラーのセロハンも売ってないんですよ(笑)



ちなみに以前のメーターはこれ



高速を走るとメーターを振り切ってしまうすぐれものだったんです。また停止してても針が0km/hと20km/hあたりをいったりきたりするなど霊に取り付かれているメーターだったのです。
交換したことで、霊能者ともお別れになりました。

さらに、ワイパーモーターもリビルト済みに交換しました。
以前から、雨の日が憂鬱になるワイパーだったんです。一度スイッチをオンにすると、エンジンを切るまで動き続けます。
先日も富山の帰りに雨の中ワイパーを使っていたけど、途中で晴れてきたのに、ワイパーを止めることが出来ず、ワイパーに眠らされてしまう始末でした。



でも、日本のある有名店では3.5万円もしました。取り付けてもらったら4万円を軽くオーバーしてしまいます。
まったくの不動だったら購入してたと思うのですが、このモーターもアメリカで$100くらいでリビルト品をゲット!
今は快適です!!

あとは足回りのグリスアップや、右前ウィンカーが不動だったのを直したりもろもろです。

パーツ代やなんやかんやで約9万円の出費となってしまいましたが、これでしばらく安心して乗れるならまぁいいや!って感じです。



これが請求明細です。500mほど積車をお願いしただけで1万円です。JAFに入ってるのに、もったいないもったいない、、、。

やっぱ空冷が好っきゃねん




購入後初のトラブル![カルマンギア]



1958年式カルマンギアクーペ。こいつは優秀なヤツで、雨の日も風の日も雪の日もほとんど毎日文句を言わずに、動いてくれる。
しかもエンジンがすこぶる調子いい!!
かっこよくて、オシャレで、故障しなくて、そして速い!(全部自己満ですが…)
そんなカルマンにもついにやってきたトラブル…。

それは、先週土日に参加した富山でのVWミーティングへ行く道中でのこと。
1600ccノーマルエンジンではありますが、130km/h巡航を平気でこなすカルマンなので、いつものごとく山陽自動車道〜名神自動車道〜北陸自動車道を100〜130km/hくらいで追い越し車線を流しておりました。

ところが名神から北陸道に入ってから、クルマのケツが結構左右に流れ出したんです。。。。最初は「北陸道は道悪いんかなぁ」って思っていました。
ところがだんだんまっすぐ走っていないことに気付きました。
なんか足回りおかしいと思い、帰ってから点検してもらおうと思いました。
もちろん富山から帰りも普通に蛇行運転しているか居眠り運転しているように思われていました(笑)

で、今朝用事で関西空港まで行ってきて、その帰りにいつもの加古川の整備屋に持っていこうと思っていましたが、先週には気付かなかった、左リアあたりの異音に気付きました。
「これはけっこうヤバいなぁ〜」って感じで、関空の帰りは早く加古川に着かないかナァって思っていましたが、加古川出口の500mくらい手前でアクセルを踏んでも空回りするようになりました。

「おぉぉぉ!あともうチョットやのに、なんとかガンバレ!」と思いながら惰性で出口まででて、左折したところでストップしました。

エンジンは調子よく回っている。シフトもカチッ!っと入る。しかしクラッチをつなげても前に進まない状態。。。
あと数百メートルで整備屋なのに、、、仕方なく電話して積車で来て貰いました。



クラッチの異常と左足回りの異常で、ちょっと修理が高くつくかなぁって思っていました。
エンジン下ろして、足回り分解して。。。う〜ん…。
でもしゃーないわ!ってあきらめて、積車と一緒に来た代車のセルボモードで帰りました。







午後から電話があって、症状としては左リアのドラムがちびて空回りしている状況だそうです。エンジンの動力がドラムに伝達されていないということらしい。
もしかしたら、リアが少しずつ空回りしてたから、左右にぶれていたんだろうね。

今週は快適なセルボモードで過ごす1週間となりそうです(笑)
なんたってオートマですから!!!!

VolksWagen Meeting 2006 IOXアローザ 富山県南砺市[カルマンギア]



富山県は遠かった!!!!遠くて遠い富山県、、、でも行く機会を与えてくれたBug Worksさん&阿部さんありがとう!!!

イベントは2006年9月10日(日)でしたが、遠いこともあって前日の夜に現地入りしました。
本当は初めて行く場所(しかも地図で調べてもめっちゃわかりにくい)だったので、明るいうちに到着したかったけど、前日は息子の運動会があったので夕方4時の出発になりました。

いつものごとく高速道路は追い越し車線ばかり走る我がカルマン。エンジンの調子はとてもいい!!富山までは約500kmありますが、途中で尼御膳というSSで食事を摂っただけで5時間で到着、、、
福光ICを降りてからは相当迷いました。だって宿のHPの地図もかなりアバウトなんだもん、、、


民宿ふるさとオフィシャルHPの地図

※多分地元の人でも迷う地図(笑)

で、なんとか9時半には息子と風呂に入り、ビールを飲んで翌日に備えました!!
※泊まり&朝食で2人で7800円でした。



5時に起床したときはとてもいい天気だったのに、予報は午後から雨。しかし7時半頃にはもう降り出しました。午前中は降ったりやんだりしながらも途中激しく降ったりして、服もびちょびちょ…。



でも、100台くらいのワーゲンが集まってたのかな?我々兵庫や岡山、四国はもとより秋田や千葉や埼玉などいろんなところから集まってきていました。
バスとビートルで大半を占める昨今ですが、バスもそれなりに減ってるそうな…。



印象としてはツビッターやセマフォー付きのコンバチの参加が多かったように思えました。凄いナァって思いましたから。。。



カルマンは3台だったせいで、運良く私がベストカルマン賞をゲットしてしまいました。
ただの足車なのに、すみません&ありがとうございます。

続きは
やっぱ空冷が好っきゃねん

ハンドル交換の巻[カルマンギア]

50sカルマンの純正オプションハンドルは58年と59年の2年しか作られていないのでなかなか探しても見つからない。
でも、フラットフォーにはちゃんとリビルト済みのハンドルが売ってるんですね。値段は結構高いけど。。。

で、以前のブログにも書きましたが、アメリカでレストア済みの純正ハンドルを手に入れたのが今年の3月。
来週日曜日に富山県のVWイベントにエントリーしたため、このハンドルに付け替えることにした。



↑ちなみにこれは以前のハンドルです。
結構ひび割れもあって、やれてる状態ですが、これはこれで味があるとも言います(笑)
でもハンドルがキレイなだけで室内のイメージが変わるのも事実。

で、ホーンボタンは以前のものを使いました。ただ以前のものはオリジナルがグレーに対しホワイトに塗られているので、ここはグレーに塗りました。



取り外したハンドルはやっぱりよく痛んでいるので、自分でリビルトしてみようと思います。





ハンドルも交換して気持ちよいドライブが出来ました。
何かハンドルも笑顔に見えるのがいいですね!!

肘置き&ドリンクホルダー追加[カルマンギア]



カルマンギアに合うドリンクホルダーがなかなか見つかることなく1年以上が経過…もう何回ドリンクがこばれたことか(笑)



でも、ついにゲットしました。
必ずしもこのクルマにマッチしているとは言えないかもしれないですが、とりあえずジャストフィットしました。



ホームセンターコーナンで見つけた代物です。
ジュースもこぼれないし、なんと言っても肘をつけて偉そうに運転できるのが気に入りました。
自己満足ですが、結構いい感じです(笑)

KdF of Japan 岡山ドイツの森クローネ トレッフェン 2006.07.30[カルマンギア]



久々の更新&久々のイベントに行って参りました。
オリジナルワーゲンのクラブ「KdF of Japan」が岡山でミーティングを行うということで、メンバーさんからお誘いを受け、参加してきました。



前日から天気は雨ということでしたが、カンカン照りのええ天気でした。ホンマめっちゃ日焼けしました。
昨年も大雨の後、晴れてめちゃくちゃ暑かったと聞いていたので、ヒクーラーボックスにビールを詰め込んでの参戦です。



朝7時に山陽自動車道の山陽出口で待ち合わせ、、、1時間みとけば大丈夫だと思っていましたが、エンジンの調子がいいので、いつものごとく追い越し車線オンリーで走りました。
家を出てから45分で到着。。。待ち合わせのAさん、、、45分遅刻ですよ〜。
出口って何もないのでヒマをつぶすのが大変でした。。。



この出口からは15分くらいで会場に到着。しかしまだ我々を含め5台しか来ていない…。10時前になってようやく揃ったところで、駐車場から園内の芝生に移動です。
普段、クルマが入れない園内を走るのは結構気持ちがいいもんです!



53年スピリットはキレイでしたね〜。。。私のカルマンもかなりキレイなんですけど、でも入場者に人気なのはやはりバスでした。みんなバスばっかり見てます。来場者は家族が多く、バスもキャンパーばかりだったからかもしれません。それに私の右となりにはシングルナンバー「5」のタイプ3が2台も止まっていましたので、おじさんたちはそちらに目が行くようです。
ある若者に「ナンバー新しいなぁ〜」って言われてしまいました(笑)



オリジナルワーゲンの集いだったのですが、ハデさはないものの高齢(失礼)の方もたくさん参加されていたのがとても好感が持てました。VW歴40年とかいう方もいらっしゃっていろんなお話が聞けました!!
もちろん今日Kdf Of Japanの会員になりました。

その他の画像はホームページに掲載しています。
やっぱ空冷が好っきゃねん

カルマンギアではないと思いますけどレア!



”GHIA 450SS CONVERTIBLE” というクルマがアメリカで販売されています。
このクルマは初めて見ましたが、カッコイイですよね!
1966年に52台だけ作られたうちの1台だそうです。



この角度から見るとコルベットの面影にも似てるような気がします。名前から察するとアメ車なんでしょうが、リアから見るとイタリアしてます!アルファロメオっぽい感じがします。



すごい好きなスタイルしてますわ!



カテゴリーはアメ車なんでしょうかね??販売店はVWカルマンギアだと言っていますが、カルマンが作った感じではないように気がします。内装も豪華だし、ミッションがATということもありますし、イタリア&アメリカって感じですよね。ただ、エンジンが何かわかりません。450incってことだと思うのですが7.6リッターってことですか!!すごいですね!



$150,000というプライスがついていたので日本円で1600万円くらいでしょうか?ひぇ〜!!!

やっぱ空冷が好っきゃねん!

カルマン購入後初の洗車[カルマンギア]

私のカルマンは2005年6月に購入しました。
その後、すぐに「ワンラップコート」というボディーのコーティングを施しました。→参考
5-10年間はワックス不要のコーティングです。8万円もしましたが、いつもピカピカなので気に入っています。

そして、私はコーティングしてから10ヶ月間洗車したことがありませんでした。多少汚れても、鳥のフンが付いても、雨が降れば全部流れてしまうからです。

でも、ここ最近の黄砂のおかげで、ボディは結構汚くなっていました。メンテナンスは水洗いだけでワックスはタブーなので、とりあえず水洗いに挑戦しました。クルマ用の洗剤もいいのですが、施工業者いわく、台所洗剤が一番油汚れに効いていいとのこと。
カーシャンプーがあるのを横目に台所の洗剤でじゃばじゃばやりました。







やっぱりすごいです!水洗いだけでピカピカになりました。
このコーティングはボディ、窓、ホイール、それに素材によっては内装にも出来るそうです。

たまには洗うのも愛着がさらに湧くのでいいなぁって思いました(笑)

やっぱ空冷が好っきゃねん

50'sカルマン純正ハンドル入手![カルマンギア]

クルマというものは、ハンドルひとつだけとって見ても、インテリアのイメージが違ってみてる。私は過去に空冷VWを乗り継いできたが、やはり純正ハンドルは雰囲気があって好きだ。

過去に乗っていたどの空冷VWも純正ハンドルを取り付けていた。といっても63年のカルマンを除いては一応最初からオリジナルが付いていた。

・65年カルマン…白くて細くて大きなヤツ。確か同年のビートルと同じタイプ
・63年カルマン…何かわけのわからないメーカーのクロの皮巻きハンドルだったので、ストックしていたオリジナルに交換
・62年ビートルカブリオレ…これも白くて細くて大きな純正のハンドル。
・59年カルマン…これはカルマン専用のオプションハンドルが付いていたが、このハンドルはなぜかホーンリングが付いていなかった。折れたのかな?って思ったけど、そんな形跡がない、、、もしかしてホーンリングが無いタイプがあったのかな?
・58年カルマン…現在の愛車ですが、これにも幸いオプションの専用ハンドルが付いています。



ちょっとエンブレムが欠けているけど、雰囲気がいい!

で、このハンドルはおそらく50年近く活躍しているんだと思います。(何度かリペアもされたかもしれない) それなりにやれていい雰囲気だと思う。ただエンブレムをどうにかして探したいが、海外でもなかなか見つからない。

そこにある日、イーベイオークションでカルマンのレストア済みのハンドルを見つけた。価格は350ドル…エンブレムは無いが、安い!またホーンリングは『リプロダクション』と書いてあるが、リプロなんてないっしょ?NOSちゃいますの?って感じです。
まぁホーンリングはもう1本ストックはありますが…

日本のある専門店ではリビルト品を14万円以上で売っている。それもきっとキレイにレストアされていてキレイなんだと思うが、ちょっと勇気がいる金額だ。

過去に50sカルマンのハンドルのオークションが相当高い金額で落札されたのを目の当たりにしたことがある。またポルシェ純正ハンドルのオークションに破れた苦い経験もある。ここはなんとかこのハンドルを出来るだけ安く手に入れたいと思い、がんばって入札して落札しました。
送料込みで$550です。到着時に関税1200円取られちまった…。運悪く海外からの商品には時々関税がかかる。。。。

で、そのハンドルが今日到着した。

写真ではクオリティがわかりにくいが、めちゃめちゃキレイです。(当たり前だけど)
あとは、肝心なエンブレムが欲しいなぁ〜。もしエンブレムが8万円くらいするんだったら…日本で買っても同じってことですナ〜(笑)

カルマンギア車検[カルマンギア]



今年はツラいことにマイカーの2台がどちらも車検を迎える。カルマンギアは3月に356は6月だ。一般的にクルマを買う場合は2台の車検年をテレコになるように調整したりする人もいるでしょうけど、趣味性のある旧車の場合程度優先で購入するので車検の時期などは考えなかった。ま、当然ですけど。
そのカルマンが車検から上がってきた。

まず、車検前に修理、交換など必要と思っていた箇所ですが・・・
●タイヤ→山がない、サイドウォールヒビ割れ、そろそろ交換
●ワイパーモーター→ワイパーを一度動かすと、止まらなくなる。
●スピードメーター→本体かケーブルの不調
以上が私の主観で思った箇所。
またクラッチケーブルやブレーキケーブルなどのケーブル類、ブレーキ関係の消耗品(フルード、パッド類)はすべて交換するようにお願いした。そしてオイル交換も。

実際に車検に出してみました。
上記箇所のほかにリアのスイングアクスルのブーツからオイルが漏れてブレーキへ回ってしまっていました。それによってブレーキ内部の洗浄やギアオイルの補充交換も必要になってくるそうだ。それに、燃料ホースが限界に来ている。
また、ケーブルを交換する際、トンネルの中がツブレてしまったるらしくうまくケーブルが通らないので修理が必要とのこと。(サビなどで中がスムーズに通らなくなるそうです)

ワイパーモーターは、内部で漏電している関係で止まらなくなってると思ったので、バラして掃除すれば直るのかなぁ?って考えていました。しかし車検をお願いした整備屋さんではバラすことが出来ないらしく、交換を勧められましたが、カルマン用のモーターは新品がもうありません。リビルト品はフラットフォーさんでも販売されていますが、35000円と高価です。
とりあえずワイパーは使えるので、これは現状にした。

タイヤはいさぎよく4本とも新品に交換しました。78000円
これは前に書いたとおり、交換したおかげですばらしくハンドリングが改善したので良かったと思う。

あらかじめ車検費用は19万くらいかかりますとの見積もりを聞いていましたので、驚きませんでしたが、20万円オーバーです。
その内訳は
●保険 30680円
●重量税 25200円
●印紙 1100円
●タイヤ処分費 1470円
●リサイクル料金 11310円
●技術料 71400円
●部品代 59409円
〆て200569円かかりました。



本来はもう少し安く抑えることも出来たのですが、今後ここの整備屋さんでずっとお世話になるので、交換できるところはとりあえず交換してもらい、完全な状態から、きちっとカルテを書いてもらっていたほうが、私のように自分で整備をしない(できない)者にとって安心であると考えたからだ。

やっぱ空冷が好っきゃねん

ホワイトウォールタイヤが好きな方なら・・・[カルマンギア]


私はキャルルック、ビンテージ、ビンテージキャルなどどのカテゴリーのワーゲンも大好きです!!

で、購入したクルマのオリジナル度やカラーリングなどからインスパイヤされ、キャルにするのか、ビンテージにするのか直感的に考えるタチです。

356を購入したときは、”カラーリングが超キャルってない?(もしや死語?)”って感じで、着々とキャルっぽく仕上げていってます(着々と言っても数十年乗る予定にしていますのでゆっくりですけど)。



一方カルマンギアはというと、購入当初からオリジナルパーツも満載で、これは下手にイジるよりオリジナルをキープしていあげるべき!っと思い、何もさわっていません。

で、ビンテージ派のお方々は結構多くみられるタイヤがホワイトウォールタイヤで、ファイヤストーン、デンマンなどが有名かな?私も以前乗っていた59年カルマンコンバチもデンマンの新品を履かせていた(当時は1本2万円もした)。
そして、今回カルマンギアの車検を受けることになった。現在4本ともデンマンのホワイトウォールを履いているのですが、サイドがすでにヒビ割れていて、あまりいい状態ではない。さらに2本は溝がないので、交換時期となっています。

そんなときっていろんな選択肢があると思う。
ひとつは、再度同じタイヤを履くこと
ふたつめは、普通のラジアルタイヤに変えること
みっつめは、ラジアルにしてホイルも変えてしまうこと

私は以上の3つについて悩んだ。
実はバイアスタイヤでもあるホワイトウォールタイヤの走行性に不満があった。見てくれは最高にオシャレだし、ビンテージムードも高まる。しかしハンドリングが相当良くない。その上万が一パンクしたときラジアルタイヤのようにはいかない不安もある。

かといって、たとえば定番のミシュランを履くとオシャレさがスポイルされてしまう。でもきっとハンドリングは改善すると思う。そしてら、はやり私の年代の定番でもあるEMPIの5スポークを履きたくなる!そうなると車高も落としたいのが親心(?)。

でも、私のカルマンは各会社を訪問する営業車なので、ハデさは禁物なのだ。ようは今のスタイルを継承するほうが望ましいということ。ということはラジアルを履くか、ホワイトウォ−ルを履くかどちらかになる。

見た目重視派の私にとっては、ホワイトウォールを選ぶことになってしまう。バイアスのデンマン購入するつもりだったときラジアルタイヤでホワイトウォールタイヤの存在をフラットフォーで知る。それが今回購入した『Coker(コッカーって読むのかな?)』タイヤです。さすがに聞いたことないメーカーなので、ウェブで情報を探しまくった。しかしそんな情報なかったっす。。

そんなときいつもお世話になっているバスログを運営するまさひろさんのサイトでCokerを注文したとの記事があったので、購入することにした。1本19500円…。
車検をお願いしている、整備工場に直送してもらうように指示したにもかかわらず自宅に届いたタイヤ。隣町まで356に積んで持って行きました!!

そして車検からあがったカルマンを運転してみると、、、おおおおお!このハンドリングはなんあぢゃぁ???ってくらい劇的によくなった!!真直ぐ走るし、ハンドルもブレないし、しっとりした走行感覚はとにかく安心感があります。78000円は痛かったけど、満足しています。



旧車のオーナーさんなら、一考の価値はあるかなぁと思います。
VW用はフラットフォーさんでお取り扱い中です。

スバルボクサーエンジン搭載!?[インターメカニカ]

インターメカニカ本
インターメカニカ本を読んだ方はもう知ってると思いますが、将来インターメカニカはスバルの水冷ボクサーエンジンを積むかもしれない(あくまでも憶測)
というのも、現在インターメカニカはフォルクスワーゲン製空冷フラットフォーをキャブで排ガスをクリアしてる(多分)唯一のメーカーです。現在は平成12年度規制ですが、今後平成17年度規制になると、クリアするのが難しくなってくる。(でもここまでよくクリアしてきたと思います…スゴイね)

そうなってくると次世代エンジンを開発、もしくは調達してくるしかありません。本当ならポルシェ製のエンジンならいいかもしれないが、このすばらしいクルマは安価で出来るだけたくさんの方に乗ってもらいたいというコンセプトからいうとちょっと高価なクルマになってしまう。
(ちなみに911空冷フラットシックスエンジンもオーダーできる)かといってVW社の直4エンジンではこのクルマの性格をスポイルしてしまいそう。(ウワサによるとゴルフエンジンの試作車も出来るそうです)
やはり356にはボクサーエンジンがベストだと思う。

そうなると、おのずとスバルエンジンが候補にあがってくる。安価で信頼性もバツグン。ポルシェのエンジンより扱いやすい。もし、これが現実になると、ボクスターをぶっちぎるインターメカニカの絵が思い浮かぶ(笑)
そういえば、昨年雑誌でスバルエンジンをリアに積んだカルマンギアを見た!アメリカにはスバルエンジンをリアに積むキットも販売されているらしい。

嬉しい反面、よりオリジナルに近い空冷エンジンはプレミアがつくかもしれない。空冷インターメカニカもあとせいぜい20台くらいしかリリースできないそうだ。あと数年でどうなる!!インターメカニカの進化は?

最近の若い娘は・・!!![カルマンギア]

つい先日の13日(月)の話。
カルマンの助手席に19歳の女性を乗せることになった。クルマはあまり興味ないらしいが、国産のセダン系が好きらしい。

走り出して、彼女が一言・・・
「なんでクーラーかけとん??」。。。確かに冷静に考えてみると、このクルマにはラジオやその他スイッチ類のノブなどあらゆるところのすき間からすきま風が入ってくる。この時期はやはり冷たいすきま風だ。
昭和63年生まれの彼女は平成のクルマしか乗ったことがないので、このすきま風をクーラーの冷気と思ったそうだ。。。。ハハハ

それ以降、カルマンに乗るたびに「うん!確かにこれは天然のクーラーや」と納得していまいます。。。。悲

ワーゲンサンタクルーズin神戸[カルマンギア]

ワーゲンサンタクルース神戸にて無事開催!



前日の大雪で開催があやぶまれましたが、路面の凍結なども回復し、天候も良かったため予定通り、決行しました。



1年を通して穏やかな気候の瀬戸内地域なのですが、昨日は大変でした。私は仕事を休みました。息子も保育園を休ませて、雪合戦をしたり雪だるまを作って遊びました。こんな大雪は1年に1回あるかないかです。



とにかく今日は朝から快晴でした!





18:00にポートアイランドの北公園に集合でしたので、私は姫路を16時すぎに出発。主催者なのでちょっと早めに…と思い17:30頃到着しました。まだ誰も来ていませんでしたが、すぐにタイプ3カルマンが到着。彼のカルマンはもともとクリスマスカラー(らしい)なのでデコレーションはしなくてもいいそうです。



私は気合を入れてジャパンとヤフオクでいろいろ仕入れて気合を入れて行きました。そのため行く途中から第二神明で目立ちまくっていました(笑)



ポートアイランドからまずは、カップルのいそうな神戸北野へ行きましたが、ほとんどインド人以外いませんでした(笑)
しかし、その後三宮駅北側は人・人・人…しかもかる〜い渋滞で目立つわ目立つわ!!!私はサンタの帽子もかぶってたので窓越しに「メリークリスマース!!」って叫んで女性に手を振ってました。やはり関西人のほとんどは手を振り返してくれますネ(笑)



でも、久々に街中のクルージングだったので嬉しかったです。「あ〜やっぱり目立つのが好きなんやなぁ〜」って自分自身で思ってしまいました。でもたくさんの神戸のギャルに手を振ってもらって結構幸せな気分だったりします(笑)



この手のイベントもちょくちょくやりたいなぁ〜って思いました。次は正月用のデコレートで臨むかな??



My Homepage→やっぱ空冷が好っきゃんねん!

ファンベルト調整[カルマンギア]

カルマンギアは毎日仕事で乗っているので、ついつい運行前点検を怠ってしまう。1週間に1回のオイルレベルとファンベルトの張りは確認していたのですが、ここ最近1ヶ月くらい怠ってました。

今年の6月に購入してから、1ヶ月経たないうちにファンベルトが裂けていた楽しい想い出がある。あのときはクーラーのベルトをはずさないとファンベルトの交換が出来ないことに初めて気づいた。

そして、昨日の午前中に仕事に出る前に運行前点検をすると、6月に新品に交換したファンベルトが結構緩んでいた。というか新品に交換するとしばらくしたら伸びるそうです。
そして午後に一度家に戻ってきたときに調整することにした。

先日インターメカニカジャパンの堀井さんにプロのベルト調整のレクチャーを受けた。それは、スパナでまわすと、若干ベルトが滑りながらでも回る程度が一番いいということを教わった。

今回は師匠の教えを守って調整した。時間は10分くらいで終了。これくらいのメンテなら私でも十分出来るから嬉しい。

My Homepage→やっぱ空冷が好っきゃんねん!


シートヒーターの悲劇[カルマンギア]



ここ最近ずっと寒いのでカルマンに乗るときは後付シートヒーターをずっと使っています。
電源を入れると1分もしないうちに、ポカポカとあたたかくなってきて、5分を過ぎればもう快適…ただし足元は冷えるのでひざ掛けは必要です。

このシートヒーターの電源はシガーソケットから供給してもらっていますが、このシガーソケットが曲者・・・

昨日、朝から郵便局に行かなければ行けないので、カルマンに乗り込んだところ、ウンともスンとも言わない。。完全にバッテリーが上がってしまってました。
よく見るとシートヒーターの電源をシガーソケットから抜くのを忘れていました…トホホ
カルマンのシガーソケットはなぜか常時電源(過去のVW車ではシガーソケットを使ったことが無いのでどうだったかわかりません)なんです。ちなみに356は常時電源ではありません。キーオフで電源もオフになります。

エンジンを切るときには必ず、ソケットを抜く習慣が身についていました。しかし、運悪く一晩中無人のシートがポカポカしていたようでした。その日は朝の11から岡山〜福山の旅で友人が迎えに来るのであきらめました。

今朝福山から帰ってきてから356のバッテリーからチャージして無事復旧です。
シガーソケットの配線を変えるか、シートヒーターにスイッチをつけるかどちらかにしようとたくらんでいる今日この頃です。

それにしても福山の「よっさんラーメン」はうまかった!激辛の苦手は私ですが汗をかきながら、こめかみを痛めながら、おじやまで完食しました!!姫路から1時間で行けるのでまた行きたいです!

My Homepage→やっぱ空冷が好っきゃんねん!

カルマンギア誕生ヒストリー (歴史)[カルマンギア]

カルマンギア(Karmann Ghia)…VW社では「Type14」と呼ばれ、1955年にタイプ1(ビートル)をベースに作られた2+2のスポーツクーペである。イタリアのGhia社がデザインをしてドイツのKarmann社がボディのコーチワークをした車だからこそ「Karmann Ghia」という車名になった。



のちにタイプ3をベースとしたカルマンギア(Type34)も発売されるが、一般的には上記のクルマがカルマンギアと呼ばれている。

カルマンギアの誕生は1953年に遡る。当時VW社ではType1のビートルとType2を主力車種としていたが、メーカーのフラッグシップモデルとしてのイメージリーダーカーを模索をしていました。

VW社は1948年からビートルの上級車種としてパーソナル高級車であるビートルのオープン2シーターモデル(ヘブミューラー社製)を販売していたが1949年にヘブ社の工場が火事になり、引き続きカルマン社によって1953年まで生産が引き続けれました。その高級パーソナルビートルこそが「Type14」である。



つまりカルマンギアはヘブミューラー社製高級パーソナルビートルの実質的な後継車ということになります。
しかし、ボディデザインは全くことなり、当時海外メーカーとの取引がクライスラー社しかなかったイタリアのカロッツェリア「Ghia」社に1953年にデザインをお願いしたことに始まる。カルマンギアは当時クライスラーのクーペをデザインしていた「エレガンス」というクルマがモデルとなった。



プロトタイプはグリルがなくターンシグナルもやや真ん中に寄っているが、ほぼ市販車と同じスタイルであった。



1955年8月にほぼプロトタイプと同じシルエットで登場したカルマンギアはビートルのエクスポートモデルと同じパワーユニットとシャーシを使っていた。最初は左ハンドルのクーペモデルしかなかった。ワイド&ロースタイルのカルマンギアは車重がビートルの730kg(カブリオレは800kg)に対して810kgとヘビーであった。しかし空力に優れたボディのおかげでトップスピードがビートルの110km/hに対して115km/hであった。また当時の価格はビートルの4600マルク(カブリオレ5990マルク)に対して7500マルクもした。

初期型のカルマンギアは1959年で姿を消し、大幅なマイナーチェンジにより特徴のあるフロントフェンダー形状やベントグリルやテールランプののデザインが変更され、1960年に第二期に突入するのであった。

私はこの流麗な初期型カルマンにハマった1人です。


カルマンギアオーナーが集まるハローカルマニストはこちら

My Homepage→やっぱ空冷が好っきゃんねん!

俺もETCを隠しているゾの巻[カルマンギア]

昨日雑誌Street VWsを読んでいると、「ETCを隠して取り付ける」の巻!という記事があった!
何を隠そう私のカルマンもETCを見えないように取り付けています。
仕事で岡山へ行くときなどETC通勤割引で通行料が半額になるのが嬉しい(ただし時間に制限があるので寝坊すれば使えなし)

やはり、ヴィンテージカーになるとダッシュの雰囲気を壊したくないのでなんでも出来る限り隠して見栄えはノーマルにしておきたいもんですね。



で、もともとETCの電波というのはガラスはもちろんですが、プラスチックは遮断されることなく通過してくれる。
FRPのインターメカニカならそれこそボンネットの中にETCを隠すことも可能。
私のカルマンには、スピーカーグリルがきちんと残されているのでそれを利用した。(中にはキレイに埋められているキャルルックカルマンもよく見かける)ETCは本体と受信機が分かれたタイプです。本体はグローブボックスの中に隠しているのでカードを差したままでも大丈夫(今のところ)





購入当初より、スピーカーは無く、裏からボール紙が貼られているに過ぎなかったので、受信機を裏側から両面テープで貼るだけで完了です!
取り付け当初は、うまく受信できるか不安でしたが、夜の交通量が少ない時間帯を見計らって、近くの山陽自動車道(姫路西〜姫路東の間)でチェックしてみたところ、受信感度は全然問題ありませんでした!



同じく356にもETCを取り付けています。週1,2回しか乗りませんが、遠出をすることもありますし、ヒドゥンではありませんが、自作でポータブルETCにしています。こちらは一体型タイプのETCです。
必要なときだけシガーソケットにつなげて使っています。
先日のカルマンデイでも、料金所でみなさんを置いてけぼりにしたのは記憶に新しいです(笑)
でも、一番優越感を感じるのは最新車を料金所で抜くことです…これは気持ちいですよ(笑)



最初のころは料金所でバーを通り抜けるのにちょっと恐怖感もありスピードをゆるめていましたが、最近は60キロくらいで駆け抜けても全然大丈夫です。友人は100キロで挑戦したそうですが、大丈夫だったそうです。ただ1度カードを反対に入れてたためバーを壊したそうです。でもバーは発泡スチロール製らしくクルマは無傷だったそうです。カードの向きや有無だけは注意しましょう!

My Homepage→やっぱ空冷が好っきゃんねん!

ご近所での偶然の出会い (カルマンギアvsキャンパー)[カルマンギア]

今日は雑誌STREET VWsの発売日なので、夕方買いに行くことにした。その前に知人の写真屋に証明写真を頼んでいたのを、取に行くときのこと…。

近所にはVWの正規ディーラーであるDUOがある。その前をカルマンで通過しようとしたとき白いタイプ2の移動販売車がDUOの敷地内に停まって何か販売しているのが目に付いた!
お!これは久々に「ナンパ」をしなければ…と思いながら、先に証明写真を取に行った。

その帰りにDUOに寄ってみた。カルマンギアで行っても営業マンさえ寄ってこない。まぁ最新VW車はあんまり興味がないのでいいけどね!
で、クルマを降りてタイプ2の方へ向かうと、車内にいる店員さんがすでにこっちを向いてニッコリしていた(ように見えた)ので、私も軽く会釈しながら向かった。



なんと!タイプ2にいる2人はどちらも美女でした。雑貨とカフェとワッフルを販売していた。挨拶もそこそこにいろいろ聞いてみたところ、どうやら神戸から女性の運転で自走でやってきたそうです。(すごい)
空冷VWで女性のオーナーも知ってますが、あまり見かけることがなかったので新鮮でした。



クルマは1966年のキャンパーなんだけど、ルーフの形がなんか違ってるので聞いてみると「フリーダムキャンパー」というモデルらしい。私もこのモデルを見るのは初めてです。女性で移動販売にキャンパーを使ってるのは本当に珍しくてオシャレに見えた!!
今日明日はたまたま姫路のDUOに来ているが、普段はメリケン波止場のほうでご商売をされているそうです。



そして、カルマンデイので先日淡路SAでイベントしたことやナイトクルーズで神戸によく行く(と言っても2回だけ)話をし、
そして、今日発売のSTREET VWsにカルマンデイや私のカルマンギアが掲載されることを伝えると、
なんと!彼女も今日発売のSTREET VWsに掲載されるという!!!
「あ!そう言えば今回は移動販売車の特集でしたよねぇ!」と私は叫んだ!!

おーー!偶然にも偶然に出会った2台が同じ雑誌に掲載されてるとは…
なんか運命を感じてしまった(もちろんこちらの一方的です)

姫路近辺の人は、11月27日(日)まで今宿のDUOにいるのでぜひ行って欲しい!
そして神戸へ遊びに行くときは、素敵なバスを見ながらおいしいコーヒーとワッフルをご馳走になってVW談議に花を咲かすのもアリだと思います。
笑顔の素敵な美女2人が出迎えてくれますよ!!!



また彼女たちのサイトもあります
<カパンナコーヒーバス>
HP→http://capanna_coffee.bus.as/
ブログ→http://blog.duogate.jp/capannacoffeebus/

もちろんSTREET VWsにも詳細が乗ってますのでぜひご覧ください!

My Homepage→やっぱ空冷が好っきゃんねん!

旧車のシートベルト[カルマンギア]

数年ぶりに警察にクルマを止められた…。クルマはカルマンギア(Karmann Ghia)。
シートベルト着用義務違反の取締りだった。地元姫路の三菱電機のある通りでそれは行われていた。
その場所は以前からよくシートベルトの取締りをしているところなので、警官を見た瞬間、「あ〜シートベルトまたやってるなぁ」と思いました。

すると、私に左へ止めろとの指示をしたので、私も指示通り左につけて止めました。そこへ別の警官がやってきました。
私は窓を開け 「これ昭和33年式やからシートベルトないねん」 とちょっと誇らしげに言いました。
警官も「あ〜、これ古いんやなぁ…とりあえず、車検証と免許証見せて」と言われその通りにした。
なにやら車検証と免許証の番号を控えているようで、それが終わると「驚かしてごめんな!」だって。
別に驚きもしてないし、逆に 「どーだ!」 という気持ちでした。



My Homepage→やっぱ空冷が好っきゃんねん!

第2回カルマンデイ関西無事終了[カルマンギア]



9月に開催されたばかりで2ヵ月後にまた開催にこぎつけたカルマンデイ。毎回突発的に開催されるとあって、関西の主催をする私はつくづく自由業で良かったと思っている(笑)

さて、本日2005年11月23日(祝)に兵庫県淡路島でカルマンデイ関西が開催された。会場は1週間前になってようやく決まったのですが、明石海峡大橋を渡ったところにある淡路SAハイウェイオアシスは海と花と緑に囲まれた最高のロケーションがあり、関西では誰しもが一度は寄ってみたいところとしても有名だ(憶測です)!

こんなにすばらしいロケーションでミーティングが出来るとあって、兵庫県はもとより、大阪、京都、岡山、はたまた香川からも参加していただいた!
心配していた天候も、最近寒かったにもかかわらず小春日和で過ごしやすかったと思う。



前回のカルマンデイでは前日に京都でイベントがあったせいもあり、また遠方の方もそのまま足を伸ばしてくれたおかげで29台も参加していただいたが、今回は2台かなぁ?5台かなぁ?10台かなぁ?くらいの気持ちでいた。しかし16台も参加していただき本当に嬉しかった!
何よりも、そのほとんどが初めてカルマンデイに参加してくれた方というのが大きい!
新たな顔ぶれが増え、新たな交流が出来た!カルマンギアの参加はゼロでしたが、カルマンデイはこれで成功なんだと思う。

次回は来年になると予測する(3月かな?4月かな?)がこれからもロケーション探しが大変です。同じ場所でしても全然いいとは思うけど、違う場所ですればまた新たな参加メンバーを導き出せ、新たな交流が出来ると考えます。

「カルマンデイ関西」は兵庫県に限定しているわけではありませんので、素敵なロケーションがあればぜひ教えてください。



今日は18:30から明石海峡大橋の特別ライトアップイベントがありましたが、さすがに日が暮れると寒くて、4時には解散していました。
1日中息子の面倒を見てくれたハナゴロウさんには感謝です!ありがとう!

しばらくイベントがないと寂しいので「鍋宴会」でもやるかな?



My Homepage→やっぱ空冷が好っきゃんねん!

夢のクルマ

インターメカニカに乗ってて思うことがある。耐久性があり世界一剛性のあるオープンカーボディで、少々乱暴に扱ってもタフなエンジン&ミッション。そして160km巡航でも道路に張り付く安定した足回り。そんなハードウェアを兼ね備えたカルマンギアに乗ってみたい。つまりインターメカニカ356の中身でカルマンのボディを備えたクルマが欲しい。

58年のカルマンは形こそ最高だが、足回りはヨレヨレでハンドリングもお世辞にもいいと言えないし、普通の人なら運転が怖いと思う。あの吸い付くような足回りと気持ちのいいエンジンが手に入ればすばらしいなぁ。
キューベルの次はカルマンを手がけて欲しいな!

そうそう!昔『GRカリフォルニア』という車名で発売されていたカルマンギアのレプリカがあった!オスターマンという会社が生産していた。ベースはもちろんビートルなのでレプリカといえどもレプリカではないような気もするクルマだった。
誰かこのクルマに関する情報持っていないかな?







やっぱ空冷が好っきゃんねん

356とフィガロの関係?[インターメカニカ]

356を購入して2年半が経つので、私の周りにはほとんどは「ポルシェ」だとわかるようになった。もちろん「インターメカニカ」だとわかる人も多い。しかし!私がこのクルマを購入した当時よく日産のフィガロと間違えられることがしばしばあった!

「MAXXさん!この間姫路バイパス走ってたでしょ?ずっと後ろについてたん僕ですよ!」
これは多分フィガロと間違えたのかな?くらいに思っていましたが、ある日取引先(下請け業者)の営業マンが私の356を見て「MAXXさん!これフィガロでしょ?かっこいいですね!!」
さすがにこれには参った!



でも一般の方にはフィガロも356も同じに見えるのだと思う。クルマ好きでも911は知ってても356を知らない方が多いのも事実だしね。実際隣人はカルマンギアと356の区別が付いていないです。「色塗り替えたったん?」って聞かれますから・・・(笑)



でもフィガロはきっと356を意識したデザインだと思う。356は当時「バスタブ」と呼ばれていたがフィガロもそんな感じですよね!
並べると全然別クルマなんですが、イメージがかぶってる。
356は元をだどればビートルベースのスポーツカー。フィガロはマーチベースのパイクカー。

私の356は色が似てるから仕方ないけど・・・。
でも並べて初めてわかったけど356はフィガロよりも小さいんですね。



フィガロも改めて見るとかわいいクルマですね。でも私には似合わないです(笑)
今回近所のクルマと早朝ツーショット勝手撮りでしたが、一度はフィガロのオーナーともしゃべってみたいな!

My Homepage→やっぱ空冷が好っきゃんねん!

クラッチペダルの異常[カルマンギア]

ここ4,5日前からカルマンのクラッチペダルから足を離しても完全にリリースしない状況に陥ってました。
ギアをチェンジして足をペダルから離す瞬間にどうも引っかかって、一瞬から長いときで数秒後に「カチッ」という音とともに元に戻る現象です。

走る分にかんしては別状無いけれど、もしかしたらクラッチケーブルがトンネルのどこかに引っかかっていて、切れる可能性もあるのかなぁということで、ネットで同じような症状はないかなぁと探しましたが見つからなかったのでフラットフォーに聞いてみました。

ケーブルの異常ではないかということで、交換を薦められました。
もちろん、切れる前に交換していたほうがいいのですが、
昨日、突然異常が無くなりました。今日は普通に乗れました。

これは自然治癒なのか、それとも大病前の静けさなのか判断がつきかねますので、来週ショック交換のときに合わせてチェックしてもらうことにします。

My Homepage→やっぱ空冷が好っきゃんねん!

待望のフロアマットが・・・

いつもクルマを買ったらまず最初にフロアマットを購入していました。
356もそうですし、以前乗ってたカルマンカブリオレもそうです。
値段は張るのですが、質感が高いのでいつもKAROマットを購入していました。

今年の6月にカルマンを購入したときも、すぐにKAROのサイトへ行って注文しようとしたのですが、車種別のところでカルマンギアがありませんでした。。。

なんでかなぁ?と思いKAROに問い合わせてみたところ、
生産中止らしいです。どうやら同じ年式でも微妙にフィットしなかったりするらしいので生産をやめたそうです。

確かに、ボディは角テールだけど、シャシは60年代ってこともあるのでおそらくそんなこともあってフィットしなかったんだと思います。

したがって現状では、型紙を送ればオーダー可能だとのこと・・・
なんか面倒なので、今回はKAROをパスしました。

その後ずーっといろんなサイトを見ましたがなかなか売ってません。
ストリートVWsの雑誌広告でビートルハウスさんが純正タイプのマットを7000円くらいで販売していたのを見つけました。
値段も安いし純正タイプなので「これでもええかなぁ」と思いながらも、最後の一歩が出ず、購入には至りませんでした。

9月の中旬ころに、イーベイオークションでカルマン専用のマットを見つけました!新品で値段は69ドル・・・7500円くらいかな?
一見赤がハデに見えるのですが、ウルフスブルグの紋章がなかなか気に入ったので一発落札しました!!
アメリカからの発送なので送料が高くついてしまったが、合計110ドルです。12000円くらいかな?

それが今日到着しました。支払ってからちょうど1ヶ月かかりました。
早速ダンボールを剥ぎ取って、中身を確認しましたが結構質感もいいです!!ただし朱色の内装に合うかどうか・・・。
とりあえずややピッタリって感じでした(笑)
土禁にしたくなるようなふわふわしたマットです。



KAROで買うよりも総額でぜんぜん安かったのでよかったです!!



My Homepage→やっぱ空冷が好っきゃんねん!