第7回 Come on Shimanto!! 高知県四万十川VWミーティング

インターメカニカ ポルシェ356 空冷

毎年GWは四万十川キャンプミーティングに参加させてもらっております。
もう7回目となりますが、昨年は30年ぶりの高校の同窓会と重なって参加が叶いませんでした。

このミーティングはキャンプを通して四万十の空気を堪能し
四国のVW仲間と焚火を囲み、夜通しお酒とギターを楽しむスローな会だと思っています。

いつもならイベントの前日からキャンプを楽しみ、翌日の本番はテントの中で二日酔いを癒すのですが
あいにく前日は雨でした。雨のキャンプは過去の経験から不吉な予感がしましたので、今回だけは日帰りの当日参加に決めました。

日帰りだと往復で約800キロ走ることになります。
イベントの時間は6時間ほどですが、運転時間は9時間にもなります(笑)
インターメカニカ ポルシェ356 空冷
さてさて、朝になれば雨は小康状態になるので朝を待って出発すれば・・・と考えましたが
昼前に着けば、皆さんとあまり絡めませんし、渋滞に巻き込まれても嫌なので
雨はけっこう降ってましたが朝の3時に、緑のたぬき号で出発しました。(その他、葉子やガチャピン号などの呼び名あり)

香川県に入ると、雨もやみ綺麗な満月も見えましたが、それもつかの間。再び雨です。
200キロ走ったところで眠くなったので、立川SAで仮眠をとることに。
50分くらい寝たところで、なんか人の気配を感じました。

インターメカニカ ポルシェ356 空冷
すると高松から参加のバス家族のツッチーさん夫妻が窓越しに寝てる私を覗いていました。
久しぶりの再会を喜び、目覚めのコーヒーを飲んでツッチーファミリーとランデブー。
雨はまだまだ降り注ぎます。しかし、ツッチーのバスのワイパーの動きが速い速い!
普通、ワーゲンのワイパーを遅いのですが、ツッチーのは動体視力の弱い人だと、きっと止まって見えるのではないかと思うくらいめちゃくちゃ速いです(笑)


天気予報では、雨はもうやんでもおかしくないのですが
雨は止む気配が一向にありませんでした。あきらめモードでイベント会場の四万十市十和町へ向かいました。
一度ゆっくり四万十川をサイクリングしたいなぁ〜と思いながら走っていると
十和町へ入ったとたん雨はあがりました!!!

インターメカニカ ポルシェ356 空冷

すぐさま、幌をおろしオープンエアーで現地に向かいました。

インターメカニカ ポルシェ356 空冷

インターメカニカ ポルシェ356 空冷

雨にも負けず、前泊されている方もいらっしゃいましたが
お話を聞くとかなり大変やったそうです。私なら泣きながら撤収でしょうね・・・

インターメカニカ ポルシェ356 空冷

インターメカニカ ポルシェ356 空冷

インターメカニカ ポルシェ356 空冷

インターメカニカ ポルシェ356 空冷

いつもキャンプで絡んでいただく地元高知の67CamperさんやバナゴンのRUNさんとも久しぶりの再会でした。
横浜からはkubocchiも今回はとっても可愛らしい奥様ご同伴で参加。


幸運の持ち主KAZUさんの66もちゃんと復活していました。またお台場でリベンジしてくださいね。


67のIさんや高松のカブリオレに乗った、ちょっと見た目怖そうなSさんともお友達になりました。
お二方もすぐにFacebookで絡んでいただきました。


何台来たかな?
数えていませんが30台は来たかな??もっと本州からも高知観光を兼ねて参加してくれるとさらに盛り上がると思います。
そんな僕も高知観光したことがありません・・・来年はGW全部使うくらいでイベントと観光を楽しもうかなぁ


カー雑誌や地元テレビ局も取材に来る本格的なイベントですよ!!
四国最大級ではないでしょうか??


インターメカニカ ポルシェ356 空冷

インターメカニカ ポルシェ356 空冷

インターメカニカ ポルシェ356 空冷


最後は、たこ焼きやら自動掃除機ルンバがあ当たるじゃんけん大会も恒例になりましたね!
主催者のKAZUさんには本当にお世話になりました。

戦利品です(笑)

インターメカニカ ポルシェ356 空冷


いつも参加されているRUNさんのバナゴンはビックリのスバルエンジンです!!!
インターメカニカ ポルシェ356 空冷

アメリカではワーゲンのエンジンにスバルエンジンを載せる改造がよくなされており
そのためのアダプターも販売されています。

いよいよ日本でもスバルエンジンを載せたワーゲンが増えるかもしれませんね。
まだエアコンやオートクルーズが取り付けられていないというものの
オリジナルの2リッターエンジンから、最新スバル2.5リッターは加速も全然違うそうな・・・

ただ水温がやや上昇気味とのことですので
いろいろと配管の取り回しなどは工夫がいるかもしれませんね。



我がインターメカニカも新車にはスバルフラットフォーエンジンが載せられているタイプがあります。
昨年試乗させもてらいましたが、速い速い!!
軽量ボディにあのエンジンなら加速は申し分ありません!!!
「新車のポルシェ356が買える!」と思えばかなり安いと思います。
※当時の356の新車は今の5000万円くらいの価値ではないか?と勝手に想像しております。


さてさて、イベントに話は戻りますが
もう真夏の天気で暑いのなんのって!日焼けしましたは・・・
僕の真っ白ボディもサンバーンでダメージ受けました。

インターメカニカ ポルシェ356 空冷
 

5th VW Meeting "Come On Shimanto!" 四万十川 VWキャンプミーティング

 4月28日、29日とインターメカニカで鳥取にツーリングに行ったばかりですが、5月3日からは二泊三日で恒例の高知県四万十町(旧十和村)のこいのぼり公園で開催されるミーティングに参加しました。


昨年は体調不良のため、参加を断念したので、久々にお会いできる面々との再会が楽しみで仕方ありません。


 カルマンギア キャンプ 四万十 高知 こいのぼり公園

いつもは、GW中なので渋滞を考慮して、早朝(深夜かな)に出発します。するとめちゃくちゃ早く到着して暇なので、高速道路1000円もなくなった今回は朝10時に自宅を出発。

いきなり山陽道のたつのから岡山までが渋滞してました。。。ショック。
瀬戸大橋まで2時間半をかけて、四国に上陸。豊浜サービスエリアに到着。海が綺麗です。
しかし、大変混んでいて食事が出来なかったので、おにぎりとチキンを購入してベンチで食す。


気を取り直して出発するが、高知道に入り山間部を走ると雨がポタポタ・・・
おお!やっぱり俺は雨男なのか・・・と思いながら走ると、南国SAを過ぎてガソリンが約半分でしたが、そこから一気にメーターは減ってきます。もうすぐEmptyなのでヤバいなぁ〜と思い、せっかく窪川まで伸びた高知道を満喫できず、須崎東で降りました。すぐにケイズデンキの隣にスーパーマーケットを見つけ、食材を購入。天気もすっかり晴れてました。


その後ガソリンスタンドを探すが全然見つかりません。その後国道の峠を越えてようやくGSを見つけてイン!


そこから約1時間かけて現地に到着したのが午後4時半。主催者KAZUさんが笑顔で出迎えてくれました。

カルマンギア キャンプ 四万十 高知 こいのぼり公園

いつものこいのぼりが懐かしいです。

すると続々とワーゲンがやってきました。

カルマンギア キャンプ 四万十 高知 こいのぼり公園

香川のツッチーです。

カルマンギア キャンプ 四万十 高知 こいのぼり公園

同行した息子もやっとリフティングが出来ます。

カルマンギア キャンプ 四万十 高知 こいのぼり公園

ツッチーは2台でやってきたようです。


カルマンギア キャンプ 四万十 高知 こいのぼり公園

私は恒例のロースタイルで決めました。
7
カルマンギア キャンプ 四万十 高知 こいのぼり公園

その後もバスを中心に続々とやってきました。
また、いつもギターセッションでお世話になっております、67Camperさんは今回一人で参加とのことでキャンパーではなく、デイリーユースの66Bugでの登場となりました。

今宵もビールとギターで盛り上がるつもりでしたが、昼間は暑いのにやっぱり夜は極寒です。ダウンジャケットなしでは厳しい寒さが待ってました。

カルマンギア キャンプ 四万十 高知 こいのぼり公園

カルマンギア キャンプ 四万十 高知 こいのぼり公園カルマンギア キャンプ 四万十 高知 こいのぼり公園

いい雰囲気ですね。

カルマンギア キャンプ 四万十 高知 こいのぼり公園

67Camperさん、KAZUさん、ヨコハマのKubocchi、バナゴンのRunさん家族とビールや焼酎をアテにビートルズ、サイモン&ガーファンクル、私もちょっとわからない昭和のフォークソングなど思う存分ギターと歌を楽しませていただきました。

いつも書きますが、ギターは練習しとかないとダメですね。反省。


さて、夜が明けて寒い朝が待ってました。でも今回は極寒用のシュラフを用意してきましたので、ヌクヌクでしたよ。

息子にホットサンドを作ってあげて、メインイベントの準備でクルマを並べていきます。


カルマンギア キャンプ 四万十 高知 こいのぼり公園

カルマンギア キャンプ 四万十 高知 こいのぼり公園

カルマンギア キャンプ 四万十 高知 こいのぼり公園

当日参加のVWたちも続々とやってきました。


カルマンギア キャンプ 四万十 高知 こいのぼり公園

地元の方々から、「めちゃくちゃキレイやなぁ〜」って何度も褒めていただき嬉しい限りです。やはりカルマン1台だけだと目立つということがよくわかりました。

上の画像は、地元では有名なカー雑誌の取材ということでインタビューなどを受けたのですが、私だけでなくほとんど全員が取材されていましたので、このクルマが雑誌に載るかどうかは不明です(笑) 載ってたら教えてくださいね。


カルマンギア キャンプ 四万十 高知 こいのぼり公園

また地元のケーブルテレビの取材もありました。このイベントがどんどん大きくメジャーに成長していくのが目に見えてわかりますね。
中には、たまたま高知に来て、四万十町のホームページを見たらこのイベントが載っていたので来ました!という方もいましたので、KAZUさんも行政をうまく活用されているんだなぁ〜と感心しました。

さらには、ゆうじんさんことマイミクさんが、たまたまこの近くにいまして、私のmixiでの書き込みを見て、やってこられました。今回はカルマンギアではなかったけど、いつかカルマンギアにゆうじんさんが乗って参加されると嬉しいなぁ。


今回は31台の参加ということですが、100台になるくらい四国では最大のVWイベントになることを切に願っております。

午後3時にはイベントが終了し、1台、また1台とワーゲンが帰って行く中、私たち親子はここでもう1泊します。
やはり道中5時間かかりますので、運転すつ体力を残しておくには、1泊するほうがラクですし、旧十和村を満喫できますからね。

また、来年も必ず参加しようと思います。


帰りにちょっとばかし、カルマンにトラブルが発生しました。
山陽道の吉備SAで給油した際、イグニッションをひねっても、ウンともスンとも言わず、思わずスタンドのお兄ちゃんに冗談で「どこか線抜いた?」と言いながら、ダッシュ裏のイグニッションあたりや、ヒューズも確認しましたが、何もわからず、またキーを捻るとエンジンがかかりました。

とりあえず、このまま1時間半くらいで帰宅できるので、渋滞にだけは引っかからぬよう、そしてエンストだけはしないように注意しながら無事帰宅。


帰ってからすぐにエンジンを切り、キーを捻るとやはりイグニッションは回らない・・・
でも、ちょっとするとまたかかる。これはイグニッション自体壊れたのかな?と思いましたが、イグニッションを1度捻ると、インジケーターが点かないので、電気が来てないことがわかりました。また同時にオーディオにも電源が供給されていないようです。


ということはメインの電源に異常があると思い、バッテリーをチェックしたところ、何と言うことでしょう!!プラス側のターミナルが緩んでいるではないですか!!!ボルトをきっちり締めると、何事もなかったかのようにエンジンがかかりました。めでたしめでたし。

5th.VW Meeting Come on Shimanto! フォルクスワーゲン四万十川キャンプミーティング

 2年ぶりにやって来ました!このイベント!!
 

5th.VW Meeting Come on Shimanto!


5th.VW Meeting Come on Shimanto!

え?毎年やってるんちゃうん?っとおっしゃる方・・・はい、その通り。

私も第1回目より参加させていただいているのですが、昨年の第4回のみ体調不良で欠席したんです。だから今年はぜひ参加したいと考えております。


ゴールデンウィーク予定が無い方は、絶景の四万十川へぜひ行ってみてください。
今年は美味いもん食いたいなぁ。



場所:高知県高岡郡四万十町十川「こいのぼり公園」
日時:2013年5月4日(土曜日)
参加費:無料

3日夕〜5日朝まで公園内でキャンプ可(イベント参加者に限る)
会場から車で5分のところへ温泉あり(十和温泉宿泊も可)
子供用の遊具やアメゴの釣堀もあり(釣ったアメゴはその場で焼けます)

フードブースも用意してます(参加者にはたこ焼きが半額)
15:00から小学生以下のアメゴつかみ取り大会があります
車両の出し入れは自由ですので観光のついでによってみたって方も大歓迎です

目標VW100台!


3rd VW Meeting Come on Shimanto 四万十川キャンプミーティング [カルマンギア]

 やっぱりどうしても降るのかぁ〜・・・

角テール カルマンギアキャンプ 四万十川 高知 カモン

今回もGW唯一のVWイベントである第3回カモン四万十に行って来ました!!主催者のKAZUさんをはじめ、たくさんの方にお世話になり、楽しい3日間でした。ということで今回は初心に戻り2泊3日としました!!


角テール カルマンギアキャンプ 四万十川 高知 カモン

つい先日までカルマンの調子がよろしくなかったので356キャンプスターで行こうとも考えましたが、ようやく調子を取り戻した積載能力が格段にいいカルマンでの参加となりました。

角テール カルマンギアキャンプ 四万十川 高知 カモン

第1回、第2回とせっかく高知へ行ったのに、うまいカツオにありつけていなかったので、なんとか本場のカツオを食いたいなぁと考えておりました。また高知人は”ぬた”なるものをブリの刺身に付けて食べるらしく、ぬたにもありつけたらなぁと考えておりました。


そのうちカツオは須崎市内で食べることが出来ました。

角テール カルマンギアキャンプ 四万十川 高知 カモン

土佐丼950円 味はまぁまぁ。

角テール カルマンギアキャンプ 四万十川 高知 カモン

ワラ焼きのたたきをその場でいただく。

角テール カルマンギアキャンプ 四万十川 高知 カモン

1人前500円でしたが、これはいけました!

いつもは連休で渋滞となる四国ですぐが5月2日は平日なので、渋滞も無くスイスイと走れました。四万十町内の道の駅で、見知らぬ人に「マクレーンさんですか?」と声をかえられびっくり!!なにやらブログの読者様で、ご自身も愛媛で角テールに乗っていらっしゃるそうです。そういえば、以前も琵琶湖近辺で知らない人に声をかけられました!
インターネットの力は凄いです(笑)

そうこうしているうちに3時過ぎに到着!誰もいません。今回も一番乗りです(笑)

角テール カルマンギアキャンプ 四万十川 高知 カモン

その後、謎のリチャードさん夫妻も来られました。今回こちらのイケイケ夫婦(失礼)に大変お世話になりました。

角テール カルマンギアキャンプ 四万十川 高知 カモン


写真はないのですが、夜が更けてから67Camperさんやお初のJampapaさん、そして3回目の参加にして初めてVW車で参加されたRUNさん。
バナゴンのウエスティでした。

角テール カルマンギアキャンプ 四万十川 高知 カモン



その後、夜中の2時近くまで、フォークソングやビートルズの弾き語りで前夜祭は盛り上がり就寝しました。

翌日はイベント本番です。


角テール カルマンギアキャンプ 四万十川 高知 カモン

角テール カルマンギアキャンプ 四万十川 高知 カモン

角テール カルマンギアキャンプ 四万十川 高知 カモン


角テール カルマンギアキャンプ 四万十川 高知 カモン

20台くらいは集まっただろうか・・・
地元兵庫のご近所さんなんかも来てたりして盛り上がってはいたのですが、前夜祭の疲れで私は午後からテントの中で数時間眠ってしまっていました。起きた頃にはイベントも終了していました・・・汗


そして2泊目の夜は、第1回目に引き続き本格的な雨です・・・。
そんな中、昼間にダッチオーブンでピザを焼いてご馳走してくれたリチャードさんが宴を盛り上げてくれました。

角テール カルマンギアキャンプ 四万十川 高知 カモン

キャンプもベテランでして、道具から食材から本格的です。大雨の中、雨でも全然平気なタープでみなさんをもてなしてくださいました。本当にリチャードさん夫婦にはお世話になりましてありがとうございました。

写真はありませんが、オレンジキャンパーのI先生とリチャードさんとの絡みは本当におもしろかったなぁ〜。リチャード改めリピートさんと呼びたくなるくらいリピってましたよ(笑)

より仲良くなれるキャンプイベントはほんまに好きやわぁ〜!!
またみなさんとキャンプで絡みたいです!!



ということで、毎度の面子の面々をご紹介します。

角テール カルマンギアキャンプ 四万十川 高知 カモン

主催者KAZUさんのオーバル。お金をかけただけあってキレイでした(笑)
WCCのシートはやはり素晴らしいなぁ〜!!


角テール カルマンギアキャンプ 四万十川 高知 カモン

67Camperさん。このスタイルは素晴らしいですね。「356売ってバスにしぃな」なんて言われてしまい、瞬間その気になったもんです。そしてギターの名手!ビートルズセッションありがとうございました!

角テール カルマンギアキャンプ 四万十川 高知 カモン

このブログに毎回レスしづらいコメントをくれるJunさんの極上スタンダードバス。

角テール カルマンギアキャンプ 四万十川 高知 カモン

前夜祭では日本酒をごちそうになったOさん。ご丁寧な挨拶ありがとうございました。隠しだまの360ミニカも所有なされていらっしゃいます。

角テール カルマンギアキャンプ 四万十川 高知 カモン

奈良からお越しの59赤カブさん。今回も旅をされていらっしゃいました。うらやましい!!

角テール カルマンギアキャンプ 四万十川 高知 カモン

kubocchiの極上03。湘南ナンバーでイエロー!



3日目の朝は、雨も上がり爽やかでしたが、雨上がりの片付けってなかなか嫌なもんですね。

角テール カルマンギアキャンプ 四万十川 高知 カモン

オレンジキャンパーさん写ってました(笑)


角テール カルマンギアキャンプ 四万十川 高知 カモン


朝10時にこいのぼり公園を後にしました。

途中瀬戸中央道のPAで休憩していると、セルが回りませ〜ん・・ここまで来てトラブルかいな!!!

角テール カルマンギアキャンプ 四万十川 高知 カモン

配線やヒューズを確認したものの、異常なし!
仕方ないので一人押しがけ!こういうとき軽いクルマは押しがけが楽チンでいいですね!
このままノンストップで帰宅しました。


もう1回スターターモーターの確認をしようと思い、念のためJAFを呼んでおきました。
やはりGWなので1時間ほどかかるそうです。その間にキャンプの荷物を降ろしたり、車の洗ったりしていて、何気にセルを回してみると、普通にエンジンがかかりました。。。

またいつもの自然治癒かぁ〜。その数分後にJAFが現われ「ピカピカですね〜」と一言放ち、伝票を切ってさっさと去って行きました。
念のため、またスターターのチェックだけしときたいと思います。


帰ってきたら、インターメカニカ第19回ミーティングの案内ハガキが・・
やはりバスへの道のりはまだまだだと感じました・・・すみません。

3rd.VW Meetinng Come on Shimanto! 四万十川キャンプのお知らせ

 早いですね〜!もう1年かぁ・・・

今年もやってきました!恒例?の高知県四万十川でのフォルクスワーゲンキャンプミーティングです。もう3回目なんですね。私も早くクルマを直さないと参加できませんがな・・。


四万十 カモンSHIMANTO キャンプ

こいのぼり公園 四万十川 VW 空冷 高知 イベント しまなみ街道 ポルシェ356
第1回目(キャンプ初挑戦で大雨)

カルマンギア キャンプ 四万十
第2回目(ホイルキャップよいずこへ!)


ゴールデンウィークは今年も四万十へGo!!!

行ってきました!Come On Shimanto!四万十川キャンプミーティング (前編) [カルマンギア]

 今年はこのイベントに照準を合わせたと言っても過言ではありません(笑)
昨年に引き続き、ワーゲン仲間である高知のKAZUさんが主催する「Come On Shimanto!」へ参加してきました。

 


このイベントの最大の特徴は、キャンプが出来るということです。
昨年はオートキャンプのデビュー戦で、見事に雨にたたられたのでリベンジというわけです。
キャンプにせよ、どんなイベントにせよ、前夜祭で仲間と酒が飲めるのは楽しいですし
普段以上に仲良くなれるので前夜祭のあるイベントは好きです。

 


今年は、姫路の有名な田中酒造の絶品吟醸酒「白鷺の城」をあらかじめ手に入れて持っていくことにしました。この酒はどのどのイベントに持ち込んでもみなさんに喜んでいただける逸品で、今は欠かせないアイテムになりました(笑)

 


さて、カルマンに積めるだけ積み込んで準備をしましたが
出発前日はなんと甲子園のナイターに野球観戦に行ったのです。
本来は前夜は早めに寝て早朝に出発しようとしたかったのですが
巨人戦ということで、私も息子もこれを欠席することは出来ませんでした(笑)
でも、おかげさまで9回ウラに鳥谷のサヨナラヒットで勝ったのでよかったです。

 


さて、昨年の四万十キャンプはGWと事故とで渋滞に次ぐ渋滞。
さらには今年は龍馬人気にあやかって。高知にはかなりの観光客が訪れるらしい・・・
これは渋滞必至ですな。とにかく渋滞を避けて出発ということで
夜中の3時に出発しました。

 


通常で行けば高知までは3〜4時間、四万十までは5〜6時間で行ける距離です。(約400キロ)
でもさすがにGWです。深夜のこの時間帯でも、渋滞こそないものの交通量は多かったなぁ。
岡山県内で事故渋滞が少しだけありましたが、スイスイと進みます。

 


6時頃にはすでに高知県内にいましたね。
一度給油してコーヒーブレイクしただけで、そのまま四万十まで直行!
ナビの設定を間違っていまして、少し遠回りしました。おかげで山道を走らされ
挙句の果てにリアの右側のホイルキャップを紛失してしまいました・・・・。
(以前から緩んでいたのですが、直さずそのままで・・・到着後現地で直しました・・・遅い!)

カルマンギア キャンプ 四万十

※翌日のイベントの写真

 


でも8時には現地に到着!
誰一人いません・・・当たり前か・・・
とりあえず主催者のKAZUさんに電話・・・不通
仕方ないので、67キャンパーさんに電話。
まだ準備中で昼ごろ到着ということらしい・・・

 

カルマンギア キャンプ 四万十

仕方ないのでテントを張り、朝ごはんの準備です。
あらかじめヤフオクで落札したミッキーマウスのホットサンドのフライパンが活躍です!
10枚切りの食パン、チューブ入りバター、ハム、とろけるチーズを用意し挟んで焼くだけです。
これはヒットですね!簡単でしかもバリウマです!!!
息子も喜んで食べますし、自分でも焼きたいと言います。

カルマンギア キャンプ 四万十

カルマンギア キャンプ 四万十

 

これにビールで朝からテンション高い!!(普段から高いですけど)
しかし食後は、息子の相手をしなければなりません。
キャッチボール→川で石投げ→キャッチボール→休憩→キャッチボール→川で石投げ→キャッチボール・・・延々と続きます(笑)

 

カルマンギア キャンプ 四万十

その間にようやくKAZUさんが登場!
しかしオーバルを置いて、また帰っちゃいました(笑)
仕方ないのでキャッチボールです!

カルマンギア キャンプ 四万十

 

いつまでの続くのかな・・・・
後編に続く

続きを読む >>

行ってきました!Come On Shimanto!四万十川キャンプミーティング (後編) [カルマンギア]

 後編です。 
軽くドライカレーを作ってランチを終えて休憩したころに
ようやくボチボチとワーゲンたちがやってきました。
やってくるメンバーさんの中に子どもがいたら、もうこっちのもんです!!
私の子守は終了となるのです!

カルマンギア キャンプ 四万十

カルマンギア キャンプ 四万十

※キャブの調子が悪くなったときに呼ぶ高知のJAFはワーゲンショップのイケノウエさん。心強い!

そこへ67キャンパーさんがお子様二人を引き下げ(引き回し?)登場してくれました。
ようやく昼寝の時間到来で、ヘトヘトになった体を休めることができました(笑)

しかしテントが張られると、13メートルは確実になかった。
聞いてみると13フィート(約4メートル)らしいです(笑)
そらぁそんな体育館みたいなテント持ってくるはずないですね(笑)
息子にもデカいテントが来るから楽しみにしておけよ!と言ってしまってました(笑)


陽も落ちて、キャンプファイヤーの時間がやってきました。
今回は67キャンパーさんはギターに加え、三線も持参されていました。
少し弾いてみましたが、弾くだけで沖縄の気分満載になるのですね。
ちょっと練習してみたいなぁと思いました。


KAZUさんのギブソンをお借りして、67キャンパーさんとビートルズセッションをさせていただいました。
練習なしでいきなりのセッションでも、なかなか息の合う演奏が出来たのかなぁ(笑)
67キャンパーさんの演奏とコーラスはなかなか気持ちよく歌えて満足です!
もう夜も更けていき、アルコールもだいぶんまわってきた11時半頃に就寝させていただきました。


翌朝、めちゃめちゃ寒かったです。聞くところによると4℃とか・・・真冬です。
息子もあまり寝れなかったのかなぁと思えば、意外とあたたかくゆっくり眠れたと言っておりました。
厚着&シュラフ2枚重ねが功を奏しました。

カルマンギア キャンプ 四万十

朝5時に空冷サウンドで目が覚めたのですが
テントを出ると、50台のVWがすでに集まっている!!・・・・とはいかなかったです。
岡山のAさんの64ノッチが来てたのみでした(笑)
昨日に引き続き朝からホットサンドとビールをいただきイベントに臨みました。

カルマンギア キャンプ 四万十

朝は寒かったですが、昼間は真夏のように暑かったです。
息子に1000円を渡し、これで1日中遊べ!と。。。
こうすることで私は1日フリーになるのです(笑)

カルマンギア キャンプ 四万十

地元四国はもとより愛知や宮崎、佐賀、奈良など結構遠方からも来られていましたね。
イベント中も蒸し暑いテント内で昼寝をさせてもらいました。
ライブあり!釣堀あり!露天あり!ワーゲンあり!で楽しい1日でしたね。
最後は釣堀の水を抜き、あまごの手づかみです。
息子は「これだけを楽しみにしていた!!」と豪語しておりました。
結果は8匹持って帰ることができました。

カルマンギア キャンプ 四万十

イベントも終わり、3時半には撤収して、十和を後に
そして2006年の富山以来のバス、ノッチ、カルマンの3台揃ってのランデブーです。
この四万十川沿いのコースは信号もほぼ皆無で、ツーリングコースとしては最高です!
いつしか住みたい場所の候補にあげさせてもらいます。


67キャンパーさんとは高知の須崎で別れ、我々は高速道路へ。
ここでまたしても、ETCが反応しません。仕方なくチケットを手にし帰りました。
最初は順調な滑り出しでしたが、愛媛の川之江IC付近で7キロの渋滞・・・


多少の渋滞は仕方ないのですが、ここの高速道路はやたらとトンネルが多く
おそらく一番長いトンネルで渋滞に引っかかったものですから
一酸化炭素中毒、もしくは排ガス自殺の気分を味わうハメになってしまいました。
挙句の果てには咳き込んでしまい、ヤバいと感じた渋滞でした。


その渋滞の中で、高知のローカルラジオ番組を聴いておりましたが
カツオのたたきの話を小一時間ほどやっていました。
名前の由来や、食べ方の紹介など・・・
私は昨年参加するときに、絶対美味いカツオを食ってやると思いましたが
その願いも叶わず、今年こそ!!と高知にやってきましたが結局まだ本場のカツオを
食えなかったのが少々悔やまれます。


この渋滞以外はとくに込んでいなかったので帰りは夕食の時間込みで
7時間で帰ることが出来ました。
改めて楽しい企画をしていただいたKAZUさんや、息子の世話をしていただいた67キャンパーさんに感謝です。
そしてリポビタンDの差し入れをしてくれたJunさんにも感謝します!冷えてて美味かった!!
また来年も参加させてもらいますね!
続きを読む >>

2nd.VW Meeting Come on shimanto! 高知四万十川キャンプミーティング

VW キャンプ イベント 四万十川 高知

昨年、ゴールデンウィークに渋滞の中8時間かけて参加し、さらには土砂降りのキャンプを体験させていただいた、私にとって大変感慨深いキャンプミーティングが、今年もやっぱり性懲りもなく四万十川で開催されます。

四国軍団の皆様には、いつも本州にまでえっちらおっちら来ていただいておりますので、やはり私は行かないわけには行きません。雨さえ降らなければ本当に最高のシチュエーションなんです。ってことで四国のみなさんも本州の皆さんも九州の皆さんもぜひキャンプ交流しましょう!


詳細は特にないそうです(笑)

日時:5月2日(前泊OK)・・・私は後泊で土砂降りにやられました。
場所:四万十町十川こいのぼり公園
参加費:無料
前泊キャンプOK!(しかも無料)

以下主催者のVW友のKAZUさんのコメントです。

来ていただければ分かりますよ〜120度しかない青空に乱舞する500尾のこいのぼり&日本最後の清流四万十川!
この高知県の片田舎にVWを集めてみたい、実行委員会も本格的に今年は取り組みたいと考えています。
最高のロケーションの基でVWを並べてみましょうよ、絶対に楽しい気分になれるから。